搬送〜〜!

連日の作品修理と再生をしながら、
この5〜6年間のイベントの時の
あれこれが思い出されました。
時の流れに、しみじみ…です。

我ながらあらためて感心するのは、
急ぎの仕事が渦巻く生活の中で、
ものすごい短期間で考えては作って仕上げて、
走り抜けるようにこなしてきた   と。

でも、
それがとっても楽しい作業で!

水を得た魚 

とは、こういうことを言うのだな
なんて思ったり。


とにかく、
子どもたちが、目をまん丸くさせることを考えて作ってると
ニヒヒ…
と笑いたくなりながら、作業していたんです。


そして、
案外  修理しながらも、楽しい光景に出会いました。


なんか、ちょっと恥ずかしい…
だるまちゃんの姿〜
c0243807_14582905.jpg
はだかんぼ?
みたいだよね
だるまの中身って どうなっているんだろうね。

これは、
だるまちゃんの顔の表情が変化していくしかけ調整と、
手が動く部分のネジ交換をしました。

中を開けられるように作ってありました。
自分で作ったのに、
すっかり忘れてた…


c0243807_14583337.jpg
さぁ、
準備はできたぞ!


ウシくん
クリップ留めで一晩おいて
お耳修理完了
c0243807_14583760.jpg
ツノも元気復活!


んガーッー!

なに なに?
c0243807_14584154.jpg
おなかすいたの?

いやいや
そうじゃないって…

ベロはまだか? って

c0243807_15133175.jpg
はいはい、
じょうぶで立派な舌を
作り替えましたよ!

これなら、
子どもたちがムニムニ触っても
大丈夫かな。


どう?
c0243807_15141149.jpg
モォ〜〜ッ 

OK!
c0243807_15153074.jpg
ぉお、
色鮮やかになりました!


来たる6月1日より、
静岡県 藤枝市文学館にて、
「かこさとしふるさと絵本館」での
絵本の世界を遊ぶイベント
総計6回分のあれこれを展示いたします。

トラックに乗った分は今頃遠路走ってます。
さあ、
まだまだ追い上げ作業は残ってます。
ファイト〜〜!



# by erich50 | 2019-05-23 14:41 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

ただいま修理中〜その3「立体仕掛け大型絵本」

7月に行うワークショップで、
絵本『だるまちゃんとてんぐちゃん』の
早未オリジナルの立体仕掛け大型絵本が再び登場です。


修理箇所がないか?
点検、調整してます。

c0243807_16585465.jpg
重ねて収納されていたので、
やはり
仕掛けの動きが…
思わぬところに汚れも見つかり…

せっせと消しゴムやら練り消しやらで
きれいに〜
動きも調整〜


そして、配送するための梱包が案外大変な作業です。
せっせと荷造りしていたら〜〜

…あ⁈
これには備品がいっぱいあるんだった!

うむ、
弱ってるな、部品交換だ。
んん?
足りないぞ…⁉︎

と、焦っております、、、


この作品は、仕掛け付きの大型紙芝居(絵本)として
何回かご披露して
 とても好評いただいております。

大型絵本がないので、困ったな 大きくならないかな?
と、
考案したものです。


川崎市市民ミュージアムでは
参加希望者数がものすごく多くなってしまい、抽選になってしまいました。
会場の安全が確保できれば、もっと受け入れられると思うんだけどな。
次回に期待いたしましょう。

c0243807_17401800.jpeg
(2018.8川崎市市民ミュージアムでの上演)



c0243807_17222738.jpeg
(初上演は2014.7 越前市かこさとしふるさと絵本館)
絵本読後に工作ワークショップで、
てんぐちゃんの持っているような
手持ちトンボを作りました!

c0243807_17241620.jpeg
(2015.絵本館のだるまちゃんふぁんクラブの皆様にレクチャー中〜)
スタッフさん達による絵本館での上演もありました。



川崎市市民ミュージアムでの過去記事
 ↓






# by erich50 | 2019-05-19 16:57 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

ただいま修理中〜その2「黒牛」

毎回、大人気の
黒牛くん

またまた
出番ですよ〜〜!
と、
梱包を解いてみると…

c0243807_18140789.jpg
やはり、
だいぶ治療が必要です。

ちぎれかかったお耳
角度が下がってしょんぼりなツノ
ボロボロな舌
折れた首

新しい部品と交換です。


実寸大だからなぁ…
果たして今度はどこに
取り付けられるかなぁ…
来月からの展示を考えると
様々な不安ありですが、
とりあえず、治療 修理です。

c0243807_18540064.jpeg
(2018.川崎市市民ミュージアムでの展示)

この首ふり黒牛は、
絵本『だるまちゃんと てんじんちゃん』
の中に登場する牛なのです。

周りにはストーリーオリエンテーリング/子どもたちの様子の
ミニチュアがあります。

ここでは、ダンボールハウスにすっぽり納まってくれました。
いい牛舎でした。


c0243807_18510190.jpeg
小さなお子さまは なかなか
近くに寄れません、、
なんだか怖い…
でも、
じっと様子を伺って〜

いい子いいこしてくれます。


c0243807_19032173.jpeg
(2016.越前市かこさとしふるさと絵本館にてイベント)

