カテゴリ:早未流 子育て論( 23 )

「子どもを遊んであげる」って?

昨日は新聞社の取材で…

「おウチの中での親子の遊び」
ふれあい遊びや工作や…
などなど、意見求められました。

自分自身、
子育て時代も終わって、
仕事で色々作ったり、
提案したりしてきましたが、、

娘の子育ての様子を見たり、
実際に小さな孫とふれあう中で、
あらためて感じるのは…

何かで遊んであげる
というより、
子どもの自らの発見に付き合う
ことが、
子どもの気持ちを満たす
ことなんだよな、と感じている。

なので、
臨機応変に…
対応するしかない。

その都度 シチュエーション違うし、
子どもによっても 反応は違うし、
タイミングの合う合わないもあるし、
具体例を出すのが難しい…


たとえば…
こんな時は、、
(ananちゃん1歳3ヵ月)
c0243807_17431547.jpg
子どもって
普通の暮らしの中で、
いつもの生活の中で、
なんか
気になることをみつけたり…
ふと、思いついたり…
常に、面白いことを探している


c0243807_17431955.jpg
目に入ったのが、トートバッグ…
ママのマネして
持って歩く


c0243807_17432239.jpg
おぅ…
大事なお人形を入れてみよう

上手に入れるのも
難しい…
でも、これも遊び

入れたり出したり、
また持って歩いたり…

そんな様子に
声をかけてあげれば、

(子どものしていた行動を
言葉で反復すればいい
バック持って歩いてるの?
くまさんいれたのね。など…)

自分のやっていた行動を
見ていてくれていたんだ〜〜
自分を認めてくれているんだ…

それがまず嬉しいこと。

ねぇねぇ、見て!
こんなことしたの  どう? 
一緒にやって!
おもしろいでしょ?!

って、自然にそういう流れになるから、

一緒に遊ぶ

という空間が生まれる。

c0243807_17432544.jpg
中に入りたいの
足入れて、中に入りたいの

(この月齢では、言葉では言ってません、子どもの行動から読み取るのです)

ひとりでは出来ない遊びに
変わっていきます。


あらあら
ちょっと無理よぉ…

そんなやりとり

繰り返しだったり、
応用、アレンジしていったり、
根気よく付き合ってみる。

誰かが反応してくれるから
嬉しいのです。


ゆるやかに流れている
子どもの時間に
付き合ってあげることが、
「一緒に遊ぶ」
ということなのだと思います。

小さな年齢の子でも、
小学生でも、
基本は同じ。

遊んであげる  のではなく、
子どもに、
遊んでもらう
と考えればいいんだよね。

子どもがやって楽しんでいることに、
混ぜてもらう。

ほら、
「い〜れ〜てっ!」
って感じ


なんで これが好きなんだろ?
どうして こういうこと好むんだろ?

大人になっちゃった人間に、
おもしろいって
こういうこと
と、原点を教えてらもらえます。

そう、
人間 再生させてもらえます。

仲間として 一緒に遊ぶのだから、
やってやる
のではなく、
楽しんで❣️
自分の中にある子どものしっぽを
引っ張り出してね。

どうせ遊ぶなら、
その費やす時間を
せかせかイライラしないで、

ストレス解消するべく
あえて割り切って
楽しんで遊んじゃえばいい…
と、思ってます。


「子どもとどうやって遊んだらいい?」
その問い合わせが頻繁にやってきます。

by erich50 | 2018-01-24 16:52 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み 対策4

夏休みも終わりますね。。。

子どもたちは
宿題に追われているのかしら?

こんな時期になって
自由研究やら
図画工作やら…

やるんだよね〜
(⌒-⌒; )


本当は、
お出かけした日には、

c0243807_00502609.jpg
にすると、
とってもいいのだけれど


夏休みの最後に
印象に残ったことを 描いても書いても
いいんじゃない?


ん〜、、、、
思いつかないよ
書き進まないよ、、、、

というみなさん


いいのですよ
かまえて考えなくても!!

あなたが、今
子どもであることが
一番 すばらしいことなのです!

その感性を
そのまま
ぶつけてください。


c0243807_12191705.jpg


子どもの時代だからこそ
発せられる
意図的な飾りのない
簡潔で素直な 純粋な作品

味のあるいいものですよ。


お母さん心配しないで!
子どもの現代美術も、大いに認めてあげて
自信を持って行きましょう。


by erich50 | 2016-08-30 12:25 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み 対策3

夏休みもあと十日あまり…と、
残り少なくなってきました。


宿題もまだ終わってない、、
と、焦っているかもしれませんが

残された週末
日曜日もあと2回!


