タグ:子どもと楽しむ ( 110 ) タグの人気記事

大盛況のうち閉幕

6月から始まった
静岡県藤枝市文学館での『かこさとしの絵本展』が、
大盛況のうち、7/28 閉幕致しました。

NHK『日曜美術館』7/7 での放映後
たくさんの方々にお運び頂きまして、
藤枝文学館史上最高の来館入場者数だった模様です。


かこ絵本の世界を再現しました
早未企画の「かこワールド 遊び体験コーナー」も、
おかげさまでたくさんのお子さまたちに遊んで頂け
本当にうれしいかぎりです。


かこ先生の原画と共に
共演できました光栄に感謝感謝であります。
c0243807_18230511.jpg
文学館の入り口からのロビーを
広々と使わせて頂き
c0243807_18225700.jpg
かこ絵本のお話を 遊び仕立てで再現いたしました。

c0243807_18073743.jpeg
「にんじんばたけのパピプペポ」では、
ぶたちゃんの帽子をかぶって
にんじんをぬいて
c0243807_18364761.jpg
ぶたさんに食べさせるのです。
ブーたれた顔のぶたさんは
キラキラきらり〜ん!とにっこり顔が変わるのです。
c0243807_18405235.jpg
保育関係の大人の方々もニッコリ楽しんで頂けました!



c0243807_18423706.jpeg
「あかいありとくろいあり」では、
ありんこ帽子がかぶれます。
c0243807_18074063.jpeg


松葉のろうやに入れられたペッチャンを助けて
c0243807_18171526.jpg

ペッチャンをエレベーターにのせます。
つなの上まで運ぶのです!
c0243807_18180492.jpg
このひもをひっぱるんだよ。
そ〜っとね。
ゆっくりひいてごらん




c0243807_18182436.jpg
滑車の力で
スイッとのぼっていきます。
c0243807_18181517.jpg
やったー!!

このひもを引くということ。

今の子どもたちは初めての作業なようで、
「力の加減を自分の手で調整することができない…」という報告も聞きました。
便利な世の中になって、
井戸から水を汲むことも、水道の蛇口をひねることも無い子どもには
こういう
 すこ〜しずつ ということ
加減しながら 予測しながら 試しながらやってみる
という経験がなかなか得られていない
という現実をリアルに感じました。


最後は
くろありギャングを振り落として
やっつけるのです。
c0243807_18523860.jpg

そうそう、
加減しながら、ふり落すんだよ〜


c0243807_19121721.jpg
みんな夢中で遊んでくれました。

c0243807_18554325.jpg
カラスの帽子も大人気で
パンやさんになったり、そのまま
ありの話やぶたの話やてんじんちゃんの話も
遊んでしまうのです。

子どもが大勢で遊んだら、すぐに壊れてしまうかなぁと
思っていたのですが、

スタッフさんによると、
「子どもたちは乱暴なようでも、
興味津々で丁寧に見ている子どもはたくさんいて、
作者が神経を使って作っていることがちゃんと伝わっている」
とのこと。
その証拠に
紙でできているパンを
「そ〜っと」と言いながら文字通りそっと運んで
すごく大事にしていた2歳くらいの女の子がいたとのことです。


す、す、素晴らしい。。。103.png


「まだあそびたい〜」と泣く子を
親御さんが引きずって帰っていく姿もあったとか。。。

最終日には、
絵本を買いに再来館する方も多かったようです。
「からすのぼうし、またかぶりに行きたい!」
と、急いで走っていく小さい男の子がいました。
とか、

うれしいなぁ


それから、
何度も何度も来館して下さっていた2歳の子のママ

早未作品でお話をなぞること、体験することを楽しんで
すっかり かこ絵本にはまってファンになってくれたそうです。

最近子育てに悩んでいたけれど、
子どもと一緒にこういうものつくりをしたり、
絵本を読んだりする二人の新しい過ごし方を教えてもらえた
とのこと。

こんな感想が届いて感無量です。



常に子どもたちについていて下さったスタッフさん
本当に色々どうもありがとうございました。




by erich50 | 2019-07-30 19:30 | 子ども遊び体験コーナー | Comments(0)

