おしゃれなカフェ 仕事事情

c0243807_18060944.jpg

こんな壁画の中で、

c0243807_18060909.jpg

めちゃくちゃ 美味しい
ピザで、くつろぐ…
ドイツらいふ、、


c0243807_18061015.jpg

娘の お気に入りの店に
あちこち連れて行ってもらい
嬉しいひととき…

しかし、
子連れで行くのはどこもかしこも
大変…
ここには、ゆったりソファー席があり、
赤ちゃんを寝かして、
しばし自分がくつろぐことが出来るんだ…と娘。


お店の人も、通りすがりの人も、
皆 笑顔で、赤ちゃんに
優しい対応をしてくれるのは
素晴らしいなぁ…


いや、実は
のんびりばかりはしていなくて、、

このカフェで、街のfree WiFiで
仕事のやりとりをしていました…

たいして忙しくもなかった
仕事状況の自分なのですが、

何故か、

ドイツに発つ前に
いきなりめちゃくちゃ多忙…

長いフライトの機内で
原稿チェック

到着してからも、
ほぼ毎日
7時間の時差の中で
メールのやりとり…

しかも、
向こうにいる時に、
新しい仕事の依頼があったりして…

なんだか不思議な状況でした。


で、
日本に早朝帰国したその日に、
打ち合わせが入ってしまい〜〜

家に着いてシャワー浴びて
一眠り…

夕方、打ち合わせに出かける…

あら、全然平気!
٩( 'ω' )و

そう、
一寝したら、
ドイツ時間の朝タイムと同じになり、
時差調整が効いてる…


あれこれドイツレポートしたいのだが、
月末締め切りの仕事が
即刻始まってしまいました。


つくづく思うのは、
「仕事」ってのは、
たいてい
「急ぎ」である。

こちらの都合ではなく、
先方の大至急に、いかに対応するか
出来るか⁉︎
が、勝負である。

そこで
期待以上のものを提供する!
のが、
次の道に、次の扉に、
つながるのではないか?

ということで、
誠心誠意 頑張りま〜す!

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ



# by erich50 | 2017-07-11 17:16 | お仕事 | Comments(0)

帰国しました 〜〜

c0243807_01040568.jpg


乗り継ぎのフランクフルト空港で、
タジタジしていたら、

「何かお困りですか?」
と、日本語が…

1カ月間ドイツに滞在されていたという
山岳ジェントルマンに声をかけられました。

ん?
通じる ってことは…
日本語…!

真っ黒に日焼けしている老紳士は、
日本人ではないアジア系
の人にも見えて…

もう、20数回もドイツに来ては長期滞在をされておられる方で、
本当に助かりました。

というのは、
間違った場所で、なんの疑いもなく
のんびりしていたのです、私
一応、もう一度確認しよう…と、
電光掲示板を見ていたら、
なかなか自分の乗る飛行機が表示されなくて、
変だなぁ (・・?)
と、思いながらも
まだ気づかずにいたのです。

行きもそうでしたが、
出発時刻や乗り継ぎゲートが、
発券されたチケット記載のものから
変更されるのが常だそうで、、

で、
自分も同じ便に乗るから
一緒に行きましょう!
と、エスコートして頂き
無事乗り継ぎゲートにたどり着き
帰って来られました〜〜
f^_^;


空港で買うのは高いし、
地域が違うお土産だよ…!と、
娘にさんざん言われていたのですが、
ザ、ドイツ🇩🇪な品物
やっぱりそそられます…

ミニ ビアジョッキ
c0243807_01040652.jpg

高さ 約6cm
陶器製

ガラスのビアジョッキ
c0243807_01040635.jpg

これも6cm!

去年これを買ったら大好評


c0243807_01040748.jpg


シュタイフのぬいぐるみ
出会ってしまった…
かわいい😍

留守番している次女は
ハリネズミ好きなので
迷わず購入!