お出かけ忘れはないでしょうか?

みんなでお出かけ
これも、連れて行く大人にとっては大変だけれど
子どもは、とってもうれしいものです。

c0243807_23491113.jpg


私も
気になっていたあれこれ
行きそびれないように〜!!
と、慌てて滑り込んでいます。



先日、
銀座MATSUYAで、
ひつじのショーン展
見てきました!
c0243807_00545785.jpg
イギリスの風景 暮らし漂うセットの中で、
数々の精巧なクレイ粘土人形たち!!

アニメーションになる前の苦労が感じられます。

「ウォレスとグルミット」に刺激を受けて、
小学生だった息子が、レゴで作ったセットと人形で、
ビデオカメラでコマ撮りして挑戦していたっけなぁ

そんな風に、子どもが、
自分でもやってみたい!
という気にさせてくれる展覧会は
オススメです。



それから、
ターシャ・テューダー 展
c0243807_00544844.jpg
も、良かったです。
生誕100年…
(祖母と同い年なんだ…)

アメリカ・バーモンド州の山奥で
ガーデニング、鳥や山羊や犬の世話に
料理、洋裁に絵本etc...
毎日の生活のほとんどを手作りする
素敵なおばあちゃまの暮らしを感じ
心地よい刺激をいただきました。

 センスの良い 古い昔の生活道具
アンティークなドレス
ドールハウスやたくさんの絵は、
子どもが観ても楽しい展覧会です。


他にも
子どもと一緒に楽しめる展覧会
急いで見に行くべきとこ 色々あります。



横浜赤レンガ倉庫1号館の
ミッフィー展


横浜みなとみらい線 馬車道の
日本郵船歴史博物館



目黒区立美術館での
動画の国から物語



東京都庭園美術館
子どもとファッション展


渋谷Bunkamura
ピーターラビット展




わぁ、行きたいなぁ〜
会期中に絶対 行かなくっちゃ!!



考えてみると…
子どもたちが子どもだった その昔
なんだかんだ、自分が楽しめる展覧会に
子どもを連れて行っていたんだなぁ


いいんじゃない? それで。






by erich50 | 2016-08-21 01:00 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み 対策2

ママにとって
夏休みで一番大変なのは、
やっぱり 
三度三度の食事でしょう…


さぁ、早く
食べて!
ほらぁ!

なんて、イライラしても仕方ない


これも
遊び要素を入れて対処しましょう。


c0243807_23505809.jpg

お母さんが一生懸命仕掛けるというよりは、

子供に

「どうしたい?」

と、ふって
その意見を尊重して
それっぽいことを一緒に考えて工夫してみると
案外楽しくできますよ。



うちでは、
こんなふうに…

食べる場所をそのつど
変えてみるって事してました。

c0243807_22541517.jpeg
クーラーをつけない生活をしていたので、、、


今のこの猛暑じゃ
クーラーの室内が当たり前な世の中で、

涼しい場所を探すっていう遊びも
成り立たなくなっちゃたね。。。




おかずを一品 作らせる…
っていうか、

食事の支度を一緒にする

それって
お母さんにとっては忍耐のいる作業だけれど、
子供にとっては、
なんでもが興味ある面白い事だから
とっても質の良い遊びになる。


何かをやる その先に
楽しいこと(食べる楽しみ)
が、あると
俄然 集中力増すよね。

そして、
美味しく食べて、
家族に褒められたり、感謝されたりしたら
うれしいじゃない?


自信につながる良い体験になるよ。


夏休みだもん、
ちょっとトライしてみてね。


c0243807_23055571.jpeg
c0243807_23060094.jpeg

著書「子どもと楽しむ遊びのヒント」より







by erich50 | 2016-08-20 23:17 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み対策1プール つづき 

c0243807_12021222.jpg
ビニールプールで、
ただ 水と戯れるのも
時間が経過してくると
よからぬ悪さ(水浸し 悪ふざけ→ ケガ)
になってしまします。

とくに、子どもだけで遊ばせていると
色々心配ですから、

必ず、親が介入して 様子を見て

遊びを盛上げてあげることも
質のいい遊び=満足感
に、つながります。


水に浮くもの
を投入する!


