<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハロウィン…って?!

 どうしたんでしょう? この日本 
ハロウィンハロウィン…って大騒ぎ!?

よく、大はしゃぎでおめでたく浮かれた状態のことを
「盆と正月がいっぺんにきた…」なんて表現がありますが、
まさに、そこんとこだけをとって 大フィーバーしているのが今のこの状態なのではないかしら?

仮装を楽しんで、かぼちゃを食べて、菓子をもらう 行事 ではないんだけどなー


c0243807_12394020.jpg
そもそも ハロウィンとは、
キリスト教の聖人を祭る11月1日の「万聖節」という祝日の前夜祭です。
(クリスマスイブのような感じかな? クリスマスはイエスキリストの誕生日)
c0243807_20284888.jpg



もともとは、古代ケルト人の収穫感謝のお祭りでした。
一年の作物の実りに感謝して、次の年の豊作を願う…
(日本の新嘗祭=11/23 のような感じかな?)
c0243807_20251427.jpg
(秋の収穫を祝う祭り)




古代ケルトでは、11月1日が新年で、10月31日が一年の終わりの日なのです。
(日本の大みそか だよね)
c0243807_20322007.jpg
そして、この
新年を前にしたこの日の夜に、先祖の霊が帰ってくる
(日本のお盆のようなこと)
c0243807_20302510.jpg
ただ、悪い霊や魔女も一緒にいっぱい あの世から出て来てしまうのです。
悪霊が来て作物を荒らしたり悪さをする…と信じられていて
悪霊を追い出す儀式 魔除けの火をたいたり、身を守る為に仮面をかぶったり仮装をしたのです。
霊に、連れて行かれることを逃れる為に
「私は人間ではありませんよ!」 ということで仮装するのですが、
この古い習わしが、アメリカなどに伝わると、
(ヨーロッパから移住した人々が、子どもの楽しめる行事にアレンジしていったと言われています)
子どものお祭り色が強くなって、にぎやかに騒いでご馳走を食べて収穫祭りを祝う
ということになったようです。

で、
どんどんエスカレートして、
逆に、オバケの方を驚かしちゃおう!なんてノリになったのでしょう。

子どもが仮装して、近所の家を回り
「Trick or Treat! おかしをくれないと いたずらするよ!」と言ってお菓子をもらいます。
家の人は「Happy Halloween! ハッピーハロウィン」と言って
お菓子を渡すことで神さまが食べてくれたことになるのだそうです。


カボチャ?
c0243807_20354707.jpg
あれは、ジャック・オー・ランタン と言います。
ジャックという飲んべえの荒くれ者が、あの世とこの世のどちらも行かれず、
ちょうちんに火を灯して(最初はカブだったらしい)
さまよっているのです。 
魂のシンボルと秋の収穫のかぼちゃが一緒になったんだね。


しかし、
よくよく考えてみると、万国共通に 人々の考えていることって
似たり寄ったり なのかな???

このハロウィンのように、「仮装して邪気を祓う」というのは、
すでに古い時代から日本でもあるようです。
そう、旧暦の新しい年 立春! その前の日が、節分です。
追儺祭 というのがあります。
c0243807_20370295.jpg

京都の花街には、仮装してお茶屋を回る「お化け」という行事が受け継がれているようです。
江戸時代から始まったようで、普段の日とは異なる格好をして災いから逃れる
厄よけの風習があったようです。
京都では、その日は一般の女性も日本髪の結い方を変えたりしたそうです。

節分で、鬼に豆を投げつけるのも厄払い。
邪気、邪鬼、鬼に変装して 豆まきっていうのも なんだか同じだよね

2月の最初の午の日に行われる 初午 っていうのも…
農作業を始めるこの日に田の神さまが山から下りて来て、秋に帰っていく〜
五穀豊穣を祈ってご馳走を振る舞って 子どもが集まってぴーひゃらどんどん
お団子食べて〜

しかし、日本の子どもたちは
お菓子をくれ!と大人を脅すこと無く、
神さまや大人たちのお手伝いをして、ご褒美としてのお菓子を頂く のであった。
鬼や悪霊がメインではなくて、やっぱ 神さま 信仰なんだね。

