<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

絵本の著作って…

c0243807_15414876.jpg
1982年出版の まぼろしの絵本です。


c0243807_12270219.jpg
c0243807_12280293.jpg

c0243807_12285377.jpg
c0243807_12292401.jpg
c0243807_12304276.jpg
c0243807_12311091.jpg





c0243807_12314145.jpg

学生時代に挿し絵部門で応募した作品が入選し、
その後 製本出版化されました。
当時、幼稚園に勤めていたので、クラスの子どもたちや父兄が
多勢 購入して下さいました。

未熟な時代の貼り絵画で、入選したのはいいけれど
製本化にあたっては、ほとんどのページに直しが入って
幼稚園の仕事の後に、かなりの期間をかけて作り直した覚えが…
でも、
ただ自分勝手に作るものより、製本化という目標がある作業は
とにかく嬉しく誇らしく楽しい作業でした。

そして、
こういう賞に入選すれば
おのずと絵本作家になれる…と思っていました。

いやはや、世の中
そんな甘いもんじゃぁありません。でした。


最近、
Amazonの著者ページというところに
著書をきちんと登録しようと、あれこれ作業していたら…
思いがけず、このまぼろしの絵本が出て来たのです!!

これは嬉しい!と、
自分の著書として登録しようとしたら、、、

なんと
著者ページでは、イラストを著者として定義しておりません。
そのため、作品一覧へ追加することができません。」
と、連絡がありました。

そうなんだ…?!
他の方の著書に対しての「挿絵」であるものは
なるほど…そりゃそうか。と、理解できるのですが、
絵本も。 ですか…、、、


その昔、
絵本作家、画家の太田大八さんが、
「挿絵は画料による買い取りで、いくら改訂再版されても、
久に無断使用され続ける。
著者にはその都度、印税または使用料が支払われているのに、
画家の著作権はどうなっているんだ?!
画家に著作権がなけりゃこの世は闇だ」と、
「画家に市民権をー」という運動をされたと伺ったことがあります。
1960年代のことです。

太田さんによって、
画家の著作権が全面的に認められるようになる
礎が築かれたと言っても過言ではないでしょう。

と、思っていたのですが、
やはり まだあちこちで
そんな風潮が残されているんだなぁ、と変な実感。

太田大八さんの掲げた
著作権法制定の精神「創作物を尊重しなければ優れた文化は育たない」
に、深くうなづくのでありました。

そして、
そんなやっかいな問題に足をすくわれない
自分の創作作品を生み出さねばな、と。


*参考文献 『紙とエンピツ』 太田大八(2009BL出版)



by erich50 | 2015-09-19 12:49 | 著書 | Comments(0)

韓国版 『子どもと楽しむ遊びのヒント』

2009年に韓国で 出版された
『子どもと楽しむ遊びのヒント』です。

グーグル翻訳してみたら、題名は
『私の母は演劇ちゃん - 3〜6歳の子供のための漫画で見る遊び教科書』だって?!
c0243807_11551442.jpg
ここ日本で、2007年に飛鳥新社から出版されたのですが、
当時、韓国からのエージェントが出版社に来て、
即決でこの本を選んだ…と聞きました。

むこうで出版になる際に、表紙が変わったり、
イラストに手を加えられるのは当然で、
それでもOKか?というような承諾をしたことを覚えております。

そうそう、
あちらでは、赤っ!×黒!みたいな表紙に変えられて
日本の書籍が売られていましたから。

日本の子育て情報が役に立つのかな?
私の祖父母との話などもあって、昔の日本の子育てにも
興味や共感があるのかな?
なんて、不思議に思いました。

テレビでよく取り上げられるような情報は、
韓国の大学受験の大きな意味と、大変さと大騒ぎな状態…
こういう行く末に向かって
やはり子育て事情は、いずこも同じで
難しいご時世になっていたのですよね。


で、
たった2冊だけ完成本が送られて来ました。
なるほど、赤系の強い主張が入ってますね。


こちらは、日本でのもの ↓
c0243807_11555054.jpg


そして、日本での本は 右開きの本ですが、
韓国版は、左開きのために かなりのイラストが反転されてました。
イラストを描く者にとっては、反転されると
どうしてもなんか気持ち悪いのですが…

そして、
なんでここが、着彩されているのかなぁ?という
不思議な色付けがちょいちょいほどこされていて…
ぇえ、赤色で(笑;)
c0243807_15192757.jpg
c0243807_15374392.jpg

