タグ:行事の由来 ( 20 ) タグの人気記事

けいちつ(啓蟄)です。


c0243807_13202932.jpg
おひさまの陽が当たる場所に、ニャンコが移動していました。
こたつで丸くなる季節も、おしまいですね。

今日は、けいちつ(啓蟄)といって
寒い冬に土の中にいた虫や、穴の中にいた動物たちが
外に出てくる〜 季節の節目
春ですよ〜!
という日であります。


お正月の元旦に 新しい年の目標を…
掲げませんでしたか?
旧正月の節分に いや今日から!と
目標を宣言しませんでしたか?

 はい、私です、、042.gif042.gif042.gif

そうですね、
虫らと一緒に
ちっぽけな存在ながらも
今日から  春の日差しをバッチリ受けて
頑張りましょう! 新年度に向けて!!
017.gif

這い出しましょう〜!!
この現状から〜〜
005.gif

ということで、大掃除しています。
たまったダンボールをつぶしています。
土の中から這い出す虫のごとく、
ダンボールの中から這い出す自分であります。





by erich50 | 2017-03-05 13:45 | 季節の行事の話 | Comments(0)

今日はひな祭り

c0243807_12203067.jpg
桃の節句とも言われる ひな祭り
桃には魔除けの力があるとされていました。

もともとは、中国の行事「上巳の節句」が伝わったものだと言われています。
水辺で体を清めて病気を追い払う〜

昔は小さな子どもが病にかかり
命を落とすことも少なくなく、
子どもの健康を願う気持ちは
そうれはそれは強かったことでしょう。

今でもこの冬の終わりの季節…
子どもたち、体調を崩すことも多いですよね。

今日は全国的に天気は良さそうです。
が、北風が強いようです〜
春までもう一息!

みまさま 元気で楽しい 
ひな祭りをお過ごし下さい

 過去記事ですが、合わせてご覧ください
 ↓



by erich50 | 2017-03-03 12:21 | 季節の行事の話 | Comments(0)

節分 こんな思い出

今日は節分ですね。

季節の分かれ目 
立春(春の始まり)の前の
季節が変わる節目 です。

豆まきは、
新しい年を無事に過ごせますように!と、
大晦日の夜に豆や米をまいて
鬼を追い払う追儺(ついな)という中国の行事
から来ているそうです。
病気や魔物を追い払う意味があります。
そう、鬼がそういう不運を連れてくるので
邪気を払うという強い力を持つ豆で、追い払うというわけです。


ずいぶん前に描いた原稿のラフを見つけたので〜
ちょいとご披露


私の子ども時代の「節分」と言えば、、、
c0243807_12181381.jpeg
うちの母は、
私たちがかなり小さい頃から、
節分が近づくと
鬼のお面作りをさせた。

男物のセーターをほどいた
極太のちぢれた黒っぽい毛糸は必需品で、
このためにとっておくのでした。

そう、これで
鬼の髪の毛やヒゲ、まゆ毛を作るのです。

c0243807_12181927.jpeg
「怖そ〜な、強そ〜な、
悪そ〜な 鬼にするのよ!」
と、
指令が出るので、
姉と二人で、
どうしたら怖そうに見えるか?
鏡を見ながら
顔の表情や配置を研究するのです。

まゆがつり上がること
太いこと
目はでかくギョロっとさせて
鼻は大きくがっちりさせて、鼻の穴も大きく!
口も大きく、口角は下げて、牙も入れて
ガオーッ!って感じで!!

顔の色はどうするか?
髪はもじゃもじゃにしよう!とか、etc.etc...


極限に怖い鬼の面作りをさんざん
家庭でしてきたため、

学校の図画工作の授業で
鬼の面作りをすると…

c0243807_12315208.jpeg
同級生の女子から
驚かれ、ひかれてしまうのでした。

「ねぇ… なんでそんなに怖い顔 作るの?」と…。




歴史は繰り返す、、、
娘が1歳半の物心ついた節分の日
お昼寝中に、
せっせと鬼のオブジェを作った。
c0243807_12190520.jpeg
空き箱を使って、目と口をくりぬいて、
裏からセロファンをはって〜
つのはトイレットペーパーの芯を差し込み〜
中に懐中電灯を入れる!

