タグ:子どもと楽しむ ( 96 ) タグの人気記事

子どもの夏休み 対策4

夏休みも終わりますね。。。

子どもたちは
宿題に追われているのかしら?

こんな時期になって
自由研究やら
図画工作やら…

やるんだよね〜
(⌒-⌒; )


本当は、
お出かけした日には、

c0243807_00502609.jpg
にすると、
とってもいいのだけれど


夏休みの最後に
印象に残ったことを 描いても書いても
いいんじゃない?


ん〜、、、、
思いつかないよ
書き進まないよ、、、、

というみなさん


いいのですよ
かまえて考えなくても!!

あなたが、今
子どもであることが
一番 すばらしいことなのです!

その感性を
そのまま
ぶつけてください。


c0243807_12191705.jpg


子どもの時代だからこそ
発せられる
意図的な飾りのない
簡潔で素直な 純粋な作品

味のあるいいものですよ。


お母さん心配しないで!
子どもの現代美術も、大いに認めてあげて
自信を持って行きましょう。


by erich50 | 2016-08-30 12:25 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

目黒区 で、童と遊ぶ

c0243807_22454114.jpg

目黒区美術館に、行ってまいりました。

大正時代〜昭和初期〜
そして、私の生まれた時代の
童画は、
本当に人間の手仕事
紙の上に
筆、ペンの動きを感じる…

そして、デザイン 色彩が
美しい…

何故か懐かしい


子どもが、眺めて楽しむ
子どもが、食い入るように観る
様々な興味をそそる場面ばかり!

なんだかものすごく
絵を描きたくなる。。。


ふと、考える…
この童画に描かれた子どもたち
今の子どもよりずっと
豊かな時代なのかも

海で遊ぶ
自然とたわむれる
お話の世界を空想し遊ぶ

こういうの、今の子どもは
どんな風にして遊んでいるのかな?
もう、消滅している風景って
あるよな…

そんな思いになんだか
ふぅ〜っとため息をついて
外に出た。


区民プールで、小さな子どもたちが
遊んでいた。
ふむ、
長袖の水着に、首の後ろと肩を覆う帽子で、
水遊び…
こういう時代なんだよね、
今は。

美術館での童画の
ひと昔前の子どもたちは
肌をさらけ出した水着で
陽焼けしながら水遊び
していたな…


しかし、
この都会の真ん中で
セミはミンミン大きな声で鳴いてる

どんなビル街でも、残された樹木で
昔と変わらず蟬しぐれ

私は、セミ取り名人σ(^_^;)
ついつい、セミを探す…

おお、
セミ取り少年がいるぞ
c0243807_22454224.jpg

なんだか嬉しいぞ

なかなか見つけられないのかな?
柵の中には入っちゃいけないから
セミ取りも難儀だな

c0243807_23040340.jpg



あ!
いるよ
ここにいるよ!
c0243807_22454379.jpg



c0243807_22454456.jpg

こっちにも、いるよ‼︎

あぁ、ダメだ もう黙っていられない

不審者に思われたらやだな
でも、教えてあげたいっ


「ねぇねぇ、こっちにいるよ!」
と、声をかける…
c0243807_22454423.jpg


よしよし、うまいぞ


c0243807_22454578.jpg

「これ、弱ってるんだ」
と、カゴに入れていた
セミを逃しながら、見せてくれた。


私も
拾ったセミをお返しに
見せる
c0243807_22454697.jpg


「つぶれてるんだ…
でも、ハネが透きとおってて
きれいでしょ?」

「それ、つかまえたことあるよ」

「このセミって、高いところにいるんだよね…
ハネが透きとおっててカラダが緑色だから、見つけにくいでしょ」

しばし、一緒に探す…
c0243807_22454619.jpg


「あ!いるよ」

お見事!
ミンミン蝉をつかまえた
c0243807_22454747.jpg




行きずりの小学四年生の男の子と、
思いがけず 楽しいひととき‼︎
ありがとう!少年



by erich50 | 2016-08-25 15:29 | つぶやき | Comments(0)

子どもの夏休み 対策2

ママにとって
夏休みで一番大変なのは、
やっぱり 
三度三度の食事でしょう…


さぁ、早く
食べて!
ほらぁ!

