<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

タオルで作るぬいぐるみ その2

同じ型紙で作るシリーズです。

c0243807_23363411.jpg

ぞうさん


c0243807_23374624.jpg

ぶたさん


c0243807_23384079.jpg

かえるくん


c0243807_2344229.jpg

らいお〜ん


c0243807_23445960.jpg

あひるさん…ママ


c0243807_23455991.jpg

羽の下にはあかちゃん!



 ほらね、み〜んな同じ形で できています。

これは、ずっと昔 
  『ベビーエイジ』という赤ちゃん雑誌で発表していたものです。

by erich50 | 2012-09-18 23:50 | 手芸 | Comments(0)

タオルで作るぬいぐるみ

家にあるハンドタオルなどで、簡単に作る赤ちゃんおもちゃのぬいぐるみです。
同じ型紙で作るのがポイント! & タオルの残った部分を中に詰めてしまいます。

c0243807_22441912.jpg


 ねこ・うさぎ・さかな の3種です。

この記事は、結構むかし…学研の「のびのびひろば」に掲載したものです。

このブログでは「手芸」のページの閲覧が多いみたいなので…

by erich50 | 2012-09-16 22:51 | 手芸 | Comments(0)

残暑厳しき秋の風景〜

c0243807_22303192.jpg


これは、2010.9月号、朝日新聞「神奈川版」の
『親子で旬遊び』 という連載です。

広告の関係で、カラーかモノクロになるかは直前までわからない…というので、
毎回、カラーと白黒で2種類描いていました。
掲載された記事は ↓ モノクロです。
c0243807_22383279.jpg


ちょっと小さいかな…

子どもが、子ども時代を、子どもらしい生活で過ごして欲しい
そう、しみじみ思っています。

まだ残暑の毎日、
  真っ赤な顔で登下校している小学生をみると、
               なんだか嬉しくなります。

by erich50 | 2012-09-15 22:54 | イラスト | Comments(0)

キラキラ花火 ワークショップ

夏の「絵本フェスティバル」 横浜山手西洋館「外交官の家」で行った
「キラキラ花火」ワークショップ では、
子どもたちが、花火を完成させると、仕掛け紙芝居のろうそくの所に集まってきました。

 つくかな…? なかなかつかないなぁ… のぞきこんじゃダメだよ、 じ〜っと待っててね…
c0243807_238617.jpg


あ! ついた!!
c0243807_2392840.jpg


わ〜い! キラキラ花火〜!! くまちゃんも おおよろこび!!
c0243807_23103859.jpg


とっても上手に作ってました。
夏休みの間、いっぱい遊んでいたかな?
 
三日間、毎日ワークショップに来てくれた子どもたち(お母さん)がいて、
本当に感激でした。 ありがとう。 

今度は、冬バージョンの何か楽しい「遊べるおもちゃ」を考えておくね!
また、会えるといいな。

by erich50 | 2012-09-11 23:16 | お仕事 | Comments(0)

夏の保育研修 in sasebo

だいぶ遅くなりましたが、8月に長崎県佐世保で行った
保育研修会の様子です。
総勢192名の参加だったようです。
みなさん暑い中どうもありがとうございました。

演題は
 『子どもの感性で遊ぼう! 楽しい工作遊びの極意とは…?!』

c0243807_21171898.jpg

大きな体育館で、講演と工作実習でした。
前の時間に、体育遊びの講座があったので、ちょっと疲れ気味だったのではないかな?
c0243807_21214038.jpg

心配だったのですが…

工作の導入に創作した紙芝居を始めると… みんな目がキラキラしてきました。
c0243807_2124722.jpg


キラキラ花火を作って実演〜! の先生たちです。
効果音はそれぞれ 「しゅわしゅわしゅわ〜!!」 なんて
 自分でリアルになるように言います。
c0243807_2129598.jpg


横浜山手での「絵本フェスティバル」で、3日間やった「子どもワークショップ」の工作を
一気に3つ工作実習しました。

さすが、保育士さん!
みなさん手際がよくスムーズに次々完成させていました。

更に自分なりにアレンジもして、遊びの広がりを感じさせる展開もしていて…!!
感激でした。


講演の前後、最中と、常に
「お手伝いしましょうか」と、すぐに駆け寄ってきて下さって、
立ち回りの迅速さにも感動しました。

佐世保の保育士さんの質の高さを感じました。

新学期が始まって、きっとみなさん
元気に子どもたちと一緒に駆け回っているんだろうなぁ〜

行事の多い秋、まだまだ残暑厳しいけれど
どうぞ楽しく頑張って下さい。

by erich50 | 2012-09-10 21:46 | お仕事 | Comments(0)

子どもとたわむれて…

 「こどものための造形作家」として、お仕事や活動をしておりますが、
その前に、何より、 私は子どもたちの 「お母さん」 であります。

 どうすれば子どもが笑うかな? どうやったら喜ぶかな? どうしたら楽しいかな?
そんなことだけを考えて暮らしてきました。

小さな赤ちゃんが、何かを見て笑った… ?! その先にあるのもは何だ?
  何を見て笑ったんだ? どうすると面白いの? 嬉しいの?
小さな子どもが夢中になっている… ?! なんでそんなに集中してるの?
 それって面白いの? 楽しいの?

もう一回やっても笑うかな? じゃぁ、これも笑う? じゃぁ、こっちはどう?
 
 そんな風に、子どもとたわむれながら 観察しては感動して 遊んできました。
いや、生活してきました。 そう、生活の中心は全て「子ども」でした。

いつしか、そこからこぼれ出たアイディアでお仕事をするようになり…
それもまた、とっても楽しい日々でした。

観察の対象としての子どもたち、実験台としての子どもたち…
やがて、助っ人になったり、ダメ出し担当になったり、いろんな形で関わってくれてきました。

そう、こんな感じで ↓

c0243807_020143.jpg


今思うと、懐かしい思い出に変わってしまっていることに気がつきます。
小さい子どもとの生活は、それはそれは疲れるし大変な毎日です。
でも、それ以上に楽しく暖かく愉快な空間でした。
過ぎ去ってしまうと、あの時代こそ、親にとって最高の時代だったと確信できます。

今、渦中にいる子育てママたちに なんとか上手に伝えられたらなぁ とつくづく思います。



だいぶ更新が遅れてしまいました。
 とにかく、忙しい夏でした…
横浜の山手西洋館での「絵本フェスティバル」から始まり、佐世保での「保育士研修」…
今回、私の仕事に付き合ってくれた長女が、8月末日にドイツに旅立っていきました。
フィアンセが迎えにきて行っちゃいました。
いつも製作を手伝ってくれた長男も、今月末には一人暮らしを始めるようです。

なんだかバタバタしていて感慨に浸る間もないのですが、
 つくづく、 私の「子育て時代」は完全に終わったんだなぁ〜 と、 しみじみします。


9月に入って、まだまだ残暑な日々ですが、
気持ちを切り替えて仕切り直していきたいと思います。

 さぁて、やっと始まる「私の時代!」 
               どうしよっかなぁ〜   ワクワクさせます。

by erich50 | 2012-09-09 00:26 | ふと、思う… | Comments(0)