ハロウィンハロウィンと、盛り上がるのなら
今度は、お盆も節分も盛大に?! なるのかな?
頼んだぜ! 若者たち






by erich50 | 2015-10-30 20:42 | ふと、思う… | Comments(0)

創作 鳥

私のオリジナル工作
トイレットペーパーの芯を使った 鳥 です。

c0243807_11514922.jpg
この工作提案は、新刊の「季節と行事で壁をかざる立体工作」の本
4.5.6月の春の刊に、掲載されています。

この基本形に和紙などを貼って色をつけ、
モールで足をつけ、
羽根の付け方にも工夫をします。


子どもたちに作らせてみると、
思い思いの素晴らしい創作鳥を作ってくれます。

それが、これ
c0243807_12284981.jpg
浮世絵の中に飛ばした
春の『愛鳥週間』の壁かざり です。




身近な鳥 スズメを作ってみる…
普段何気なく見ている色合いも、
ただの茶色っぽいつまらない鳥ではないんですよね!
とっても素晴らしい配色と模様です!!
c0243807_12255781.jpg

これは、ロール芯のカーブを活かして羽根を切り取り、
飛んでる形にしました。


上から見ると
c0243807_12383939.jpg
図鑑などで調べて、模様を知ると感激します。
c0243807_12400637.jpg
目玉は丸シールを2つ組み合わせています。

(つくり方の詳細は、是非 本でご覧頂きたい!)




「スズメに糸をつけてお散歩させたい!」

そう、
そんな 子ども心をくすぐるのが、
あの
「だるまちゃんとてんぐちゃん」の絵本の最終ページです!

ということで、
ビニールコーティングされた太いワイヤーにとりつけた
すずめちゃんです!
c0243807_11541646.jpg
「かこさとしふるさと絵本館」では、
「だるまちゃんとてんぐちゃん」の立体仕掛け大型絵本を読んだ後に
(※仕掛け絵本の上演は、イベント時)
この「すずめちゃん工作」をスタッフの皆さんがして下さっています。
(ここでのすずめちゃんはワイヤーではなく、安全なストローにつけています)


そんな紹介が、
雑誌『コドモエ』10月号に掲載されています。
c0243807_12483389.jpg

様々な絵本館の紹介ページです。
c0243807_12485921.jpg
なんとも、小さな小さな文字の雑誌です、、、

拡大してみました
c0243807_12520538.jpeg

絵本館でも、いっぱい創作鳥が飛んでいるのかな?



かこさとしふるさと絵本館
http://www.city.echizen.lg.jp/office/090/050/kakosatosi/

季節と行事で壁をかざる立体工作





by erich50 | 2015-10-20 13:05 | お仕事 | Comments(0)

老犬のためのビッグベッド

またまた長寿の更新です。
17歳と1ヶ月を難なくクリア
c0243807_22222397.jpg


朝はりんご半分をすりおろし、バナナ半分をつぶし、
プレーンヨーグルトを大さじ2杯であえて 食する。

昼はふやかしたドライフードに粉チーズかけ

夜はささみほぐしすりつぶしにサツマイモやかぼちゃ又はじゃがいもと
細かくつぶしたニンジンやほうれん草に豆腐に豆乳に五穀米や玄米又はパンなどなどを混ぜて…
そりゃぁ〜 美味しそうにかぶりついております。

やせ細ってちっちゃくなっていたのに
ちょっと最近 太れたかな?重くなったよ。
足もしっかり太くなった。
しかし…
自分ではもう起き上がれない。

たくましいありあまる体力につきあって、
私が腰を曲げて支えながらの歩行…に、
空中自転車漕ぎ状態のバタ足が、唯一の運動です。
c0243807_22114394.jpg
そんな御犬さまの お休みになられる寝床がこれ
今や外に飛び出す心配もなくなったので、こういうビッグベッドで過ごしています。
おすわりも出来なくなってしまったので、
こうやって首をもたげてのせていられるので視界が広がって満足します。
まぁ、ほとんど見えていないのですが…皆の様子を感じられるようです。

ベビーベッドサイズかな?