なんて、イライラしても仕方ない


これも
遊び要素を入れて対処しましょう。


c0243807_23505809.jpg

お母さんが一生懸命仕掛けるというよりは、

子供に

「どうしたい?」

と、ふって
その意見を尊重して
それっぽいことを一緒に考えて工夫してみると
案外楽しくできますよ。



うちでは、
こんなふうに…

食べる場所をそのつど
変えてみるって事してました。

c0243807_22541517.jpeg
クーラーをつけない生活をしていたので、、、


今のこの猛暑じゃ
クーラーの室内が当たり前な世の中で、

涼しい場所を探すっていう遊びも
成り立たなくなっちゃたね。。。




おかずを一品 作らせる…
っていうか、

食事の支度を一緒にする

それって
お母さんにとっては忍耐のいる作業だけれど、
子供にとっては、
なんでもが興味ある面白い事だから
とっても質の良い遊びになる。


何かをやる その先に
楽しいこと(食べる楽しみ)
が、あると
俄然 集中力増すよね。

そして、
美味しく食べて、
家族に褒められたり、感謝されたりしたら
うれしいじゃない?


自信につながる良い体験になるよ。


夏休みだもん、
ちょっとトライしてみてね。


c0243807_23055571.jpeg
c0243807_23060094.jpeg

著書「子どもと楽しむ遊びのヒント」より







by erich50 | 2016-08-20 23:17 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み対策1プール つづき 

c0243807_12021222.jpg
ビニールプールで、
ただ 水と戯れるのも
時間が経過してくると
よからぬ悪さ(水浸し 悪ふざけ→ ケガ)
になってしまします。

とくに、子どもだけで遊ばせていると
色々心配ですから、

必ず、親が介入して 様子を見て

遊びを盛上げてあげることも
質のいい遊び=満足感
に、つながります。


水に浮くもの
を投入する!


おもちゃや プラスチックの廃材でも、
充分遊びにつながりますが、



案外、思いがけない
自然のしわざが効果的…だったりしましたよ!



ひらひらと〜
1枚の葉っぱが水面に舞い落ちて来ました
c0243807_12003836.jpeg
この何気ない子どもの一言を
聞き逃さない…!

子どもの遊びの発想を
盛上げてあげるのです。


c0243807_12012831.jpeg
葉っぱが、おさかなに見えた…

なんて素晴らしい!!

そのイメージを
現実のものに〜

身近なものを 見立てる 
イメージ力

こういう小さな積み重ねが
のちのち

生きる力になるざんす


そしたら、
子どもたちは勝手に
自分でどんどん遊びを展開していきます。

c0243807_12012642.jpeg

子どもが自分たちで遊びを広げていく


そこに
上手に寄り添ってあげればいい



別に そんなに
大変でも難しくもない

ちょっと 対応して
手をかけてあげれば、
満足のいく遊びになってくれるのです。



遊びにつきあうのめんどー、、
とか、
遊んであげるのぉ??
どうやって、、、

と、
お困りのママさん


こんな感じていいんですよ。


c0243807_12243946.jpg
風情漂う かき氷のカップで、
葉っぱのおさかなすくい!

素手で!洗剤のスプーンで!
つかまえます。


ビニール袋に入れるだけで
おさかなすくいやさんごっこ も大盛況

c0243807_11493109.jpg
夢中になれる 遊び

そういう時間がすごせると


楽しいんだよね。
c0243807_12201629.jpg
あら、
でべそで 失礼…











by erich50 | 2016-08-05 12:26 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み 対策1

子どもの 
朝からありあまる元気…

それをなんとか発散してもらおう

c0243807_11385340.jpg





とりあえず、
朝一番に、ビニールプールに水をはる…
c0243807_11012953.jpg

「えぇっ?!
もう、プールしていいのぉっ?!!」


ぉぃ おいっ!
まだだよ!!

