不思議な展覧会に行ってきた

昨日、打ち合わせがあって、
川崎市民ミュージアムに行って来ました。
c0243807_14514489.jpg

素敵な美術館です!


末娘が中学生だった頃?
陸上競技大会で、観に来て以来…!
c0243807_15023388.jpg
そう、
目の前が とどろきアリーナ競技場です。


ちょうど開催されていた
企画展を楽しんで参りました。
c0243807_14514901.jpg
なんでしょう…?
不思議なオブジェが、、

c0243807_14515233.jpg
みうらじゅん展 です。
このガラスケースの中は
大量の生原稿が入ってます。

c0243807_17471501.jpg
こちらはコクヨから進呈されたという
金のスクラップブック


とても驚かされた
展覧会でした。
c0243807_14515404.jpg
みうらじゅん氏の
幼少期の写真やその当時の
マイブームにコレクション!
お絵かき画、漫画…

懐かしい空気が漂っています。
時代背景に親近感…

そして、大量の
とりとめもなく描き続けていたのであろう 絵の数々

ウチの息子も、
同じような漫画を描いていたなー
c0243807_15104579.jpg
少年のよく描くマンガ…
面白いのか面白くないのか?
意味不明なノリ

愉快な絵や
ストーリーを見て…

いや、それにしても
几帳面な文字の並び、
文章も冴えてます。
小学生にして、すでに
今のお仕事始めていたのですね。

そう思うと、
やはり
彼のお母様の関わり方が、素晴らしかったのだろうと感じます。

個性を尊重し、伸ばしていける環境を
守ってあげたのでしょう。


しかし、
平日だっていうのに満員御礼です。

みうらじゅん氏 還暦とのこと。
その辺の年齢層の方々が、多くおられました。

おもしろかったのは、
一人で黙って観覧している方が…
ふと、
プッと笑ったりすること!
c0243807_16203783.jpg
普通なら、落書きとして
親に捨て去られるお絵かき画が、
ガラスケースの中にびっしり鎮座して…

生徒手帳やら、受験票までも
厳かに掲示されていました。

c0243807_16203981.jpg
「てんさいのスケッチブック」
という名のクロッキー帳は、
一体何冊あるのでしょう⁈
ものすごい数のスケッチを重ねていたことがわかります。

c0243807_16204154.jpg
延々と続くクロッキーブック…

そして、その後には
画力溢れる仏像画が…

で、
へんてこな収集癖がまた大量…!(◎_◎;)
c0243807_16204300.jpg
いやげ物ブームのコーナーには、
あー こういうのあったあった〜〜
という代物のオンパレード!
(いやげ物とは、拒否否定の嫌と土産物をかけたみうらじゅん氏の造語、もらっって嬉しくもない使い道の無い、よくあるあるお土産品のことのようです。)

おもちゃのゴムヘビに
お土産やさんに並んでたなーという
各種人形や置物、、、
c0243807_16204575.jpg
c0243807_17242381.jpg
…よく、保存 保管していたな、、
この量…


ゆるキャラたち…
c0243807_17242772.jpg

それから
変態系が続く中、


あ、やっぱ
絵のうまい方なんだ…
デザイナー なんだ…
と、またまた確認させられる
アートのコーナー
c0243807_17242945.jpg

いやいや
不思議な展覧会でした。

何事も、極めるってすごいな
と。
タモリ倶楽部とか、そら耳アワーに出てる人、ゆるキャラを命名した人、
くらいにしか認識していなかったのですが、
実は 情報量、知識量、センス、画力、
すごいんだな
と、知りました。

いっぱいいっぱい書いて描いて
それ以上に考えて考えて考えている。


くだらない物もびっくりするくらい見せられましたが、その後の
なんともいえない空虚な感覚…

むむ、
それがこの企画展の狙いか…⁉︎

自分は、
彼が夢中になっていたその時代
これだけの追求をしただろうか?

また
母として、
子どもに芽生えた興味を
守ってあげられていたのか…?
などと、
帰路 色々考えさせられました。

みうらじゅんフェスは、
3月25日まで
川崎市民ミュージアム


by erich50 | 2018-03-15 14:50 | 美術館 | Comments(0)