<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

打ち合わせ

c0243807_23512006.jpg
来週末に迫った「ブックワールド」ワークショプの
打ち合わせに、東京新聞社に行ってまいりました。

参加希望のハガキとファックスが沢山届いていて
感激しました。。。


工作大好きです!
絵本大好きです!
おもしろ遊び オモシロ体験したいです!
早未先生に会ってみたい… ?!012.gif
などなど、、

参加したい気持ちが綴られているものも多く

希望者全員に来ていただきたい!!

という嬉しい気持ち なのですが、、、
005.gif008.gif

予想を上回る希望人数で、、、

これから厳正なる抽選になってしまうようです。。。

外れてしまった方、 本当にゴメンなさい
007.gif

お子様連れの方ではなく、
保育士さんやワークショップの内容に
興味あるので聴きたい…と問い合わせ下さった方々も
いらっしゃったようで、
本当にありがたいことです。

今回は親子で参加という形なので、、
申し訳ございません。。。

多勢に対応できるようなワークショップや、
大人対象のものも 今後できたらいいなと
思っておりますので、、必須課題に致します。
009.gif


c0243807_23512237.jpg
スタッフの方々に、
ワークショップでの工作を体験していただきました!

真剣… 真顔…
ちょっと むずかしい? かしら、、?

いやいや、夢中になってる姿って
大人でも いいものです。かわいいです。

できた!
ものすごく達成感 あります。

個性的な作品ができること 
まちがいなしだわ!


さて、準備準備 です。
スムーズにご指導できるように
あれこれ あれこれ 用意してます。




by erich50 | 2017-01-31 00:43 | お仕事 | Comments(0)

ペットをお散歩させたい

c0243807_23074581.jpg
小さい子って…
お散歩させるの 好きですよね。

自分が、まだヨチヨチ歩いているっていうのに、
犬をお散歩させたい とか、
うさぎをお散歩させたい とか、
そういう願望 あるんですよね。

実に嬉しそうにお散歩させます。

昔っから、こういう木のおもちゃがありました。
自分の子ども時代も、
幼い弟が、舶来のこの手の犬のおもちゃを喜んでいました。

このイラストとはちょっと違うのですが、
リアルな犬のシールが貼り付けてありました。
確か、ダックスフンド犬だった。
横浜の元町のおもちゃ屋さんで、大泣きして買ってもらっていた。

タイヤ部分に、足が取り付けられて
歩いているように見えるのです。
そして、
ひもを引いて歩かせると、
ガーガー音がなる… 犬の鳴き声には聞こえないよ、、
なんて思っていましたが、
どういう仕組みで、音を出していたのだろう??

素朴な木の 動くおもちゃ 
ガレージセールで見つけて、このわんわん
うちの子らは、愛用していました。

同様な仕組みで、バッタもあるんだよね、、、
伯父からのフィンランド土産だったらしい。。。

いいよね〜こういう おもちゃ


近々のワークショップのことを焦って考えていながら、
次のイベントの〜
4月の…
8月の…
アイディアが出てきてしまい、、
ついつい散漫になっているところです。

こういうお散歩できるおもちゃ 

新作ひらめき中〜!


ダンボールで作ったお散歩わんわんは
 ↓




by erich50 | 2017-01-28 23:47 | 子どもの育ち | Comments(0)

お知らせ

c0243807_16034729.jpg
来る2月11日(土)に、
ちょっと久しぶりに…
講演+親子の工作ワークショップをやります。

東京新聞『こどもブックワールド特別企画』です。
<絵本の魅力を通じて、親子のコミュニケーションの大切さを広く伝えたい>
という責任重大な任務を仰せつかりました。。。


ここのところずっと…
プログラム進行や 工作の試作に明け暮れております、、、

進行や台本を考えていると…
もう、ドキドキ緊張してしまいます。
002.gif

講演、、ワークショップ…
みなさん、私がこういうの全然大得意だと思っていらっしゃいますが、
めちゃくちゃ ど緊張するんですよ、、、
実は、小心者なのに、、
できることなら逃げ去りたいくらい苦手かもしれない…
のに、
なぜかこういうことしてます…
008.gif


逆に、
子どもたちに見せる工作や仕掛けを考えて
ちまちま試作をしているときは、、

きっと びっくりするぞ〜!
006.gif
へっへ… おどろくぞ〜
026.gif
と、実に楽しい012.gif003.gif010.gif

あぁ、これがあるから、やれるんだろうなぁ


新しい アッと驚く 新作! できました!!

