<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏支度の日々

c0243807_13541389.jpg
これは、水遊びの始まる季節に向けて〜
牛乳パックを縦半分に切って
お船にした壁面装飾です。

子どもたちに、お船を作る工作遊びをすると
いい季節ですね!

実際に水に浮かべても、壁面を飾っても!

どうしたら、上手に浮くか?
素材はどうしたらいいのか?
日常の中から GOODな素材を見つけてきて
自分でトライしてみるのが一番! です。





さてさて、
夏がやってくるので〜〜

ひたすら、家庭の雑用に追われています。
梅雨の晴れ間は貴重〜!
布団を干したり、カバー類の洗濯
靴を干したり、水周りあちこちの
お掃除、お掃除…

お布団を夏仕様に変えて〜
今夜は気持ちよく眠れるぞ〜

食器も夏らしい器を手前に引っぱり出して〜
そうめんや夏野菜 簡単食もおいしく演出

今年は着ないなぁ…という衣類も
思い切って断捨離しよう〜


そんなこんなで す〜ぐ一日が終わっちゃう
家庭の主婦は
際限なく 忙しい。
ハウス キーピング ってめっちゃ大変!


さぁさぁ、
夏に向けて がんばりましょう〜!



by erich50 | 2016-06-26 14:54 | つぶやき | Comments(0)

お庭の手入れ

c0243807_15231246.jpg
一雨ごとに木々の芽が伸びて〜〜
緑が濡れて美しい季節…

いや、
一雨ごとに 雑草が、、、容赦なく伸び放題!

雨上がりには、大急ぎで雑草抜きをする今日この頃。

子どもたちが小さい時は、そんな面倒な作業も
「楽しい草むしり」イベントに!!


今週末は草むしりをするからね〜〜!
といって、植木やさんごっこよろしく
朝から作業着スタイルで、
一日植木屋さん作業をします。

10時のおやつに、大喜び!
お昼は仕上りを眺めながら、おにぎりランチ!
3時のおやつの後は、
草や切り落とした枝葉をまとめ
掃き掃除まで〜〜
せっせせっせと泥まみれで汗を流す

草の根っこの上手な抜き方
泥を落として捨てること、
何気ない作業も、こういうことをしなければ
全くさっぱり身に付きません。

雨上がりに草をむしるのは、
土がやわらかくなって根っこまで上手に抜きやすいからだよ。
夏に葉っぱが、おおい茂ってしまわない為に
今のうちに、しっかり剪定しておこう、、
そういう普通のこと、
体験しなくちゃ 知らないんだよね。


子ども時代の大切な体験は、
身の回りの暮らしに必要な作業こそ!実になります。

草のにおい、土の香り
緑の中の湿気
五官に感ずる体験はいろんなことを育てています。


国語算数理科社会の教科のお勉強…机上の学びより、
日常の生活の中から学べる方がずっと楽しいよね。


草木とのふれあいや格闘〜自然科学じゃん
そんな体験を誰かと共感して表現しあったりすることで、国語力!
枝をまとめたり、見積もる空間力は算数につながるし、
自分の家の庭から玄関から
隣近所に声かけたり、かけられたり…
これぞ、リアル 社会とのつながり!!

おぉ、すばらしき
草むしり!お庭のお手入れ


みんなで働いたあとは、
お風呂にじゃっぼ〜ん!

夕方の明るいうちにお風呂に入るのって、
なんだか温泉宿に来たみたいで楽しいね!

夜はくたくたでぐっすり気持ちよ〜く眠れるよ。



親子で楽しい草むしり庭の手入れイベント…
実は、私の子ども時代の話だな、、、
植木屋さんがたまに出入りした実家…
だからこそ 植木屋さんごっこをイメージできたんだよね。
母は上手に家族のイベントにしてくれていました。

私が、それを自分の家庭で再現しようとしたのだが、
うちの旦那、とても面倒くさがっていやがる…
(居酒屋さんごっこは率先して喜んでするんですが)
子ども時代に庭のある生活をしていないから苦手なんだよね、、
やっぱり、子ども時代って大切〜!





ここ最近、
草むしりで一日を終える…とか、
ほっぽらかしの規制の無い庭で枝葉を伸ばす野郎どもと
枝切りばさみとノコギリ対決!
そして、老犬の夏毛チェンジで
ブラシかけで丸一日、、、
などという重労働をしておりました。

子どもたちと父と一緒に庭掃除したっけなー
なんて思い出しながら〜〜
松の木、雑木をノコギリで切る!ことまで一人でやってましたが、
とうとう、手に負えない作業で
今日は植木屋さん出動してもらいました〜〜!
スッキリ快適になり ホッとしたところです。
(最初から植木屋さんに全部頼めばよかった…?!)


