タグ:浮世絵 ( 1 ) タグの人気記事

浮世絵展

越前和紙に触れる機会を頂き、
あらためて 浮世絵や版画の知識…
学べる所はないものか?
と、探していたら

灯台下暗し…

地元藤沢に
素晴らしい浮世絵展示施設が…!(◎_◎;)
「藤澤浮世絵館」 藤澤浮世絵館

c0243807_18291236.jpg

東海道藤沢宿や江ノ島の浮世絵、
また歌舞伎の演目も、
この地域を舞台にしているものも多い…

ちょうど、
「版画の種類と素材の話」
という講座があったので、
越前から帰ってすぐ、聴きに行って来た。

c0243807_18291317.jpg


版画の道具
木版画を摺るための馬連(ばれん)
c0243807_18291302.jpg

和紙を数十枚貼り合わせて浅い皿状にした当皮(あてがわ)と、
竹の皮を細くさいて、らせん状にあみあげた縄、それを竹の皮で包む構造になっている。

縄の太さで道具としての種類も違い
使い分けて摺るそうだ。

このばれんを一つ作るのに、ものすごい技と、とてつもない日数がかかる…
今は職人さんも少なくなっている

小学生の時、なんだこれは…?と
ずいぶんぞんざいに扱ってしまったなぁ…と、今更ながら反省させられる。
(子どもが小学校で使っていた馬連とは質の階級が違うとは思いますが…)

c0243807_18291470.jpg

刷毛(はけ)は、馬の尾の毛で作られていて、版木の上に絵の具をつけるときに使う。ぼかしやグラデーションはこの刷毛の調整が大切だそうだ。
先が二つに割れるように火で炙る映像も見せて頂いた。

いやはや、道具だけでも大変な芸術作品…

c0243807_18291533.jpg

今は、
歌川広重の東海道五十三次 と
藤沢宿は歌舞伎の舞台
という企画展示をしています。

c0243807_18291525.jpg

浮世絵の製作手順や

c0243807_18291646.jpg

ライブラリー、双六テーブルもありました。

c0243807_18291624.jpg

ライブラリーにあった
子ども浮世絵も興味深い!

c0243807_18291764.jpg

当世の子どもの遊びが垣間見られます。


越前でお会いした和紙職人の
人間国宝 さん

c0243807_19150301.jpg

今は、こんな仕事をしています…と、
アニメの浮世絵、、
巨大な草間彌生さんの画を版画に…
そういう作品のために、和紙を漉くんだそうだ、、

ルーブル美術館やメトロポリタン美術館からも常に依頼されている。
越前和紙が、絵画作品の修復に使われているのです。
すごいなぁ


そうそう、この講座で、
ウォルター・クレインも版画
しかも浮世絵の影響を受けているという話を聴いて、
絵本の原点 以外にも面白くなり、
これは、何が何でも観に行かねば〜〜‼︎と、
昨日の千葉市美術館に行ったのでした。

なんだか、いろんなことがつながっていて
奥が深い… おもしろい…

知るって素晴らしい…






by erich50 | 2017-05-23 13:40 | 美術館 | Comments(0)