タグ:お仕事 ( 47 ) タグの人気記事

おしゃれな街 再び

一応、原稿提出したし、
とにかく一歩踏み出して〜

はるばるやって来たぜ
表参道!
c0243807_17414524.jpg
とにかくね、
小田急線が都内に入ると〜
地下鉄の中も〜〜  乗客に変化が…
街を歩く方々、
みんなおしゃれな人…  に見える
若者ではなく、ご婦人方が❣️
颯爽としていて、洗練されていて〜〜
かっこいい  人が多い。
と感じてしまうおのぼりさん状態…

どこが、おしゃれ と感じるのか?
分析する。
服装?→靴や鞄も 素敵ね。
アクセサリー?髪型?化粧?
が、今風なのかな?
特別に目立つというのではなくても、
そういう方は、にじみ出るムードっていうのがあるんだよね。
見習わなくちゃね。

c0243807_17414750.jpg
工事中があちこちにあり、風景が違っていて…
ん?
こんなところにオヤシロが…⁈
秋葉神社…
初めて見た。(°_°)
出口間違えてしまったかな?と

c0243807_17414996.jpg

大丈夫、
ありました!
目的地
c0243807_17415297.jpg
りんご🍎が光ってます。
c0243807_17415411.jpg
c0243807_17425218.jpg
外国みたいだし、
観光地みたいだし、

さあ、頑張ろう!

予約しての相談あれこれ…
いつまでたっても進歩しないおばさんに、親切丁寧に対応して頂き
感謝❣️
今度こそ、一筋の光をしっかり掴むぞ。

(*´Д`*) そう、いつも
一筋の光を見ただけでするりと消えていった…

せっかく来たのだから…と、
夜の90分体験学習も急遽申し込み、、
ヤル気はまんまん

しばし、
待ち時間を表参道 闊歩〜〜
c0243807_17425418.jpg
おしゃれだ。

そして、
腹ごしらえに
おしゃれなカフェに入って
意識高める‼︎
c0243807_17425794.jpg
なんてキレイなのぉっ❣️
オーガニックカフェの
丼ぶり‼︎

温玉  サーモンとアボカドのライスボールですねん
食用のカラフルなお花が、また美味❣️
お花食べてるなんて、
野生の生き物感たっぷりな気分だ。


というわけで、
たっぷりITお絵描きしてきました。

む、難しい…
今はまだ、普通に
鉛筆やサインペン、色鉛筆、マーカー
の方が断然 思い通りに描ける、、
(>人<;)

働き方改革できるかな?
いや、
しないと‼︎

by erich50 | 2018-10-11 17:39 | つぶやき | Comments(0)

働き方を改善したい…

c0243807_17520170.jpg
急いでいる…という仕事が入ったので、
早急に返答し、サッと仕上げて
ご期待以上に喜んで頂きたい、、、
と、
相変わらずのアナログ手法で、せっせと…
連休前に入れておいたほうが助かるよね、、
と、
締切日前に提出したのだが、
まだ完了せず、、

こういうアナログで提出されちゃうと、
今の時代、かえってご迷惑おかけしているのかもしれないなぁ
困ってるんじゃないかなぁ
なんて心配になる。

自分でも、かなり まいってはいる。
紙だらけ、、
何度も同じような作業を重ねては
ペン入れで失敗したり、、
時間がかかるのです。

鉛筆でラフを描いて
何度も描いた末に決まった線をペンでなぞる
トレッシングペーパーに移す事もある。
コピーすることもある。
それをライトテーブルに乗せてケント紙に筆ペンで写す、
または、
色鉛筆でケント紙に写してから、
ペンを入れる
そして、
色鉛筆で着彩
のち、
マーカーでぼかしたり、塗ったり、、

それも、スムーズに行く時とそうでない時もある。
一気に描いた線が気に入らなくて
やり直す時もある。
そうすると、他のものもやり直すことになっていく、、

やった〜!これでお〜しまいっ!という瞬間に
ペンを落として台無しになることもある。

手の汗が染み込んで
紙がヨレヨレになることもある。
色をはじくこともある。

ふぅ…

なので、本気で
この仕事環境をこれ限りにして、
ストレスの少ない仕事効率化を考えている。
(遅い! 遅すぎる!!)


