<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ブックフェアにて…

c0243807_00274255.jpg

セラピー犬 です。

この子たちは、捨て犬だったそうです。
ガス室に入れられる1日前に救出され、
2年半の訓練の後
今、セラピー犬として
賢くしっかり働いているそうです。

介助する人の歩調や速度に合わせて
一緒に歩きます。
c0243807_00274300.jpg


脳梗塞の後のリハビリだったり、
障がいのある方との歩行介助だったり、
c0243807_00274487.jpg

c0243807_00274442.jpg

その方の歩きに合わせて
歩調を合わせていくのです。

c0243807_00274583.jpg

子ども達が沢山集まってきて
賢いセラピー犬を真剣に見ていました。


先日、東京ビッグサイトで行なわれていた
東京国際ブックフェアの一コマです。
セラピー犬の本のコーナーは
このワンちゃんたちのおかげで賑わっていました。



児童書のコーナーで、
読み聞かせ なるものがあって…
様子拝見

c0243807_00275141.jpg

わぁ… なんか つまんなそー

みんな、ぐったり疲れてるやん…
c0243807_00483229.jpg


広くて混んでいる
わさわさとした会場内だから
無理もないんだけどね…

なんかなー
話 おもしろくないんだよね…


市場に出回る絵本とされるものも、
うんこ おしり…
そんな、子どもにウケたくて
バズーカ砲的なものばかり…な印象

絵本 って…
もっと違うと思うんだよね。

絵本の挿絵といえる絵や画の作品は
あんまり出会えなかったな。

アニメ風、マンガ的な…読み物
そんな作品が多いと感じる。

そして、
何年か前にびっくり画期的な
指を入れて遊べる
おもちゃ的な絵本が、
今やどこの出版社も作るようになったんだなぁ…
世界中で!
似たり寄ったりな作品が山盛り
c0243807_00483393.jpg


そして、バーゲンセールなり






by erich50 | 2016-09-27 23:26 | ふと、思う… | Comments(0)

おもしろい 企画展

c0243807_00494440.jpg

会期最終日に、滑り込み〜〜

東京ミッドタウンの
「土木展」に行って来ました。

めちゃめちゃ おもしろかった
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

こういう企画展こそ、
親子で楽しめるなぁ…
いや、知るべきことだよな
と、しみじみ!

身近にある生活、そこには
ものすごい技術があって、
携わる人々の努力から成っているのだ…と、多方面から伝わり
感動でした。


c0243807_00494590.jpg

音と映像で観せる
「土木オーケストラ」
c0243807_00494554.jpg

よく聴くと、本当
工事現場の音なのに、ちゃんとオーケストラ‼︎


マンホールを体験!
c0243807_00494628.jpg

ヘルメットをかぶって、中に入って
道路に顔を出す!



砂の高さによって等高線が変化する作品
c0243807_00494701.jpg

掘ったり、山にしたり…
めちゃ 楽しい砂遊び

マジ、大人が真剣に夢中…

こちらは、
ダイダラの砂箱 という作品
c0243807_00494897.jpg

不思議な世界…
きれい

c0243807_00494927.jpg



それから、
c0243807_00494999.jpg

いろんな種類のダムを説明する
ダム カレー‼︎

c0243807_00495000.jpg


他にも、トンネルの掘削作業映像や
圧巻の 駅 解体図
渋谷駅 構内模型 などなど
見所いっぱいでした。

夏休みに、子どもたち多勢行ったのかな?
とても素晴らしい企画展でした。


よく、
お子様方をなんとか喜ばせようとした
「子どもイベント企画」があるけれど、
そんなのより、ずっといい。

好奇心を満たしてくれる
興味をひきつけるって
身近なことが解ること。
知らなかったことを知ること。


子どもを子ども扱いせずに、
こういった本気の本物をきちんと観せることの方が、ずっと面白い。
価値のあることだよな、と
深く感じ入りました。

これは、子ども向けの企画展
という訳ではありませんが…
だからこそ、いい!

