講演会レポート

昨日、藤沢総合市民図書館で開かれた
『かこさとし 創作の原点』という
講演会がありました。

c0243807_19015544.jpg
様々な本や映像で、
加古先生の 絵本を創る
思いや原点は
語られてはいるのですが、

こうやって
間近で見てこられたご長女であり、
総合研究所を運営されている
鈴木万理氏が語るものは
静かでいて ものすごい迫力があります。

加古氏が、自分で自分の作品を語ることは一切無い…
という作品の解説は
この方しか知り得ることはなく、語れないのです。

大変貴重な話でした。

会場に集まった80余人の全員が、
息を飲んで聴き入りました。
(お手伝いスタッフの自分なのに、すっかり聴衆…)
c0243807_21453941.jpg

加古先生の
生い立ちや時代背景、
子どもの時代、青年時代、、

偉大な先生も、
普通の子どもの生活の中で
あれこれ吸収しては伸びゆき
悩み苦しみ、もがきながらも楽しみを見つけたり
活き活き輝くもとを育まれていかれた様子に
恐れ多くも、親近感を抱いてしまいます。。。

c0243807_19020124.jpg
加古先生の原点となった
セツルメント活動とは一体どんなものだったのか?
実際の内容や数々の当時の写真に
貴重な日本の現代史をリアルに感じます。


そして
紙芝居の朗読は楽しかった!!

世に出ていない時代の手作り紙芝居は、
実に素晴らしく!!!
色彩も画も目を見張ります。

面白くて笑っちゃうもの
つい、本物の子どもに戻って皆
心の底から笑顔になってしまいます。

そして、
実話に基づく心に迫る絵話…
セツルの子どもの感じた
父や母の苦労や悲しみ
だが、決してそれだけではなくって
そこにある幸せや湧き上がる希望もあって…

ほんの短い紙芝居なのに、
絵話なのに、

ずん…と 心を掴まれてしまいました。
余韻が会場を包みます。。。

映画1本見終わったような、、
そんな気持ちに
その都度なってしまうのです。


子どもたちをその後のゲームにつなげるためだったり、
勉強の要素を入れたものだったり、
生活指導を促す目的だったり、
常に、目の前の子どもたちに
今、必要なことを
手を替え品を替え 提供していたのが、
紙芝居であり絵話であったのだ。
というのだけれど、
あまりに 素晴らしすぎる。。。


でも、
嬉しかったのは…
自分も、工作ワークショップに導入するために
必要に迫られて絵話を作って披露していたのだが、
それって、加古式なんだ、、、!
ということ。
やる気が満々湧いてきたぞ!



昨今の売れているという絵本に
どうしても納得がいかない自分は、
あらためて
本当に子どものことを想いやった作品というものの
奥深さに触れることができ、感慨無量でありました。


c0243807_22354753.jpg
加古絵本のコーナーは楽しそう!



今回伺った 藤沢市総合図書館の児童書フロアには、
オススメの絵本が、分類別に並ぶコーナーがあり、
全部手にとって読みたくなる素晴らしい絵本ばかり!!

日本民話のコーナー
世界のおとぎ話
動物の絵本
犬の本
etc...


表紙を見ているだけでもうっとりします。

今度、ゆっくり来よう!


ここ最近、書店に並ぶ児童書、絵本に
驚愕っていうか、情けないくらいがっかりしたので、
なんだ、、!!図書館にくればいいんだ!!!と
明るい気持ちになりました。





# by erich50 | 2018-02-25 23:12 | つぶやき | Comments(0)

ボタンでアレンジ 2

フランスのボタン
こんなのもありました。
c0243807_13350684.jpg
かわいいヒツジちゃん…
いっぱい購入したいが、
単価が高いので、、
三匹…

選んでいたら、
ブラウンとブラックがあるのね…

3匹が、
仲良くふわふわ遊んでいると〜〜


c0243807_13351154.jpg
あらあら、
黒いオオカミが
こっちを見ていますよ!


c0243807_13351440.jpg
うわぁ、
こっちにも、薄茶色の
オオカミが…‼︎

c0243807_13351783.jpg
だいじょうぶ、
ハサミがあれば なんとかなるから…


「赤ずきんちゃん」のお話も、
「7匹の子ヤギ」のお話も、
ほら、
ハサミで救出したもんね!

って、
ヤギじゃないね、これヒツジだわ…!