描きたいものがあるし。

書かねば描かねばならない大量の仕事が、
控えている。。。




by erich50 | 2018-10-07 18:40 | つぶやき | Comments(0)

おしゃれなカフェ 仕事事情

c0243807_18060944.jpg

こんな壁画の中で、

c0243807_18060909.jpg

めちゃくちゃ 美味しい
ピザで、くつろぐ…
ドイツらいふ、、


c0243807_18061015.jpg

娘の お気に入りの店に
あちこち連れて行ってもらい
嬉しいひととき…

しかし、
子連れで行くのはどこもかしこも
大変…
ここには、ゆったりソファー席があり、
赤ちゃんを寝かして、
しばし自分がくつろぐことが出来るんだ…と娘。


お店の人も、通りすがりの人も、
皆 笑顔で、赤ちゃんに
優しい対応をしてくれるのは
素晴らしいなぁ…


いや、実は
のんびりばかりはしていなくて、、

このカフェで、街のfree WiFiで
仕事のやりとりをしていました…

たいして忙しくもなかった
仕事状況の自分なのですが、

何故か、

ドイツに発つ前に
いきなりめちゃくちゃ多忙…

長いフライトの機内で
原稿チェック

到着してからも、
ほぼ毎日
7時間の時差の中で
メールのやりとり…

しかも、
向こうにいる時に、
新しい仕事の依頼があったりして…

なんだか不思議な状況でした。


で、
日本に早朝帰国したその日に、
打ち合わせが入ってしまい〜〜

家に着いてシャワー浴びて
一眠り…

夕方、打ち合わせに出かける…

あら、全然平気!
٩( 'ω' )و

そう、
一寝したら、
ドイツ時間の朝タイムと同じになり、
時差調整が効いてる…


あれこれドイツレポートしたいのだが、
月末締め切りの仕事が
即刻始まってしまいました。


つくづく思うのは、
「仕事」ってのは、
たいてい
「急ぎ」である。

こちらの都合ではなく、
先方の大至急に、いかに対応するか
出来るか⁉︎
が、勝負である。

そこで
期待以上のものを提供する!
のが、
次の道に、次の扉に、
つながるのではないか?

ということで、
誠心誠意 頑張りま〜す!

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ



by erich50 | 2017-07-11 17:16 | お仕事 | Comments(0)

学術講演会に行って来たよ

c0243807_18590699.jpg

『子育て中のお出かけ環境』
ー家族みんなで楽しめるところってどんなところ?ー
という、
東洋大学 ライフデザイン学部の学術講演会に行って来ました。

(2015.12.5 sat)

c0243807_23353912.jpg
神奈川県湘南から電車を乗り継ぎ、東京越え…
なんとも 穏やかな景色
c0243807_23355747.jpg




赤ちゃんが生まれると…

c0243807_19080258.jpg

今まで身軽に気ままに出かけていた「お出かけ」も、
一大決心が必要で、
なかなか 大変なものです。
c0243807_19150954.jpg
ぬかりない荷物の準備はもちろんですが、
途中で泣かれてしまう… という覚悟もいります。

用事を済ませる為の外出ではなくっても、
楽しみに行くお出かけでも、
なかなか、なかなか 大変なものです。


でも、そんな時、
「赤ちゃん休憩室」の存在は、本当にありがたいものですね!

ありがたや ありがたや… って、、、

ん?!

でも、
なんか 変だなぁ〜 ???


授乳する場所があることは嬉しいのですが、
なんだか使いにくい
閉鎖的なコソコソした空間

どうも、
ベビーベッドの配置がおかしい、、
それに…
オムツのゴミ箱と離乳食用の配膳台が隣り合わせ!?


これって、赤ちゃんを一人の人間として扱ってないぞ!


そんな ベビー休憩室が多いことに
ここの教授先生(仲綾子氏)は 鋭いメスを入れて、

何故そうなのか?
どうすることが改善につながるのか? を
利用者の行動を細かく調査して
分析、研究された 
とてもうなづける 目を見張る面白い講義でした。


先生の提案した設計のベビー休憩室は
機能的にも、デザイン的にもとっても素敵で、

こんな休憩室だったら
赤ちゃんもママも ホッとできるよね〜
ここを楽しみにお出かけしてくる人もいるんじゃないかしら?

というものでしたが、
実際はデザイン通りには施工されなかった…と、
現実の難しさも目の当たりにしました。


今まで、よく知らなかった分野の「仕事」
建築設計の専門家さんにもいろんな仕事があるんだなぁ
と、とても刺激的な講演でした。


そして、何より
この先生は、机上の空論ではなく
実際に自分の子育てで、得てきたこと
夢中で必死に子育て時代を 泣いたり笑ったり
いい意味で人間臭く 
しっかり丁寧に、子どもと生活してきたことが
熱いほど伝わりました。


