タグ:親子で楽しむ ( 36 ) タグの人気記事

新聞に掲載されました。

2017.2.28 東京新聞 朝刊
c0243807_11261321.jpg

カラー刷りの一面全面です!
(下3分の1は広告ですが… ^^;)

絵本大好き!工作大好き!
という子どもたちが集まってくれて…
楽しいひとときでした。

なにより、
子どもの育ちをあたたかく見守って、
一緒に付き合って過ごそう!という
お母さん、お父さん、
おじいさま、おばあさまの
大集合だったことが、さらに
場の空気をなごやかに
盛り上げて下さいました。
ありがとうございました!

c0243807_22233736.jpg





かこさとし公式サイトでも紹介して下さっています〜!
 ↓





by erich50 | 2017-03-01 11:14 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

節分 こんな思い出

今日は節分ですね。

季節の分かれ目 
立春(春の始まり)の前の
季節が変わる節目 です。

豆まきは、
新しい年を無事に過ごせますように!と、
大晦日の夜に豆や米をまいて
鬼を追い払う追儺(ついな)という中国の行事
から来ているそうです。
病気や魔物を追い払う意味があります。
そう、鬼がそういう不運を連れてくるので
邪気を払うという強い力を持つ豆で、追い払うというわけです。


ずいぶん前に描いた原稿のラフを見つけたので〜
ちょいとご披露


私の子ども時代の「節分」と言えば、、、
c0243807_12181381.jpeg
うちの母は、
私たちがかなり小さい頃から、
節分が近づくと
鬼のお面作りをさせた。

男物のセーターをほどいた
極太のちぢれた黒っぽい毛糸は必需品で、
このためにとっておくのでした。

そう、これで
鬼の髪の毛やヒゲ、まゆ毛を作るのです。

c0243807_12181927.jpeg
「怖そ〜な、強そ〜な、
悪そ〜な 鬼にするのよ!」
と、
指令が出るので、
姉と二人で、
どうしたら怖そうに見えるか?
鏡を見ながら
顔の表情や配置を研究するのです。

まゆがつり上がること
太いこと
目はでかくギョロっとさせて
鼻は大きくがっちりさせて、鼻の穴も大きく!
口も大きく、口角は下げて、牙も入れて
ガオーッ!って感じで!!

顔の色はどうするか?
髪はもじゃもじゃにしよう!とか、etc.etc...


極限に怖い鬼の面作りをさんざん
家庭でしてきたため、

学校の図画工作の授業で
鬼の面作りをすると…

c0243807_12315208.jpeg
同級生の女子から
驚かれ、ひかれてしまうのでした。

「ねぇ… なんでそんなに怖い顔 作るの?」と…。




歴史は繰り返す、、、
娘が1歳半の物心ついた節分の日
お昼寝中に、
せっせと鬼のオブジェを作った。
c0243807_12190520.jpeg
空き箱を使って、目と口をくりぬいて、
裏からセロファンをはって〜
つのはトイレットペーパーの芯を差し込み〜
中に懐中電灯を入れる!

夜の庭にセッティング!


暗闇で光る鬼の置物、、

それをめがけて豆まきをしよう〜!
と、張り切ったのだが、

c0243807_12183230.jpeg
異常なおびえようで、、
絶叫して嫌がりました。。。
ただの恐怖でしかありませんでした。

いやぁ、まだ早すぎたか〜
ごめんごめん



時は経ち〜
c0243807_12184071.jpeg
きょうだいがいる節分の日は、
にぎやかで楽しい。

おまけについてくる、ひょうきんな顔の鬼の面でも
じゅうぶん盛り上がります。

かわりばんこに鬼をやります。
(追いやられる鬼の気持ちも、痛く感じてしまいます…)


邪悪を追い出し、
福を呼び込む!