お楽しみに〜!!
029.gif





c0243807_16083770.jpg
1月20日(金)の東京新聞に掲載された告知広告です。
東京新聞の購読者さん優先です。

by erich50 | 2017-01-27 16:43 | 講演 | Comments(0)

年賀状に思う 3. 記憶の定着

年賀状には、恐るべき効能があると感じている。
そう、記憶の定着である。

思えば、自分
幼い時代から、年賀状を描いていた…。
c0243807_18374632.jpg
これが、年賀状デビューかな?


おじいちゃんへ おばあちゃんへ
親戚のおじさん、おばさん、、(父のきょうだい、母のきょうだい)

そして、
幼稚園の先生へ 〜 から始まって
小学校の担任〜ピアノの先生〜中学、高校、部活、etc…
と、接触したお世話になった方々へと、果てしなく続いてきた。


私はすべての先生をフルネームで覚えているし、
顔もエピソードもすぐに思い出せる。

一年に一回、必ずその方々を思い浮かべて
年賀状を書く。
正直に言えば、母に「先生には書きなさい!」と言われて、
書かされていたのでもあった。
しかし、
過去の記憶を呼び戻すことで、
本当なら忘れてしまっても当然な記憶を
それで定着させていたのだと思う。


小さな教会幼稚園では、
年少組は、もも組、すみれ組さんの2クラスで、
年長になると合同の1クラスゆり組になる。

5歳児のすみれ年少組の担任は石橋先生で、
くるくるパーマで鼻の横にホクロがあった。

ピアノを山ノ井先生が弾いていた。
みんなが歌い終えた後、くるっと振り向く姿が鮮明だ。

園長先生は若松先生
いつもキリストの話をしてくださる。
先生の厳かな姿「アーメン」の 
目を伏せたお祈りのポーズが印象深い。

年長組では、担任制ではなくいろんな先生と一緒だった。
優しく穏やかで美人の畑先生、
かわいい富岡先生は、背が小さくてコロッとしていた。
越智先生はいつも華やかでおしゃれで、他の先生とはちょっと違う雰囲気
いつも私を褒めてくれて、大好きな憧れの女性になった。

年賀状で繋がっていたことで、
卒園してから、先生のお宅にお邪魔したことがあったり、
学生時代、先生のお子様の家庭教師をしたこともあった。

そして、50年経とうとした今でも、
年賀状で繋がっている…(行方知れずの方もいるのだが)


幼稚園の先生になろう!と、
進路が決まった大学生の夏休みに、
北海道に住む園長先生を訪ねに伺ったことがある。

幼稚園からの幼ななじみの友達に、
「今度、若松先生に会いに行くんだよ」と話すと、
皆、揃って 首をかしげた…。

「誰?」

「幼稚園の時の先生だよ、ほら〜 覚えてないの?
じゃぁ、〇〇先生は?」と、
次々、名前を挙げても、
誰一人として、彼女たちの記憶の中にはいないのだ。

その話を
園長先生に話したところ

5〜6歳くらいまでの小さな子供の記憶とは、
忘れてしまって当然 なのだそうだ。
しかし、
あなたに、その頃の記憶がしっかりとあるということは、

「お母様に感謝しなさい」

あなたの記憶は、
お母様がそのことについてあなたに話しかけたり、
幾度も話しあったりしたことで、
あなたの中で、感情を含んだ記憶として温存された のだと。

これには本当に驚き、
また、深くうなづける話であった。


こういうことを知っていたので…

私は、
卒園児を見送る際に、
自分の受け持った子どもたちが、
私を忘れ去ってしまうことが、この上なくさみしく思えた。

こんなに 毎日楽しく 仲良く遊んだことを
この子達は忘れていってしまうんだ、、、

それをなんとか食い止めたい!
そうだ! 年賀状だ!!
というわけで、
ず〜っと書き続けてきた。

かつて私が、
大好きだった幼稚園の先生と
大人になって再開して、
先生としてではなく、大人の女性同士として
新しい仲良しな関係になれたことも大きかった。

「ねぇ、先生、聞いて〜!」と、
親や友達には話したくない話や
たわいもない相談をすることもできた。
ものすごく不思議な素敵な関係になれた。

この中の誰かと、(あわよくば みんなと)
再開して、今までとは違った別の
仲良しの関係になれたら幸せだな、と。。。

あれから三十余年 続けてきた。

本当に長い年月かけて築いてきた。

年賀状だけでなく、ひょっこりお手紙や電話が来たり…した。
ず〜っと 何年も、何の音沙汰もなかった男の子が、
人生の相談をしてきたり、
封書で決意表明をしてきたり、、

不思議な関係が、それぞれに ある。
お母様やその妹さんとも。
私にとって貴重な宝である。

私の教え子ちゃんたちは、もうアラフォー
そして、私の恩師は皆70歳をとうに越している…

わぁ、、
人生って、 あっという間に歳とっちゃうよ〜!!