女性が、働くこと
女性が子どもを産み育てていくこと

そこには、
ある時代、潔く 自分を犠牲にする覚悟
 幼い子どもを最優先させて生活を充実させていくこと
その 大きな意味が、後の人生を創る と感じます。

そして、
決して自分一人で頑張っているのではない
支えてくれている 周りの人達に感謝と敬意を持つこと
そういう 大切なことに気づきながら、噛み締めながら
人間として 邁進していく

彼女はそうやって 
今 
につながっているんだなぁ と。

とても感慨深いものがありました。


c0243807_18591468.jpg
公園や地域の施設、お祭り、商業施設
他にも色々 お話がありました。
その都度、参加者が頭を使って考える機会もあって
とても、内容の濃い1時間半でした。


今後の研究や設計に、おおいに期待したいです。


by erich50 | 2015-12-09 00:27 | ふと、思う… | Comments(0)

韓国版 『子どもと楽しむ遊びのヒント』

2009年に韓国で 出版された
『子どもと楽しむ遊びのヒント』です。

グーグル翻訳してみたら、題名は
『私の母は演劇ちゃん - 3〜6歳の子供のための漫画で見る遊び教科書』だって?!
c0243807_11551442.jpg
ここ日本で、2007年に飛鳥新社から出版されたのですが、
当時、韓国からのエージェントが出版社に来て、
即決でこの本を選んだ…と聞きました。

むこうで出版になる際に、表紙が変わったり、
イラストに手を加えられるのは当然で、
それでもOKか?というような承諾をしたことを覚えております。

そうそう、
あちらでは、赤っ!×黒!みたいな表紙に変えられて
日本の書籍が売られていましたから。

日本の子育て情報が役に立つのかな?
私の祖父母との話などもあって、昔の日本の子育てにも
興味や共感があるのかな?
なんて、不思議に思いました。

テレビでよく取り上げられるような情報は、
韓国の大学受験の大きな意味と、大変さと大騒ぎな状態…
こういう行く末に向かって
やはり子育て事情は、いずこも同じで
難しいご時世になっていたのですよね。


で、
たった2冊だけ完成本が送られて来ました。
なるほど、赤系の強い主張が入ってますね。


こちらは、日本でのもの ↓
c0243807_11555054.jpg


そして、日本での本は 右開きの本ですが、
韓国版は、左開きのために かなりのイラストが反転されてました。
イラストを描く者にとっては、反転されると
どうしてもなんか気持ち悪いのですが…

そして、
なんでここが、着彩されているのかなぁ?という
不思議な色付けがちょいちょいほどこされていて…
ぇえ、赤色で(笑;)
c0243807_15192757.jpg
c0243807_15374392.jpg

おばあちゃんのモンペ姿は、チマチョゴリに描き変えられていました。
c0243807_15374827.jpg


いや、なんでこの本を引っぱり出してきたかって…

Facebookに登録してからかなぁ
なんだか英文の迷惑メールが頻繁にくるようになってしまって、
たいていは、あなたのビジネスをサポートします。
よって、いつまでにいくらいくら〜
みたいな感じで、数字と$マークがついているので、
さっさと削除していたのですが、

ここ最近、やたらと真面目っぽく
あなたのプロフィールに興味を持ったとか、
是非、話がしたい 的な文章で、、、

つい最近のが、ソウルに住んでいます… で、
数字も$マークも無かったので、

もしかして 
この本を読んでくれた読者さんなのかな??
なんて思ってしまいまして…


娘と息子に相談したら、
… 一笑に付された。

最初の書き出しが
What is your name?」だったんです。
だよね?!!!
はい、すぐさまゴミ箱に入れました。
ぁぁ、危ない危ない
まるで、オレオレ詐欺に合いそこなった恥ずかしさ!

でも、その後、
末娘がネットで調べてくれたら、
まだ、韓国でも一応 流通しているみたい この本
で、結構いい評価受けてる って!!

あらまぁ! 嬉しいこと。
現地のちゃんとした読者さんからの感想が
聴いてみたいものです。


http://m.aladin.co.kr/m/mproduct.aspx?ItemId=3331672#cl_MyReview
c0243807_11552055.jpg








by erich50 | 2015-09-17 16:06 | 著書 | Comments(0)

くまちゃんの七変化人形制作

ご紹介いたしました 『くまちゃんの七変化にんぎょう』


これは、

子どもたちの前で、何か始める時に
大変 大活躍してくれます。
c0243807_16592713.jpg

↑ ワークショップの前の 前座として
いろいろ 語っていることろです。

顔をめくる度に、表情が変わるので、
子どもたちは釘付けになります。
手足も動きます。


その日の天気やタイムリーなできごと、
目の前の子どもの様子など、話題に取り入れていきます。
ライヴならではの 臨機応変さが必要です。
c0243807_10364860.jpg


