浮世絵展

越前和紙に触れる機会を頂き、
あらためて 浮世絵や版画の知識…
学べる所はないものか?
と、探していたら

灯台下暗し…

地元藤沢に
素晴らしい浮世絵展示施設が…!(◎_◎;)
「藤澤浮世絵館」 藤澤浮世絵館

c0243807_18291236.jpg

東海道藤沢宿や江ノ島の浮世絵、
また歌舞伎の演目も、
この地域を舞台にしているものも多い…

ちょうど、
「版画の種類と素材の話」
という講座があったので、
越前から帰ってすぐ、聴きに行って来た。

c0243807_18291317.jpg


版画の道具
木版画を摺るための馬連(ばれん)
c0243807_18291302.jpg

和紙を数十枚貼り合わせて浅い皿状にした当皮(あてがわ)と、
竹の皮を細くさいて、らせん状にあみあげた縄、それを竹の皮で包む構造になっている。

縄の太さで道具としての種類も違い
使い分けて摺るそうだ。

このばれんを一つ作るのに、ものすごい技と、とてつもない日数がかかる…
今は職人さんも少なくなっている

小学生の時、なんだこれは…?と
ずいぶんぞんざいに扱ってしまったなぁ…と、今更ながら反省させられる。
(子どもが小学校で使っていた馬連とは質の階級が違うとは思いますが…)

c0243807_18291470.jpg

刷毛(はけ)は、馬の尾の毛で作られていて、版木の上に絵の具をつけるときに使う。ぼかしやグラデーションはこの刷毛の調整が大切だそうだ。
先が二つに割れるように火で炙る映像も見せて頂いた。

いやはや、道具だけでも大変な芸術作品…

c0243807_18291533.jpg

今は、
歌川広重の東海道五十三次 と
藤沢宿は歌舞伎の舞台
という企画展示をしています。

c0243807_18291525.jpg

浮世絵の製作手順や

c0243807_18291646.jpg

ライブラリー、双六テーブルもありました。

c0243807_18291624.jpg

ライブラリーにあった
子ども浮世絵も興味深い!

c0243807_18291764.jpg

当世の子どもの遊びが垣間見られます。


越前でお会いした和紙職人の
人間国宝 さん

c0243807_19150301.jpg

今は、こんな仕事をしています…と、
アニメの浮世絵、、
巨大な草間彌生さんの画を版画に…
そういう作品のために、和紙を漉くんだそうだ、、

ルーブル美術館やメトロポリタン美術館からも常に依頼されている。
越前和紙が、絵画作品の修復に使われているのです。
すごいなぁ


そうそう、この講座で、
ウォルター・クレインも版画
しかも浮世絵の影響を受けているという話を聴いて、
絵本の原点 以外にも面白くなり、
これは、何が何でも観に行かねば〜〜‼︎と、
昨日の千葉市美術館に行ったのでした。

なんだか、いろんなことがつながっていて
奥が深い… おもしろい…

知るって素晴らしい…






# by erich50 | 2017-05-23 13:40 | 美術館 | Comments(0)

ウォルター・クレイン 展

c0243807_18175220.jpg

千葉市美術館で開催中の
「絵本はここから始まったー
ウォルター・クレインの本の仕事」
に、行って来た!

とぉ… 遠かった…
が、

良かった〜〜‼︎
(*゚▽゚*)

19世紀後半イギリスで活躍し、
現代絵本の基礎を築いた画家
ウォルター・クレイン

色彩に、細かな線に、
女性のシルエット、子どもの表情
リアルな動物、画面のデザインに、
背景画に、文様に、物語に、

わくわく わくわく
感動 でした。

日本の浮世絵に影響を受けている…
そんなことも聴いていたので、
そういうコーナーは実に興味深く
見入りました。

なんか嬉しい…

思わず、
分厚い図録を買ってしまった…

c0243807_18175353.jpg

美女と野獣の画の前で、
団扇を持って記念撮影できるスペース



千葉市美術館は、
市役所と同じ建物!
図書室もあって
うらやましい施設でした。
c0243807_18175304.jpg


なんだか 厳かなのは…
c0243807_18175445.jpg

昭和2年に建てられた旧川崎銀行の建物
だそうだ。

c0243807_18175551.jpg


復元・保存したホール
c0243807_18175507.jpg

ネオ・ルネサンス様式
なんだって。


今日は、平日なせいか
空いていて、ゆっくりじっくり
観ることが出来ました。

ウォルター・クレイン、ウィリアム・モリスの仕事もさることながら、
グリーナウェイ、コールデコットの作品も観ることが出来て嬉しい限り。

5月28日まで
千葉市美術館


帰り道
こんなワンコに出会ったよ
c0243807_18175680.jpg

主人の買い物を待つワンコ


# by erich50 | 2017-05-22 17:30 | 美術館 | Comments(0)

人間って…

c0243807_11421357.jpg
満5歳…
幼稚園に入園する直前のお誕生日 の自分です。

この時の自分と
今の自分

全く同じ人間であって、
その中にある「心」はずっと同じもので、
長らく ず〜っと年輪を増やしながらも
同じ人物のものとしてある。

「心」を包んで守っているような、周りを覆う体ってものは、
人間としての生物として、成長して〜老化しているが、
その中にある心は、ずっと同じもの

 それって、要するに「魂」ってことなんだろな。


成長の反対を遂げていく老犬介護で、まざまざと
その老化の過程というものを実感したが、
人間も同じだ。

悲しきかな、
身近な親たちも、 実にそうなんだ…

まさか、自分が高齢者になってしまったなんて?!