夜の庭にセッティング!


暗闇で光る鬼の置物、、

それをめがけて豆まきをしよう〜!
と、張り切ったのだが、

c0243807_12183230.jpeg
異常なおびえようで、、
絶叫して嫌がりました。。。
ただの恐怖でしかありませんでした。

いやぁ、まだ早すぎたか〜
ごめんごめん



時は経ち〜
c0243807_12184071.jpeg
きょうだいがいる節分の日は、
にぎやかで楽しい。

おまけについてくる、ひょうきんな顔の鬼の面でも
じゅうぶん盛り上がります。

かわりばんこに鬼をやります。
(追いやられる鬼の気持ちも、痛く感じてしまいます…)


邪悪を追い出し、
福を呼び込む!

この行事を欠かすことはできやせん



最近は、
商売屋のもくろみで始まった
太巻きを食べる変な慣習がありますが、、

つい、ノセられてやってしまいました。
受験目前の中学生だった長女の願掛けを
みんなで〜

しかし、小さな子どもには
相当過酷な恵方巻き食べ、、
c0243807_12184364.jpeg
幼稚園児だった末娘は
マジで辛かったそうです。
ノドが詰まって、、
声を出しちゃいけないってお姉ちゃん怒るし…
これをきっかけに、
太巻き嫌いになってしまった。


豆まきの後の
わんこの異常なテンション!
豆食いまくり〜!!

翌朝は、
外で、カラスやヒヨドリが
ビックリマークな顔で
夜露、朝露でふやけた豆を
ハイテンションでついばんでいましたっけ


c0243807_12184616.jpeg
昔は、どこの家からも
子どもの声がしたのですが、、、

近年は、
恥ずかしいから、小声で…
でも、ちゃんと声出してやらなあかん!!

そうそう、
最近、近所には
家族連れがいっぱい引っ越してきたから〜

今夜は聞こえるかしら?


楽しい節分をお過ごし下さい〜!







by erich50 | 2017-02-03 13:06 | 季節を感じる | Comments(0)

ジャンボ羽子板あそび

「羽根つき遊び」にはね、
厄除けの意味があるんですよ。

羽根に付いている黒い重り は、ムクロジの実といって
無患子(むくろじ)= 子どもが病気にならない
という意味があるのです。



鳥の羽根をつけた羽子は、トンボの形をかたどっていて
トンボは蚊を食べる虫なので
子供達が蚊に刺されないように、伝染病にならないように〜
災害も降りかかりませんように〜!
という願いも込められているそうです。
(かこさとし/こどもの行事しぜんと生活 参照)


そうです!
羽子板で羽根をついて「病気や災い〜あっち行っちゃえ!」
と、する行為なんですね。

寒い冬にお外で元気に汗かきながら笑いながら遊ぶから
元気な子どもになれる ってこともあるんじゃないかな?

c0243807_15564475.jpg


羽根付きオモシロ遊び用の
大きな羽子板です。


段ボールを羽子板の形に切り取ります。
向きに気をつけてください。

縦です↓
c0243807_16291571.jpg

どうしてかって?

横向きだと
ふにゃふにゃになっちゃうんだ
c0243807_16291708.jpg

写真のジャンボ羽子板は、
段ボール2枚で「ふとんたたき」を挟み込んでいます。

c0243807_15561494.jpg

羽根は、
新聞紙の玉にスズランテープを埋め込みました。

アルミホイルの玉でもいいですね。


または、
ビニール袋を膨らませた風船タイプにしてもいいね!
小さい子にはこっちのほうがオススメ
c0243807_16330003.jpg

段ボールのジャンボ羽子板は、
重いです…

羽根をつこうとすると、大きさゆえ
空気抵抗があって
難しいです。

でも、だから
おもしろいです。


小さい子たちには、
段ボール1枚で作ったほうがいいですね。
直接マジックで絵を描いてもいいですよ。

c0243807_16292069.jpg
みんなで点数を数えて、遊んでみよう!

