タグ:ストーリーオリエンテーリング ( 3 ) タグの人気記事

製作続中、、、

c0243807_01025705.jpg
紙をムダにしないように…!
と、製図を考える、、、
大量の紙をムダにして。。。
試行錯誤、、、の毎日、、

脱出っ!

よっしゃ、これでいこう!

と、決定しても、
この後の材料調達に難航…

厚手の紙質で、発色の良い
四つ切り色画用紙 寸法が合うもの(メーカーによって誤差がある…)
そこそこの量を注文したい
一緒に、
扱いの少ない極太のモールそこそこの長さのものが欲しい。
輪ゴムの強度と大きさ
粘着テープの粘着力と色味、、も大事なんだ…。

いっぺんに揃うという願いを
叶えてくれる店がなかなか無い、、

ネット検索で
あっちこっち、、
そういう時間も結構かかってしまう。。。

さらに、
「作り方説明図」をわかりやすく描いて、、

早急に材料を揃えて発送せねば。


ごめんなさい、遅延してます。
今か今かとスタンバイして
待ってくれている絵本館のスタッフさん〜〜
至急手配します!!
待っててね。。。



by erich50 | 2017-03-23 01:30 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

絵本の「ストーリー・オリエンテーリング」とは

先日の3周年記念で行ったイベントを説明致します。

私の得意とする「絵本を遊ぶ」シリーズの
ストーリー・オリエンテーリング 

 『だるまちゃんとてんじんちゃん』の絵本のおはなし を
ストーリを追って実際に体験あそびをしていきます。


今回は、絵本の中の世界を再現するだけではなく、
そこに込められた 作者の思いを一番に考えたい。
と、思って企画致しました。


c0243807_14531852.jpg

(天神あそび企画は昨年の6月から構想を練っておりました。)


加古先生が、絵本に天神を登場させたのには〜〜

天神(菅原道真)を祭る社は、全国に多数あり、
千年もの月日を越えて人々の敬愛を集めているのは何故か?
それは、天神さまの
1 信義を重んじ、礼節を守った人格
2 簡素、清廉な気質と温厚な態度
3 逆境にあっても学問や文化、書や詩歌を失わぬ信念と意欲
4 幼児、梅菊、鳥獣を愛した高い品性
 だったから…

この4点を生かし、自然と労働に包まれた新しい生活を描いた。
(福音館書店/こどものとも折り込みふろく記述より抜粋)
とのこと。

う〜む… むずかしいぞ、、

要するに、
1 約束を守り義務を果たす、礼儀を守るひとがら
2 かんたんで質素、心が清く気だてが良くてやさしく情け深いようす
3 思い通りにならない境遇にあっても勉強や文化に親しみ書や詩を詠んだ
  信じて疑わない心と進んでやりたいと思う心を持っていた。
4 幼い子ども、梅や菊などの花や動物を愛した素晴らしい性質
ということ。

だとすると、

これを今の時代を生きる子どもたちには、
わかりやすく ゲームにして 進んでもらおう〜!
c0243807_15243191.jpeg
約束を守る → 遊びのルールを守る
義務を果たす → お題をクリアさせる

簡単にできる身近にある素材で小道具を作り、
友達と協力して物語を楽しむ。

そして、そのアイティムに潜ませるものにも意味がある訳です。
絵本の画面の中にあったアレ、コレ、ソレ、
気がつくかな? 読み返した時に気づいてもいいしね。

そんな風に、仕掛ける側の大人はしっかりと物語の意味と
作者の思いを受けて 作業をして頂きます。
そして、進行の道中では、天神さまが感じていたように
身の回りの自然に対して、気づくこと。
ふと発する子どもの自然な言葉を引き出せるように心がけ
言葉かけをお願いします。


イベント当日に参加する子どもたちも、
この「だるまちゃんとてんじんちゃん」の絵本をよく読み込んで
来館して頂きました。
(GW期間の参加は、絵本の読み語りから始まっての出発!となりました)