おばあちゃんのモンペ姿は、チマチョゴリに描き変えられていました。
c0243807_15374827.jpg


いや、なんでこの本を引っぱり出してきたかって…

Facebookに登録してからかなぁ
なんだか英文の迷惑メールが頻繁にくるようになってしまって、
たいていは、あなたのビジネスをサポートします。
よって、いつまでにいくらいくら〜
みたいな感じで、数字と$マークがついているので、
さっさと削除していたのですが、

ここ最近、やたらと真面目っぽく
あなたのプロフィールに興味を持ったとか、
是非、話がしたい 的な文章で、、、

つい最近のが、ソウルに住んでいます… で、
数字も$マークも無かったので、

もしかして 
この本を読んでくれた読者さんなのかな??
なんて思ってしまいまして…


娘と息子に相談したら、
… 一笑に付された。

最初の書き出しが
What is your name?」だったんです。
だよね?!!!
はい、すぐさまゴミ箱に入れました。
ぁぁ、危ない危ない
まるで、オレオレ詐欺に合いそこなった恥ずかしさ!

でも、その後、
末娘がネットで調べてくれたら、
まだ、韓国でも一応 流通しているみたい この本
で、結構いい評価受けてる って!!

あらまぁ! 嬉しいこと。
現地のちゃんとした読者さんからの感想が
聴いてみたいものです。


http://m.aladin.co.kr/m/mproduct.aspx?ItemId=3331672#cl_MyReview
c0243807_11552055.jpg








by erich50 | 2015-09-17 16:06 | 著書 | Comments(0)

『堀内誠一展』のご案内

シルバーウイーク ですって?!
いつからこんな大型なお休みができたんでしょうねぇ

ちょっと お出かけしたいなぁ
という方々にお知らせです。

長野県にある『八ヶ岳小さな絵本美術館』というところで、
伯父の展覧会が開催されます。

前期と後期で展示作品が入れ替えられるなど
何度でも足を運んで行きたくなる
見応えのある展示になっているようです。
c0243807_17382465.jpg
c0243807_17384446.jpg
「ぐるんぱのようちえん」生誕50周年ということで、
グッズも今までに無いものあって
わぁ! ほしい〜!


そして、こちらも!!
ぐるんぱクッキーです!
c0243807_18085835.jpg

お菓子アーティストの 和田まゆさん作
期間限定で、個数限定(手作りのため少数です)販売です!
ここでしか手に入りませんのんで
お見逃しなく〜!


詳細は、「八ヶ岳小さな絵本美術館」HPで!
http://www.ba-ba.net/企画展-1/



by erich50 | 2015-09-16 18:20 | Comments(0)

秋をみつける 秋を感じる

子ども時代に、無意識に感じていること
秋 って… こういうこと

そういうことに気付けるのは素晴らしいことなんだ。
c0243807_22303192.jpg


これは、2010年朝日新聞で連載していた
『親子で旬遊び』の9月号です。


子どもの時、理屈ではなく 見てきた 感じてきたこと。
微妙な感情を伴う体験の 積み重ね
そういうことが、感性を創っている…と、私は思う。


あれ〜?! なんでこんな空〜?
雲がおもしろいよ〜

そういえば、暑くてベタベタしなくなったなぁ 最近…

ねぇ、ねぇ、 
草の中から聞こえてくる虫の音が変わったよね?
なんの虫だろう?
どんな虫だろう?

トンボはさぁ、なんで棒の先っちょにとまるんだ?
目の前で指をクルクル回すと 
目を回してつかまえられる…って本当?

ススキの一番 背の高いやつをとるんだ!
これかな? あれかな?
よっしゃ、手で折ってみよっと!

あ!!
待って! 気をつけて!
ススキの葉っぱをさわると手が切れるよ!
よく見ると葉っぱのふちがギザギザになってるんだよ、
ほうちょう葉っぱって言うんだぜ!


そんな、子どもたちの会話が、
私の子ども時代も、
幼稚園に勤めていた時代にも 聞かれたのですが…

今は、どうなんだろう?
こんな風に季節とたわむれて遊んでいるのかなぁ?
子どもたち


屋内でしか遊べない、遊ぶ時間がない
遊びといえば、電子な遊び?
そんな状況だったら、あえて、大人が気付いてあげて欲しいなぁ


そう、
スーパーマーケットに行っても、秋を感じるんだよ?!
見てごらん? 店内のディスプレイを!!
とっても秋らしい装飾になってるでしょう?
どこが?どんな風に? なってるから そう思うの?
親子で色々 気がついてみよう!
いっぱい 会話してみよう
それって、楽しい遊びだよ。

子どもの記憶 を定着させよう
思い出してみよう〜! 夏休みのこと。
楽しかったこと 嬉しかったこと
一緒に体験したことを 話すだけでいいんだ。
共有する感情を持っているって素晴らしいこと!