まあ、いろんなお話を 
連想して頂けたら  満足満足…
な、
セーターになりました。

c0243807_13352286.jpg
こんな、ボタン・アレンジ ・セーターです。


娘が見て…

「あーぁ、 
もう着られなくなっちゃった…」
(彼女は、私が服を買うとまるで自分のモノのように普段着にする…(;´Д`A)

そして一言
「なんて弱肉強食な 恐ろしい…」

# by erich50 | 2018-02-24 13:34 | 手芸 | Comments(0)

ボタンでアレンジ

フランス🇫🇷のボタン
に、出会い…
c0243807_17200676.jpg
並べてみました。

緑、赤、青
三色の木馬 。。。


国旗の色のボタンも並べてみよう
極小のボタンだよ、
青、白、赤

同じ色の糸で、縫い付けた。


そう、
並べたのは、
シャツの首まわり…❗️
c0243807_17200893.jpg

無地の普通のカットソーが、
楽しくなりました。

# by erich50 | 2018-02-23 17:17 | 手芸 | Comments(0)

週末のイベント2つご案内

c0243807_15150287.jpg
(ダンボール×タコ糸×越前和紙のだるまちゃんペンダント)

今週末
2月24日(土)に催される講演会のご案内です。

一つは、
藤沢市総合市民図書館にて
「かこさとし創作の原点」と題した講演会があります。
ご長女の鈴木万里氏が語る
父かこさとしが絵本作家になるまで。
作品の魅力、絵本に込められた想いなど
普段聴くことのできない大変貴重なお話です。

申し込みは
藤沢市総合図書館まで


そしてもう一つ、
東京都立多摩図書館にて
長野ヒデ子さんの
「うんとこ どっこい 絵本と紙芝居の魅力」
講演会があります。


お近くの方、ご興味関心のある方は
ぜひお越しくださいませ。





# by erich50 | 2018-02-22 15:19 | イベント | Comments(0)

「ワラの家つくりワークショップ」を見てきました!

日本建築学会
ー 子どもの建築ワークショップ ー
を見学して来ました。



c0243807_00422394.jpg
もし、この世界にワラしかなかったら…
「つくってみよう自分の家」

というテーマで、
ワラの家を作ります。

c0243807_00423599.jpg
どんな家にするか?
体格だったり、暮らし方だったり、
いろんな空間を考えて〜作業を始めていきます。
c0243807_00394094.jpg
ワラがいっぱい!
竹や麻ひもも用意されています。
c0243807_00505340.jpg
ロープの結び方が示されたテーブルもあります。

頑張って挑戦します。


c0243807_00544884.jpg
難しいです、、


大学生のお兄さんお姉さんは、
結び方を教えてくれます。
c0243807_00570302.jpg
c0243807_00544358.jpg

一方、屋内では
等身大の自分を作っています。
c0243807_00591478.jpg
ダンボールに寝そべって
自分サイズを測ります。
えんぴつでシルエットを写し取ります。
c0243807_00592539.jpg
切り取ります。
c0243807_00592112.jpg
このサイズが入る家にしなくちゃね。。。

さぁ、ワラの家はどうなっているでしょう?


c0243807_01043666.jpg
こんな状態の骨組み…

c0243807_01041299.jpg
自分たちサイズはこんくらい…

細い竹を渡し、麻ひもで組んでいったり、
麻ひもを渡していったり、


それぞれが、頭を使って
工夫しています。
c0243807_01042792.jpg
こうやったら、いいんじゃないか?
意見を出し合って
作っていきます。

c0243807_00580642.jpg
小さい子だって働きます。
束ねたワラを二つに割って引っ掛ける!
覚えましたよ。

どんどん運んで来て、
ぐんぐん
暖かそうな家になっていきます。

c0243807_01145440.jpg
あっちの家もこっちの家も
だんだん形が見えて来ました。

c0243807_01152235.jpg
なかなか思い通りにいきません
c0243807_01153960.jpg
倒れてきてしまったり、ゆがんできたり、、
調整をします。
バランスを取るために色々やってみます。

c0243807_01150077.jpg
ホウキを作ってお掃除をしているところもありました。

c0243807_01153418.jpg
あと、もうちょっと
どうすればいいかなぁ

考えます。


寒い寒い冷え込んだ
建築会館のイベント広場…

暖かそうなワラの家が
いっぱい完成していきます。

c0243807_01225028.jpg
すごいすごい!

c0243807_01251091.jpg
ちゃんと断熱効果を考えた
床も出現!

c0243807_01282119.jpg
やっぱりワラを敷かなくちゃ!
さすがです!

c0243807_01282610.jpg
大きなスケールのワラ住宅も!

c0243807_01294818.jpg
小さくっても楽しい!


c0243807_01312507.jpg
現代の子どもたちが、
2月の寒空の下、冷たい手を駆使して
古代の住まい作りに夢中になっていました。



参加した子どもたち、その家族
どんな思いが胸に広がったでしょう…
家に帰る道々、、お家に帰って〜
どんな会話をしていたかしら…?

ワラの香り、感触も 良かったね。
貴重な体験となったことと思います。

スタッフの皆様は、準備、後片付け
さぞさぞ大変だったことと思います。
ご苦労様、お疲れ様でした。










# by erich50 | 2018-02-19 01:46 | つぶやき | Comments(0)