タグ:子どもと楽しむ ( 97 ) タグの人気記事

こどもの日 今朝の新聞

c0243807_13070426.jpg

こどもの日 のイベントに合わせて作った
こいのぼりアップリケです。

衿元にあるこの「こいのぼり」に、
ふとした瞬間に 気がついてもらえたらラッキー!

工作ワークショップなどで、
何か質問にきたときや完成品を持って近くにきたときに
視線が ふっとずれて
「ぁ…! こいのぼり、、」と、
にゅわんと顔がほころんで
発見を喜んでもらえるのが私の嬉しい瞬間です。



今日は全国各地で、こどもの日にちなんだイベントが
催されていることでしょう。


自分もそのようなことに携わるが故に…
色々複雑な思いも感じています。


子どもたちのために、、、

子どもを喜ばせようと…?
子どもを楽しませようと…?

大人たちは、あの手この手で考えます。
してあげよう、させよう、、
大人の上から目線で!!


そして、そういう 
親心、大人心を なんとか商売に結びつけて
儲けよう…とかいう裏心も見え隠れ〜〜しているところも


そういう社会の中で、
子どもを育てる人達は
大変です。

情報に振り回されること無く
上手に子どもとの暮しを楽しんで頂きたいと
切に思います。


どうすることが、
子どもの喜ぶことなのか?


実は、
簡単明瞭

子どもの興味に寄り添うこと。
それに尽きます。


普段、時間がなくってかまってあげられないお父さんお母さんが、
一緒に真剣に遊んでくれたら
それが一番 嬉しい楽しいことになる。
子どもの心に栄養がつく。


一緒に遊ぶ

じゃぁ、どうやって遊んだらいいの?
って、みなさん聞かれますが、

「遊ぶ」とは、

子どもが興味を抱いたことに
自分の時間を割いてじっくり付き合って
同じ気持ちになってみる…一緒に感動を共有すること。

なんです。

子どもが子ども同士で遊ぶとき、
そうでしょう?
興味あること 
一緒に真剣に同じ気持ちでやるでしょう?
基本はそれ


別に、どこか遠くのテーマパークや施設にいかなくっても
お金をかけてなんやかんや買い与えなくても、
その辺の道ばたで充分遊べる。

自分の興味に一緒に付き合ってくれるのが
いっちばんありがたいうれしいこと!


そんな親子のいい時間を
自らがひらめく きっかけになるようなことを
親子丸ごと しかけて ヒントにしてくれたらいいな
と、自分は企画をしています。



最近 出会う 子どものためのあれこれ…
本当に子どものこと考えてんのかなぁ???
と、思うことしきり

子どもを甘く見てはいけないよ。
もっと、自分たち大人より
ずっとずっと高尚な生き物だよ、子どもって!

もっと 真剣に、子どもに取り合ってもらえるよう
相手にしてもらえるよう
大人は謙虚に考え抜かねばいかん

適当なことやってないで、
本気で驚かせたり、笑ってもらえるように
取り組まなくてはいけない!

あらためてそう思う こどもの日であります。



今朝の朝日新聞 天声人語に
加古先生のことが書かれています。

「子どもの感性に対する敬意」という言葉に
背筋を正す思いであります。
c0243807_13182185.jpg
朝日新聞5/5「天声人語」



by erich50 | 2016-05-05 14:08 | ふと、思う… | Comments(0)

イベント準備3

来るGW 「かこさとしふるさと絵本館」での
こどもイベント

絵本のお話をもとに
ストーリー オリエンテーリング をします。

様々な指令をクリアして進んでいきます。
絵本のお話を読み込んでいればスムーズです。

終わったあとから、読んでも
あぁ! このことだったんだ!!
という感動にもなります。

まるで自分が主人公になって再現実体験!なのです。


その中のひとつが、
これ

c0243807_18334444.jpeg


本物を登場させたいところですが、、
絵本の中のお話です…

ある程度、仮想の世界も楽しみたいのです。


絵本館さんと加古総合研究所さんと打ち合せの際に、
黒うしは、
「大きな紙に描きましょう…。」
ということになったのですが、


ふと、
「赤べこみたいにできたらおもしろいけどね〜」
なんて、こぼれた一言が、、、

私のダンボール魂に火をつけてしまいました。




その辺にひょいとある
身近な素材

へぇ? こんな風にできるんだぁ?!