子どもたちはてんじんちゃんの衣装に着替えて
スタートです!
c0243807_14035641.jpeg
私が最初に提案したのは、こんな形でした。
天神さまの好きな梅の文様 これは子どもたちに是非作ってもらいたいなぁと。


「かこさとし絵本館」には、だるまちゃんファンクラブという皆さんがいらっしゃって
ボランティアで、様々な活動を手伝って下さっています。
その方々も色々な知恵と工夫をして下さって〜〜

烏帽子は、牛乳パックに越前和紙で作ってくれました!!
お見事!です。

c0243807_15063318.jpg
衣装も、ファンクラブの皆様が私が作ったミニサイズの試作見本を参考に
更に改良を重ねて 作って下さいました。
そして、この材料の和紙は、福井県和紙工業協同組合様のご協力を頂けて、
念願の越前和紙です!
ありがとうございました。



まず物語の最初に だるまちゃんが一つ池で釣りをする場面があります。
そこで
c0243807_15380470.jpeg
本当なら、じっくり釣り堀遊びをしたいところですが、
それでは、なかなか前に進めません。
なので、
こんな風に準備して頂きました。

すでに竿の先には つれるものがくっついています。
c0243807_15463338.jpeg
ちっこい魚、スカのながぐつ
そして、

みんなで力をあわせて〜〜
c0243807_15485747.jpeg
巨大魚を釣り上げるのです。
c0243807_16062463.jpg
70リットル用ゴミ袋×3で、
3m近くある 巨大な魚です。
季節的に、こいのぼりだ〜!! と、言われましたが。

ちっこい魚は、傘袋です。
c0243807_18514004.jpg

ながぐつは、実にじょうずにこれまた牛乳パックで!
 (写真なくてごめんなさい)


絵本の各ページの背景に登場している 季節の花
それを つり上げた魚に応じてアイティムゲット! です。
絵本の中にさりげなく出てくるお花です。



これらの小道具も
皆、越前和紙にて製作です。
c0243807_15554276.jpg
昔は、ほたるを捕まえて花の中に入れてちょうちんにしたんだって?!
ホタルブクロ

ツユクサは、よく見かけるね、
朝早くからあさつゆにぬれながら咲いているんだよ

黄色いのは、クサノオウ
薬草として使われていたんだよ、だから草の王さま

そんな 知識も、会話の中で
子どもに与えながら〜


その後、またてくてく…
次の場面へ〜〜
c0243807_16092612.jpeg
道中に道先を案内してくれるのは、
てんじんさまゆかりの ウソ鳥です。
c0243807_19045537.jpg
これも、今までの絵本館の製作の成果!です。
トイレットペーパーパーの芯での工作作品です。


アイティムをゲットしたら、次の指令です。




絵本の画面に登場する様々な昔の道具〜
ここには、越前市内から 実際の古い道具を借りてきて並べました。
どうやって使ったのか?説明を聞いたり、触ってみたり、
c0243807_16121118.jpeg

いよいよてんじんちゃんのおうちに到着です。

(実際には、公園を使っての舞台になるので、この辺のお話の流れは前後してしまいますが)

絵本の中にあったように
おかたづけ と おてつだい
をゲームにします。
c0243807_16220796.jpeg
ゲットしたアイティムのお花を 
お話の中の画面と同じく 竹筒の中にセットします。



そして、お片づけのお手伝いゲーム!

ダンボールで作った薪の束をみんなで積み上げていくのです。

c0243807_16280512.jpg
ボランティアさんが、毎日ひたすら 
このダンボールをカットしていてくれたことを思うと
頭が下がります。下がりっぱなしです。。。

そして、地元力! 本物の薪を束ねてくれました!!
こうやって、本物があると なお一層リアル感です。



そして、てんじんちゃんのおうちで飼われている
「黒うしの首なでてやる…」の指令は、
c0243807_16322948.jpeg
最初は、牛をダンボールでかたどって
ちょい動く平面的な首振り牛を作ろうかと思ったのですが、
時間的に無理だろうというので、
大きく絵に描いて、そこを手でタッチして通過させよう
という話になりました。