こちらは絵本館でのイベント時の牛くん
まだ若くて元気です。

お花を吊るすハンキング用の木枠がピッタリ!で
牛舎に見立ててセットしました。



子どもたちは とにかく
舌をモニモニ…さわってくれます。
不思議な感触になっています。

c0243807_19153855.jpeg
ムギュ〜

c0243807_19124986.jpeg
屋外の緑豊かな公園に設置した時も楽しかったです。
絵本館から出発して、公園を2つも渡り歩く
ストーリーオリエンテーリングでした。

お話の通りな
いろんなお題をクリアして進みます。


ぁあっ?!
本当に牛が?!!

c0243807_19142084.jpeg
遠くから見たら、
本物がいるように見えて
ビックリ!!


だったんですよ。

ふふふ



黒牛の製作過程は
 ↓


ストーリーオリエンテーリングの様子はこちらから
 ↓
 






# by erich50 | 2019-05-18 18:11 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

ただいま修理中〜

なんだか ごきげんよろしくない
ぶたぶたちゃん
c0243807_13534201.jpg
ぶーぶー
フ〜ンっだ
って感じ…


どうしたの?
c0243807_13534326.jpg
あらあら、
おててがいたいの?

うまくあがらないの…
さがらなくなっちゃうの…

どれどれ
みてあげましょう

c0243807_13534532.jpg
あぁ、やっぱり
カタのかんせつがいたんでしまったのね。

とりかえてあげましょう。


c0243807_13534607.jpg
おともだちにたくさん遊んでもらうために、
もうちょっとじょうぶな部品にとりかえましょう。


お顔の変わるしかけも
昨年の夏の展示で
ボロボロにちょん切れてしまいました。
しっかり直しておきましょう。

c0243807_14112865.jpg
(2018.川崎市市民ミュージアムでの展示)


ぶたちゃんににんじん🥕を食べさせてあげると〜〜
ブーたれたお顔が
キラリーンッ✨と
いい子のお顔に変わります。


この作品『ぶたぶたキラリン』は、
越前市の「かこさとしふるさと絵本館」2周年記念イベントの際に製作したものです。

絵本のお話を体験しながら、
自分たちもぶたちゃんになっての
にんじんゲームです。
c0243807_14383747.jpeg
(2015.かこさとしふるさと絵本館イベント)


ボランティアスタッフさんとの
言葉のやり取りも
絵本のお話を知っているからこそ成立する
内容の濃い 面白いひと時でした。

c0243807_14384037.jpeg
ぶたぶた帽子は、子どもたちそれぞれの個性あふれるオリジナルです!

絵本館スタッフさんが折り方を覚えて下さって
幼稚園保育園の先生たちに伝授!
そして、子どもたちと一緒に製作して臨んでくださいました。


さぁ、今度は
この「ぶたぶたキラリン」
静岡県藤枝市文学館 に参ります!(2019.6.1〜7.28)
お近くの方はぜひ見に来てねー!




「ぶたぶたキラリン」の試作風景。
 ↓


絵本館2周年の記念イベントの様子。
 ↓





# by erich50 | 2019-05-14 13:39 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

母の日のプレゼント mamalife

母の日は
お母さんの愛に感謝をする日です。
c0243807_11595732.jpg
赤い和紙と緑のストローで作った
カーネーションです。

まわりに並んでいるのは
指輪!

その昔、
子どもたちが私に贈ってくれたのは
家の中に転がっているような材料で、
子どもなりの大いなるひらめきと工夫で作ったものでした。

パンの留め口に使われていた金色のワイヤーで、
オリジナルサイズを測り、
キラキラなアメの包み紙で大きな宝石を取り付けた
豪華な指輪でした。

指輪作りにハマっていた長女は、
プルトップの輪っかにも注目し、
上手に指輪にしていました。


身近にあるものを
ひょんな思いつきで
希望の物に変換する。

思い描くものを
身近にあるものを利用して
工夫して実現する。

これって素晴らしいことです。
私の思う「工作」の極意でもあるのですが、

子どもにとっては、
こういう作業が何より没頭できる遊びになっていくし、
有意義な心意気にもなっていくし、

ある意味、
あらゆる人生の教訓にも成り得るんじゃないかな?

なんてね。


あ、そうそう
当時は緑色のストローを調達するのに苦労して、
スタバのストローに巡り合った時には大感激しました!
そのために、家族で入店しましたっけ。
そんな時代もいと懐かしく…
今となっては、胸が熱くなる思いであります。

皆さまにとって
幸せな母の日となりますように。




母の日の由来と提言は
 ↓

指輪の作り方は
 ↓
 

# by erich50 | 2019-05-12 12:31 | 季節の工作 | Comments(0)