失敗したら相手に1点
10点になったら交代です。
違う相手と対戦して
トーナメント制で優勝者を決めてもいいですね。


どうやったら上手く打てるかな?と 
頭を使って

実際にはどう動けばいいのかな?と、
体を使って

遊んでください!


それで、負けた人は、
顔に墨を塗るのが昔の遊び方ですが、
今、そんなことをするのは嫌ですから、
c0243807_16292258.jpg
黒いビニールテープとかを切り取って
○とか✖️を作って貼ったり、

小さい・や、大きい●を切り取って
顔に貼って遊んでも
おもしろいですよ!

負けるたびに増えていくと〜大爆笑です。
結構 お腹抱えて
笑っちゃいますよ。



お正月は終わってしまいましたが、
幼稚園や保育園では
お正月遊びで盛り上がる時期ですね。

小学生や中学生も
こういう正統派(?)単純で元祖な遊び

バーチャルな電子ゲームより
楽しいですよ。

おためしあれ!




著書『季節と行事で壁をかざる立体工作』
『12ヶ月のぎょうじ工作』
に、詳細 掲載してます。





by erich50 | 2017-01-07 17:19 | ダンボール工作 | Comments(0)

酉年の羽子板

あけましておめでとうございます

c0243807_11560033.jpg

新しい年が始まりました。

心機一転!


気持ちよく
楽しく
愉快に

書いたり、描いたり〜
作ったり、創ったり〜

していきたいなぁ
と、思っております。



ふと、考える…
自分にできることは何か?
自分が心から喜べるものは何か?


ちょっと前にネットで話題になっていた
任天堂の前社長 故岩田聡氏の言葉が
深く胸に染み込んでおります。

自分の得意なこととは、
「労力の割に、周りの人がありがたがってくれること」


努力しても周りからの評価が芳しくないことは、
実は不得意なことかもしれない。


好きじゃないけど得意。
好きだけど、実はあまり得意じゃない。
この二つがあって

好きじゃないけど得意なことを「仕事」にした方がいい。
好きだけど実はあまり得意じゃないことに溺れると
おかしくなっていく…

なんとも辛辣であり
ズバリな指摘です。
008.gif


自分にできること
009.gif
人が喜んでくれて
面白がってくれることを
003.gif
いっぱい面白がって挑戦していきます!


今年もどうぞよろしくお願い致します。



干支の羽子板はダンボールに装飾したものです。
十二支揃った壁面飾りは

著書「季節と行事で壁をかざる立体工作」の掲載作品です。
c0243807_12424854.jpg


以前の記事ですが、合わせてご覧頂けると嬉しいです。
 ↓









00000010_12221915.png

by erich50 | 2017-01-05 12:55 | 季節の工作 | Comments(0)

今日は冬至

c0243807_13485267.jpg
冬至とは、
 一年のうちで、
昼が最も短く、夜が長い日です。

こどもの時、朝のニュースで
このことを聞いて
なんだか ゾッとして、ものすごく怖くなったものです。
学校からの帰り道、
「すぐに暗くなっちゃうんだ今日は…!」
と、急ぎ足で帰ったことを思い出します。


北半球では、太陽が一番低い位置になって
夜が長く、日が差す時間が短い、、、

そんなこと言われても、
さっぱり意味がわからないものでしたが、
確かに、外でいつまでも遊べた夏と比べると
夕方になるとすぐに暗くなったなぁ とか
子どもながらに実感できるのでした。


風邪をひく子も増えてきた頃…
これからもっと寒い冬に向かって、

丈夫な体を保つように!と、
風邪予防のあれこれ〜
ゆず湯に入って〜体を温めて
かぼちゃを食べて〜栄養つけて

そんな
日常の中で、昔ながらの人たちの生活の知恵を
なんの気なしに 身につけていくのです。
日本の風情、情緒って 
そういうことから染み込んでいくんだと思う。

きっちり精密に正確に知識として
行事のあれこれ
覚えこませようとしなくたっていい

ヘェ〜? そうなんだぁ〜

そんな感じで
子どもに伝えてあげるってことは
大切だよ

と、思うのです。

ちょっと知っているのと
全く知らないのとでは、違うでしょ

ちょっと知ってたら、
のちのち、

あぁ! そうか
あれって、こういうことなんだ!