新緑の季節 戯れる子ども

c0243807_18304513.jpg

新緑の季節
子どもたちの遊ぶ声が響き渡ると…


やっぱりコレ

ウチの3人きょうだいがいた風景が
甦ります。

成長著しい子どもたちも
輝いていましたが、
自分自身のお母さん人生も
輝いていた時期だったんだなぁ
しみじみ。


長い10連休、
大変だったお母さん!
でも、その

細かい子ども
騒がしい子ども
なんでも笑っちゃう子ども
の戯れる
大変な時代こそ
ギュッと充実しているんですよ

どうぞどうぞ
そのめちゃくちゃな時代を
満喫してください❣️


↓過去記事 解説



by erich50 | 2019-05-07 18:27 | コラージュ | Comments(0)

新作 手型こいのぼり

c0243807_20213997.jpg
新作
オリジナル手型こいのぼり
🎏完成❗️

1歳を迎えた
息子の息子 popくん

かわいいお手手とアンヨに
絵の具を塗って
ペッタン、ペッタン します。


初めての体験
popくんは、、


私が羽交い締め抱っこで、
ママが筆で絵の具を
ぬりぬり〜〜
c0243807_21373848.jpg
お手手がにゅるにゅる
ブルーに…⁉︎
c0243807_21373953.jpg
わぁ…⁈
びっくりぎょうてん

c0243807_21374023.jpg
すかさず、
お手手をパァに!

ペッタン〜〜❗️
c0243807_21374175.jpg
筆でぬりぬり、
お手手をパァ!
ペッタン〜〜‼︎

右手、左手!
こいのぼりのウロコになります。


それから、
今度は
アンヨも〜〜‼︎
c0243807_21374196.jpg
足の裏 コショ コショ〜〜
ぬりぬり〜〜

ペッタン〜〜❗️

c0243807_21464528.jpg
わぁ〜〜んっ💦

popくんはびっくり続きで
。・°°・(>_<)・°°・。
え〜ん、え〜ん、、

c0243807_21464637.jpg
それでもペッタンは続きますっ‼︎
足型は尾ビレになります。

最後のペッタン👣


汗と涙の結晶は
かわいい手型足型 傑作作品に❣️
c0243807_21464783.jpg
今回は下描き状態の布に、
手型、足型を押して

それから全体を仕上げていきました。

c0243807_21464972.jpg
お手手の形を邪魔しないように…


c0243807_21465033.jpg
こいのぼりは目が肝心!

c0243807_21555441.jpg
こんな魚の開き状態から

縫い合わせて〜〜

完成です!
c0243807_21555560.jpg

手作り手型こいのぼり
実践編の
こどもの日でした。




↓過去記事ですが、こちらが元祖
 青いこいのぼりの小さな手形は、1歳4ヶ月の時の息子の手形






by erich50 | 2019-05-05 20:21 | 季節の工作 | Comments(0)

桜が咲くと嬉しくなる気持ち


c0243807_17500895.jpeg
桜の花が咲き渡る風景は
大人はもちろん、子どもも大はしゃぎしますよね。

花がきれい。景色が美しい。

そういう視覚的なことだけではなくって、
なんか、
寒い冬が終わって春がやってきたという確かな証明で、

外気の温度や湿度や 
あらゆる五感に感じる感触で喜びを感じる。

そこに、
遠い昔からつながる遺伝子が
うれしい、嬉しい、ウレシイ!
と、働きかけてしまうんだとも感じてしまう。

桜の楽しめる期間は少ないけれど、
だからこそ
ギュッと感じて楽しみましょう。

そうそう、
子どもが「子ども」でいてくれる期間も
めちゃくちゃ短い、、、

アッ!という間に大きくなっちゃうから、
ギュッと抱きしめてほおずりして
いっぱい楽しんでください。ぜひ。









春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019

by erich50 | 2019-04-09 18:04 | 季節を感じる | Comments(0)