どうやって作ったか
そう、
もちのろん ダンボール! です。


うちは、部屋の角のこんな場所にセットしました。
c0243807_22502189.jpg
ここは、いつも犬用クッションを置いて寝ていた場所です。


まず、
ダンボールで枠を作ります。
c0243807_22354286.jpg
こんな感じ。しっかりとした水2L×6入りの段ボール箱


足りない部分にもう1枚ダンボール片を組み合わせて四角の枠を完成させて
c0243807_22365273.jpg
底に、ダンボールを伸ばして敷く


冬に向かうので、冷えないように
新聞紙も敷いておこう…
c0243807_22371994.jpg
こんな感じ


さらに
いらなくなったざぶとん低反発クッションのスポンジを敷く
c0243807_22374700.jpg
足りない隙間には、新聞紙をまるめて埋める。



枠が倒れないように、中味の入った水のダンボールを置く
c0243807_22382605.jpg
こんな感じ


c0243807_23395744.jpg
この重りのために置いた水は、日常でちょいちょい使うので
時々メーカーによって、箱の組み合わせ方が変わります〜
これで土台が完成です。


そうそう、
大きさがちょうどいいので、あまった段ボール箱で、
ベッドサイドのオムツの収納ボックスも作りました。
c0243807_23525954.jpg
オムツと、シートです。
c0243807_23530460.jpg
ほら、上手い具合に納まるんですよ。


さてさて、
ドッグベッドの つづきは

キルティングの布地をかけて全体を包みます。
c0243807_22465452.jpg
ベビーグッズの仕事をしていた時に買ったキルティングが、
大量に残っていたもので…

c0243807_22470919.jpg
こうして布で包んでおくとダンボールの端でケガをすることもなく、
ツルツルの布地面なので、爪をひっかけたりこすってすれることもないです。


オムツをしているとはいえ、やはり漏れションは多々ある…
その度にこの大量の布地を洗うのは大変なので
防水シートを敷きます。
c0243807_23124515.jpg



その上に、
使い古したタオルケットを四つ折りにしてお布団代わりにセット
c0243807_23140771.jpg
バスタオルを折ってまくらに!
腰の部分には、更に また防水吸収シート

これで完成!

c0243807_22475374.jpg
こんな感じに納まります。

でも、
暴れると…

ズレてズレて 頭を角にこすりつけていきます。
c0243807_23184099.jpg
なので、頭がくるところに防御タオルをセット


ほら、
c0243807_22481079.jpg

こうしておけば、安心。


以前のように、ず〜っと暴れまくる時間はだいぶ減り、
穏やかに懇々と眠ってくれるようにもなりました。
まぁ、 昼夜逆転 も多いのですが。

このベッドに入れて ちょっと留守番させることもできる昨今です。

c0243807_23214246.jpg
老犬のための 手作りダンボールのビッグベッドでした。




17年前の今頃は…
こんなにかわいい ベビーチョコ でした。
c0243807_23221864.jpg
子供用のチェアに座り、路線図を指さしております。















by erich50 | 2015-10-20 00:00 | Comments(0)

長寿の姉妹犬

なかよし エルちゃんとチョコです。
c0243807_22323680.jpg

17年前の秋
母犬ノンちゃんの元から離れて、それぞれの家庭にやってきた
姉妹のシェルティー エルとチョコ

先月、無事に17さいになりました。

c0243807_22523351.jpeg
中学1年だった長女と、小学校からの仲良しのお友達が、
この姉妹犬を飼うことになりました。
なんて ラッキーでハッピーな!!

なので、
親元を離れてからも度々一緒に遊ぶことができました。

c0243807_23121320.jpg
潮風に吹かれる 地元湘南わんこ


子どもたちと一緒に いろんな幸せな時間を
いっぱい過ごしてきました。



最近では、
徘徊サークルも一緒にクルクル回って遊んだよ。
c0243807_23493164.jpg


これは、親犬のノンちゃんママ!
c0243807_23190336.jpg
左側がチョコです。
チョコ10歳の頃に再会しました。



c0243807_22365446.jpg
おばあちゃんになってしまったけれど、
いつまでも愛くるしい姉妹です。

また、遊べるといいね!







by erich50 | 2015-10-02 00:24 | うちのワンコ | Comments(0)