さてさて、こういう 動きの変化する前座人形
きっかけは…

幼稚園で、お帰りのときに、
手にはめる パペット人形をつかったところ
めちゃめちゃ真剣に パペットの目を見て
話を聴いてくれたので、

大事な伝達事項を言ってもらうときに、
度々、登場してもらっていました。
(ドイツ土産の仔おおかみのパペットぬいぐるみ)

パペットの威力はとっても素晴らしいもので、
その後の家庭育児でも、家にある「ぬいぐるみ」をつかって
いろいろやりました。

2歳前の 食べず嫌い時期の食事の際に、
また、イヤイヤはみがきタイムも、
こういう 人形つかいで、
楽しいはみがきに 変わったのであります。


で、
「くまちゃんにんぎょう」は、
育児支援のボランティアをされる方々向けの研修会で、
つくり方講習会をしたことがありました。


『くまちゃんの七変化劇場のセット』を 全部つくりたい!!
という依頼を受けて
講習時間のたった2時間で仕上がるように準備致しました。

くまちゃん本体を作る グループ
何種類もの顔を作る グループ 
食材を作る グループ     
お天気 パーツを作る グループ
舞台セットを作る グループ  

ボランティアさんといえども、保育の現場に携わる方々でしたので、
ものすごい手際の良さに、ビックリでした。
実際には、完璧な完成には時間が足りませんでしたが、
仕上げは各人 持ち帰りで〜!
次の保育日には、勢揃いで活躍させたそうです。
あっぱれです。
(藤沢市の辻堂公民館の保育ボランティアさんの方々です)


c0243807_16561998.jpg
こんな 型紙を用意したので、
同じ 表情のくまちゃん が、写し取れます。

小道具も、しっかり 作ってくださいました。
c0243807_16560259.jpg
c0243807_16560783.jpg


ベッドは、板ダンボールにタオルハンカチを
両面テープで貼付けてあります。
c0243807_16562322.jpg
裏はこんな感じです。
テキトーです。
c0243807_17294502.jpg
パタンと開くので、そこにくまちゃんをセットして
ネンネしてもらいます。





九州の佐世保市での保育士研修会でも、
保育士さん60余名の参加があり、
みなさん一日で、
『七変化くまちゃん人形』を製作することが出来ました。
c0243807_17003768.jpg
c0243807_17051708.jpg
みなさん、指定された大きさの段ボール片を持参で臨みます。
ダンボールをはさみで切ってます。かたいです…
カッターで切った方が、キレイに仕上がりますが、
机が狭くて…
だからといって、太ももの上でやっちゃぁ危ないよ〜!!
若い男性保育士くんが、、そんなことを…
「危ないよ〜!!」と 注意すると、
「大丈夫です!」って にっこり言っちゃダメダメ!!
c0243807_17052519.jpg
白い厚紙を同様に切り取って、
土台のダンボールに貼付けます。
c0243807_17054399.jpg
黙々と作業…
みんな 真剣っ!

嬉しいことに、予定人数を越えての参加希望があったため、
急遽 椅子を増やして対応したので、作業スペースが確保できずに
ご迷惑おかけしました。


2リットルペットボトル×6本入の箱 の側面からとれる
小さいサイズの型紙も用意したところ、
こっちも 手頃な使い方ができる!と好評でした。

(2012,5 佐世保市 幼児教育センターにて/テレビ佐世保で様子が放映されました!)



保育士研修…
色々あると思いますが、やっぱり

明日すぐに、現場で 役立つ! 

って、大きな魅力です。















by erich50 | 2015-04-21 11:35 | 講演 | Comments(0)

また、新しいこと…

また、新しいことが 始まりそうです。
動き出しています…

c0243807_00092907.jpg


今までの 作品から 展開して〜
ちょっと 試作 中 〜




* なお、この工作は著作権者許可を得て制作ししています。
幼稚園や読み聞かせ なども、公演する際には
出版社を通じ許可申請をすることが必要です。

by erich50 | 2015-02-25 00:16 | クラフト | Comments(0)

連載はもう初夏…

〆切が また、、、厳しい週末に、、
忙しい時には とにかく かぶるかぶる…

新年度から始まる連載の仕事は、
もう、初夏の梅雨の号です。
c0243807_22435798.jpg
これを提出したら、すぐに7月号のラフ出しになります。
目が回りそうです〜



新刊の「季節と行事で 壁をかざる工作」の本は、
今、急ピッチで 最後の編集作業が進んでいます。

春の巻 夏の巻 秋の巻 冬の巻
の4刊なので、とにかく大量です。

担当の編集者さんが、そうとう大変な状況でも、
作業の進行速度が遅い私に 信じられないくらい優しいので、
それだけに本当に申し訳なく… 
頼れる編集者さんに、救われています。