「二分の一成人式」を思う

今日は「成人の日」
満20歳になると成人の仲間入り、
社会的な義務や責任を負うオトナとして
社会に認めらる
っていうことです。

この行事を受けて、近年では
『二分の一成人式』という
10歳の子どもに向けた行事が盛んになってきたということで、

著書『季節と行事で壁をかざる立体工作』の本でも、
その行事を取り扱っています。

c0243807_12544393.jpeg

この手の季節の行事の仕事で、
私は今まで かたくなに
バレンタインやホワイトデーなどの
後から商業的に作られたにも関わらず
日本の伝統行事になりすましているものは
絶対に扱いたくないとしてきましたが、

もうすでに、根付いてしまっているのなら、

私なりの解釈でも良いのなら、、

と、
この「二分の一成人式」を紹介しています。

世間では、
この二分の一成人式で、
子どもが親に感謝して、
お涙頂戴の儀式にしていると賛否両論あふれていますが、
私は… 論点がちょっと違う。

愛情かけて世話してくれている親や周りの人に
感謝するのは当たり前で、
それに気づいてくれた子どもに
ホロッとさせられるのも いいじゃない

でも、
そういうの みんなの前で言わなくちゃいけないの?
ましてや
将来の夢とかを大勢の前で発表させたりするのは酷だよな、、と。

10歳の胸に秘めた想い…
それはこんなところでやすやすと公表するもんでもない。

そんな想いもあって、
私は二分の一の成人になった人に対して
こう思う





君たち10さい
生まれてから10年もたったんだね!すごいね!!
大きくなったんだよ。

でもね、
いちばんすごいのは…
c0243807_12545407.jpeg
お父さんとお母さんが、
出会って
じぶんが生まれたこと!

だって、
お母さんは、おじいちゃんとおばああちゃんがいて生まれた
お父さんも、おじいちゃんとおばあちゃんがいたから生まれた

そのまた おじいちゃんとおばあちゃんにも
お父さんとお母さんがいて、

そのお父さんやお母さんにも お父さんとお母さんがいて〜〜〜
ずっと つながっているんだ。
c0243807_12545987.jpeg

だから、
じぶんが生まれたことはすごいことなんだ。


そして、
お母さんのおなかにいるときが
またすごい!
c0243807_12550314.jpeg
命ができてから人間になるまでの
生物のなんおくねんもの進化を
たどってきたんだよ

c0243807_12551471.jpeg
オギャーと生まれてから
なくことしか
おっぱいのんで、ネンネして
おしっこしてウンチしてしかできなかったけれど、
どんどん大きくなったね

ブカブカだったオムツも
すぐに小さくなったよ

c0243807_12570793.jpeg
わらうこともおぼえたし、
こえをだすこともしったね。

ずっとネンネのかたちだったのが、
ねがえりをすることができて、
おすわりもできるようになった。

ハイハイでうごきまわれるようにもなったんだ。
つかまりだちをして
タッチもできた。
そしたら
アンヨもできるようになっていったんだ!

それって
ものすごいいきおいだよ。


今もさ
いろんな力がいっぱい つぎからつぎに
わいているんだよ

ようちえんに行って
小学生になって

できるようになったこと
いっぱいあるよ

どんなことがあったかな?
c0243807_12590272.jpeg
ひらがなをよめるようになって
かけるようにもなったね。
カタカナや漢字だって!

たしざんやひきざんも!

できなかったことができるようになるって
すっごいことなんだ。

ほかにもあるよね、
じてんしゃにものれるようになったり、
けんだまや竹馬にもちょうせんしたよ!


みんないろんなこと
いっしょうけんめいやって
いっぱいあそんで

ごはんを食べて
ちゃんと眠って

お話ししたり考えたり
泣いたり、笑ったり、

いろんなことをいっぱいして

大きくなったんだ。

じぶんには
ものすごい力があるんだよ。


生まれて10年
生まれて10さい
これからも
もっともっと
できるようになることはふえていくんだよ

じぶんを信じて
じぶんをきたえて
いろんなことにちょうせんしていこう!

