赤ちゃんのお食事 baby

「離乳食が嫌いみたいなんです…
あんまり食べなくて…」

6ヶ月を過ぎて、いよいよ
離乳食が始まった息子の息子。
初めて育児は不安がいっぱい!

じゃあ、やってみよー!
ということで、
久っしぶりの離乳食作り❣️
c0243807_23575285.jpg
とろ〜りお粥を炊いて、
更にすり鉢でする。
無水鍋で、柔らかくニンジンとサツマイモも茹でる…
味噌こしや茶こしで細かくして〜すり鉢でする、
そして
お湯でのばしたもの、
おもゆ(お粥のうわずみ)でのばしたものの2種を用意。

おー、なんだか理科の実験みたいで楽しいねー

なめらかさがないと、
嫌がるんじゃないかな?

どうも、ジャガイモやサツマイモの芋類はザラついて苦手なようだ
というので。
(そういえば、娘の娘ananちゃんもそうでした!)

お粥はすんなり食べますが、
やはり、サツマイモはすすみませんね。
ニンジンはなんとなく口にします。

へぇ〜〜⁈
おもしろいねー!

まだ、受け付けないんだね。
そりゃそうだよねー
こんな小さな柔らかいおくち!
おっぱいだけで今まできたんだもの、
他のものは異物だよね。

まだなんだね。
そう、まだ。
本人がちゃんと考えて判断しているんだよ。
だから、まだ受け付けない。
正しい反応。

ひとさじ、ふたさじ、
ほんのちょびっとだけの
赤ちゃんのお食事。

わぁ、このために
ただでさえ忙しい中
時間かけて一生懸命作ったら、
がっかりしちゃうよね、、本当。

でもさ、食べないことを
落ち込まなくたっていいんだよ!

いずれ、
必ず、
食べる時がくるんだから。


2日目は、
またお粥とニンジン🥕とー
サツマイモ🍠
それから、
ほうれんそう
ベビーフードのりんごペースト🍎
も用意してみました。
c0243807_00172853.jpg
今度はパパも一緒にトライ!
ドラッグストアで、離乳食用の赤ちゃんスプーンをみつけて買ってきたんだ!
やっぱり、ベビー用品のメーカーのものは違うなぁ
シリコン製で、口当たり優しく
入れすぎストッパーまである!


c0243807_23575393.jpg
あら⁈ 嫌がらない…❗️

おいしいねー
えらいねー
しゅごいねー
ニッコリ〜ほめるほめるほめる〜〜

c0243807_23575572.jpg
初めてのほうれん草❗️
あらまあ!?すごい‼︎
平気よ!食べてます。
わ〜い!
🎵ポパイ ザ セ〜ラ マン〜!
(ふ、古いっ!時代を感じる…)

註釈/ポパイはほうれん草を食べると超絶な力が湧いて悪漢のブルートを見事にやっつけ事件を解決する漫画です。
なので、昭和の子どもたちは皆、親から「ほうれん草を食べるとポパイみたいに強くなれるよ!」なんて言われたものです。
そして、子ども同士の遊びの中でも 缶詰のほうれん草を食べるマネをして怪力になったりして遊びました。

湘南野菜の新鮮で柔らかい
ほうれん草〜〜!やるじゃん

そして、
なめらかさ抜群はこんな感じ
ベビーフードのりんごペースト🍎
そりゃ食いつくよねー
そう、
食いつくのよー


そんなこんなで、
3日目には、もう
スプーンに反応します。
口を開けるんです!
c0243807_23575782.jpg
びっくりです。
ちゃんとお食事タイム的です。

c0243807_00565565.jpg
さらに、催促でしょうか?
スプーンをつかもうとか、
口に手を入れようとか、しています。

c0243807_00565709.jpg
う〜ん… 味わってます。
いっちょまえです。

離乳食嫌いちゃんが、
進化しました。
すごいねー

赤ちゃんは日々いろんな成長をしていきます。
眼を見張る勢いです。
しかも、
全て 赤ちゃん自身が、
自分で決めて やっています。
自分で成長しようとしているのです。
素晴らしい力です❣️



気づいたこと。

オシャレな雑貨屋さんで
陶器のすり鉢と
木製の手作り感満載のスプーンを用意してあったのですが、、
やはり、
ベビー用品メーカーの
考え抜かれた調理器具に勝るものはないな…と実感。
離乳食作りの手間暇のストレスを少しでも軽減させるなら、
手近にある赤ちゃん用には使いにくい物で代用するのは厳しいな、と。

離乳食作りにくたくたになるよりは、
考え抜かれた安全なベビーフードを
利用して、参考にして今後に活かせばいいんだよね。

という訳で、赤ちゃんが帰宅してから
その日のうちに離乳食調理器具をアマゾンで調達!
翌日、ドラッグストアへ自転車飛ばし
棚卸しセールのベビーフードまとめ買い〜
ゆうパックで配送〜!
したのでした。
(*´∇`*)V

娘の娘をananちゃんと表記しているから、、
息子の息子は、、
ほうれん草イケイケだったから〜

ポパイ〜 POPEYE〜?!
(検討中です…)

by erich50 | 2018-11-08 23:06 | 子どもの育ち | Comments(0)