たぶん、会社では 鬼のような忙しさなはずです、、、
めんぼくない。。。
どうぞどうぞ よろしくお願いします。

by erich50 | 2015-02-20 22:59 | お仕事 | Comments(0)

おしらせ ◉▽◉/

明日 1月23日(金)21:00〜
BSテレビ 12チャンネル 
『JB ナイツ』で、

私の考案した 「新聞紙で、紙武者」が 使われるようです。


『間もなく節分・・!
JB流!! 孫と一緒に楽しむ豆まき術』

http://www.twellv.co.jp/event/jb/backnumber/007.html


c0243807_14221495.jpeg
ご存知 芸人ナイツさんがMCの ユニークな番組のようです。

番組紹介を見て、く、く、苦笑でした、、、
番組名『JBナイツ』の
「J」って …ジジイのこと
「B」って … ババアのこと 
なんだって!!

よその話かと思ったら、 ドンピシャ 我らの年代に向けた
ジジイとババア … だった ◎△◎;

ーーーーーーー★番組概要★ ーーーーーーー
「20代の頃はディスコブーム、30代はバブルを謳歌した人たちも、
そろそろジィジとバァバになる世代。この番組は、孫からかっこいいと思われる
ジィジとバァバを「JB」と命名。
そんな素敵な「JB」になるための情報番組です。
JBのJBによるJBのためのスペシャルプログラム・・・
CHECK IT OUT !
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ディスコ通いに明け暮れた訳ではないし、
バブルも ちぃとも味わってはいないのですが、
明らかに、年代的には同じ時代を生きていた世代です。

娘や息子たちが、自分の家庭を持って
子どもを産むような 時期であります。


自分らが子どもの頃、テレビやラジオで
噺家 毒蝮さんが
街のご老人達に向かって
「じじぃ、」「ばばぁ 」と、話しかけていた…
そんな画面が思い浮かんだのですが、、、
いつの間に、そのご老人枠に
自分たちが入ってしまっているなんてぇ〜?!!

ショックでは、ありますが、
この流れ行く時代の現実を素直に受け入れて、
楽しい ババァ をめざしていきますです。。。



新聞紙で作る「紙武者」は、
このブログでも以前 「端午の節句 紙武者」で、
ご紹介致しました。

http://erihayami.exblog.jp/17904834


掲載本は、いんなぁとりっぷ社の
『12ヶ月の ぎょうじ工作』です。
c0243807_14222069.jpg
http://www.amazon.co.jp/季節を感じる12ヵ月のぎょうじ工作-親と子のヒラメキ工作-早未-恵理/dp/426600091X/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1422334586&sr=1-3



by erich50 | 2015-01-22 15:02 | お仕事 | Comments(0)

お仕事中〜  

年末から、ずっと…
大量のイラスト説明図を書いて描いております、、、
なかなか、終わりません。。。
連日、宅急便〆切時間との格闘であります。
c0243807_19052072.jpg

もう、どうやって作ったか 忘れちゃったよぉ…
というものも、 あらためて 作り直したりして、、
何やってんだぁ〜 という情けない進行具合で、
編集部にご迷惑おかけしてます、、、


子どもの遊びや工作から広がる世界は、
常に、いろんな分野に股がっていて…
それを検証し直しているので、本当に勉強させられます。

そこで、役に立つのは、
子ども向けの図鑑です。

子どもの時代、子どもたちが、
ぼろぼろになるまで めくり通した古いポケット図鑑から、
分厚い大百科辞典…
今や私の助っ人、愛用本であります。

そして、非常に頼りになるのが
教科書です!

子どもらが、惜しげも無く縛り上げて資源ゴミに出そうとしたのを
毎年、あわてて 救出しました、、、
子ども3人分の教科書を全部とっておく訳にはいかないので、
厳選してはいるのですが、
本当… 日本の学校の教科書
もったいないことです。

そうそう、
加古先生の仕事場にお伺いした時に…
ちょうど、遊び関連の原稿や絵を描かれていて
机の上や横や下に、資料がいっぱいありました。

?!

子ども用の 図鑑だ、、、!

本棚一面の専門書の他に、何冊もの子供用の図鑑も!

加古先生も、子ども図鑑を見たりしているんだなぁ
と、なんだか嬉しくなりました。

子どもにわかるように説明するって…
あなどれない作業であります。







by erich50 | 2015-01-15 19:06 | ふと、思う… | Comments(0)