この行事を欠かすことはできやせん



最近は、
商売屋のもくろみで始まった
太巻きを食べる変な慣習がありますが、、

つい、ノセられてやってしまいました。
受験目前の中学生だった長女の願掛けを
みんなで〜

しかし、小さな子どもには
相当過酷な恵方巻き食べ、、
c0243807_12184364.jpeg
幼稚園児だった末娘は
マジで辛かったそうです。
ノドが詰まって、、
声を出しちゃいけないってお姉ちゃん怒るし…
これをきっかけに、
太巻き嫌いになってしまった。


豆まきの後の
わんこの異常なテンション!
豆食いまくり〜!!

翌朝は、
外で、カラスやヒヨドリが
ビックリマークな顔で
夜露、朝露でふやけた豆を
ハイテンションでついばんでいましたっけ


c0243807_12184616.jpeg
昔は、どこの家からも
子どもの声がしたのですが、、、

近年は、
恥ずかしいから、小声で…
でも、ちゃんと声出してやらなあかん!!

そうそう、
最近、近所には
家族連れがいっぱい引っ越してきたから〜

今夜は聞こえるかしら?


楽しい節分をお過ごし下さい〜!







by erich50 | 2017-02-03 13:06 | 季節を感じる | Comments(0)

幼児テキスト 親子の遊び ベネッセ

もう一つ
こちらは、来年度で3年目に突入です。

時期同じにして郵便受けに1月号が届きました。
c0243807_13140796.jpg
ベネッセのこどもちゃれんじ 3~4歳児コース
お家のかた向けの情報誌「ほっぷ通信」です。

その中で、
『自然であそぼ!』というコーナーを書いて描いてます。
身の回りの自然や自然物に、
気づくことからが 遊びの始まりであり、発見!
なのです。

そして、
それを親子で一緒に楽しんじゃおうよ
という提案です。



ご興味のあるかたは、どうぞ。
今ならクリスマスボックスで届くとかなんとか
 ↓
ベネッセ こどもちゃれんじ ほっぷ



注)決して宣伝ではありませんので!!
お家で普通に日常を丁寧に生活していれば、
あえて教材なんていらないのですから。悪しからず。








by erich50 | 2016-12-18 13:28 | お仕事 | Comments(0)

幼児テキスト 親子の遊び Z会

何年か前から、幼児テキストでの
遊びの提案と監修をさせていただいております。

来年度の入会案内と教材テキストが届きました。
c0243807_12581730.jpg

家で、その辺にあるもので
いかに 親子で楽しく遊ぶか?!

さんざん我が家でやっていた
行き当たりばったりな
思いつきの遊びが、
きちんとした教材として成り立つことの不思議…

いえいえ、
ちゃんと育ちの解説がつくと
なんとも素晴らしく、ありがたく
嬉しいものです。


子育てコラムもあって、
お母様方の反響も多く寄せられていると伺い
嬉しい限りです。
遠隔から思いが届けられること
ありがたいな、と感じています。


今、お試し教材がもらえるらしい…
ご興味のある方は、どうぞ。
 ↓


注)決して宣伝ではありませんので!
お家で普通に日常を丁寧に生活していれば、
あえて教材なんていらないのですから。悪しからず。


過去の記事ですが、
↓ 一緒にご覧いただけると嬉しいです。



by erich50 | 2016-12-18 13:00 | お仕事 | Comments(0)

おもしろい 企画展

c0243807_00494440.jpg

会期最終日に、滑り込み〜〜

東京ミッドタウンの
「土木展」に行って来ました。

めちゃめちゃ おもしろかった
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

こういう企画展こそ、
親子で楽しめるなぁ…
いや、知るべきことだよな
と、しみじみ!

身近にある生活、そこには
ものすごい技術があって、
携わる人々の努力から成っているのだ…と、多方面から伝わり
感動でした。


c0243807_00494590.jpg

音と映像で観せる
「土木オーケストラ」
c0243807_00494554.jpg

よく聴くと、本当
工事現場の音なのに、ちゃんとオーケストラ‼︎


マンホールを体験!
c0243807_00494628.jpg

ヘルメットをかぶって、中に入って
道路に顔を出す!