たたんで まとめて しばって
資源ゴミに出すことだけが、
エコな
良い子
ではないのです。


なんでもが、いろんな可能性を秘めている!
そういうことにも気づいてもらえたらな、と。



大きな黒うしは、
どう動くのか?!

ヒントは、郷土玩具「赤べこ」です。



構造は、こんな感じ
c0243807_17131076.jpg
あまりにも頭が重いので、重りも必要です。



c0243807_17131424.jpg
こんな感じで 動くかな?
調整中〜




c0243807_18571629.jpeg
(ラフ画で 失礼…)



子どもたちをびっくりさせよう…!


ただひたすらそれだけを考えて、、、
作ってました。

それって 楽しい時間

なんだな。


ちゃんとセッティングできるかな?


是非、お近くの方は実物を見に来てください〜!
c0243807_19055006.jpg




by erich50 | 2016-04-27 19:06 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

イベント準備 2

いやいや、
それが なかなか
進まない…

骨格をいじって調整を重ねて
整形を重ねてる…

今、こんな感じだ、、、
c0243807_17553335.jpg

設計図があるわけではないので、
その場その場で、
あぁでもない、こうでもない、、、
と、考えて〜


折ったり、曲げたり、

貼ったり はがしたり、、、

切ったり、ちぎったり、、、

あぁ〜、

失敗 失敗、、

こういう時になると、

あの 大量に捨てた
アマゾンのダンボールが 
とっても貴重なのだ、、、

あの サイズの
あの 厚さのやつ、、、

無い無い ない〜っ、、! (泣っ)

あぁ、またやり直し、、、

いや、やり直さないで
なんとか修正を加えていく、、、


c0243807_17583670.jpg
馬づらの原因は口もとにあった…
ので、はがす

c0243807_17584103.jpg

耳と一体化させて〜

耳ってどんなだ??

色々試す、、
c0243807_18004141.jpg
c0243807_18022087.jpg
骨格を強化
馬から変身中〜
矯正中…


日々、
厚ぼったくなっていく
牛の頭




細かい部分には、
家にある ほら、あれ、それ、
これ!
c0243807_18045763.jpg
角を作るのに、ひらめいた

ダンボールを柔らかくして〜
曲げて〜



c0243807_18050238.jpg
くるくる巻いて〜

いいサイズだ!
ホイルの芯! 


c0243807_18050723.jpg
ここの両サイドにはめこむぞ!


角は白くしたいのだ…

そうそう、この前
お花見折り詰め弁当の包み紙の
和紙があったぞ!

c0243807_18051622.jpg
のりをたっぷりつけて〜
形作って
巻く



c0243807_18094438.jpg
ここに乗せるぞ…
うん、いい感じだ



その辺にあったものが、
ぴったりいい味出してくれる時は
最高に嬉しいなぁ


わぁ、
もう日が暮れてるわ…!!


早くしないと!!!

by erich50 | 2016-04-22 18:21 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

イベント準備

またまた 新作が〜〜
出来そうです。
c0243807_12192501.jpg
なんだか わかりますか?

月末のイベントで、
黒牛が 必要なんですよ…

で、
大きく描いて…と、思ってたんですが、

そうそう、

ダンボールで、どうぶつを作ったじゃないか?!

子どものための動物…
子どものための動物…その2
子どものための動物…その3
子どものための動物…その4

と、思い出し、

今度はちょっと違った
新しいこと…
 
ひらめいて〜〜


それまで、四苦八苦で
作業が進まなかったのですが、、

ややや…
いけるかもしれない。。。。。
c0243807_12201495.jpg
下あごを作り、
鼻の穴を研究し、
c0243807_12203351.jpg
うむ…
これでは恐竜だなぁ、、
どうしたら、牛になるかなぁ、、??

動物百科事典や
グーグル画像探索で

苦労し、黒牛 
くろうし、くろうし!!