いろんなことがあるけどさ、
伝え合う相手がいると、
嬉しいことはじんわり広がるし、
辛いことは緩和されることもある…
頑張っていきましょう!


そんなわけで、
今、年賀状文化も消えつつありますが、
本当は、
ものすごく 深い。 

年賀状とは、、
記憶の定着機能付きの 通信手段 でもあるんです。

c0243807_19204764.jpg
やま組 卒園の日







by erich50 | 2017-01-20 19:22 | 年賀状 | Comments(0)

年賀状に思う 2. 幼稚園児からの続く便り

私の幼稚園時代の教え子110人…
かわいい報告がずっとずっと続いていました。

小学校で今、こんなことして遊んでます〜
中学校で、高校で、部活で頑張ってます〜

サッカーで県大会に出たよ!
野球やってます!甲子園目指してます!
剣道で優勝しました!
おとなしかった女の子が、「演劇部でハゲおやじの役をやりました!」とか!!

目に浮かぶのは6歳児のままなのですが、
たった1行2行の文章に、 
その様子が想像できるのです。


次第に、
いろんな悩みもぽそっと吐露してくれました。
何をしたいかわからない、、悩んでいます、
病気になって入院してます、、、
交通事故に遭ってしまった子も、、、

誰もが皆、何事もなく前進できているわけではありません。

でも、年賀状はそんな時、
常に前向き上向き!
に 決意表明にもなるのです。

今できることに全力投球します!
目標に向かって頑張ります!

そして、
今、資格試験頑張ってます〜
こんな仕事してます〜

運命の人には出会えてません〜
結婚しました!
赤ちゃん生まれました!
子どもが大きくなりました!
c0243807_18460545.jpg
(一人の子から届く葉書が、すでに家族の歴史化!)


小さかった5〜6歳の子どもだった顔は、
そっくりそのまま 
生まれた子どもたちにコピーされているよう!!

そして、
親になった園児たち…
その顔は、特に女の子は、
かつて連れらていたお母様とうりふたつ!!
そんな楽しみも毎年届けてくれます。


私にとってこの子達との年賀状交流は、
ただのありきたりな新年の挨拶 
ではないのです。

それぞれと、
新しい形で関係が復活して、仲良くしていくのです。
これから先もずっと。
私の35年越しの夢 
あちこちでそんなことができるようになっています。





by erich50 | 2017-01-11 23:32 | ふと、思う… | Comments(0)

年賀状に思う 1. 音信をつなぐもの

c0243807_15412879.jpg
すみません…
今年は、三が日が明けてから年賀状を書き始めました。。。
えぇ、
やっと 先週末、最終便を投函しました。
プライベート用と、仕事用の2種類で書いてます。

こんな時期に年賀状もらっても〜、、、
と、たじろいでしまう方 続出だと思います。
申し訳ない。 返信を気にしないでください。
私が、あなたに 書きたかっただけなので…。


年賀状
子供の頃から 欠かしたことのなかった年賀状書き、、
ところが、ここ3〜4年 お休みしていました。

年末年始をまたいで、えっらい過酷なスケジュールで
仕事をしていたことが2年ほどありました。

出版社の仕事納め28日までに納品する作品や原稿…
加えて、正月明けの1月5~6日に撮影が組まれていて、
何が何でも作品を完成させなくてはならない、、という
本当にヘロヘロな年末年始で、断念したのが始まりでした、、、

その後、
身内に大病をしている病人がいて、その通院や入退院に付き添ったり、
病院が長期お休みになる期間を怖い思いで過ごした年も、、

そして、
喪中 だったり、、


一年に一度の 思いを込めた力作を作ることから、
忙しい年末に、慌ただしく
必死な思いで書くようになってしまって、、、

年賀状を書かずに過ごすと楽! 

と知ってしまい、、このままフェードアウトしてしまおうか…
もう、時代は進化しているんだし、
子どもたち世代は、すでに
メールでのアケオメから、さらに
ラインでのスタンプに変わっている…

そんな今年でしたが、

書かなかったのに、届く…
その年賀状の便りは、 
すぐにでも返事したくなるような…
愛しい人たちから!

やっぱり、
再開!!  ちゃんと声を届けよう!