おもちゃや プラスチックの廃材でも、
充分遊びにつながりますが、



案外、思いがけない
自然のしわざが効果的…だったりしましたよ!



ひらひらと〜
1枚の葉っぱが水面に舞い落ちて来ました
c0243807_12003836.jpeg
この何気ない子どもの一言を
聞き逃さない…!

子どもの遊びの発想を
盛上げてあげるのです。


c0243807_12012831.jpeg
葉っぱが、おさかなに見えた…

なんて素晴らしい!!

そのイメージを
現実のものに〜

身近なものを 見立てる 
イメージ力

こういう小さな積み重ねが
のちのち

生きる力になるざんす


そしたら、
子どもたちは勝手に
自分でどんどん遊びを展開していきます。

c0243807_12012642.jpeg

子どもが自分たちで遊びを広げていく


そこに
上手に寄り添ってあげればいい



別に そんなに
大変でも難しくもない

ちょっと 対応して
手をかけてあげれば、
満足のいく遊びになってくれるのです。



遊びにつきあうのめんどー、、
とか、
遊んであげるのぉ??
どうやって、、、

と、
お困りのママさん


こんな感じていいんですよ。


c0243807_12243946.jpg
風情漂う かき氷のカップで、
葉っぱのおさかなすくい!

素手で!洗剤のスプーンで!
つかまえます。


ビニール袋に入れるだけで
おさかなすくいやさんごっこ も大盛況

c0243807_11493109.jpg
夢中になれる 遊び

そういう時間がすごせると


楽しいんだよね。
c0243807_12201629.jpg
あら、
でべそで 失礼…











by erich50 | 2016-08-05 12:26 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み 対策1

子どもの 
朝からありあまる元気…

それをなんとか発散してもらおう

c0243807_11385340.jpg





とりあえず、
朝一番に、ビニールプールに水をはる…
c0243807_11012953.jpg

「えぇっ?!
もう、プールしていいのぉっ?!!」


ぉぃ おいっ!
まだだよ!!

水道から流れてすぐの水は、まだ冷たいからね!
おひさまにあたためてもらってからだよ。



とにかく、洗濯洗濯、、、

朝ご飯を食べさせて〜


朝の涼しいうちに 宿題やりなさいね〜
カブトムシの世話 おわった〜?
朝顔に水やりした〜?



朝の一連の作業が終わったら、

水につかってもらおう


そうそう、
元気よく
水とたわむれなされ!


体力をつかうのだ
どんどん水に流しなさい





こういう 家庭での たわいもない水遊びだって
子どもは、
いろんなことを学んでいるんだよ。

水の性質やら 特質やら
身をもって体験しているんですよ。

水の温度変化は何によっておこるのか?
水のかさが 浅い 深いことの関係性や

ホースから流れ出る水
ホースの先をつぶすと勢いが増す
二つに分かれて出てくる…
分かれないようにして勢いをつけるには、、
指先の加減を調整する…
つぶす位置を変えてみる…

むむ、むずかしいぞ…
何度も何度も やってみる…
ぉお、うまくいったぁ〜


幼児のお勉強教室のプリントで
いっくら 理屈を覚えたって
生身の体で遊びで鍛える無意識の知識の方が
ずっと おもしろくってタメになる。



つづく…







by erich50 | 2016-08-04 11:22 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み

子どもが夏休みになると…

なぜに こんなに
早起きを強いられる、、、

ってこと ないですか?!!

c0243807_11383235.jpg

張り切って ラジオ体操に出かける子どもたち…

い、い、いつもの学校行く時間より
早いじゃないの〜〜〜

で、
小さい子がいる家庭は、
チビさんも 

「自分も行く〜〜!!」

って言うもんだから、
保護者同伴で、、、


現代っ子が、
何故、そのスタンプカードを埋めたがる…

現代っ子は、
ラジオ体操をよく知らない…
のに、毎朝 参加したがる…


昔は、夏休み全日やっていて
一回も休まず通った子だけが
えんぴつ1本もらえたんだよ。
(かなり昔、、)

今って 全く違うよね。

えんぴつが欲しい訳でもないし、
スタンプやらシールやらで
なんだか釣られている訳でもないし、

悲しき人間のサガ?
ポイント集めたくなっちゃう…っていう、


しかし、

その昔だって、
夏休み全日通えるって…
それ、夏休みにどっこも出かけられなかった…っていう
なんだか、悲しい子 でもあったんだよね。
正直 それ わかっちゃう残酷さ見て来たな


それから、地域の元気なおじいさんが、
めっちゃ キレッキレの
正真正銘なラジオ体操を
公園の隅の方で、披露していたりしたけど、
今は、そんなかっこいいご年配の紳士は
いらっしゃるのかしら…?