作ってます。


馬力あげてます!
牛ですが。

c0243807_12423905.jpg
なかなか うまく噛み合ない、、、
間に合うかなぁ





by erich50 | 2016-04-20 12:45 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

まぬまに遊び

 身近なもので、遊ぶ
無限な発想を持っているのは 子どもたちです。

うちの末っ子が ハマっていた 
「まぬまに遊び」をご紹介しましょう。

c0243807_16295902.jpeg
著書「子どもと楽しむ遊びのヒント」の中で
登場しているのがこれです。

「…まぬ、…まぬっ、… まにっ、…まぬ、、、」
と、つぶやきながら、延々 新聞の文字のマル◯を探していました。

ものすごい集中力です。
一体、何が面白いのでしょう???


いや、子どもなりに 見つけたのですよ
法則を…!

ひらめいたのです!!!
あぁ、マルがある!  ここにも?! 
あ、こっちにも?! って。

そういうことが、遊びになっちゃうのですよね〜
うちの末っ子がわずか2歳のときに生み出した遊びです。

す、す、素晴らしい〜!!
よく気がついたねー! すごいねー!! 天才や!!!

と、そのお手柄をほめまくりました。

えっへん!  
得意になって 誇らし気に作業に明け暮れます。


新聞一面! 
まるで職人さんの仕事のように、日々取り組んでいました。

静かです、、、一人で遊んでます、、、
助かります。。。。。



その辺に、いらない新聞紙はありませんか〜?!
読み終わった雑誌でもいけますよ。


ペンで、マル◯ (句読点の)を
探してぬりつぶしていってください。

いっぱいありますからね〜 大変ですよ〜
時々、「ぬ」とか、「す」とか「む」とか出てきて
まちがえてしまいますからね。


どうですか? 全部みつけられましたか?




もうちょっと大きい子は、
この使われている字のレタリングを楽しんでみて下さいね。
小さい文字もそうだけれど、見出しとか、
またちょっとちがうでしょう?

ふつうに書くもじ  って…
新聞や印刷された文字になると、
いろんな太さがあるでしょう?
かたちも、はねやとめも
ずいぶんおおげさだよね。


ちょっとマネしてかいてみてね!
あ  あ  
   い
    う
ほらね。色々あるでしょ?

文字に気がつくと あっちこっちにあるよね。
いろんな書体をくらべてみて かいてみてね。

どうしたら、めだつかなぁ
よみやすいかなぁ
かっこいいかなぁ
ふんいき でるかなぁ

いろいろかんがえてみてください。




本当は放っておいても自ら遊びを考え出すはずなんですが、、、
なかなか そうもいかない現実 もあります。
子どもの退屈な時間を 遊びに変える
そんな技を 子どもが自分で発見できるよう
おとなもいっしょにやって、ちょっとほっこりしてみてください。



by erich50 | 2016-04-19 17:22 | おてがる遊び | Comments(0)

ふわふわ魚

c0243807_12264825.jpg
傘のビニール袋で作ったおさかな です。

ふわふわ ポンポン 
楽しい おさかなふうせんとして遊んでもいいし

セロハンテープで、口にタコ糸をはりつけたら、
魚釣り遊びもできますね。




雨の日に、店先でもらえる傘袋…
あらあら、うっかり重ねて二枚とれちゃった、、、
という時に、おうちに持って帰って遊んだことから
こんなおもちゃが出来ました。



c0243807_11340358.jpg
お魚って どうなってるっけ…?

お目目があって〜

エラがあるでしょう〜?
こんなかんじかなぁ

しっぽは こんな風になってるよねー

マジックで描いてみよう。


うろこは、マジックで描いてもいいし
きらきらテープを貼ってもいいし
マスキング柄テープでもいいね!


しっぽのかたちにはさみで切り取ってね。

目玉は丸いシールがあったら 重ねて貼ってみるといいね。
そうすると

なんだか 「こいのぼり」みたいに なるでしょ!