しかし、
なんてぇ〜暑いの?
南国か?日本🇯🇵


# by erich50 | 2017-07-11 00:13 | 渡独の日々 | Comments(0)

長い帰路

朝の6時に娘の家を出発

c0243807_18065039.jpg

早朝のアウトバーンを走り抜け、

c0243807_18065156.jpg

ハノーファー空港に。

ドイツで車の運転免許を取得するのに
苦労し、何度も落ち込み
くやし涙を流していた娘…

今や
150キロまでぶっ飛ばし
空港まで送迎してくれるようななったなんて…
感動します。


ドイツの田園風景とお別れです。
c0243807_18065189.jpg

ビルの建ち並ぶ
フランクフルトへ〜〜
c0243807_18065295.jpg


今、
フランクフルトで乗り継ぎ…
巨大な空港をひたすら歩く…

オロオロ…

しながら、ついつい
免税店、お土産店に引き寄せられる…

なんだか、待ち時間がずいぶんありそう…


このゲートでいいのかな?
不安ながら待機…

他の迷える搭乗者の方に
ドイツ語で、この乗り場は〇〇ですか?
と、聞かれたようだが、

言葉が返せない、、
ヽ(´o`; ごめんなさい〜〜


# by erich50 | 2017-07-09 17:17 | 渡独の日々 | Comments(0)

ドイツで感じたあれこれ…

約2週間、
ドイツに住む娘の家に滞在して、
小さな子どもとの暮らしを楽しんでいました。


遊んで 遊んで
食べて 食べて
笑って 泣いて

幼い子との生活は、
めまぐるしく時間が
過ぎていきます。

電池が切れたように
パタン…と
眠りに落ちる瞬間

なんともかわいい
愛しいものです。


c0243807_09224120.jpg

懐かしい感触…

こうやって
ハミングしながら、
寝かしつけたなぁ…
と、
長女 息子、次女の赤ちゃんの頃が
鮮明に思い出されました。

タイムトンネルに入ったような
不思議な感覚の中で、
地球の反対側にいるくらい遠い
場所にいる現実に
更に摩訶不思議…


異人種
異文化
を感じながら
それを楽しむ毎日…


白アスパラを食べたり、
c0243807_09224176.jpg


選び切れないほどの
チーズ!
c0243807_09224248.jpg

めちゃくちゃ美味しいチーズに出会って

c0243807_09224217.jpg

娘と晩酌したり、

c0243807_09224386.jpg

フリマに行ったり、

c0243807_09224383.jpg

幼稚園見学に行ったり、

c0243807_09224430.jpg

古い街並みの風景の中で
水遊びしたり、

c0243807_09224458.jpg

馬や牛に会ったり、


あの幼かった長女は、
茅ヶ崎の小出川に喜び
藤沢の境川沿いの遊歩道で遊んでいたのに…

今は、こんな素晴らしい川沿いが
いつものお散歩コース、、、
c0243807_09224569.jpg


最終日には、
街のお祭りも楽しめました。

c0243807_09224677.jpg


詳しくは、
また
あらためて〜〜


これから20時間かけて帰ります
〜〜


# by erich50 | 2017-07-09 08:19 | 渡独の日々 | Comments(0)

おさんぽは深呼吸 雨あがり2

午後のおさんぽは、
少しおひさまも見えて
暖かくなってきました。

c0243807_00563239.jpg

もうちょっと先まで
歩いてきましたよ。

c0243807_00563387.jpg

たんぽぽの綿毛遊びが日課でしたが、
もう、たんぽぽはありません…

似たようなお花に、
ちがうなぁ…
綿毛たんぽぽが、無いなぁ…と、
感じている様子

ここドイツでも、
日本と同じ草花が、あるのですね。
でも、こちらは どれも
数倍 デカイ…

100年ものの石畳を歩いて
レンガ道も歩いて
歩道を歩いて…

別のスポットへ〜

なんだか、この空間が気に入ったみたい

c0243807_00563360.jpg

なにやら指差し
モニョモニョ喋ってます。

喃語は万国共通ですね。

トコトコ歩き
くるくる回り
モニョモニョ喋り

c0243807_00563483.jpg

アハハと笑う…

c0243807_00563459.jpg


見ていたのは、ラベンダー?
そこに蜂🐝も飛んでいました。


地べたにペタンと座って
また、
なにやら喋ってます。

c0243807_00563528.jpg


さあ、他のところに行ってみようよ!

アンヨアンヨして、
いっぱい歩きましょう〜
(すみやかなネンネのために〜〜)


ぁ…!
吸い寄せられるように、
水たまりに〜〜
c0243807_05584498.jpg


いいからいいから…
歩きましょう〜


c0243807_00563677.jpg


大きなワイン樽の先には…
ありゃりゃ
また、水たまりを発見

ジャブジャブ手を入れます


また、ここに座って〜〜
c0243807_00563755.jpg


さあ、帰りましょう

階段 昇るのも、
いい運動〜

c0243807_00563717.jpg

よいしょ よいしょ
がんばって 昇ります。

危なくないように、
ママは常に手の届くところで
アシストします。

子どもの 「やりたい」気持ちを
尊重して、
ホローしてあげます。


小さな我が子が、
どんなことに興味を持つか?
どんな動きをするか?
それをどう対処するか⁈

毎日 一緒に暮らす中で
ママは知るのです。

やりたがること、
できること
できないこと
ママは知るのです。

子どもによって
お母さんも育てられるのです。

幼い子どもとの生活は、
子育てという、子どもの成長を受けとめ
健やかに伸ばすことの他に、

大人が、子どもを知り
人間としての原点を間近に見て、
自分にとっての
深い学びを得るのであります。

幼い子どもとの生活を
適当にやり過ごすなんてことは、
もったいないことなんです。

# by erich50 | 2017-07-01 23:46 | 渡独の日々 | Comments(0)