そういう「感情の記憶の粒」をいっぱい持ってるってことは、
「おもしろい」こと につながっていくんだよ。







by erich50 | 2015-09-15 16:39 | お仕事 | Comments(0)

トンボ このゆびとまれ!

c0243807_11575166.jpg
暑いといっても、夏とは違う…
 さわやかな風が吹き渡るころ
赤とんぼが つーつー とんでいる

電線に、咲き終わったあさがおの支柱の先に、
ふっと とまる

昔、原っぱで 近所のお兄ちゃんが言ってた…
「トンボは、棒の先っぽみたいなところが好きなんだよ
だからね、ほら!」
そう言ったかと思うと、
本当にお兄ちゃんの指先にトンボがとまったんだ!!

それからというもの
トンボを見ると、思わず
黙ってじっとして…
天を指し、ひとさしゆびをたてる

それがね!
本当にとまるんですよ。

やってみて!


この作品は、2013夏/西洋館イベントの際のコラージュ作品です。

トンボの胴体は、赤い細ストロー
羽根は、セロファンに印刷されたバーコードです。
なんか、感触が似てるでしよ? セロファンて…!

ススキは、祝儀袋の水引を
ほぐして色を塗ってみました。

コスモスの茎や葉は、和菓子を梱包していた紙ヒモです。

背景の草むらや夕焼けは、雑誌のグラビア
写真部分を切り貼りしました。

女の子は、フェルト 髪は刺しゅう糸です。
お洋服はリボンです。

身近にある素材で、あれ?なんか似てる…って気付いて
自分のイメージを作りあげられると、
めちゃ嬉しいんだよね!!



by erich50 | 2015-09-14 12:39 | コラージュ | Comments(2)

秋の空を作る

この夏休みに、
プラスチックケースとストローで作る「トンボ」
を作って下さった子どもたちが
なんだか、多くいそうなので…
c0243807_12532773.jpg
新刊『季節と行事で壁をかざる立体工作』の本で、
提案した壁面装飾をご紹介致しましょう。

c0243807_12431234.jpg
大判のブルーのラシャ紙を土台にして
秋の空と景色を作って、そこに飛ばしました。


秋の空は、いろんな雲に出会えますね。
夏の入道雲とは違っていることに気付いてみましょう。

空の高さによって、できる雲がちがうんだよ!
今日の雲はどんなかな?

お母さんのお化粧用のコットンをちょっと拝借して、
お空の雲を再現してみよう!
(ちゃんとことわってからね!)

空に低くたれこめていた雨雲…
c0243807_12441051.jpg

それから、
台風〜!
c0243807_12441693.jpg

気象の情報が、あちこちから聞こえてくるし、
画像もいっぱい目にするよね。
興味の芽を大切に! 遊んでみてください。


9月の壁飾りは、
この号です
c0243807_12542082.jpeg








by erich50 | 2015-09-02 13:10 | 壁面装飾 | Comments(0)

季節が巡る…

c0243807_21125886.jpg
今日から9月
新学期も始まりましたね。

猛暑だった夏の始まりも、アッという間に
涼しい秋の入り口に〜!

お盆を過ぎた頃から、虫の音色が秋色に変わって…
なんだか不思議だなぁ 

晴れ間には、赤とんぼ(アキアカネ)をみつけたよ!
やっぱ、本当 秋になっているんだね…
あんなに暑かったのに
夏だったのに

こうやって、ずっとず〜っと昔から
季節が変わって巡っていく感覚を
当たり前のこととして、
無意識の記憶の中に取り込んでいるんだなぁ みんな


素晴らしいことだよなぁ


いや、待てよ
そういうことに気付かないでスマホだけを見て
過ごしてしまう人々も増えてしまっているよ、きっと。
c0243807_21514396.jpg


子どもたちには、
無意識の中で得る体感
そう、風情ってやつを 充分吸収していて欲しい
と、思うのであります。


c0243807_21540950.jpg


さて、
今年もあと4ヶ月ですよ。。。
もう、三分の二 終わっちゃったのね。
今年の始めに誓った目標の あれこれ、、、
いかがでしょうか???


世界陸上をちょいちょい観ていましたが、
最後に渾身の力で勝負をかける姿が、なんとも感動的で、
パワーのお裾分けを勝手に頂きました。

後半戦!
がんばっていきましょう〜!!



by erich50 | 2015-09-01 22:03 | ふと、思う… | Comments(0)