空気を入れたら、輪ゴムでしっかりしっぽをしばってね。
c0243807_11332748.jpg

実は、これ
来週のイベントの準備で作っていたものです。

今、イベントの大道具小道具 最終段階!!!
せっせと いや 大慌てで 準備しています〜〜



ここ最近、
GWを前にして、「こいのぼり」での探索がとっても多く
沢山の方々に見て頂いているようです。
ありがとうございます。


このふわふわ魚は 
「ふわふわこいのぼり」アレンジバージョンです。

これですね ↓




GW、イベント、、、
普通に穏やかに過ごせる地域は 
そんな風に変わりなく日常が動いていることに
なんとも いたたまれない思いですが、


どこにいても 子どもは遊びを求めていて…

いや、遊びが非常に 大切で

なんとか、そういう気持ちに 寄り添ってあげられないか…?!
と思っています。

困ってしまっている ママたちに
身近な手軽な遊びを お伝えしたいと思っています。
ちょっと 待っててね。

by erich50 | 2016-04-19 12:54 | ひらめき工作 | Comments(0)

今日は 啓蟄(けいちつ)

c0243807_12350099.jpg


「啓蟄」って…
大地が暖まって 
冬の間、地中にいた虫たちが
はい出てくる頃のことを言います。

そう、春の訪れです。

朝起きるのが寒くてぶるぶる…だった人間も、
元気よく お布団をガバッと!!

春からの新しい生活を始めましょう。




by erich50 | 2016-03-05 12:41 | 季節の行事の話 | Comments(0)

春の訪れ

c0243807_15024717.jpeg
春の訪れはすぐそこ
草木の芽吹きを探してみよう


ベネッセのこどもちゃれんじ「ほっぷ通信」での
連載『自然であそぼ!』の
最終回3月号のイラストです。


毎月、おうちの方と子どもが、
身近な自然に気づいて、
楽しく遊べるようなヒントを…
外へ出て遊ぶ きっかけになるようなテーマで
お送りして参りました。



昨今、

保育園に入れないとか
待機児童がどうとか…
やんややんや
世間を賑わせていますが、


大人の事情がどうであれ、
子どもは立ち止まること無く
日々成長をしています。

おかまいなしに毎日毎日、日々進歩しています。
大人の都合なんか待っちゃぁいません。

そういう小さな大事な成長の過程を
見過ごしてすごしてしまうのは

実にもったいない…。


そういう一番大切にすべき親子の暮しを
誰かに押し付けて
放り投げて正当化させてしまうのは、

なんだか悲しい。



形はどうであれ、
幼い子どもと過ごせる日々があること
とっても素晴らしいことです。

ありがたいことなのです。

「有り難い」ことです。

有り難いとは、
感謝にたえない。うれしい。拝みたくなるようなさま。
ありそうにない。めったにない。珍しい。
と、辞書にも載ってます。

そうなんですよ!
とっても貴重な、時間なのです。


今一度、5年前の震災… 
そして、ひっきりなしにTVで次々流される 
悲しい事故や痛ましい災害の報道…
自分たちの生きている場所は 同じ場所なのです。
同じ人間なのです。

日常の暮しが、おくれることは
ありがたい 幸せなのです。


あれもこれも、これもあれもそれも、
いくつもいくつも欲しがってたら…
一番大切なもの 味わえないじゃない。

今、あなたのもとにいる
かわいい いとしい 子ども
しっかり じっくり 味わってください。

あなたにしか 味わえない
最高級に 素晴らしい味があるはずです。


子育ての醍醐味ってやつ、
気づいて、感じて いきましょう。



仕事する人
の代わりはいくらだっています。

でも、
子どもの「お母さん」は 
たった一人しかいません。


今、家庭で頑張っている お母さん
これから、家庭育児を!という決心をされたお母さん

そんな お母さんを
全力で 応援致します!

春の訪れは すぐそこにあります。


by erich50 | 2016-03-01 15:55 | お仕事 | Comments(0)

冬の楽しみ

c0243807_15543147.jpg

一番寒い季節… 
寒くって嫌だなぁ〜

でもね、
だからこそ、楽しめることがあるんだよね。


本当は、
子どもたちが、生活の中で 普通にみつけて
自分たちなりに 遊びが始まるんだけれど…

そんなことが難しい世の中になってしまっているのかも。


もうちょっと 大人が、
心を ニュートラルにして、
自分の子ども時代を 思い出して
一緒に遊べるといいんだけどね。

子ども時代に子どもらしく遊んで来なかった大人が増殖してるので、
そういう場合は、素直に
子どもに遊んでもらってください。

そうすれば、

人間、 再生 できますんで!