なんて、
嬉しい瞬間に出会えるしね。
人生を楽しむ要素が、多い方がいいじゃない?



仕事柄、季節の行事に絡めて
子どもとお母さん向けに執筆することが多いのですが、
ある時

「子どもに冬至について話したってわからない!」
と没にされたことがありました。

「なんだか日が短くなってきたわねぇ〜」
というお母さん同士の会話から、
子どもがなんでなんで〜??と質問して
一番日が短い日を「冬至」っていうのよ 
という感じで構成したんだけど、、、

なんでかなぁ? 編集者さんの方が石頭だよなぁ〜
大人が考えるより子どもの方が
鋭くキャッチしてくれているんだけどね…。

すぐにはわからなくたって、
いろんな興味の種をまいてあげること
大切なことだと私は思っています。


昼が一番短い…ってことですが、
これを境に、
今度は、どんどん太陽の力が増していくんですよ!
さぁ!新しい年ももうすぐ幕開けです。
張り切っていきましょう〜!!



↓以前の記事ですが、あわせてご覧ください。


by erich50 | 2016-12-21 14:02 | 季節の行事の話 | Comments(0)

人生儀礼…学校行事最終回の卒業式

お母さんが、おなかに赤ちゃんを授かった 
妊娠五ヶ月の帯祝いから始まる
人生儀礼 ですが、

赤ちゃんが誕生すると、次々 やってきますね。。。
どれも、赤ちゃんの健康と
幸せを願って 感謝して〜 の 節目の行事です。


オギャーと産まれて 出産祝い…
c0243807_01351641.jpg

産まれて七日目の お七夜には
名前を命名
c0243807_00312516.jpg





生後三十日を過ぎると、 お宮参り
c0243807_00314278.jpg


百日目には、 お食い初め
c0243807_00314616.jpg

そして
c0243807_00315885.jpg
満一才の お誕生日


その後も
c0243807_00485812.jpg
三歳、五歳、七歳、、、の 七五三


それから、
幼稚園、学校行事の 入園 入学 卒業式〜〜
c0243807_00515988.jpg
幼稚園から始まる 全ての行事
そう、遠足、運動会、発表会、文化祭、合唱祭 〜〜〜
授業参観に、お楽しみ会 〜〜

色々あります。いっぱいあります。


追いかけられるように、追いかけるように
子どもの成長とともに 伴走して過ごす 濃〜い 長い期間です。



時間に追われる中で、いつもバタバタと…
そんな 子どもの行事を通り過ぎて参りました。

今思うと、本当に 楽しい
幸せな瞬間の連続だったのだと しみじみします。



そう、
長女の結婚の日も、
毎度の 行事のように、身支度しながら
時間に追われて〜〜 バタバタ〜〜
玄関で靴を履きながら、 ふと 思った…

こんなに重要な 一番大切な大きな行事なのに、
なんだか、七五三の時と なんにも変わらないや…

そんなものなのかなぁ
娘が嫁ぐ ってことも…
c0243807_00501315.jpg
なんて、感じたことを思い出しました。




そして、先日、
とうとう 学校行事の最終回…
末っ子の娘 大学の卒業式でした。

長い長い 子育て生活 が、完全に終了となりました。

感慨深い ハレの日でした。

終わった…
私の 育児生活、、、、、


やっと、自分の人生を もう一度 立て直せるのかな?
もう、気力体力もだいぶ すり減ってきてしまったが…
まぁ、 のんびり 仕切り直そう〜





((((((((; ° 0° )
なんて、思っている間もないようです…

来週には、長女が出産しそうです〜〜〜 !!!
c0243807_01351641.jpg

またまた サイクルが、振り出しに戻っちゃう感じ〜〜!!