が、
打ち合せの時に

加古先生のお嬢様が、ひとこと
「赤べこみたいにできたらおもしろいけどね〜」
と、ニコッとされた。

それからです!!!
必死に 赤べこの構造等を調べて調べて
ミニ版でこんな試作もして、、、
c0243807_18062475.jpg
c0243807_18062831.jpg
うむ、、むむむ、、、
巨大な牛の頭 をバランスよくつり下げるのが
一苦労でしたが、
無事
首振り等身大 黒うしが完成したのでした。

c0243807_16484615.jpg
風に揺れて 首ふりふり〜 リアルな動きです。

舌の低反発スポンジは、ものすごく気持ち悪い感触です。
c0243807_16524159.jpg
この、大きな牛の頭も、
かわいいウシちゃんにしないで本物に迫る ことにも意義があります。

ウシの口って、ベロってこうなってるの?
角ってどうなってるの?

ただ、驚かせて怖がらせるののが目的ではないのです。
(まぁ、それも おおいに楽しみのひとつなんですが〜 f^_^;)
c0243807_16540649.jpg
公園にセッティングしていたら、子どもたちが寄ってきました。

小さい子は ギャーっ! と 泣いてくれて〜
ちょっと大きい子は真剣に
興味深くニカニカ ウシを見て触ってくれていました。

中学生たちは、
何コレー?! すげぇ こぇ〜 ゲラゲラ

やったー! しめしめ 大成功な出来映えだ。

ウシの製作過程は
黒うし1 黒うし2 黒うし3 黒うし4


実際に、加古先生のお嬢様が、オリエンテーリングの際に
子どもたちにこんな言葉かけをされていました。

「昔は 人間の為に一緒に働いてくれるウシを
とてもとても大切にしていたのよ。
だから、
いいこ いいこ して、なでてあげてね。」

こういう大人の一言で、
子どもの顔はみるみる変わります。
さっきまで怖がっていた子どもも、
やさしく何度も何度も頭をなでてくれました。

素晴らしい光景でした。


ウシをなでたら、アイティムゲット!
(公園を使っての流れで、先にウシをなでてから〜昔の道具に移動と変更されました)

うらしま草という、なんとも風流な珍しい黒い花です。
もちろん、和紙にて製作していましたが、
当日、本物が届きました!

こういう現実とのコラボがなんとも素晴らしいのです!
絵本館力!松草園の松永さま 本当に感謝です。
c0243807_19034465.jpg
浦島太郎が釣り竿の糸を垂れているような姿
という、ウラシマソウ



さて、まだ続きます。
絵本では、今度はごはん炊きがあって、
みんなでおにぎりをつくる場面があります。
c0243807_17372164.jpeg
オリエンテーリングでは、
前もって製作してある和紙製おにぎりに、
具を詰めてノリを巻く という作業をしました。
絵本の通りに
シールで 梅、菜っ葉、たくあん 入りのおにぎりを!
c0243807_17205175.jpg
子どもたちが具のシールを貼って、
のりに見立てた黒い和紙を貼って、 
c0243807_17241461.jpg
ふろしきに包みます。

c0243807_17461624.jpeg

おにぎりを包んだふろしきを竹の棒に通して
真剣に運んでいきます。

昔は、こうやって荷物を運んだんだよ。



さぁ! ゴールです!!
お父さんお母さんが待っていますよ〜!!
c0243807_17483368.jpeg

わっせ わっせ…
おにぎりを運んできたてんじんちゃんたち
お父さんお母さんに、届けます!