砂の高さによって等高線が変化する作品
c0243807_00494701.jpg

掘ったり、山にしたり…
めちゃ 楽しい砂遊び

マジ、大人が真剣に夢中…

こちらは、
ダイダラの砂箱 という作品
c0243807_00494897.jpg

不思議な世界…
きれい

c0243807_00494927.jpg



それから、
c0243807_00494999.jpg

いろんな種類のダムを説明する
ダム カレー‼︎

c0243807_00495000.jpg


他にも、トンネルの掘削作業映像や
圧巻の 駅 解体図
渋谷駅 構内模型 などなど
見所いっぱいでした。

夏休みに、子どもたち多勢行ったのかな?
とても素晴らしい企画展でした。


よく、
お子様方をなんとか喜ばせようとした
「子どもイベント企画」があるけれど、
そんなのより、ずっといい。

好奇心を満たしてくれる
興味をひきつけるって
身近なことが解ること。
知らなかったことを知ること。


子どもを子ども扱いせずに、
こういった本気の本物をきちんと観せることの方が、ずっと面白い。
価値のあることだよな、と
深く感じ入りました。

これは、子ども向けの企画展
という訳ではありませんが…
だからこそ、いい!

そう、
よくある子ども向けの企画展って
親御さんが喜ぶからと、
やたらと、写真ポイントばかり作って
こびこび もてなしてしまう…
そうすると、当然
ハイポーズ!ばかりに夢中…という、
内容の薄い つまらない
企画展になっちゃうんだよね。


この「土木展」は、
オール写真OKな所も、
度量が広く気持ち良い(≧∇≦)



ショップコーナーも粋でした。
c0243807_00495103.jpg

これ、
履いたら、なんでも出来そうな
気がする!
売ってた。

欲しい

by erich50 | 2016-09-25 23:29 | ふと、思う… | Comments(0)

雨の日は

c0243807_16181731.jpg
朝から雨が降っている…
そんな日は、なんか いろいろアキラメがつくっしょ?!

洗濯 お休み〜
出かけるの や〜めたっ!

家の中の 
溜め込んだ…  見て見ぬ振りしていた あれこれ
そうだ、それを片付けよう
なんてね。

ある意味 そういうことのできる貴重な日

そして、
そんな のんびりとした空気…
そういうのも、あんがい嬉しい家庭の暮し

一仕事 終わったら〜〜
ダラダラと〜
ゴロゴロと〜〜
くつろいでみましょう〜〜〜

我が家の子どもたち
こんな風に、私が寝そべっているとすかさず乗っかってきました。

ここが一番 ピッタリフィット!!
そう言って、見つけたのは〜 お尻を枕にした体勢

なるほどなるほど…
背中の曲線、足の太ももやふくらはぎのカーブ
なんだかいい密着度が生まれます。

子どもにとっては、
お母さんと体を密着させて、体から伝わる会話も体温も
なんだか嬉しく安らぐひととき

 のんびりぬくぬく…

いいじゃない? 雨の日のこんな日は
ゆっくり時間が流れていることも感じて休みましょう。

雨の日にあくせくと 「子どもの為にっ!!!!」って
無理して遊ばなくたっていいのですよ

お母さんとのんびり過ごす
これ、いっちばん 上等な育児! です。

お試しあれ


by erich50 | 2016-06-21 09:50 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

手技の紫陽花

c0243807_17021184.jpg
いわゆる ありきたりな アジサイの花のクラフト工作は
もう 飽きた…
おりがみで作る 四角っぽいやつとか、
なんとも平面なやつとか、

だって、違うじゃない 本物は。。。

もっと、さぁ
こう、 こんもりとしてるじゃない?

子どもを 子どもだましに扱っちゃあ いかん


じゃぁ、どうしたらいいかなぁ…


あの、半球上の群生を再現しようじゃないの


ということで、
古来からありまする お花紙 でつくるふわふわのお花
あれでいきましょう〜!

c0243807_17471561.jpeg
4〜5枚 重ねて段々に折る


c0243807_17472701.jpeg
まん中を糸でしばる


c0243807_17473024.jpeg
お花紙の大きさが大きいのでカットする


c0243807_17473635.jpeg
4角をカットする


c0243807_17474054.jpeg
1枚ずつ ていねいにはがしていく


c0243807_17474369.jpeg
しっかり起こして
ふわっふわのお花にする



c0243807_17475607.jpeg
アジサイにもっとも近い色の色画用紙をチョイスする

*こういう時の色選びを 子どもにさせることで
大いなる豊かな色彩感覚が育つ!!