そう、
よくある子ども向けの企画展って
親御さんが喜ぶからと、
やたらと、写真ポイントばかり作って
こびこび もてなしてしまう…
そうすると、当然
ハイポーズ!ばかりに夢中…という、
内容の薄い つまらない
企画展になっちゃうんだよね。


この「土木展」は、
オール写真OKな所も、
度量が広く気持ち良い(≧∇≦)



ショップコーナーも粋でした。
c0243807_00495103.jpg

これ、
履いたら、なんでも出来そうな
気がする!
売ってた。

欲しい

by erich50 | 2016-09-25 23:29 | ふと、思う… | Comments(0)

長寿犬の誕生日

c0243807_16520711.jpeg
今日は チョコの誕生日

18歳

に、なるはずの誕生日

この日まで、なんとか
老犬介護 頑張ろう…!
と、目標にしてきましたが、

ちょうど2ヶ月前
天に駆け上っていってしまいました。


15歳を過ぎた頃から
だんだんボケちゃんになって

上手に寝床に収まらなくなって

障害物をよけられなくなって

起き上がりに失敗するようになって

部屋の角、隅っこに鼻をくっつけたまま
移動ができなくなったり、
狭いところにグイグイ入って行ってしまったり、

椅子の下に入って開脚状態になって
出られなくなったり

留守番させられなくなったね。

丸々2年間は
そんな感じ…

立てなくなって歩けなくなって
寝たきりちゃんになって1年4ヶ月

いやぁ
本当 よく頑張りました。


チョコがいなくなって…
c0243807_16324770.jpg
当たり前だったチョコのいた日常の風景が
ちょいちょい思い出されます。


家族の後をそれぞれ追っては
何気なく
皆を癒してくれたな




c0243807_16330963.jpg
なぜか、
階段の三角ポイントにすっぽりはまって
寝るのが好きでした。


階段を下りてきて
「びっくりするなぁ 危ないよ〜!」
なんて言われたね。

特に、暗がりだったりすると
黒い犬だけに
本当 驚くんだよね。


c0243807_16320011.jpg

かわいいチョコちゃん



君をモデルにして、
いろいろ 描いてるよ!

c0243807_17160799.jpg
まだ、落書きだけどね。






by erich50 | 2016-09-18 18:10 | うちのワンコ | Comments(0)

嬉しいこと

c0243807_14452780.jpg


小さなかわいい赤ちゃんだったのは、
もう
28年も前のこと



息子が
婚約しました。


かわいい彼女が
新しく
我が家のメンバーになりました。

なんて嬉しいことでしょう!

053.gif

今までに味わったことのない
幸福感

日々
じわじわ…
感じています。



時代は、確実に刻々と流れている。

いろ〜んなことがありました。
いろんな時代を夢中で
過ごしてきました。

そして、
いつの間に
子どもたちはそれぞれ大人になって

ついこの前、
自分たちが歩いていたような時間を
今、
真剣に新鮮に前進しています。



彼らの 出逢いは?

なんと
17歳?!

美大受験の
全国公開模試会場だったようです。

たまたま廊下で
障害物をどかそうとしていた女の子を
手伝ってあげて…
ひとことふたこと会話したそうな


何年か経って
大学の文化祭で偶然
再会

…あ
あの時の、、、?!


でも、
お互い接点もなく
それぞれ違う大学生活をしていて

就職して

そして、また何年も経って


再会




不思議な巡り合わせが
行ったり来たり
すれ違ったり…


赤い糸 って、
あるんだね。



絶対 
あるんだよ!




恋愛だけじゃない
どこかで出会う
人と人とのご縁って

結び

何故だか 導かれるもの

ずっと前にどこかで
出会っていて そんな伏線に
ハッと気づく…

心が体より先に動く
心のアンテナ
感度よく持っていたいね。


今、話題の映画『君の名は。』
観たよ

息子の掴んだご縁と重なり
ものすごく どんぴしゃりだった。






c0243807_15480766.jpg


by erich50 | 2016-09-16 15:44 | ふと、思う… | Comments(0)

最近は…読書の秋

c0243807_07162267.jpg

次の仕事のために
蟻に関する本を読んでいたのだが、

テレビやネットで流され目に触れる
最近の数々の事件を知る度に、

この子は一体
どんな乳幼児時代を
過ごしていたのだろう…❔
と、事件を起こしてしまった人の
生い立ちが気になる…

そんな折、
待機児童のための保育施設を
がんがん増設させていく という
一見ありがたいような
いや、危なっかしい政策が
意気揚々と流される。


乳幼児の時期が、母子の生活が
何より大切‼︎

そう、いつも何度も発信しているが、
どう説明していけば、
何をどう示せば
納得できるだろうか?

考えあぐねて、
昔からの愛読書、加古先生の
赤ちゃんの脳や神経の成長の詳細が載っている本を読み返していた。


それから
最近の本で、
ズバリ的を射た本を発見!