たくさん おにぎりを運んでくれてありがとう。
ではでは、

本当のおいしいおにぎり(本物)を頂きましょう〜!!
という 今度は現実に戻る 〜
え?本当っ?! 
という、楽しい〜!流れにしたい。

絵本館では、この日は特製の
おにぎり型のクッキーをさしあげましょう〜!!
ということになっていて、

本当に美味しいクッキーに
皆大喜びでした。

c0243807_18230069.jpg

さて、そうして無事終了したら…
c0243807_10301798.jpeg
今日の感想を一句!
なんて できたらいいですね。。。

という提案でしたが、これは前もって 子どもたちから句を集めることになりました。
絵本館3歳  加古先生卒寿  絵本の登場人物への というお題でもいいし、
季節を感じた子どもらしい言葉が並ぶと素晴らしいなぁと。


「だるまちゃんてんじんちゃんの ストーリー・オリエンテーリング」
解説は以上です。


本来は、
イベント用の当日限りの遊びではなくって、

幼稚園、保育園、児童館、子どもたちの生活の遊び現場で
何ヶ月もかけて、絵本の物語に親しみ
そして、じっくり素材と戯れながら 小道具を作り、
仕掛けなどの工夫を 面白おかしく楽しみながら 大道具を作って、
そして、
最終的に 幼稚園全体で みんなで
「物語を体験するイベント」に、していってくれたらな
と、思うのであります。

ありきたりな、春には運動会、夏には夏祭り、秋にはお店やさんごっこ…
演劇発表会、オペレッタ なんていう中に
そういう新しい文化イベントとして
「絵本を遊ぶ ストーリー・イベント」があってもいいんじゃないかなぁ と。


今までも、
「絵本を遊ぶ」ストーリー・イベントとしては、
昨年の「にんじんばたけのぱぴぷぺぽ」もそうですが、
民話「やまなしもぎ」で、大掛かりなイベントを
滋賀県の佐川美術館、島根県の浜田市世界こども美術館、
神奈川県逗子文化プラザホールでやって参りました。

そんなことも 今後 ご紹介していきたいと思っています。


今回は、準備編 打ち明け話になりましたので、
次回は、
実写版で、写真で つづきをご案内します。。。
なかなか進まなくってごめんなさい〜!!


by erich50 | 2016-05-10 19:24 | 絵本を遊ぶ | Comments(0)

紹介されてます〜絵本館にて

福井県越前市の武生にある
「かこさとし ふるさと 絵本館」

誠にこの上ない光栄…

嬉しいことに
図書コーナーの一角に
私の工作ワークショップの様子と著書が並んでいます!

c0243807_15524002.jpg
昨年の「にんじんばたけのぱぴぷぺぽ」の和紙製ぶたさん帽子
「マトリョーシカちゃん」のダンボール工作作品
トイレットペーパーの芯を利用した「だるまちゃんのスズメ」
プラスティックケースで作った「てんぐちゃんのトンボ」
一昨年の 越前和紙の「こいのぼり」

わぁ!
こうやって並んでみると
楽しい作品、みんなで作ったなぁ〜!! と、
毎回の楽しかった「工作ワークショップ」が
イキイキと 鮮明に思い出されます。

c0243807_15523419.jpg
このぶたちゃんのダンボールおもちゃは、
ブタぶた七変化人形
いろんな顔に変わります。
両手も動く仕掛けがあります。

これの大型版のブタぶた人形を作って(仕掛けは更に進化させ)
昨年は、絵本のお話に合わせた
「ニンジンゲーム」をしたのでした。



先日の
「だるまちゃんとてんじんちゃん」
ストーリーオリエンテーリングの様子が掲載されています!

絵本館3周年記念イベント「だるまちゃんとてんじんちゃん」オリエンテーリング




かこさとし先生の公式ホムページが開設されました。
先生の作品の詳しい解説や
子どもたちに届けたい熱いメッセージが盛り沢山です。

かこさとし公式サイト


c0243807_16053637.jpg
武生駅前
ピンクのワゴン車は、
出かける絵本館「未来へ行進号」
c0243807_15541357.jpg
この車に絵本や紙芝居を乗せて
絵本館がそのまま移動図書館になります。
助手席にだるまちゃんが乗るんですよ!

c0243807_16435510.jpg
これは、からすのぱんやさんのバス「のろっさ号」


みなさん 是非 お出かけ下さい〜!

かこさとし ふるさと 絵本館 「石石(らく)」






by erich50 | 2016-05-03 16:48 | 絵本を遊ぶ | Comments(5)