ブログ更新をなかなかしていなかったのですが、
多くの方が訪問して下さっていて 感謝です。
ありがとうございます。










by erich50 | 2016-06-23 19:19 | つぶやき | Comments(2)

雨の日は

c0243807_16181731.jpg
朝から雨が降っている…
そんな日は、なんか いろいろアキラメがつくっしょ?!

洗濯 お休み〜
出かけるの や〜めたっ!

家の中の 
溜め込んだ…  見て見ぬ振りしていた あれこれ
そうだ、それを片付けよう
なんてね。

ある意味 そういうことのできる貴重な日

そして、
そんな のんびりとした空気…
そういうのも、あんがい嬉しい家庭の暮し

一仕事 終わったら〜〜
ダラダラと〜
ゴロゴロと〜〜
くつろいでみましょう〜〜〜

我が家の子どもたち
こんな風に、私が寝そべっているとすかさず乗っかってきました。

ここが一番 ピッタリフィット!!
そう言って、見つけたのは〜 お尻を枕にした体勢

なるほどなるほど…
背中の曲線、足の太ももやふくらはぎのカーブ
なんだかいい密着度が生まれます。

子どもにとっては、
お母さんと体を密着させて、体から伝わる会話も体温も
なんだか嬉しく安らぐひととき

 のんびりぬくぬく…

いいじゃない? 雨の日のこんな日は
ゆっくり時間が流れていることも感じて休みましょう。

雨の日にあくせくと 「子どもの為にっ!!!!」って
無理して遊ばなくたっていいのですよ

お母さんとのんびり過ごす
これ、いっちばん 上等な育児! です。

お試しあれ


by erich50 | 2016-06-21 09:50 | 早未流 子育て論 | Comments(0)

手技の紫陽花

c0243807_17021184.jpg
いわゆる ありきたりな アジサイの花のクラフト工作は
もう 飽きた…
おりがみで作る 四角っぽいやつとか、
なんとも平面なやつとか、

だって、違うじゃない 本物は。。。

もっと、さぁ
こう、 こんもりとしてるじゃない?

子どもを 子どもだましに扱っちゃあ いかん


じゃぁ、どうしたらいいかなぁ…


あの、半球上の群生を再現しようじゃないの


ということで、
古来からありまする お花紙 でつくるふわふわのお花
あれでいきましょう〜!

c0243807_17471561.jpeg
4〜5枚 重ねて段々に折る


c0243807_17472701.jpeg
まん中を糸でしばる


c0243807_17473024.jpeg
お花紙の大きさが大きいのでカットする


c0243807_17473635.jpeg
4角をカットする


c0243807_17474054.jpeg
1枚ずつ ていねいにはがしていく


c0243807_17474369.jpeg
しっかり起こして
ふわっふわのお花にする



c0243807_17475607.jpeg
アジサイにもっとも近い色の色画用紙をチョイスする

*こういう時の色選びを 子どもにさせることで
大いなる豊かな色彩感覚が育つ!!


ちっさい おりがみとして
おる

c0243807_17480047.jpeg
半分におって、
また半分におる

c0243807_17480496.jpeg
まん中がつながるようにして
はさみで切る


c0243807_17480723.jpeg
まん中を 水平に ちょい重ね


c0243807_17481270.jpeg
タテにも重ねると〜

c0243807_17484391.jpeg
ほらね、 こんな立体的になる。


もっと、手技を使うと…




c0243807_17482620.jpeg
まん中を重ねたら〜



c0243807_17482962.jpeg
くるっと 一回転させる



c0243807_17483915.jpeg
すると、こんな風に
更に立体的になるんだ。


それを

c0243807_17484619.jpeg
さっきの ふわっふわの お花の上に
トッピングしてみて!

ボンドとかで貼ってね!