はるか昔から、 人々は こんな風に廻っているんだろうな、、
と、妙に納得してしまう 今日この頃です。

ふぅ〜っ














by erich50 | 2016-03-25 01:51 | つぶやき | Comments(0)

今日は 啓蟄(けいちつ)

c0243807_12350099.jpg


「啓蟄」って…
大地が暖まって 
冬の間、地中にいた虫たちが
はい出てくる頃のことを言います。

そう、春の訪れです。

朝起きるのが寒くてぶるぶる…だった人間も、
元気よく お布団をガバッと!!

春からの新しい生活を始めましょう。




by erich50 | 2016-03-05 12:41 | 季節の行事の話 | Comments(0)

ひなまつり って…?!

女の子の健やかな成長を祝うひなまつり
桃の節句に幸せを願います。



中国の「上巳の節句」
水辺で身のけがれを清める風習が、
日本に伝わり、
体のけがれや病気をふせぐ行事となりました。
c0243807_18345187.jpg
からだにこすりつけたり、
息をふきかけたり、
紙の人形にわざわいをうつして、川に流します。


c0243807_18351925.jpg


紙で作った人形を藁などの船に乗せて流すのが、
『ながしびな』

人形は人の身代わり、
川に流すことで厄払い



また、
貴族の家の 女の子たちの
「ひいなあそび」という
小さなお人形遊びも結びつきました。
c0243807_18352329.jpg

時代と共に
きれいな人形、豪華な人形を飾るようになり、
川に流すのではなく、
ひな壇に飾るようになりました。

c0243807_18354853.jpg
雛祭りが終わるとすぐに雛人形を片付けるのは、
災難の身代わりになってくれる人形を
川に流すのではなく片付ける ということで
厄払いにするのです。
c0243807_18354350.jpg



もともと日本には、
農作業が始まる前に、家を離れて働かないでのんびりすごす
 「神祭り」の風習がありました。
c0243807_18352964.jpg

3月3日 頃
「磯遊び」「山遊び」といって
山や海で、お弁当を食べて楽しい時間を過ごすのです。


お人形を持って行って
お人形たちにもその景色を見せてあげる
「ひなの国見せ」

同様に、
「おひながゆ」「いそまつり」と呼ばれていたり…
地域によって様々な 似たような伝統行事が残されています。
(これは、女の子だけのものではないのですよ)


奥が深いですね、、、
ひなまつり

「健康と幸せを願って みんなで楽しむ」
これ、基本ね!
c0243807_18354099.jpg

家族で、親戚で、お友達と一緒に
楽しい ひなまつりを お過ごし下さい〜!

by erich50 | 2016-02-28 00:28 | 季節の行事の話 | Comments(0)

バレンタインデー って…?

カカオの香り豊かな 
口の中でなめらかにとろける
あまいお菓子、
チョコレート!

こんな素晴らしいお菓子を
大好きな人に…届けたい!?

c0243807_17573608.jpg

美味しいチョコレートを感謝の気持ちをこめて
贈りあうのは素敵なことですが、

これ、日本のお得意 巧な商業戦略でもありますよ〜!

本来の意味も、ちゃんと知っておくと
いいんじゃないかな?

バレンタインデーとは



女の子が、お菓子作りに夢中になるきっかけにもなる
バレンタインデー
「友チョコ」 なんて言葉も生まれましたね。

我が家でも、毎年2月になると娘の友達が集まって
ぺちゃくちゃ絶え間ないおしゃべりと
ケラケラ笑い声と
ベトベトになりながら
チョコレート菓子を作っていましたっけ


ナント、
こういうお菓子作りで、得意だった子が、
後に
本当にパティシエになっています。

長女の友達にも
次女の友達にもいます。


子どもの時代に、夢中になれること
興味の矛先が向いたところ
一生懸命真剣に取り組むと

その扉が ちゃんと開くんだね!



子どもに芽生えた芽を

育てて そっと応援できるのも、
無造作に摘み取ってしまうのも、

傍らにいる大人(親)でもあるんだな…。



今年、末娘が
パティシエのお友達と作ったチョコブラウニー

c0243807_19474522.jpg
これデコレーション前の段階ね…。
(このまんまで充分…!ですが)

くるみたっぷりで、チョコ味も濃くってしっとりで

おいしーっ!!











by erich50 | 2016-02-14 19:52 | 季節の行事の話 | Comments(0)