このイラストは、
朝日新聞 神奈川版で連載していた 2011年2月のものです。


記事はこちら
c0243807_15553131.jpg






by erich50 | 2016-02-01 16:07 | お仕事 | Comments(0)

そういうことじゃないんだよね… ある「子育て講座」

c0243807_23394300.jpg

公民館などで催される 連続「子育て講座」の中の一回に
「子どもとの遊びのヒント」を…ということで呼ばれることが多いのですが、

そういう時には、その前にどんな講座があったのかな?
この一連の講座の流れはどういうものなのかな?
と、調べるのですが…

不思議な組み合わせだったりする時があります。
子育て方針がバラバラなのが並んでいて、、
いいの? それで…? とか。


こんなこともありました。
あまりに お母様方が萎縮している感じで… ビックリしたんです。

どうやら、前回の保育学の教授先生の講座で、
「こんな時、どうしたらいいのでしょう?」という、質問をしたら…
「こういう時こそ、親力が問われるんですよ!」と、厳しいこと言われ…
すっかり自信をなくして不安になってしまったママたち…
それって、辛いなぁ

なんなんだろ、そういうの
ママたちが必要としている情報は

そういうことじゃないんだよね…

具体例が欲しいんですよ。
日常で使える 手軽で簡単で楽しい 
実際の子どもとの関わり方を!

大学での授業、講義ではないんですよ、
子育ては、現場で起きているんですから!!

以前のブログで紹介しているので、合わせて見て頂けると嬉しいです。
 ↓
「子どもの困ったに効く」


ちまたには 実にいろんな子育て論がはびこっています。

「ほめる 子育て」
「ほめない 子育て」
「叱らない 子育て」
「全てを質問にして会話する子育て」
まだまだ、いっぱい あります、、、

それなりに、ふぅ〜ん…なるほどね
と、思うものもあったり は、 するのですが、

なんだか 変なものは
詳しく紹介されているネットのページを見ると…

独自の子育て論を説いて そして、
このテキストを読めば、みるみる良い子が育ちます!
テキストの申し込みは→ココをクリックして下さい。
と、そのテキストの値段が2万くらいする… 
見るからに、ぺらっぺらなホチキス止めのような冊子…

大丈夫か??  これ


そして、こういう流れにもっていくものもあります。

あなたも半日この講座を受ければ、コーチになれます!
今度はあなたが、悩めるママを救ってあげましょう〜!
なんていう、いつの間にか 立場逆転してるもの。。。

大丈夫か???  これ


世の中には、実に多くの 様々な教育論があります。
いや、それは あって当然です。
でも、子育て真っただ中の方が意気揚々と
私は成功者ですと言わんばかりの 解説を
あちこちで見かけると
…なんだかなぁ、、本当かなぁ、 大丈夫なのかなぁ〜
と、感じてしまいます。

だって… 幼い時代に蒔いた子育ての種は、
しばらくは すくすくのびのび育っていても、
どうしたって、小学校高学年から中学〜高校生の時代に
子どもが一人の人間として成り立っていく時期に、
親は なんだかんだ 悩まされたり苦労する… (これは自然の育ちですが) 
そこの時代が 肝心なんだよ、、、これからだよ 大変なのは…
と、
そういうことを通り抜けて来た 今や年長者 としては思うのです。


何か悩んでいると、つい 目の前に表れたものに
吸い込まれていってしまいがちですが、
よくよく、自分の感性 考えにあったことを選んでいく目も
子育て世代のママたち 
持っていて欲しいな と、思っています。

これは、ちょっと違うな
とか、
うん!こういう感覚はうなづけるわぁ とか、
人それぞれ あると思うんです。
自分なりに、チョイスして
いいところは取り入れて…

大事なのは、自分の両親や祖父母 どうだったっけ?
身近な人達を 参考に(もちろん反面教師もあるよ)
そして、夫婦で
私たちの家庭は、どうしようか?どうしたいか?
事あるごとに 自然の生活の流れの中で
いっぱい意見を出し合って話し合って 考えてみる…


自分の感性を研ぎすまして、アンテナを張って
子育て時代を 楽しんで過ごしていただきたいなぁ
と願っています。

c0243807_12415915.jpg





by erich50 | 2016-01-26 12:48 | 早未流 子育て論 | Comments(0)