そしたら
もっともっと
楽しいことがふえていくとおもうんだ。
c0243807_13002357.jpeg

10さいおめでとう
二分の一せいじん おめでとう

がんばれ〜!

c0243807_12544393.jpeg

下の段は、
子どもたちが作った自分人形です。
個性的な面々です。








by erich50 | 2019-01-14 14:27 | 壁面装飾 | Comments(0)

ゴディバで遊ぶ

ちょっとした遊び心…ですよ。

きれいで立派なカタログを見ていたら、なんだか もっと
他に役立ててあげないと、もったいないじゃない⁉︎
と、思えてさ。

c0243807_16025730.jpg
しっかりとした上質な紙
切り心地も良いし、
なんといっても写真も素晴らしい。

じょうずに切り取るよ〜〜❣️
ほら、
本物みたいに見えるでしょ?

これ、
お皿の上にのせたら
絶対 間違えちゃうよね!
ちょっと小さいから、
あら?なんで?何⁉︎ って…

ふふ…
娘のふでばこの中にひそませておこうか、
手帳の間にはさんでおこうか、
いや、
お弁当箱の上にセットしておこうかな?

ニンマリ…( ̄▽ ̄)
そんなたくらみを考えながら、
切っていたら、、
あらあら
ページをめくるたびに
いい素材があるじゃない〜〜!
(*´∇`*)

c0243807_16025926.jpg
夕暮れのひと時、
夢中になってしまった…

でもね、
子どもとの遊びってこうゆうの大好きよ!
おいしそー💓とか、
本物みたいー❗️とか、 

ニンマリしながら切り取って作るんだもの。楽しいよ。
買いたくても買えないモノだったら、
なおさら嬉しいっしょっ😆

そして、これを使って
なんだかリアルな 
おままごとやお店やさんごっこが、
できるんだよー!


子どもの遊びとしては、
ハサミの✂️いい練習にもなるしね!

身近にあるモノで、
遊ぶからおもしろいんだよ。
それが、
フッと思いついたり、
工夫したり、
ヒョンなきっかけで遊びが生まれたり、
そういうのが、
最高に楽しいんだよね!

って、
一人で遊んで、現実逃避してちゃ
ダメだぁ〜〜

大量の紙ゴミと格闘中だったのに…
きれいなカタログ出てきてストップだー
せっせと資源ゴミにまとめねばだな。



by erich50 | 2018-10-26 15:59 | おてがる遊び | Comments(0)

思いがけない形で遊ぶ

できるだけ、
紙を無駄にしないで、
使い切りたい。

何かを作る時、
そんな心構えが無意識にあります。

c0243807_23412364.jpg
組み合わせ方で、隙間なくビッチリ
型紙を納め…
切り取りますが、

やはり、
余りの部分が出来てしまいます。


そんな時、
そばで遊んでいる子どもに、
「これ、使って遊んでいーよー」
なんて、渡すと…
目をキラキラして喜んだっけ

仕事忙しいお母さん…
相手してくれない…
でも、なんだかお仕事で大切なモノ
もらった❣️

 なんて感覚だったのかな?
うちの子どもたち…

この余り紙を見て思い出しました。

c0243807_23412931.jpg
きっと、
こんな風に
遊ぶだろう…な。

c0243807_23413698.jpg
しかし、
大人が思う以上に
子どもの発想は無限大で、
ありきたりなモノでないことが多い。

そんな
驚きの瞬間が、おもしろくて、
毎回、楽しませてもらいましたっけ。
子育て時代の醍醐味です。

by erich50 | 2018-06-30 23:40 | つぶやき | Comments(0)

身近なもので遊ぶ/傘袋の電車

ひょんなことで生まれた遊び
傘袋の電車は
いつの時代も
とっても好評です。

子どもの発想に寄り添うことで
面白い遊びとおもちゃができあがりました。



きっかけはこんなことから…


雨降りの日には、
傘袋に出会えます。

デパートや大型スーパーに行くと、
店の入り口に
あるよね。

c0243807_00144400.jpg

「わぁ、2枚とれちゃった〜」

そんな時には、

「あら、じゃぁ それいただいて
お家に持って帰って
なんかして遊ぼうか」




c0243807_00144634.jpg
ふくらませてみよう

どうなるかな?




