タグ:お出かけ ( 4 ) タグの人気記事

ウォルター・クレイン 展

c0243807_18175220.jpg

千葉市美術館で開催中の
「絵本はここから始まったー
ウォルター・クレインの本の仕事」
に、行って来た!

とぉ… 遠かった…
が、

良かった〜〜‼︎
(*゚▽゚*)

19世紀後半イギリスで活躍し、
現代絵本の基礎を築いた画家
ウォルター・クレイン

色彩に、細かな線に、
女性のシルエット、子どもの表情
リアルな動物、画面のデザインに、
背景画に、文様に、物語に、

わくわく わくわく
感動 でした。

日本の浮世絵に影響を受けている…
そんなことも聴いていたので、
そういうコーナーは実に興味深く
見入りました。

なんか嬉しい…

思わず、
分厚い図録を買ってしまった…

c0243807_18175353.jpg

美女と野獣の画の前で、
団扇を持って記念撮影できるスペース



千葉市美術館は、
市役所と同じ建物!
図書室もあって
うらやましい施設でした。
c0243807_18175304.jpg


なんだか 厳かなのは…
c0243807_18175445.jpg

昭和2年に建てられた旧川崎銀行の建物
だそうだ。

c0243807_18175551.jpg


復元・保存したホール
c0243807_18175507.jpg

ネオ・ルネサンス様式
なんだって。


今日は、平日なせいか
空いていて、ゆっくりじっくり
観ることが出来ました。

ウォルター・クレイン、ウィリアム・モリスの仕事もさることながら、
グリーナウェイ、コールデコットの作品も観ることが出来て嬉しい限り。

5月28日まで
千葉市美術館


帰り道
こんなワンコに出会ったよ
c0243807_18175680.jpg

主人の買い物を待つワンコ


by erich50 | 2017-05-22 17:30 | 美術館 | Comments(0)

こどものとも60周年記念展 最終日

c0243807_16551146.jpg


玉川高島屋S.Cでの
「こどものとも」創刊60周年記念
絵本とおともだち
に、最終日滑り込んで参りました。

c0243807_16551290.jpg

入るとすぐに
60年余の月刊絵本が勢ぞろい!
圧巻でした。
年代ごとに懐かさは人それぞれ…

真剣な眼差しで
絵本の表紙画を追う人…
のこぼれる一言を聞くのが面白かった。

子どもだった頃 が、よみがえっている瞬間 を自分の子どもに語りかけるパパ
友達や恋人に語りかける人

人生模様でした。

一番混んでいたのは写真撮影
c0243807_16551384.jpg



そう、ぐりとぐらの卵の殻に入るやつ
長蛇の列…

c0243807_16551327.jpg

消防自動車ジプタ も光ってます。

そして、
加古先生のブースは
c0243807_16551479.jpg

大人が聴き入ってました。

c0243807_16551461.jpg


だるまちゃんコーナー

c0243807_16551501.jpg

簡単工作 100円なり

c0243807_16551598.jpg


絵を描いて貼って〜
すごい数!
c0243807_16551631.jpg


会場から離れた場所に設置された
びっくりアートを探しに行くと…

ぐるんぱは、
そう遠くない別館の一階正面入口でしたが、
だるまちゃんかみなりちゃんは…
えっらい遠く…

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
てくてく てくてく てくてく
歩いて 歩いて
やっと たどり着きました。

なんでこんなに遠くにしたの⁈

c0243807_16551698.jpg
















by erich50 | 2017-05-07 16:03 | Comments(0)