今のラジオ体操事情は
よくしらないけれど…


やっぱり、子どもは
元気が ありあまっているんだね!
朝から なにか 発散したいんだね。

朝のひんやりとした空気
静けさ
朝露の香り

おおいに体験吸収していて下さい〜!



先日、若いママさんが、
今も昔も変わらない ラジオ体操の
同じような嘆きをもらしたので…

あら?! 
今でも繰り返されている
夏休みの風景なのね。。。

と、なんだか 微笑ましく感じました。


でも、、
お母さんをもっと寝かせてよぉ〜〜

ママたち がんばれ〜!


by erich50 | 2016-08-03 12:05 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

至福の時 満喫して!

c0243807_16330695.jpg

お母さんが、赤ちゃんを抱いている…

それは、まさしく
至福の時

なのではないか…?


他の色々な諸事情はさておき、

赤ちゃんを抱き寄せて
顔を見て、目を合わせて、

お腹はいっぱいになりましたか?
眠たくなったかな?
ご機嫌さんですかー?

あぁ なんてかわいい 我が子…!

なんて、
みつめる 瞬間
幸せな空間

誰もが聖母マリア な姿です。


しかしながら、
赤ちゃんの世話に明け暮れるママさんには、
やらなくてはならない
たくさんのことがあって…
やりきれなくて、疲れ果てて、
目の回るローテーションな毎日…
ふと、気づくと…
自分と違う世界も回っている…

なんだか、慌てます
焦ります
必死に手の届く情報を掻き集めます。

無意識に入り込んでくる情報に洗脳されていきます。

最近特にこの
「メディア戦略 」を
感じずにはいられません。

先の選挙での件で、そんな記事がありました。
情報やイメージをコントロールし、世論に対応している風に演出する…

なんだかな…
ネット時代だからではなく、ずっとその前からそういう操作は行われているんだよね。

流行の仕掛けを仕組む人達がいる…
人々の生活を豊かに楽しませるような
ファッションや娯楽 なら、それも
一つの時代を創る力で、面白い効果もあるでしょう。

でも、
子育てという、大事な人間育成に関して
勝手なブームは操作して頂きたくない…
さも、そうであるかのように
都合よく切り取った情報を誇大にして
あおらないで欲しい…

と、思うのは私だけだろうか?


そんなに
幼い子どもを
預けたい、預けたい!預けたい‼︎
と思ってている人が多勢いるのだろうか?


できることなら、
この子と一緒に、ゆっくりのんびり
成長を感じながら暮らしたい…
という本心 ないだろうか?

あるよ。


でも、働かないと
生活が…
辞めたら、仕事に戻れないし…

この社会で生きていくには、
こうしなくちゃならんのだよ、


それって 本当…?
なのかな?


最近の世の中、
変なブームがすぐ生まれて
そういうのを

どうです⁈ これが、
今の現実‼︎ なんですよ❗️

と、メディアによって刷り込まされる。

自分らしさを繕い消して
結婚相手をみつけることに精を出す婚活。
赤ちゃん欲しい妊活は、並べて語るにはちょっと質が違う…

そして、
妊活終われば、すぐに保育園探す保活
するのが当たり前!

なんだかな…
なんのために必死になってるの?
自分達の家庭に赤ちゃん 招き入れたかったんじゃなかったの?
子どものいる人生にしたかったから
望んで産んだのではなかったの?


せっかくの赤ちゃんとの
楽しいはずの時間を
慌てて急いで、
なだれ込んだ情報に振り回されて疲れて
残念な時代を過ごしてはもったいないよ。


赤ちゃんのいる生活
できることなら、自分はこうしたい。
素直な気持ちで、その心に答え
自分なりに調整していこうよ。


乳幼児を抱えるママさん向けの講座で、
以前は、
専業主婦になっている自分に焦って
毎日の子育てにいっぱいいっぱいで
なんだか暗いママさんが多くて心配したのですが、

最近の乳幼児教室で出会ったママたちは、
皆とても明るく

「子どもとの時間を楽しみたくて…」

と、自分の選択した決断をかみしめて
イキイキしている方々がほとんどだった。

今や、若いママ達の常識のようになっている
「保育園申し込んだ?」
という
そんな変な横並びな生き方

ちょっと、視点を変えて考えてみてもいいんじゃないかな?