ほら、長〜い風船みたい!
ねじってむすんだから
とばして遊べるよ。
c0243807_00144765.jpg
わぁ!
よく飛ぶ〜!!

電車にしよーっ!!

マジックでかいてもいい?!



c0243807_00144911.jpg
とばせー!
ひゃーっ!!

超特急だ〜〜!!




これをもとに、
「新幹線にしたい!」
となれば、

じゃぁ、電車の図鑑持ってきて調べてみよう!
どうなってるのかなぁ?

なんて一緒に
調べたりして、
さらに遊びは展開するのです。


一緒に何かをする。

目指す目的があって
同じ気持ちを共有できる

そういうのって
楽しいんだよね。


c0243807_00422514.jpg
700系 300系 0系〜 
やまびこ 


今は、新幹線もいろいろ
どんどん進化していて…
難しい、、


でも、だからこそ
作りがいがあるでしょう?
c0243807_00462956.jpg
0系世代の私にとっては、
これにはびっくりこいたんですが、、

知らなかったことを
知る
ってのが、
やっぱりおもしろいことなんだよね!




それで、
この前のNHKの番組「くうねるあそぶ」では、
出演するお子様が
ドクターイエロー大好きというので、
最新作ドクターイエロー
を作ったのでした。
c0243807_10422739.jpg
何回も作ったよ。
c0243807_10422847.jpg
一番いい方法を
見つけるためにね!



そうそう、
NHKのらいふ というサイトで
作り方の動画を配信して下さっています!








by erich50 | 2018-06-01 08:00 | ひらめき工作 | Comments(0)

「子どもを遊んであげる」って?

昨日は新聞社の取材で…

「おウチの中での親子の遊び」
ふれあい遊びや工作や…
などなど、意見求められました。

自分自身、
子育て時代も終わって、
仕事で色々作ったり、
提案したりしてきましたが、、

娘の子育ての様子を見たり、
実際に小さな孫とふれあう中で、
あらためて感じるのは…

何かで遊んであげる
というより、
子どもの自らの発見に付き合う
ことが、
子どもの気持ちを満たす
ことなんだよな、と感じている。

なので、
臨機応変に…
対応するしかない。

その都度 シチュエーション違うし、
子どもによっても 反応は違うし、
タイミングの合う合わないもあるし、
具体例を出すのが難しい…


たとえば…
こんな時は、、
(ananちゃん1歳3ヵ月)
c0243807_17431547.jpg
子どもって
普通の暮らしの中で、
いつもの生活の中で、
なんか
気になることをみつけたり…
ふと、思いついたり…
常に、面白いことを探している


c0243807_17431955.jpg
目に入ったのが、トートバッグ…
ママのマネして
持って歩く


c0243807_17432239.jpg
おぅ…
大事なお人形を入れてみよう

上手に入れるのも
難しい…
でも、これも遊び

入れたり出したり、
また持って歩いたり…

そんな様子に
声をかけてあげれば、

(子どものしていた行動を
言葉で反復すればいい
バック持って歩いてるの?
くまさんいれたのね。など…)

自分のやっていた行動を
見ていてくれていたんだ〜〜
自分を認めてくれているんだ…

それがまず嬉しいこと。

ねぇねぇ、見て!
こんなことしたの  どう? 
一緒にやって!
おもしろいでしょ?!

