<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

打ち合わせ。。。

c0243807_18591881.jpeg

親子でどうやって遊んだらいいのか?
わからない…

 そんな悩みを持つお母様が多いようです。

この絵は、
鳥のマネっこ遊びをしている親子です。
(ベネッセの幼児教材 9月号掲載中〜)

そうなんです。
構えて、遊んであげようとか思うと
なかなかおもしろくありません。

行き当たりばったりで、
子どもが反応している事象を
一緒にやればいいのです。

恥ずかしがらずに。。。

一緒に楽しんで遊んでもらってください。


 そんな提言
ずっと、 そう30数年間やっていますが、、

今回
NHKの番組で特別企画があるとのことで、
お声をかけていただきました。

146.png150.png151.png101.png

はるばる打ち合わせに来て頂き、、

いつも講演で使っている紙芝居やおもちゃを披露…

毎回、同じことをやっていて
自分にとっては
もういい加減に引退した方がいいのでは、、
と、マンネリネタだったのですが、

思いの外 
目を丸くされ びっくり 喜んで頂けて、、

なんかまた… 新鮮な感動。

11月に放送予定の
NHKの番組企画に少々関わらせて頂きます。

お楽しみに。。。


c0243807_18501289.jpg
おなじみのおもちゃ、、
打ち合わせ終了〜



135.pngブログの更新が滞っておりますのに、
毎日、たくさんの方が訪問して下さっていて感謝です。
過去記事を熱心に読んで下さっている方々がいらっしゃることに
感激しています。
ありがとうございます。112.png110.png

新しい企画や資料整理や 家の片付け、、掃除、、、
めちゃくちゃボロボロ
忙しくしています。
パソコンが満杯で危なっかしかったり、プリンターぶっ壊れので
バタバタです。

少しずつ再開させていきます!110.png




by erich50 | 2017-09-26 19:32 | お仕事 | Comments(0)

シンポジウムに行って来ました

シンポジウムに行って来ました。
c0243807_23375275.jpg
先週末、神保町専修大学にて
「ピクトグラムと絵本の可能性」
を拝聴して参りました。

大和大学の藤澤和子教授による
話しことばのない人の補助代替コミュニケーション手段である
ピクトグラムについての解説。

自閉症について。

実際の 話しことば代わりのコミュニケーションの様子の動画や
海外でのLLブック(やさしく読める本)の紹介や解説など、

また、今の国内外の現状を
専修大学 野口武悟教授の解説で、
めっちゃ講義!
大変深い内容でした。

絵本「いっぽんのせんとマヌエル」
以外の既存のピクトグラムの絵が、
なんとも味気ないもので、背景が黒いことも気になっていたのですが、
これは、白地に黒で描かれたものより、
黒地に白の方が読みやすいという特徴があるとのことでした。
なるほどなるほど
そうなんだ…⁉︎

知らなかったことを知ることは、
なんともありがたいと感じる。


いろんなことを感じ、考えた…
貴重な機会でした。


帰りは、久しぶりの神保町を散策。
味のある建物があちこちにあります。

c0243807_00073462.jpg
なんか、歴史を感じるなぁ…

昔、父が洋書の輸入販売の会社にいたが、確かこの近辺だったはず…
今はもうすでに無いのだが。

ビルも次々建て替わっていた…

c0243807_00103903.jpg
おぉ…小学館!
こんなところに!(◎_◎;)

また、神保町に仕事で来られるように頑張ろう!
と、期待を込めて
カフェで一息

c0243807_00131335.jpg
オシャレ〜〜

c0243807_00175076.jpg
アボカドサーモンサンド!

しかし、なんだね…
最近のサンドウィッチは、断面がモリモリの見栄えなんだが、端っこはスカスカで、食べにくい、、、


せっかくなので、ここから地下鉄入り口へ〜〜
あらま、どこまでも熱い小学館

c0243807_00151287.jpg
地下鉄の駅から会社が直結ってすごいな。。。

by erich50 | 2017-09-11 23:34 | つぶやき | Comments(0)

トークショーに行って来ました。

神保町のブックハウスカフェにて、
ピクトグラム付きの絵本
「いっぽんのせんとマヌエル」
発売記念イベントのトークショーに
行って来ました。

この絵本が、どのようにして生まれたか?

チリから来日している
作家のマリア・ホセ・フェラーダさん、
画家のパトリシオ・メナさん、
日本で出版するにあたっての
編集者さんの話は、実に興味深いです。

マヌエルくんは、「線」が大好きな
自閉症の男の子です。

マヌエルくんとお母さんの
絵本を読み合う様子の動画は、
なんとも楽しそうで豊かな時間が流れていました。


コミュニケーションをとりづらいと言われる彼らですが、
軽快に絵本を楽しんでいます。

それは、お母様の愛情あふれる熱意の他に
絵と一緒にある
ピクトグラムのおかげとわかります。

ピクトグラムとは、絵文字のことです。
文字やお話の内容の理解の助けとなっています。

ふと、そんなような絵文字を使って
文字のまだわからない
幼い子ども達にもわかるように、
幼稚園や家庭で遊びとしてやっていたことあったな…と、思い出しました。

ピクトグラムは、あらゆる子どもたちにも有効な手段であるのでしょう。

日本では、めずらしい
いや、初めてとなる
ピクトグラム付きの絵本

今後、こういう絵本も増えていくと
いろんな世界が広がっていく…
と、感じました。

画家パトリシオ・メナさんの描く
マヌエルくんのイラスト!ライブ‼︎

<ラスラさらさら
不思議なペンの持ち方で
描いて下さいました❣️


9月8日(金)銀座教文館
9月9日(土)神保町専修大学
にて、トークショー、シンポジウムあります。
詳しくは




by erich50 | 2017-09-06 18:03 | 絵本 | Comments(0)