<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

幼い子どもとの暮し

 今日、とってもいい光景に出会いました。

お昼近くに、川沿いの遊歩道を犬の散歩で歩いていると…
遠くから、かわいい声が〜
  ふわふわっとした 空気にのせたような 歌声がきこえてきました。

〜♪”ねーねーもげんき〜 じぃじぃもげんき〜 マーマーはきれい〜 ♪

小さな男の子が、ベビーカーを押すお母さんと
5つくらい年上のお姉ちゃんと歩いていました。

ひとり言のようなハミングのような自然な歌がふっとわいて、
気持ち良さげに歌っていて、 

ハッと   みんなに聞かれてるのがわかって
照れくさくなって、 
 おねえちゃんに飛びついて顔を埋めてました。

それを お母さんが 「なぁにぃ〜?いい歌ね」
おねえちゃんが 「はずかしくなっちゃったの?」と弟をだっこして
そしておかあさんに「この前も 歌作って歌ってたんだよ〜! そのときはね〜」
と、その曲を再現して歌ってくれていました。
(前出の歌詞はたぶんこのお姉ちゃんの再現の時の歌)

  なんと、のどかな おだやかな 幸せな風景。。。

そして、とっても不思議だったのは…
このうた、うちの子も うたってた!!!

言葉を覚えた小さな子どもが、気持ちにのせて
 日本語のイントネーションでふわふわうたう 鼻歌のような心の声のうた

なんてステキな瞬間でしょう!

そして、我が子達も同じように 人に聞かれていることがわかると
恥ずかしそうにしてやめてしまったり、
また、得意になってうたってくれたりもした。

とってもしあわせな時代

幼い子どもと暮らすって、こんなにキラキラと輝くようなステキな時間をいただける!


朝早く、まだ充分でない子どもの眠りをさえぎって、
  あわただしく朝食を食べさせ  急いで児童施設に送り届け
どっぷり日が暮れて真っ暗になってから、疲れた子どもを疲れた自分が
やっと迎えに行って
バタバタと追われるように家に帰る生活をしていたら…


こんな穏やかな、小さな子どもの発する 天使のうたごえを聞くこともできない。
たとえうたっていても、気がつかずに過ごしてしまう…んじゃないか、、、?


 子どもを預けることが子どもの幸せとは限らない。


いっつも大勢の集団の中で、わさわさ過ごしているより
こんな風にのんびりママときょうだいとふれあう時間こそが、
一番大切。これこそが、幼い子どもに 与えるべき生活。

今、子どもの傍らで生活しているママ!
「待機児童」って この変な言葉 やめましょうよ。 なんなんこれ?!

どんな理由があっても、望んでいない状況だったとしても、

今、幼い子どもと一緒に生活しているママ!

 今、ものすごい宝物の時代! えっらい幸せな体験 できるんだよ!

   そういう素晴らしい時間を神様がプレゼントしてくれたんだ!

そう考えて、視点を変えて  かわいい我が子を見てみてね!
 この子を誰よりも愛してかわいいと思ってるのはママ! (ぱぱ もね)

だから、自信もって!  幼い子どもとの暮しをおおいに楽しんで満喫して下さい。

c0243807_18515240.jpg

by erich50 | 2013-02-25 18:55 | ふと、思う… | Comments(3)

待機児童問題

c0243807_172655.jpg


  幼い子どもと暮らす生活は、なんともいえぬ 幸福の時代なんです。
奇跡のようにありがたく、この世に生を受けた子どもなんです。

そんな素晴らしい我が子と一緒に生活出来るって、なんてなんて幸せなことか!!
そして、子どもが子どもでいてくれる期間はとても短い。

幼児期のこの貴重で希少な大切な時代、お母さんと一緒に楽しく愉快に過ごして欲しい。

女性の仕事も大事、、、 でも、これから育ちゆく小さな人間にとって
この幼児期の生活がどれだけ大切な期間か?!
二度と戻っては来ないこの大切な時代、どうか大事にして欲しい。
 子どもにとっても、お母さんにとっても、
  一番大切にしなくてはいけない期間だと私は思っています。


私も、出産後仕事をやめて、働くことなど出来ず、
 ましてや子どもを預けるなどという金銭的余裕もなく、
一文無しの専業主婦で、もんもんとした時代を通して子育てをしてきました。

それでも、
子どもと過ごす生活は面白かったし、楽しかったし、愉快なことがいっぱいだった。

毎日、目に見えて成長していく子どもを感じることは幸せな実感だったと思う。

 今、この時、この瞬間! 

絶対忘れたくない。自分の脳裏に体に焼き付けておきたい。
そんな風に感じていた。

  今、出来得ないことを悔やむより、今しか出来ないことを楽しもう!