出産した7割のママが、家庭で育てているっていうのに、
このメディアから大きく流される
社会現象…によって
普通に子育てしてると、
「ぇ…⁈ 保育園 入れないの⁈」
なんて、言われてしまう

いいじゃない⁈
それぞれよ
自分の思う家庭の形
作るのは自分
ママ次第


授かった貴重な命
大切に、
楽しみながら、味わいながら、
育てていく生活 悪くないんだよ
いや、
めちゃめちゃ素晴らしい豊かな生活なんだよ。
だから、焦らないで。
ゆっくり、一歩一歩 歩きながら
子どもと共に 同じ視線を楽しみながら、
一度しかない
今、この時、この一瞬!
の幸せな時代
味わって‼︎


なんとか、やりくりしていけるのに
ブームに乗せられて、せっかく送れる生活手放して、くたくたになっちゃ
もったいないよ。

保育園は、本当に必要としているママが、
利用するべき 家庭の代わりの
大切な施設


子どもにとって必要で、
ママにとって充実した
家庭育児の醍醐味を
いっぱい発信しなくちゃね‼︎




by erich50 | 2016-08-02 12:29 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

雨の日は

c0243807_16181731.jpg
朝から雨が降っている…
そんな日は、なんか いろいろアキラメがつくっしょ?!

洗濯 お休み〜
出かけるの や〜めたっ!

家の中の 
溜め込んだ…  見て見ぬ振りしていた あれこれ
そうだ、それを片付けよう
なんてね。

ある意味 そういうことのできる貴重な日

そして、
そんな のんびりとした空気…
そういうのも、あんがい嬉しい家庭の暮し

一仕事 終わったら〜〜
ダラダラと〜
ゴロゴロと〜〜
くつろいでみましょう〜〜〜

我が家の子どもたち
こんな風に、私が寝そべっているとすかさず乗っかってきました。

ここが一番 ピッタリフィット!!
そう言って、見つけたのは〜 お尻を枕にした体勢

なるほどなるほど…
背中の曲線、足の太ももやふくらはぎのカーブ
なんだかいい密着度が生まれます。

子どもにとっては、
お母さんと体を密着させて、体から伝わる会話も体温も
なんだか嬉しく安らぐひととき

 のんびりぬくぬく…

いいじゃない? 雨の日のこんな日は
ゆっくり時間が流れていることも感じて休みましょう。

雨の日にあくせくと 「子どもの為にっ!!!!」って
無理して遊ばなくたっていいのですよ

お母さんとのんびり過ごす
これ、いっちばん 上等な育児! です。

お試しあれ


by erich50 | 2016-06-21 09:50 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

「寝がえり」の記録

偉大なる「寝がえり」の話を聴いてから…
ずっと、そのことを考えていて

昔の記録を引っぱり出してみました。

そう、5ヶ月の頃です。
c0243807_00282799.jpg
c0243807_00314753.jpg

3人目の子育ては、全てが二度目三度目という心の余裕もあって
とにかく 観察して記録しては
楽しんでいました。


当時、
ベビー雑誌での手芸の仕事が、
出産と育児で、寸断されてしまう訳で、、、
なんとか 他の形で…!と、つなぐためにも、
真剣に赤ちゃんレポートを始めたのですが、

もともと興味ある分野だったこともあって、
とにかく 面白い!

大人があれこれ経験や他からの情報でモノを考えるのとは違って
子どもの意見はものすごく刺激的でした。

毎日、
今日はこうだった
こんなことできた
これはダメだった
これを喜ぶよ!

だって、◯◯だからだよ、
◯◯だからじゃないかなぁ?

子どもたちも、実によく観察しては
自分なりの意見を出してきてくれて
とっても参考になるのです。

まだ、赤ちゃん時代から近い者が言うのですから、
やっぱり説得力もあります。


子どもの生の成長過程を知ることは、
家族それぞれにとっても
良い 相乗効果になっていくんだね。

c0243807_13332903.jpg







by erich50 | 2016-02-07 13:39 | 早未流 子育て論 | Comments(0)