お正月に思う…

c0243807_12213252.jpg
大忙しの年が明けて、
なんだか嬉しいお正月…
昨日と今日、今日と昨日は
そんなに変わらないのに、
なぜだか空気が、気持ちが、
 ピーンッ! と、
新しくなったような気がするのです。

さぁ、新しい年 始まりましたね。
みなさま、いろんな夢や希望 願望
叶えていかれますよう、
頑張りましょう〜!!

あらためて感じるのは、、
騒がしくも賑やかな
子どもたちのいる生活。。。
いっちばん幸せな時代です。
貴重な、二度と戻らない時間空間です。
どうぞ味わって楽しんでください。


今更ですが、

1月1日の朝のことを元旦と言います。
初日の出とともに年神様が現れて、
人々に命を授けて幸せを見守ってくれる
と考えられているのです。

門松は、年神様をお迎えするしるし
しめ飾りは、神聖な場所であるというしるしです。



c0243807_12213739.jpg
家族で行く初詣
みんなで揃ってお出かけするってことも
嬉しいんだよね。
夏や秋のお祭りとはちょっと違う
神社の雰囲気…
日本で暮らす子どたちは、
そんな感覚も子ども時代に
染み込んでいくんだね。


一年の幸福を祈ります。
自分の頑張りたいこと
宣言しちゃったりします。

破魔矢は、厄除けの縁起物
熊手は、幸運をかき集める縁起物

これ、持つと嬉しいんだよね!!

c0243807_12214099.jpg
新年になると、出会った人に
「あけましておめでとうございます。」って
みんなが言い合う、、
子ども心に
なんだか不思議であり、恥ずかしいような、気持ちいいような、、

新たな年に幸せを願い祈る習慣
そう願うからには、
自分も努力しなくっちゃね!


日本で当たり前のお正月の過ごし方も、
あらためて振り返ると
不思議で面白く、、、

年越しそばで年末を過ごし、
静寂な夜に、お寺の鐘の音と共に
静かに訪れる新年…
かたや
ドイツで過ごす娘家族は、、
チーズを絡めて肉を食って、
花火と爆竹音で年を越す…

世界って 人間って
愉快だなぁ

c0243807_13184307.jpg
ドイツの娘宅での大晦日の年越し風景〜

c0243807_13183095.jpg
おぉ…!?
パパのお友達とのドイツ風焼肉年越しに
ビールジョッキで参戦しているように見えてしまう
孫娘です。

いつか、日本のお正月も体験させてあげたいです。

いや、私が、
ドイツの年越しに行って見たいかも!113.png






第2回プラチナブロガーコンテスト



by erich50 | 2018-01-05 14:13 | 季節の行事の話 | Comments(0)