ちっさい おりがみとして
おる

c0243807_17480047.jpeg
半分におって、
また半分におる

c0243807_17480496.jpeg
まん中がつながるようにして
はさみで切る


c0243807_17480723.jpeg
まん中を 水平に ちょい重ね


c0243807_17481270.jpeg
タテにも重ねると〜

c0243807_17484391.jpeg
ほらね、 こんな立体的になる。


もっと、手技を使うと…




c0243807_17482620.jpeg
まん中を重ねたら〜



c0243807_17482962.jpeg
くるっと 一回転させる



c0243807_17483915.jpeg
すると、こんな風に
更に立体的になるんだ。


それを

c0243807_17484619.jpeg
さっきの ふわっふわの お花の上に
トッピングしてみて!

ボンドとかで貼ってね!


いろんな微妙な色の違う紙で構成させてみると
リアルになるよ
c0243807_17510462.jpg

家の近くで、街の中で、
アジサイの花を見かけたら

近くに寄って よ〜く観察してね。

そして、
雨の日にでも、
親子で楽しく作ってみてください。





*アジサイの花のように見えるのは、実は萼(ガク)です。
土の成分によって花の色が変わります。


by erich50 | 2016-06-16 18:23 | 季節の工作 | Comments(0)

ふわふわ巨大こいのぼり

家にあるもので、アッという間に
簡単に作れます。

こんな大きなこいのぼりはいかがでしょう。
c0243807_19131747.jpg
どのくらい大きいかって?

ゴミ袋70リットル用を3枚つなげてます。

体長3m近くありますよ!!!


c0243807_19145157.jpg
マジックでウロコや尾っぽを描いてもOK
これは、きらきらテープを貼って作りました。



もっと迫力が欲しい?!

そういう場合は、
真っ黒ビニールゴミ袋で やってみましょう〜!

c0243807_19244396.jpg

ビニール袋2枚は底を切って、輪にします。
三枚目は、しっぽの形に切って

こんな風に 広幅の透明テープでつなぎます。

尾を切り取って残った部分で
背びれや胸びれ、腹びれを作って貼付けます。

口は内側に折り返してテープでとめます。
(最後に中にビニールコートされたソフトワイヤーを通します)


あとは、きらきらテープを貼って
うろこやひれを飾ります。

c0243807_19245251.jpg
目玉は、画用紙を丸く切って
裏に両面テープをバッチリ貼って接着します。
金色のシールを目玉のふちに合わせて貼ります。

口にワイヤーを通して、
(ワイヤーの先は危険防止のため必ずガムテープなどでコーティングすること)
縦横4カ所に極太タコ糸を取付けます。


これ、
めっちゃ それっぽい轟音だすよ!
バッサバッサ

(ビニールの種類にもよりますが)


洗濯物干し竿とかにつけたら、
大空泳ぎます。

充分注意してやってみてください。



イメージ…
c0243807_19222819.jpeg
いやいや、、、
実は、これも

来る 絵本ストーリーオリエンテーリングの一コマです。


前出の「ふわふわこいのぼり」の応用編です。

ふわふわこいのぼり
ふわふわ魚








by erich50 | 2016-04-27 19:49 | ひらめき工作 | Comments(0)

親子の工作イベント+講演

c0243807_18274537.jpg
今日は、藤沢の「どんぐり園」「ひよこ会」さんに伺いました。
年中さん年長さんとお母様で、工作ワークショップ

そのあと、
年少さん2歳さんのお母様に、「遊びのヒント」の講演

二本立て でした。

どちらも、いつのも半分の時間だったので、
ちょっとバタバタしてしまいましたが、
お子さまもお母様も、とっても反応素晴らしく!!
楽しい時間になりました。



いろ〜んな遊びの紹介を 
「うちの3人きょうだい」の紙芝居で…!