で、
ここ最近、年賀葉書のくじの結果さえも見ていなかった
束が、、、

c0243807_15344069.jpg
(写真は、去年までの溜まりに溜まった何年か分ですが…)


そうなんです。
ものすごく大量に書いていたのです。私。

半端じゃないんです。


自分の幼稚園時代の先生から大学まで
恩師という恩師(担任の先生)全てに書いていました。

友達も、幼稚園〜小学校〜中学校〜高校〜大学
昔のご近所さんも、現在のご近所さんも、
昔の職場の同僚も、

幼稚園での教え子も
ベビー雑誌に連載していた時にお便りをくれた読者さんにも
学会で知り合った人、仕事先で知り合った人、
そう、名刺交換した人全員に…

さらに、子どもが幼稚園時代にはクラス委員をしていたこともあって
全員に書いていて、小学校、中学校に上がると子供達の恩師にまで広がって〜

当然、数多い自分の親戚+旦那の親戚、
旦那の友達や職場の方々、、、

まぁ、年々 削除していくカテゴリーも増やしてはいましたが、
ピーク時は、400~500枚書いていた時代もありました。。。


バカみたい… かもしれません。
葉書代、印刷代、郵送料だって馬鹿になりません。

しかし、反対に、たった52円で
沖縄から北海道まで、ちゃんと相手の自宅まで届けてくれるって 
すごいことです。ありがたいことです。

手紙じゃ、かしこまりすぎで重いけど、
年賀状なら軽い気持ちでも出せる…っていうのもあるよね。

そして、
メールや携帯も普及していない時代、
自宅で仕事をしていた ほぼ専業主婦の自分は、
仕事を広げたり、繋いだり、、
唯一の営業活動でもあったのです。年賀状が!


そして、
この年賀状の効能ってものを
しみじみ つくづく 感じた 今年です。


夫の大学時代の友達の喪中葉書が届いて…
年賀状だけで繋がっていた仲間が、30年ぶりに大晦日に集結しました。
共に大学のサークルで出会った奥様の力になってあげようと
熱くて優しい仲間が一致団結
どんなに心強かったことでしょう。
何気ないような年賀状の交流でしたが、
皆が音信していたことで繋がれた…のです。 


年賀状とはいえ
音信
なんです。



年々、喪中葉書で知らされるのが、
 祖父母 から父母へ変わり、
ついに、夫が、、、という
自分達世代の終焉を告げるものに変わってきました。

ずっとながらく書いていた恩師も、
次々あの世へ旅立ってしまい…もう、ほぼいない、、

年賀状を出しあえるって…貴重な年、、
喪中じゃないって…
とても幸せなことなんだ…

一言二言でもいいから、
元気だよ!また会いたいね!と近況を伝え合うこと
年賀葉書一枚で、
その方との昔の風景が甦える瞬間を味わうこと

やっぱり いい風習なんだよ
って、あらためて思うのでありました。


005.gif
くじ付き年賀状の当選番号を調べていないことよりも、
住所が変わっていたりするのを確認していなかった、、、!!

わぁ〜〜
きっと今日は「あて所に尋ねあたりません」という
赤スタンプの葉書を大量に返送されてきそうな予感…
002.gif







by erich50 | 2017-01-10 18:09 | ふと、思う… | Comments(0)

海 癒しのスポット

あれ…?
今日は海開きですか?!
c0243807_14363805.jpg

雨上がりの鵠沼海岸です…

めっちゃ人が海に浸かってる

こっち側も、、
c0243807_14363887.jpg

茅ヶ崎まで カラスが、、
いえ、サーファーが、

さすが冬…空気が澄んでいて、
遠くに
パシフィックホテルもよく見える…
あ、いや、
今はもう無いか、、
マンションだ…


お正月が明けて、
連休、祝日㊗️ 初乗りなんでしょうか?

いや、
サーファーさん達は、
元旦から波に乗ってるのかな?

おぉ…昨夜の荒れた天気のせいで、
いい波が来てるんでしょうか???

地元ながら、縁遠い 生活スタイル…

しかし、
海にはマイナスイオンが
たっぷり溢れているから、
やっぱり気持ち晴れ晴れスッキリします。

子育てに優しい街だそうで、、
確かに海に来ると、子育て疲れも
色々リセットできますね。
c0243807_14363927.jpg

ベビーカーママさんも、
海岸沿いをお散歩しています。

子どもが、元気ありあまって
騒々しい うるさい…
ストレスたまってるな…っていう時には、海に連れて来るだけで、
発散されて、気分爽快になってましたな。
c0243807_14364018.jpg


さあ、新しい新年の
日常が回り始めます。
c0243807_14364073.jpg

コツコツ がんばりましょう。

あ、、!
マジで、光が射してきましたよ❗️

c0243807_14364150.jpg



by erich50 | 2017-01-09 14:07 | つぶやき | Comments(0)