事例の赤ちゃんの当時の様子を
思い浮かべると、
なんとも胸が苦しくなる…
泣けてしまう…

他にもリアルに実証できる本
あったな、、
あれこれ
次々、、読み出してしまった

そんな
秋深し…な、最近です。

by erich50 | 2016-09-13 19:27 | Comments(0)

距離感…

子どもは、
自分のいる社会の中で、
毎日の日常生活の
友達とのかかわりから、
人との距離感も習得している。


嬉しいことがあったり、
ワクワクとして何か夢中になると、
ついつい興奮した気持ちに押され
前へ出ます。

そう、
前へ迫り出してしまうものです。


幼稚園で、
こんなことがありました。

c0243807_14584821.jpg

「ねぇねぇ!
ほら、これ すごいだろ」

「なに? なに〜〜⁈」

「オレ、なつやすみに
めずらしい カミキリムシを
つかまえたんだ!
ほら、ここにのってる」

c0243807_14584841.jpg


「わー、すごいねー」
「ほんとだ」
「どれ〜? 見せて〜」

「それでね、そのカミキリムシはさぁ…」


c0243807_14584962.jpg

「わー、ほんとだぁ〜〜」
「見えないよー」
「どれよ、? え?なに?」

「カミキリムシはさぁ〜〜…」
「それ、どこにいたの?」

c0243807_14585012.jpg

「おまえ、ちかいんだよ!」

「ぁ、ごめん」

c0243807_14585018.jpg

「カミキリムシはさぁ、
おばあちゃんちの、うらやまに行った時なんだけどね…」

わいわい
ガヤガヤ ワイワイ〜〜


こんな光景は日常茶飯事です。
子ども同士は遠慮がありません、
ストレートに文句も言うし、言われるし
おかしいな?と思うこと
違和感感じたこと
まっすぐに 伝えあえる時代に、
しっかり 学んでおきたいことだね。

人と接する時の
コミュニケーション、マナー
距離感


社会人になっての、新人研修で
よく、
心理学的知見から考える
対面する人との距離の取り方なんて講習あるけど、
実際には
子どもの時代から日々
こんな風に身につけていくんだ…
と感じる
ひとコマでした。

by erich50 | 2016-09-06 14:15 | ふと、思う… | Comments(0)

昨日の言葉…

c0243807_11131987.jpg
昨日、

出来るはずの「一歩前進」を
なんだかんだと 日々流しながら
踏み出すことなく、
毎日
もったいない時間を過ごしてしまいがちな

自分、
そして多くの人を想定して

「なりたい自分になればいい」

と、発信しました。


驚いたことに、

同じ言葉を 題名にした
闘病中のフリーアナウンサーさんの
大反響のブログを
昨夕〜今朝、知りました。


自分への 鼓舞 を込めての言葉
だったのですが、
闘病中の方へかける言葉としては
厳しいものであります。

なので、
そうじゃなくって…
と、
少々 解説させていただきます。



人間って なんだかいつも
現状に不満を抱えて、
文句をブーたれる…ことが多い

時間がないから、 
できないんだよ
とか、
もっとお金があって余裕があれば、
とか、
もっと、自分に才能があれば、
家柄が良ければ、
容姿が良ければ、
とか、

際限なく 自分に無いものをあげては 
できない理由を探しては 納得して、
自分を慰めて、嘆いて
終わり。

そうじゃない?

はい、自分です。 f(^_^;)


とかく 人は
自分を認めてもらいたい
とか
評価してよ
とか、
常に、思ってしまうものです。


でも、
それって、
それだけの努力や頑張りを
本当にしているのか?っていうと

いや、そうじゃないかも…と、
心当たりのあることを
ごまかすとか目をつぶるとかして
過ごしていることが多々ある。

世に出て 成功されている方は、
やっぱり その見えない努力をものすごく
されてきている方なんだということでもある。



不満… 満たされない思い
それって
何に対して、何を不満に思うのか?


娘が思春期の反抗期の時、
訳も分からずイライラして
当たり散らしていた時、

「なんで自分はイライラするのか? 
何を嫌だと思うのか?
不快に思うのか?
紙に書き出してみなさい!」
と、言ったことがあった。

殴り書くように、
クソ、バカ、馬鹿、アホ、
うるさい! 
そんなのできるわけないじゃん!!

