放映のご案内

本日11月9日(金)夕方6:10〜45
NHK首都圏ネットワークにて
かこさとし氏最期の新刊絵本のご紹介があります。

2018.6月に放映された「プロフェッショナル仕事の流儀」で、
体調が日々下降していく中での
壮絶な打ち合わせ風景がありました。
先生の想いのこもった 初めて出会う子どものための
科学絵本
『みずとはなんじゃ』(小峰書店)
が、いよいよ発売です。

地元藤沢市の図書館で、
この本を初めて読む子どもたちの反応を撮影したとのことです。

どうぞお見逃しなく!


あわせてご覧ください


実は、昨夜のTBSニュース23においても
かこさとし氏の絵本の紹介がありました。

絵本の紹介だけですぐ終わってしまうかと思いきや
3冊同時発売で話題だったうちの1冊(沖縄、東北、福島への想いを寄せての3作品)
『だるまちゃんとかまどんちゃん』の下絵や絵を描く様子や
絵本に込められた想いも語られ、、、
お元気な頃のお姿が長い時間流され、、
久しぶりにお会いできたような錯覚に陥りました。

そして、
スタジオの出演者然り、
街頭インタビューの方々 みなさん
何世代にもわたって加古絵本に親しんでこられたという
すごい現実に、 あらためて

加古先生は、世の中の子どもたちにとっての
 神
だな…
と、再確認。でした。

絵本の中に魂が宿っているよ!
なんだか嬉しいね。
いつでも身近に感じられる すごいこと
嬉しいこと。
ありがたいこと。

c0243807_16232748.jpeg
加古先生のふるさと
生まれてから8歳まで過ごした福井県越前市武生の
川べり
この風景の中で子ども時代を…

後に、
セツルメント活動の中で子どもたちとよく遊びに訪れた
神奈川県川崎市の川べりの現在の風景
c0243807_16153765.jpeg
加古先生と
セツルメントの子どもたちが遊んだ三角公園は
今も現存しています。
c0243807_16182119.jpeg
一番奥の小高い盛り上がったところで、
紙芝居がされていたそうです。


c0243807_16301646.jpg
夏の「かこさとしのひみつ展」で、
当時の子どもだった方にお会いし、
案内していただいた時のもの
パチリ








by erich50 | 2018-11-09 16:38 | 加古先生 | Comments(0)