ジャンボ羽子板あそび

「羽根つき遊び」にはね、
厄除けの意味があるんですよ。

羽根に付いている黒い重り は、ムクロジの実といって
無患子(むくろじ)= 子どもが病気にならない
という意味があるのです。



鳥の羽根をつけた羽子は、トンボの形をかたどっていて
トンボは蚊を食べる虫なので
子供達が蚊に刺されないように、伝染病にならないように〜
災害も降りかかりませんように〜!
という願いも込められているそうです。
(かこさとし/こどもの行事しぜんと生活 参照)


そうです!
羽子板で羽根をついて「病気や災い〜あっち行っちゃえ!」
と、する行為なんですね。

寒い冬にお外で元気に汗かきながら笑いながら遊ぶから
元気な子どもになれる ってこともあるんじゃないかな?

c0243807_15564475.jpg


羽根付きオモシロ遊び用の
大きな羽子板です。


段ボールを羽子板の形に切り取ります。
向きに気をつけてください。

縦です↓
c0243807_16291571.jpg

どうしてかって?

横向きだと
ふにゃふにゃになっちゃうんだ
c0243807_16291708.jpg

写真のジャンボ羽子板は、
段ボール2枚で「ふとんたたき」を挟み込んでいます。

c0243807_15561494.jpg

羽根は、
新聞紙の玉にスズランテープを埋め込みました。

アルミホイルの玉でもいいですね。


または、
ビニール袋を膨らませた風船タイプにしてもいいね!
小さい子にはこっちのほうがオススメ
c0243807_16330003.jpg

段ボールのジャンボ羽子板は、
重いです…

羽根をつこうとすると、大きさゆえ
空気抵抗があって
難しいです。

でも、だから
おもしろいです。


小さい子たちには、
段ボール1枚で作ったほうがいいですね。
直接マジックで絵を描いてもいいですよ。

c0243807_16292069.jpg
みんなで点数を数えて、遊んでみよう!

失敗したら相手に1点
10点になったら交代です。
違う相手と対戦して
トーナメント制で優勝者を決めてもいいですね。


どうやったら上手く打てるかな?と 
頭を使って

実際にはどう動けばいいのかな?と、
体を使って

遊んでください!


それで、負けた人は、
顔に墨を塗るのが昔の遊び方ですが、
今、そんなことをするのは嫌ですから、
c0243807_16292258.jpg
黒いビニールテープとかを切り取って
○とか✖️を作って貼ったり、

小さい・や、大きい●を切り取って
顔に貼って遊んでも
おもしろいですよ!

負けるたびに増えていくと〜大爆笑です。
結構 お腹抱えて
笑っちゃいますよ。



お正月は終わってしまいましたが、
幼稚園や保育園では
お正月遊びで盛り上がる時期ですね。

小学生や中学生も
こういう正統派(?)単純で元祖な遊び

バーチャルな電子ゲームより
楽しいですよ。

おためしあれ!




著書『季節と行事で壁をかざる立体工作』
『12ヶ月のぎょうじ工作』
に、詳細 掲載してます。





by erich50 | 2017-01-07 17:19 | ダンボール工作 | Comments(0)

酉年の羽子板

あけましておめでとうございます

c0243807_11560033.jpg

新しい年が始まりました。

心機一転!


気持ちよく
楽しく
愉快に

書いたり、描いたり〜
作ったり、創ったり〜

していきたいなぁ
と、思っております。



ふと、考える…
自分にできることは何か?
自分が心から喜べるものは何か?


ちょっと前にネットで話題になっていた
任天堂の前社長 故岩田聡氏の言葉が
深く胸に染み込んでおります。

自分の得意なこととは、
「労力の割に、周りの人がありがたがってくれること」


努力しても周りからの評価が芳しくないことは、
実は不得意なことかもしれない。


好きじゃないけど得意。
好きだけど、実はあまり得意じゃない。
この二つがあって

好きじゃないけど得意なことを「仕事」にした方がいい。
好きだけど実はあまり得意じゃないことに溺れると
おかしくなっていく…

なんとも辛辣であり
ズバリな指摘です。
008.gif


自分にできること
009.gif
人が喜んでくれて
面白がってくれることを
003.gif
いっぱい面白がって挑戦していきます!


今年もどうぞよろしくお願い致します。



干支の羽子板はダンボールに装飾したものです。
十二支揃った壁面飾りは

著書「季節と行事で壁をかざる立体工作」の掲載作品です。
c0243807_12424854.jpg


以前の記事ですが、合わせてご覧頂けると嬉しいです。
 ↓









00000010_12221915.png

by erich50 | 2017-01-05 12:55 | 季節の工作 | Comments(0)