ちょと違うんじゃないか…?!「待機児童問題」

今朝の読売新聞一面に出ていた
待機児童対策が進まないという記事…

こんなに、
進めようとする政策と乳幼児を抱える方々との希望とが、
噛み合っていない
ってことは、

それ、
間違ってるんじゃない?
ってことに、
そろそろ気づこうよ!

c0243807_15482445.jpg


うまくいかないのは、
何かが違うからなのだ…。

普通、いろんな経験を積んできた人なら、
ヤバイヤバイ これ違うんじゃないかな…
と、気づいたら
すぐに修正する。
ごまかしてそのまま突っ走ると、
大失敗になる…

そう、ミシンかけでつくづく感じたこと。
縫い目が曲がったり、糸の調子が上糸と下糸とバランスとれずに布地が引きつれたりした時、
そのまま いいや なんとかなるわ〜と
突き進むと大抵は失敗作になる。

うやむやにせず、潔く止まって
ハサミで糸を切って失敗部分を丁寧に引き抜いて、
始めからやり直す。
そうした方が成功するんだよね。

c0243807_01185676.jpg


これさ、
思うんだけど…

保育園の建物作ってお金かけて
保育士の給料が安くちゃいかんから、
お金かけて
場所見つけて、住民に理解求めて…
って、やってる間に
赤ちゃん 育っちゃうんだよね…。

今、必要としてる方々には
全く届かない…


思うんだけど。

今、高齢者のための行政のシステム
リハビリや見廻り
これ、とてもありがたく助かっています。

地域のケアマネジャーさんが、
各家庭に来て下さって、その家の暮らしを把握して、その人に合った
リハビリやデイケアをして下さる。
車でお迎えにも来て下さる。

こういう素晴らしいやり方を
赤ちゃんとママにも提供するって方法に
切り替えてみたら、いかがでしょう?

高齢者より、赤ちゃんの方が少ないはずですよ、少子化なんですから。

ドイツでは、
産後3日で退院させられるけれど、
その後、助産師さんが毎日 赤ちゃんとママをケアしに自宅まで来て下さいます。
助産師さんは一日中赤ちゃんのお宅を巡回して大変そうではありますが、
ママの不安は、この助産師さんの訪問で
毎日解消されて、安心と安らぎと育児の学びも頂けています。

日本でも、出来ないことはないんじゃないかな?

介護保険があるから老人には賄える…
のかもしれないが、
保育園いっぱい作るよりお金かからないんじゃない??





# by erich50 | 2017-05-29 15:57 | 思うんだけど… | Comments(0)

昨日のママの作る「ぽよよんワンワン」

お母さんのための かんたんおもちゃ工作や
親子のワークショップで、
私のオリジナル定番なのが、

紙袋で作る ぽよよんワンワンです。

c0243807_23105220.jpg

幼稚園生、小学生は、
自分でどんどん創作して
実に個性的な自分のぽよよんペットを作ります。

親子で一緒に作るのも
とても楽しいです。

輪ゴムをつなげる作業や
小さな穴に通すときの集中力
真剣な眼差しはとってもいいお顔!

完成したときの笑顔はまた格別です。
c0243807_23110521.jpg
(これは、横浜西洋館/親子工作の時のもの)

1歳2歳の幼児には、
ママが作って遊んであげるといいですよ。

我が家では、よちよち歩きの1歳半だった末娘に
お兄ちゃんが工夫して作ってくれた
「赤ちゃん専用のおもちゃ」だったのです。


昨日のママたちの作品〜
c0243807_23113559.jpg

1〜3歳のお子様がいらっしゃるママたちです。

c0243807_23111009.jpg


みんな、それぞれ
いいキャラクターになってますね!

c0243807_23114323.jpg

ママたちの笑顔が最高です。


c0243807_23262886.jpg

ニャンコもいます!!


c0243807_23113069.jpg
裏表の顔が違うのもアイディア!!
c0243807_23301296.jpg
しっぽも耳も個性的!


講義終了後
ママが作った「ぽよよんちゃん」を持って
2時間の保育お迎えに〜〜

子どもたち大喜びしてくれました!




# by erich50 | 2017-05-27 23:39 | 講演 | Comments(0)

今年も、幼児家庭学級「たんぽぽひろば」

今日は、藤沢市の湘南大庭公民館
幼児家庭学級「たんぽぽひろば」に行ってまいりました。

c0243807_23334641.jpg
親子で楽しむかんたん遊びのご紹介〜〜!
なのですが、

子どもたちが自分で発見しておもしろがって
遊んでいること
そこに、便乗させてもらって一緒に遊んじゃおう!
というものばかりです。

遊びは、子どもが見つけているんですよね。
こちらから与えようとしなくたって 
何か面白いことを自分で見つけている。

傍にいる大人は、
時と場合によっては、そこに大人の知恵を与えてあげたり
危険を回避させることに気を配るだけでいい。


よ〜く子どもを観察して
一体 何に夢中になっているんだろう?
何をそんなに面白いと思うのだろう?

同じ気持ちになって
共感して
楽しませてもらう
遊んでもらえばいいのです。


大人目線で上から物事を見ていては気がつかないのです。


子どもが身近にいると
素晴らしい子どもの感性を
分けてもらえる。与えてもらえる。

その貴重な空間を大いに楽しんで満喫して
自分の人生に活かしていっていただきたいなぁ
と、切に思うのです。

幼い子どもと一緒に過ごせる生活
これ、いっちばん幸せな嬉しいことです。
エネルギー充電されています。

普通の暮らし
日常を丁寧に味わって
子どもと一緒に楽しんで〜

そういうことが大切な基盤になって
子どもも、お母さんも
大きく羽ばたける時がやってくるのです。

楽しんで
いきましょう〜!



過去の記事ですが
 ↓






# by erich50 | 2017-05-26 23:59 | 講演 | Comments(0)

準備中

c0243807_17565597.jpg

明日は、毎年恒例の
「幼児家庭学級」での講演です。

初めて育児のママと
2人目3人目のママ 半々という
今までにはなかった組み合わせの
参加メンバーになっているようで…

ということは、、?

そう、
私の講座を体験済みの方々がいらっしゃる〜〜
とのこと。

それでは
ちょっと違うバージョンも考えて〜〜
新しいものも、用意して臨みましょう…
と、
ただいま、荷造り中です。

だいぶ あちこちで上演した からな…
修繕しながら 〜〜

気持ちはドキドキ…

# by erich50 | 2017-05-25 17:38 | 講演 | Comments(0)

打ち合わせ

c0243807_00560325.jpg
今日は 新しくできる「公園」の
打ち合わせでした。

長時間 みんなで
最終調整…

なんとかかんとか
大きな山を乗り越えたような
爽やかな気持ちの帰り道

 カラスが 大きな声で
ぺちゃくちゃ しゃべっていましたよ。

c0243807_00515537.jpg
つやっつやな ヤツデの葉っぱ
やたらに元気

ふきの季節ですか…

c0243807_01034248.jpg
帰路、山を下る道には、
季節を感じられる植物がいっぱいでした。

c0243807_00514923.jpg
すんごい山肌もありました。。。




今日の会議

なんてったって
みんな めちゃくちゃ笑顔


c0243807_00513895.jpg


あともうひと踏ん張りです。

新しい公園 お楽しみに。。。!

# by erich50 | 2017-05-24 23:58 | お仕事 | Comments(0)