こどもとファッション展

c0243807_18121872.jpg

西洋の昔の子ども服から、
その影響を受けた
明治 大正時代の日本の子ども服
などまであり!
大変興味深い内容でした。


目黒にある東京都庭園美術館です。
c0243807_18121906.jpg


都会の中に、森がある…
c0243807_18122090.jpg

そして、
素晴らしい館が現存しています。

c0243807_18122043.jpg

この建物を見学するのも、
庭園や彫刻を味わうのも、
もっとゆっくり時間をかけて
過ごしに来るといいな
と、、

そんな時間をのんびり過ごされている
上品なかわいいおばあちゃま…
が、いらっしゃいました。
御近所の方らしきご婦人〜〜

あんな風にならねばな
(;^_^A



西洋のお姫様みたいな衣装も
素敵でしたが、
本当にこんな細身の小さい衣装を着て
動き回れたのかな??
機能性はどうかなぁ…
この靴は歩きにくそー

時代が進むと、ちゃんと
子どもの動きを考えたゆとりある
子ども服になっていきます。

興味深かったのは、
日本の明治、大正時代の
着物の上に着せる
エプロンスタイルや
洋風な帽子の日本の子ども

なんともオシャレです。

c0243807_18122108.jpg


石川県で子ども時代を過ごした祖母
お父さんが都会に出ると、
絵本やいろんな新しいものを調達してきたらしい。

「みんなが着物なのに、
洋服を着て学校に行くのが
恥ずかしかった…」
との話を聞いたな。


その時代、モダンな家庭だったのね。

後に
お母さんになった祖母は、
常に、モダンな素敵な服を
自分で縫って
子ども達に着せていた…よ。

ちょっと
あらためて
母の古いアルバムを見てみたくなった。









by erich50 | 2016-08-27 13:07 | つぶやき | Comments(0)

子どもの夏休み 対策3

夏休みもあと十日あまり…と、
残り少なくなってきました。


宿題もまだ終わってない、、
と、焦っているかもしれませんが

残された週末
日曜日もあと2回!


お出かけ忘れはないでしょうか?

みんなでお出かけ
これも、連れて行く大人にとっては大変だけれど
子どもは、とってもうれしいものです。

c0243807_23491113.jpg


私も
気になっていたあれこれ
行きそびれないように〜!!
と、慌てて滑り込んでいます。



先日、
銀座MATSUYAで、
ひつじのショーン展
見てきました!
c0243807_00545785.jpg
イギリスの風景 暮らし漂うセットの中で、
数々の精巧なクレイ粘土人形たち!!

アニメーションになる前の苦労が感じられます。

「ウォレスとグルミット」に刺激を受けて、
小学生だった息子が、レゴで作ったセットと人形で、
ビデオカメラでコマ撮りして挑戦していたっけなぁ

そんな風に、子どもが、
自分でもやってみたい!
という気にさせてくれる展覧会は
オススメです。



それから、
ターシャ・テューダー 展
c0243807_00544844.jpg
も、良かったです。
生誕100年…
(祖母と同い年なんだ…)

アメリカ・バーモンド州の山奥で
ガーデニング、鳥や山羊や犬の世話に
料理、洋裁に絵本etc...
毎日の生活のほとんどを手作りする
素敵なおばあちゃまの暮らしを感じ
心地よい刺激をいただきました。

 センスの良い 古い昔の生活道具
アンティークなドレス
ドールハウスやたくさんの絵は、
子どもが観ても楽しい展覧会です。


他にも
子どもと一緒に楽しめる展覧会
急いで見に行くべきとこ 色々あります。



横浜赤レンガ倉庫1号館の
ミッフィー展


横浜みなとみらい線 馬車道の
日本郵船歴史博物館



目黒区立美術館での
動画の国から物語



東京都庭園美術館
子どもとファッション展


渋谷Bunkamura
ピーターラビット展




わぁ、行きたいなぁ〜
会期中に絶対 行かなくっちゃ!!



考えてみると…
子どもたちが子どもだった その昔
なんだかんだ、自分が楽しめる展覧会に
子どもを連れて行っていたんだなぁ


いいんじゃない? それで。






by erich50 | 2016-08-21 01:00 | 早未流 子育て論 | Comments(0)