って、自然にそういう流れになるから、

一緒に遊ぶ

という空間が生まれる。

c0243807_17432544.jpg
中に入りたいの
足入れて、中に入りたいの

(この月齢では、言葉では言ってません、子どもの行動から読み取るのです)

ひとりでは出来ない遊びに
変わっていきます。


あらあら
ちょっと無理よぉ…

そんなやりとり

繰り返しだったり、
応用、アレンジしていったり、
根気よく付き合ってみる。

誰かが反応してくれるから
嬉しいのです。


ゆるやかに流れている
子どもの時間に
付き合ってあげることが、
「一緒に遊ぶ」
ということなのだと思います。

小さな年齢の子でも、
小学生でも、
基本は同じ。

遊んであげる  のではなく、
子どもに、
遊んでもらう
と考えればいいんだよね。

子どもがやって楽しんでいることに、
混ぜてもらう。

ほら、
「い〜れ〜てっ!」
って感じ


なんで これが好きなんだろ?
どうして こういうこと好むんだろ?

大人になっちゃった人間に、
おもしろいって
こういうこと
と、原点を教えてらもらえます。

そう、
人間 再生させてもらえます。

仲間として 一緒に遊ぶのだから、
やってやる
のではなく、
楽しんで❣️
自分の中にある子どものしっぽを
引っ張り出してね。

どうせ遊ぶなら、
その費やす時間を
せかせかイライラしないで、

ストレス解消するべく
あえて割り切って
楽しんで遊んじゃえばいい…
と、思ってます。


「子どもとどうやって遊んだらいい?」
その問い合わせが頻繁にやってきます。

by erich50 | 2018-01-24 16:52 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

雪 降ってますね…

c0243807_22361494.jpg
関東地方には久しぶりの大雪。。。
午前中から大きな塊のぼた雪が舞いました。
まだ、ずっと降り続けています。

雪国の方々のご苦労を思うと、
喜んでいられない雪ですが、
珍しい雪が降ると、、、
なんかちょっとハイになってしまう、、
そんな子どもたちです。

大人は…とにかく寒いし、、、
交通手段が寸断されてしまうので、
困ってしまうことばかりですが、
窓の外を見て、 雪に
ちょっとはしゃいでしまう気持ちも残っています。。。

じっと降る雪の様子を見ていると、、
ひらひら〜 ぴょこぴょこ〜〜
雪粒の子どもたちが、
まるで踊っているように、
嬉しくってふざけているようにも見えてきます。
楽しそ!!

明日の朝は、
凍りついてガリガリかもしれないけれど、
きっと
子どもたちは、明日の朝を
とっても楽しみに
眠りについたのではないかしら??

c0243807_22560344.jpg
雪がっせんとか
c0243807_22552123.jpg
ソリになるものがあったら、
引っ張りっこしたいよね!

c0243807_22551163.jpg
かわいい雪うさぎ 
作りたいよね!

c0243807_22552548.jpg
ミニ雪だるまなら
おだんご作りみたいにできるよね。

目と口には何を使えばいいかな?
地面が、雪でかくれてしまったから、
小さな石ころを見つけるのが一苦労〜!だよ。


c0243807_22545860.jpg
でも、やっぱり大きな雪だるまも作りたいよね!
お友だちやきょうだいと
力を合わせて作れば大丈夫!
小さなおだんご雪の塊を
転がして大きくするんだよ。
だんだん重くなるからね、頑張って作ろう。


c0243807_23041761.jpg
みんなで力を合わせれば、
大きなかまくらだってできるよ!
寒かったのに、汗だくになっちゃうんだよね。

かまくらの中は、シーン、、、と
静かなんだよ。
なんでだろ ね?

c0243807_22551677.jpg
小さい子たちは、バケツでミニかまくら作っちゃおう!
お砂場遊びの雪バージョン!だよ。
上手にできるかな?


あぁ、、
寒い中、つきあう大人は大変かもしれませんが、
子ども心を思い出して
楽しいひと時 過ごして下さい〜!





第2回プラチナブロガーコンテスト



by erich50 | 2018-01-22 23:26 | 遊び | Comments(0)