そう思ったら、いろんなことが面白くなってくる。

子どもって、何を嬉しいと感じるの?
何をおもしろいって思うの?
どうすると 笑う? 驚く? 喜ぶ?
そんなことを毎日毎日観察しながら、いっそ自分も一緒に遊んじゃえっ!!って、
楽しいことををさがしては毎日暮らして来ました。


結果、 そういう親子の暮しは
子どもの成長にとって、とってもいい刺激、教育になっていたようなんです。
自分にとっても、
こうやって、子どもを知ること、主婦として生活を回すこと、
母として女性として社会に関わることは、
その先の人生への研修期間だったんだ!と悟りました。
どんな仕事においても言えることだと感じます。

女性にとっての「仕事」は、
 本当に難しい…

でも、一番大切なのは 大事な愛しい我が子を育てること
そして、それは 素晴らしいこと。

それを自ら放り出さないで。
自分で育児する。一生懸命子どもを育てる。
それをしてきた女性は、怖いものはない。絶対に強くなれる。


子どもを産んだ女性が、どう子どもと関わってきたかが、この先の人生を大きく変えていきます。

だから、焦らないで

子どもを預けることに躍起にならないで…

そんなことを悩んでいる、足踏みしている間にも
子どもは日々どんどん成長しているんです。どんどん大きくなっっていっちゃうんです。
行政の立ちあがりを待っている暇は無いのです。
人に頼んであてにしても仕方がないのです。


自分の大切な子、自分の愛する子、
自分で楽しんで育てようよ。


家庭の事情はそれぞれです。
子どもを預けて働くことの是非ではない。

でも、不思議なのは…
保育料ってめちゃ高いでしょ?
保育料を払う為に長時間子どもを預けて、ぼろぼろになりながら必死に働くより、
普通の穏やかな家庭の暮しの中で、上手に節約しながら生活してく方が
お金はかからないし、健康的だと思うのです。(自分はそう思ってやってきました)


今の世の中、子どもを出産しても3割の女性しか預けて働くことができない…
あら?!
じゃぁ、7割の女性は 今、自宅で子どもの傍らにいるのね?!!!

  なんて素晴らしい!

幼い子どもの傍らにいるお母さん、この素晴らしい時代を
どうかおおいに満喫して楽しんで幸せを創って吸収していきましょう!


そんなお手伝いが出来たら… と、思っています。


少しずつですが、このブログを 家庭で子育てしているお母さんの応援になるように
軌道修正させていきます。
家庭で出来る簡単な 子どもの喜ぶ生活遊びのご紹介を致します。

今は絶版になってしまいましたが、
飛鳥新社から出版した『子どもと楽しむ「遊び」のヒント』の内容を網羅して
加筆して、進化させ拡大してご紹介していこうと思います。

子育て中のママを応援します!

by erich50 | 2013-02-23 01:16 | ふと、思う… | Comments(0)

2013年 年賀状

c0243807_0182392.jpg


昨年の家族のビッグニュースをコラージュにしました。

「邁進」とは、脇目も振らずに一心に目標に向かって突き進むこと。
昨年の「前進」の続きです。。。
    ↑ プロフィールの画像ね!(これも布や糸、紙のコラージュです)


これ、お正月にアップしてたつもりでしたが、気がついたら消えてしまっていた…
   (多分、送信し忘れてたんだな?)

ま、春節 旧暦の新年!ってことで! ご挨拶申し上げます。

 みなさま、よいことがいっぱいあふれる年となりますように!

by erich50 | 2013-02-07 00:41 | イラスト | Comments(0)

節分 鬼のお面

節分 今日からが本当の新年ですね。
豆をまいて厄を祓い、新しい希望に向かって突き進みましょう!


さて、鬼のお面 3種類をご紹介。

c0243807_14303689.jpg



しっかりとした手提げ紙袋 青と
 小ぶりの赤 で、かぶりお面 です。

のぞき穴は、大きめの紙袋では、口部分を
小さめの場合は、目の部分をくり抜いて作ります。

髪は毛糸、または色画用紙を細く切ってエンピツの側面に絡ませてカールにします。
角はトイレットペーパーの芯にキラキラテープを巻き付けて貼りました。

手前左下は、紙皿を切り取って
アイマスク式のお面です。切り取った部分で角を作って取付けます。
両サイドに穴を開けてゴムを通し、耳にかけて装着させます。

さぁ、今から作って間に合うかな?

今宵、「おには〜そと! ふくわ〜うち!」の
かけ声が、夜空にこだましていることを楽しみにしています。

by erich50 | 2013-02-03 14:41 | 季節の工作 | Comments(0)