水道から流れてすぐの水は、まだ冷たいからね!
おひさまにあたためてもらってからだよ。



とにかく、洗濯洗濯、、、

朝ご飯を食べさせて〜


朝の涼しいうちに 宿題やりなさいね〜
カブトムシの世話 おわった〜?
朝顔に水やりした〜?



朝の一連の作業が終わったら、

水につかってもらおう


そうそう、
元気よく
水とたわむれなされ!


体力をつかうのだ
どんどん水に流しなさい





こういう 家庭での たわいもない水遊びだって
子どもは、
いろんなことを学んでいるんだよ。

水の性質やら 特質やら
身をもって体験しているんですよ。

水の温度変化は何によっておこるのか?
水のかさが 浅い 深いことの関係性や

ホースから流れ出る水
ホースの先をつぶすと勢いが増す
二つに分かれて出てくる…
分かれないようにして勢いをつけるには、、
指先の加減を調整する…
つぶす位置を変えてみる…

むむ、むずかしいぞ…
何度も何度も やってみる…
ぉお、うまくいったぁ〜


幼児のお勉強教室のプリントで
いっくら 理屈を覚えたって
生身の体で遊びで鍛える無意識の知識の方が
ずっと おもしろくってタメになる。



つづく…







by erich50 | 2016-08-04 11:22 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

子どもの夏休み

子どもが夏休みになると…

なぜに こんなに
早起きを強いられる、、、

ってこと ないですか?!!

c0243807_11383235.jpg

張り切って ラジオ体操に出かける子どもたち…

い、い、いつもの学校行く時間より
早いじゃないの〜〜〜

で、
小さい子がいる家庭は、
チビさんも 

「自分も行く〜〜!!」

って言うもんだから、
保護者同伴で、、、


現代っ子が、
何故、そのスタンプカードを埋めたがる…

現代っ子は、
ラジオ体操をよく知らない…
のに、毎朝 参加したがる…


昔は、夏休み全日やっていて
一回も休まず通った子だけが
えんぴつ1本もらえたんだよ。
(かなり昔、、)

今って 全く違うよね。

えんぴつが欲しい訳でもないし、
スタンプやらシールやらで
なんだか釣られている訳でもないし、

悲しき人間のサガ?
ポイント集めたくなっちゃう…っていう、


しかし、

その昔だって、
夏休み全日通えるって…
それ、夏休みにどっこも出かけられなかった…っていう
なんだか、悲しい子 でもあったんだよね。
正直 それ わかっちゃう残酷さ見て来たな


それから、地域の元気なおじいさんが、
めっちゃ キレッキレの
正真正銘なラジオ体操を
公園の隅の方で、披露していたりしたけど、
今は、そんなかっこいいご年配の紳士は
いらっしゃるのかしら…?


今のラジオ体操事情は
よくしらないけれど…


やっぱり、子どもは
元気が ありあまっているんだね!
朝から なにか 発散したいんだね。

朝のひんやりとした空気
静けさ
朝露の香り

おおいに体験吸収していて下さい〜!



先日、若いママさんが、
今も昔も変わらない ラジオ体操の
同じような嘆きをもらしたので…

あら?! 
今でも繰り返されている
夏休みの風景なのね。。。

と、なんだか 微笑ましく感じました。


でも、、
お母さんをもっと寝かせてよぉ〜〜

ママたち がんばれ〜!


by erich50 | 2016-08-03 12:05 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

お庭の手入れ

c0243807_15231246.jpg
一雨ごとに木々の芽が伸びて〜〜
緑が濡れて美しい季節…

いや、
一雨ごとに 雑草が、、、容赦なく伸び放題!