部活であったこと、
先生に言われた理不尽な言葉、
友達の態度、言葉、
試験勉強、挫折感、

時間が足りない、休みたい、
疲れた、お腹すいた、、

次々 不快な感情を吐き出し、
だんだん素直な感情になり、、、

「なんだか 書いただけなのに
ちょっとスッキリした。」
との弁


(余談ですが…
注:本来、こういう人目には決してさらさない
自分の手で心の声を紙に書くという
吐き出しの作業を、
ネット時代な今は、
簡単にキーボードに打ち込んでしまい、
多くの目に留まってしまう場所に
放り出してしまうから…
問題が大きくなってしまうんじゃないかな?)


紙に自分の心の内を書き出す作業だけで、
自分が、一体 
今、何に不満なのか?
どこが、嫌なのか?
が、見えてくる
そして、
じゃぁ、どうしたいのか?
が、わかってくる。


ここからです!

では、
それを改善するには、叶えるには
どうすれば良いと思うのか??

案外、みんな自分でしっかり把握している

「〇〇をすればいいのではないか?」

では、それをすぐにすればいいんじゃない?

と、
こうなる ↓

いや、時間がない…
面倒臭い、やってもきっと無理、
無駄なんだよ、、、

こういうローテーションなんだよね。
子どもも大人も、 多くの人間は。


いろんな周りの目とか反応とか、
いちいち気にしたって、
所詮 自分以外の外側の世界の話


自分は、どうしたいのか?
自分は、どうなりたいのか?


なりたい自分 
心地よい気分である自分
それに なればいい。
なれるように 方向転換、舵を仕切り直す。

そうしよう。
そうあろう。

それは、いつかではなく、
たった今から!




実はね
私の弟が、長く闘病をしていました。
姉と、家族と、辛い時代を過ごしました。

病気になってしまって、
いろんなことが制限される生活になってしまうと、
行きたかった場所へも行かれなくなり、
やりたかったこと、
いつかやろうと思っていたあれこれ、
できない境遇になってしまい、

言葉にこそ出しませんでしたが、
何でもっと早く〇〇しなかったんだろう
という後悔の項目が、
それはそれは沢山あったことだと思います。


自由に歩いて出かけることができる
やろうと思えば、手をつけることができる
思ったことを実行に移すことが
可能な世界に生きている

そんな 自由で素晴らしい時間を持っている
ということが、どんなに貴重なことか。




それが叶わなくなってしまった弟を前に
本当に痛いほど 感じていました。
いつも付き添っていた姉と二人、
お互いに、自分を奮い立たせていこう
と話す毎日でした。


無駄にしてはいけない
人生の時間を
決して後悔の数を増やすことに使っては
もったいない。 


だからこそ、
「なりたい自分」
に、なればいい。

悩むことなんて何もない。
なれる時に、
なれるようにそこへ向かえばいい。


「どんな自分?」
しっかり 
それはなんなのか?
と、理解して
その過程を楽しく過ごしていきましょう。





アナウンサー姉妹さんの
笑顔の回復、幸運を心より祈り
遠くから声援を送ります。





by erich50 | 2016-09-02 13:32 | ふと、思う… | Comments(0)

さぁ!9月ついたち!!


c0243807_12524575.jpg
台風が、夏を
連れ去っていく…

暑い、、
まだ暑いが、
今日から9月です。

新学期が始まりました。


今年も三分の2終わっちゃいました。
今年も、あと4ヶ月です。

早いです、
速いです〜〜!
時間の流れが


子どもには、
常にあれこれ
目標を掲げさせ
実行に移せ! しっかりやれ!
と、
大人は
偉そうに叱咤激励しますが、

さて
自分はどうでしょう…?


育ちゆく 子どもと違って
大人には、残された時間が
少ないんだよ、多くの実際は

だって!!
と、
あれこれ 出来ないことの言い訳を並べるより、
出来るにはどうしたらいいか?

子どもらに 一方的に諭す前に、
自分に当てはめてみよう。

もう、多くを過ごしてきた自分ら大人


「なりたい自分になればいい」


逆算して考えよう


そのためには、今
何をすべきか?!

ぁあ
時間がない!

さぁ、急いで 取り掛かろう!
まず、部屋を片付けねば!


今夜は、新月だそうだ。
なんだかパワーがあるそうだ。

さぁ、みんな 動き出そう!









by erich50 | 2016-09-01 13:21 | つぶやき | Comments(0)