って、無我夢中で駆け抜けてきた人生を 
ある時、
いろんな出来ないことにぶち当たって 
びっくりし、
病気やケガをして…
初めて あらためて
自分の年齢に気づく、、、愕然、、、と。

みんなそうなんだろな、 と 
最高齢の祖母の言動や その次の世代の親から
痛切に しみじみ感じている。

ここ最近、体調を崩した義理母の通院に付き添うことが多く
病院の待ち時間に、彼女のいろんな
若い時代の話を聴けるいい時間を頂いている。

話の中ではいつでも時代を飛び越えて
その昔の心の状態に戻れる。
実に鮮明にいきいきと、、した記憶なんだよね。

病院にいる老人とされている人々
みんなそれぞれ 人生 いろいろあったことでしょう
映画1本撮れそうな話 みんなにある。

身近な人が老人になって、さらに老いていっている、、、

他人事ではないぞ!
自分だって なんだよ!!!! みんな〜〜っ!

と、我に返って焦る…
以前、所さんのTV番組で
秘境の田舎で出会ったおばあさんが言い放った一言が
妙に心に残っていた…

「私だって始めからババアだったわけじゃないんだよ!」

だよね。
可愛い女の子だった時代 素敵な女性だった時代
渡ってきたんだよね。

女性は皆、まっしぐらにおばあさんに向かっているんだなぁ
そんな救いようのない途方もないこと思ったりもしちゃうが、

優しいお姑さん…
「あなたは、子育てを終えてやっと自由に動き回れる時が来たのよ。
自分で歩いて出かけられる時にあちこち行きなさい。
今こそよ!動ける時に動きなさい。」って。。。

なんてありがたきお言葉、、、涙


わぁ…
こんなこと書こうとしたわけではなかったのだが、、、
ま、いいか。
魂万歳!

# by erich50 | 2017-05-21 12:38 | つぶやき | Comments(0)

新しいこと

かれこれ 30余年…
ずっと同じことを提言しながら、
コツコツ…コツコツ…

雑草のように地面を這いつくばり、
そこで見える景色を楽しみながら、

色々、 来るもの拒まず、
コツコツ…
やってまいりました。

面白いことに、
そんなコツコツ地味で地道なことから
新しいことが始まったりする昨今…です。

c0243807_12034791.jpg

先日、
建築中の公園
現場の視察に参加させて頂きました。

「長靴を用意しました!どうぞっ」
って、思わず笑っちゃいますよね。


広大な土地に広がる
新しい公園
現在、絶賛作業中〜
c0243807_12040604.jpg

ずっと見ていたいくらいの土木作業
すご〜い

c0243807_12044746.jpg

つきやまもあります〜〜
大迫力だなぁ


c0243807_12035304.jpg

土管!
これ、いいわぁ


c0243807_12043161.jpg

そんなこんなで、
夏にオープンを控え
今、急ピッチで進んでいる
新しい公園です。

c0243807_12042576.jpg

ここの場所に、
小さい年齢の子どもさん対象の
遊び場が出来ます。
デザインに関わらせて頂いています。
恐縮です。

c0243807_12040028.jpg

福井県越前市に、
すっごい公園がまもなく完成致します。
お楽しみに‼︎

# by erich50 | 2017-05-19 12:07 | お仕事 | Comments(0)

幼児テキストのこと

今年も、インタビュー記事が掲載されています。
遊び監修をさせていただいている
「幼児テキスト教材」の親御さん向け冊子が届きました。

c0243807_12190796.jpg
『子どもとの時間を「楽しむ」コツ』です。

子どもと一緒に過ごしているその時代にこそ、
大人は、いろんな形で子どもから自分自身を再生させてもらっている…
そんな実体験をお話ししています。

いっちばん 子育てに手がかかる時期こそ、
自分にいろんな感度のいいアンテナを授けられているんだよね、本当は。

大事な時間

子どもといると自分が埋もれてしまうなんて 思っちゃいかん
子どもといるからこそ、
与えられていること、気がつけることがある。

栄養、エネルギー 
いっぱい充電することができる
素晴らしい時代なんだな。


そう、
テキストなんかを買わなくってもさ、
衣食住…普通の生活を送っていれば、いいのですよ。
日常を、丁寧に楽しく
親子で満喫しながら過ごしていることが、
何よりの体験と学びになりますから。


紹介していただいてます〜
最下位置ですが。
c0243807_12325366.jpg

最近、アマゾンで取り扱い数増えてきました〜
買いやすくなっています。


合わせてお読みいただけると嬉しいです。




# by erich50 | 2017-05-17 12:40 | お仕事 | Comments(0)