雨上がりには、大急ぎで雑草抜きをする今日この頃。

子どもたちが小さい時は、そんな面倒な作業も
「楽しい草むしり」イベントに!!


今週末は草むしりをするからね〜〜!
といって、植木やさんごっこよろしく
朝から作業着スタイルで、
一日植木屋さん作業をします。

10時のおやつに、大喜び!
お昼は仕上りを眺めながら、おにぎりランチ!
3時のおやつの後は、
草や切り落とした枝葉をまとめ
掃き掃除まで〜〜
せっせせっせと泥まみれで汗を流す

草の根っこの上手な抜き方
泥を落として捨てること、
何気ない作業も、こういうことをしなければ
全くさっぱり身に付きません。

雨上がりに草をむしるのは、
土がやわらかくなって根っこまで上手に抜きやすいからだよ。
夏に葉っぱが、おおい茂ってしまわない為に
今のうちに、しっかり剪定しておこう、、
そういう普通のこと、
体験しなくちゃ 知らないんだよね。


子ども時代の大切な体験は、
身の回りの暮らしに必要な作業こそ!実になります。

草のにおい、土の香り
緑の中の湿気
五官に感ずる体験はいろんなことを育てています。


国語算数理科社会の教科のお勉強…机上の学びより、
日常の生活の中から学べる方がずっと楽しいよね。


草木とのふれあいや格闘〜自然科学じゃん
そんな体験を誰かと共感して表現しあったりすることで、国語力!
枝をまとめたり、見積もる空間力は算数につながるし、
自分の家の庭から玄関から
隣近所に声かけたり、かけられたり…
これぞ、リアル 社会とのつながり!!

おぉ、すばらしき
草むしり!お庭のお手入れ


みんなで働いたあとは、
お風呂にじゃっぼ〜ん!

夕方の明るいうちにお風呂に入るのって、
なんだか温泉宿に来たみたいで楽しいね!

夜はくたくたでぐっすり気持ちよ〜く眠れるよ。



親子で楽しい草むしり庭の手入れイベント…
実は、私の子ども時代の話だな、、、
植木屋さんがたまに出入りした実家…
だからこそ 植木屋さんごっこをイメージできたんだよね。
母は上手に家族のイベントにしてくれていました。

私が、それを自分の家庭で再現しようとしたのだが、
うちの旦那、とても面倒くさがっていやがる…
(居酒屋さんごっこは率先して喜んでするんですが)
子ども時代に庭のある生活をしていないから苦手なんだよね、、
やっぱり、子ども時代って大切〜!





ここ最近、
草むしりで一日を終える…とか、
ほっぽらかしの規制の無い庭で枝葉を伸ばす野郎どもと
枝切りばさみとノコギリ対決!
そして、老犬の夏毛チェンジで
ブラシかけで丸一日、、、
などという重労働をしておりました。

子どもたちと父と一緒に庭掃除したっけなー
なんて思い出しながら〜〜
松の木、雑木をノコギリで切る!ことまで一人でやってましたが、
とうとう、手に負えない作業で
今日は植木屋さん出動してもらいました〜〜!
スッキリ快適になり ホッとしたところです。
(最初から植木屋さんに全部頼めばよかった…?!)


ブログ更新をなかなかしていなかったのですが、
多くの方が訪問して下さっていて 感謝です。
ありがとうございます。










by erich50 | 2016-06-23 19:19 | つぶやき | Comments(2)

パック てるてる家族

c0243807_22472028.jpg
牛乳パックで作った
てるてる坊主の家族です。
(娘4歳の時の作品)

表と裏で顔の表情が違うところがとってもかわいい!