いろんな微妙な色の違う紙で構成させてみると
リアルになるよ
c0243807_17510462.jpg

家の近くで、街の中で、
アジサイの花を見かけたら

近くに寄って よ〜く観察してね。

そして、
雨の日にでも、
親子で楽しく作ってみてください。





*アジサイの花のように見えるのは、実は萼(ガク)です。
土の成分によって花の色が変わります。


by erich50 | 2016-06-16 18:23 | 季節の工作 | Comments(0)

フェルトで作るアジサイとカタツムリ mamalife

c0243807_23545109.jpg
保育室の壁面を飾る手芸工作です。

4枚の小さな四角を縫いとめたアジサイの花に、
カタツムリのひもをひっかけて飾ります。

カタツムリは、
裏面がシール接着になっているフェルト製で
貼り合わせています。
うずまきはマジックで描きます。
目は、動眼をつけました。

葉っぱは、葉脈を刺しゅう糸でステッチ

子どもたちが自由に
カタツムリを移動させて遊べるようにしました。


ずいぶん昔の 保育雑誌に掲載の作品です。

by erich50 | 2016-06-14 00:04 | 季節の工作 | Comments(0)

パック てるてる家族

c0243807_22472028.jpg
牛乳パックで作った
てるてる坊主の家族です。
(娘4歳の時の作品)

表と裏で顔の表情が違うところがとってもかわいい!



あしたは、どうしても雨が降ったら困るんだ…
子どもたちにはそんな大事な日があります。

運動会や遠足〜 そういう大きなイベントももちろんですが、
明日は、お砂場で今日の続きをやりたいんだ!!
という日常の中での 熱い想いの時だってあります。


天気予報はどういってるか?と、しつこくお母さんに聞いたり、
雲の様子をじっと見て…なんとかならないか?と、願をかけたり、

ねぇ ねぇ どうしたらいいの?!


昔から、天気のお願いは 
「あした てんきにしておくれ〜」と、
てるてる坊主にお願いするんだよ



布で手間をかけて作る かた〜い頭のてるてる坊主は、ずいぶん昔…
ティッシュで簡単に作っちゃう という人も多いよね。
でも、これ…
雨や湿気でドロドロの怖いてるてる坊主になっちゃうんだよ

そんな時には〜〜!

水にぬれても大丈夫な 身近な素材!
そう、
牛乳パックです。

素材の特製を知って応用するって
とっても賢いことです。


やってみてね!
c0243807_22504316.jpg

以前、童心社の月刊冊子「母のひろば」で
連載していた<親子で楽しむ工作遊び>の記事より






by erich50 | 2016-06-02 23:20 | ひらめき工作 | Comments(0)

うぐいす坊やの新流派

春を告げるうぐいすの声が、聞こえてたのは
3月頃だったかしら…?

それが、どうにもこうにも
へたっぴぃ な、鳴き方
c0243807_16195024.jpg
ほ〜 ほげっ… ひぃ〜 ふぎゅっ、、

一生懸命 練習しているんだなぁ
と、思うと愛らしく 
がんばれ がんばれ〜  と、聴いていました。

ホーホケキョ!

と、
そのうち 上手に鳴けるようになるんだよなぁ…

毎年、同じようなうぐいす坊やの成長を
楽しませてもらっていました
が、
今年はどうも様子が違う…


うちのまわりで鳴いてるうぐいす坊や

いつも

ホー ホケキキョ

と、鳴く…

いつになったら、マスターするのかな??と
思っていたら、
なんだか この鳴き方が定着していて
いっつも いっつも
ホー ホケキキョ!

あらまぁ ?!
そして、最近では
澄んだ大きな声で

ホー ホケキキョッ!

と、大得意になって鳴き放つ!!

笑っちゃうなぁ〜

そしたら…
なんだか 新しい他のうぐいす坊やが
それを必死にマネするようになってきて〜〜

ほー ほけききょ
ホー ホケキキョ

と、この辺一帯は
ホー ホケキキョの流派が生まれている。



なんだか、ハッとさせられた。


「違うよ! そんなの正統派じゃないよ」
なんて ものも

こうやって 後に続く仲間がやってくれば、
そこにはれっきとした
ホー ホケキキョ 流派が、あたりまえに確立されている。


うぐいす坊やに
「ぼくはコレが好きなの!!だから、コレでいくの」

まわりなんて関係ない。
自分の心地よいものを突き詰めよ
自分を信じて突き進め!

とでも、言われているようで
思わず、笑いが真面目な教訓に…

あっぱれ うぐいす坊や

c0243807_17072155.jpg

調べてみると、
このへたくそな鳴き方をするのは、
幼い鳥だけではなく、大人の鳥も春になって鳴き方を忘れてしまっていて
必死に練習して勘をつかんでいるんだという話…
「ぐぜり鳴き」というそうだ。

へぇ そうなんだ?!

若い鳥は、幼い頃に聞いた他の仲間の声を覚えておいて
次の年にそれを思い出しながらさえずる練習をするのだそうだ。

なるほど…
うぐいすの世界も
幼い時期の育ちが重要で、大切なんだな



by erich50 | 2016-06-01 17:17 | つぶやき | Comments(0)