そして、
おにいちゃんが発明した ぽよよんおもちゃを作りましたよ。


今回もとっても素敵な工夫をした作品がいっぱい生まれました!


ちょこっとご紹介!


口元の表情やお手ての表情で
楽しかったこと わかります。
うれしいな!

c0243807_18510810.jpg
新聞紙の印刷に、にんじんをみつけたのね!
すごいすごい!
お耳にもイヤリング!
しっぽもおしゃれなうさぎちゃん!
 
c0243807_18505091.jpg
新聞紙のカラーの部分を工夫して折って〜
すてきなおリボンをつけています!


c0243807_18510468.jpg
新聞紙のカラー部分をほっぺにしましたよ!
かわいいお顔がぴょんぴょん!

c0243807_18504277.jpg
迫力の作品!
トラトラになりました。
側面には素晴らしい柄が描かれてます!

c0243807_18504728.jpg
お耳が大きいので、ジャンプするととってもかっこいい!
重さもしっかり!

c0243807_18503986.jpg
体も手ても、作ったの!
すごい力作!

もっと他にも いろんな素敵な作品がありました〜〜!!



どんぐり園さんの子どもたちは、
普段から新聞紙遊びもいっぱいしているようで
手先を使うことも、自分で工夫することも
オチャノコサイサイ でした。


子どもから生み出される発想って素晴らしいなぁ

と、今日も感動させて頂きました。
ありがとうございました。


「どんぐり園」さん「ひよこ会」さん
子どもの育ちに対して 意識の高いお母様方がいっぱいで
なんだか とても嬉しい出逢いです。

何年か前…
最初のお子さまを通園させていた時に
私の講演を聴いて下さっていた…というお母様が、
今回 役員さんで、再びのご縁となりました。

なんという嬉しいことでしょう!!


子どもたち!
おかあさま!!
元気に羽ばたいてください〜!




c0243807_18263295.jpg



by erich50 | 2016-03-02 20:00 | 講演 | Comments(0)

映画ネタ 年賀状

2004年の年賀状です。
c0243807_12461536.jpg

12年前の申年は何描いたっけ…?
そう、
映画ネタシリーズに凝っていた時代でした。


子どもたちが小さい時代は、
週末というと
家から徒歩か自転車で行く公園に遊びに出かけました。

私は家事に追われるので、
父さんお願いっ!
子どもたちを連れ出して〜!っていう事も多々あり

または、夫の仕事を兼ねて工場を系由して
ちっさな牧場やら大きめの公園やらに行き…で、
帰りは週一度の買い出しで生協に寄るパターン

そういうのが、一週間の習わしのような生活サイクルでした。

そして、
盆暮れには夫婦で映画に行く!

お互いの実家に行った時がチャンス
子どもたちを預けて
よく、映画を観に行きました。

いつしか、子ども連れで映画
ということができるようになって
家族で映画 は恒例になりました。


子どもが中学生や高校生になって…思春期の時代
部活で忙しく、勉強や試験も大変で、友だち関係も複雑になってきて
なんだか常にイライラしていて
親と一緒に映画なんて、、、
と言う時代も
この行事はちゃんと決行された。

何故かというと

映画代は親が出してくれるし
帰りに 焼き肉or寿司! に行くよ〜!!
と言えば、
なにがなんでも着いてきました。

あまり口をきかないような時代でも、
同じ映画を観るということは
共有した濃い時間があって…
お互いに映画の余韻の中にいる期間があるのです。

ふと、
「あれってさぁ〜」 なんて映画の中の話をすると
色々思っている考えや それぞれの意見交換が
自然にできるんだよね。

そうか、そういう風に感じているんだぁ
とか、
ふむ、そうか…と
相手を知り、自分を省みることもできる。

映画って 本当に素晴らしいですねぇ


思春期の子どもに悩む親御さんたちにおススメは
「一緒に映画を観る」
です。

いや、
手遅れにならない為にも
公園遊び時代からのスライドとして
思春期になる前から、家族、親子で一緒に映画を観に行く
という豊かな娯楽をおススメ致します。






by erich50 | 2016-01-05 13:21 | 早未流 子育て論 | Comments(0)