あしたは、どうしても雨が降ったら困るんだ…
子どもたちにはそんな大事な日があります。

運動会や遠足〜 そういう大きなイベントももちろんですが、
明日は、お砂場で今日の続きをやりたいんだ!!
という日常の中での 熱い想いの時だってあります。


天気予報はどういってるか?と、しつこくお母さんに聞いたり、
雲の様子をじっと見て…なんとかならないか?と、願をかけたり、

ねぇ ねぇ どうしたらいいの?!


昔から、天気のお願いは 
「あした てんきにしておくれ〜」と、
てるてる坊主にお願いするんだよ



布で手間をかけて作る かた〜い頭のてるてる坊主は、ずいぶん昔…
ティッシュで簡単に作っちゃう という人も多いよね。
でも、これ…
雨や湿気でドロドロの怖いてるてる坊主になっちゃうんだよ

そんな時には〜〜!

水にぬれても大丈夫な 身近な素材!
そう、
牛乳パックです。

素材の特製を知って応用するって
とっても賢いことです。


やってみてね!
c0243807_22504316.jpg

以前、童心社の月刊冊子「母のひろば」で
連載していた<親子で楽しむ工作遊び>の記事より






by erich50 | 2016-06-02 23:20 | ひらめき工作 | Comments(0)

きんちゃくワンワン

赤ちゃんのよろこぶおもちゃ


お出かけの時に、これさえあれば
ぐずらずに遊べます。


タオルで作ったきんちゃく袋です。
中には なにがはいっているのかしら〜?

子どもと一緒に楽しみながら
お話ごっこして遊びます。

c0243807_17225205.jpg
これは、ポチくんのおうち





c0243807_17230072.jpg
いぬのポチくん
きにいったものがあると
このおうちのなかにしまっちゃうんだ

なにがはいっているのかなぁ?

ちょっと ひもをひいてみて!




あおいひもを ひっぱたよ
c0243807_17230828.jpg
ブーブ!

これ、まあくんのだいじなミニカーでしょ
もってきちゃったの?




c0243807_17231397.jpg
あかいのは なにかしら?
ポチくん なにもってきたの?






c0243807_17231949.jpg
あら、ふうせんね!
いいもの みつけたのね





c0243807_17233066.jpg
つぎはピンク!
これ、なにかしら?





c0243807_17233643.jpg
あー!!
ママのだいじな けいたいでんわ !

ママ、けいたいが ないないって
さがしてたわよ〜!





c0243807_17234459.jpg
しろいのは なにかな?

ひっぱってみよう





c0243807_17234891.jpg
ひゃっほ〜っ!
だいこうぶつの ホネ





c0243807_17235557.jpg
ぺろぺろ
かみかみ ガチガチ

あぁ… いいおあじ



さぁ、みんな
おうちのなかにはいって〜!
もう、きょうは おしまいよ〜




c0243807_17240057.jpg
まってよ まってよ〜!


あら、ぴよこちゃんもいたのね!





c0243807_17241973.jpg
ぴよこちゃん!
さぁ、おいで
きみもぼくのともだち!
おうちのなかで、いっしょにあそぼう〜!




c0243807_17225205.jpg
ぴよこちゃん よかったね。
ポチくん おうちのなかで 
たのしくあそんでいるかな?



ママと一緒に遊んだあとは、
ひとりでポチくんやぴよこちゃんを動かして
お人形遊び的なひとり遊びを始めてくれます。



これも、赤ちゃんの手作りおもちゃの手芸本で
紹介した作品でした。



実は、我が子には、
こんなにちゃんと作ってはいませんでした。

おまけでもらったようなちっこいおもちゃが
ゴロゴロいっぱいあって…
出かける時に、テキトーに袋にいれて持っていきました。

ある時、そのへんにあったひもをつけて
これな〜んだ?!
と、くじ引きみたいにして遊んでみたら〜〜

食いついてくるじゃないですか?!!
いつも見ていた
めずらしくもないおもちゃなのに…!

それで、
くじ引き遊びをしているうちに、
自分で勝手にお話を作り始めていたんですよね!

すばらしい。


そんなヒントがあって、
赤ちゃんおもちゃ「きんちゃくワンワン」
を作りました。
(携帯の型がめちゃ古くて時代を感じます… 焦;)



子どもは自分で遊びを創り出していきます。

何気ないひとりごと って 
よく言ってるでしょう?
それ、

よ〜く聞いてみて!
そういう こどものつぶやき

ママは、そこに便乗して
一緒に遊んでみてください。
きっと 楽しい遊びの世界が広がりますよ。




by erich50 | 2016-05-17 18:14 | 手芸 | Comments(0)

こどもの日 今朝の新聞

c0243807_13070426.jpg

こどもの日 のイベントに合わせて作った
こいのぼりアップリケです。

衿元にあるこの「こいのぼり」に、
ふとした瞬間に 気がついてもらえたらラッキー!

工作ワークショップなどで、
何か質問にきたときや完成品を持って近くにきたときに
視線が ふっとずれて
「ぁ…! こいのぼり、、」と、
にゅわんと顔がほころんで
発見を喜んでもらえるのが私の嬉しい瞬間です。



今日は全国各地で、こどもの日にちなんだイベントが
催されていることでしょう。


自分もそのようなことに携わるが故に…
色々複雑な思いも感じています。


子どもたちのために、、、

子どもを喜ばせようと…?
子どもを楽しませようと…?

大人たちは、あの手この手で考えます。
してあげよう、させよう、、
大人の上から目線で!!


そして、そういう 
親心、大人心を なんとか商売に結びつけて
儲けよう…とかいう裏心も見え隠れ〜〜しているところも


そういう社会の中で、
子どもを育てる人達は
大変です。

情報に振り回されること無く
上手に子どもとの暮しを楽しんで頂きたいと
切に思います。


どうすることが、
子どもの喜ぶことなのか?


実は、
簡単明瞭

子どもの興味に寄り添うこと。
それに尽きます。


普段、時間がなくってかまってあげられないお父さんお母さんが、
一緒に真剣に遊んでくれたら
それが一番 嬉しい楽しいことになる。
子どもの心に栄養がつく。


一緒に遊ぶ

じゃぁ、どうやって遊んだらいいの?
って、みなさん聞かれますが、

「遊ぶ」とは、

子どもが興味を抱いたことに
自分の時間を割いてじっくり付き合って
同じ気持ちになってみる…一緒に感動を共有すること。

なんです。

子どもが子ども同士で遊ぶとき、
そうでしょう?
興味あること 
一緒に真剣に同じ気持ちでやるでしょう?
基本はそれ


別に、どこか遠くのテーマパークや施設にいかなくっても
お金をかけてなんやかんや買い与えなくても、
その辺の道ばたで充分遊べる。

自分の興味に一緒に付き合ってくれるのが
いっちばんありがたいうれしいこと!


そんな親子のいい時間を
自らがひらめく きっかけになるようなことを
親子丸ごと しかけて ヒントにしてくれたらいいな
と、自分は企画をしています。



最近 出会う 子どものためのあれこれ…
本当に子どものこと考えてんのかなぁ???
と、思うことしきり

子どもを甘く見てはいけないよ。
もっと、自分たち大人より
ずっとずっと高尚な生き物だよ、子どもって!

もっと 真剣に、子どもに取り合ってもらえるよう
相手にしてもらえるよう
大人は謙虚に考え抜かねばいかん

適当なことやってないで、
本気で驚かせたり、笑ってもらえるように
取り組まなくてはいけない!

あらためてそう思う こどもの日であります。



今朝の朝日新聞 天声人語に
加古先生のことが書かれています。

「子どもの感性に対する敬意」という言葉に
背筋を正す思いであります。
c0243807_13182185.jpg
朝日新聞5/5「天声人語」



by erich50 | 2016-05-05 14:08 | ふと、思う… | Comments(0)