<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

再び 佐世保へ

「佐世保私立幼稚園協会」の夏季研修会で、講演+工作講座に行って参りました。

5月に行った「幼児教育センター」での受講者さんからのリクエストで、
再び佐世保での講演が実現しました。 (;▽;)

国内線の飛行機に乗ると、私はずっと、窓に張り付いて下界を見入ってしまいます。
羽田からぐぃ〜んと斜めの大地を感じて、都会のキラキラした街の上空を見ると、
こんな小さい場所で何万人もの人が毎日、泣いたり笑ったり一生懸命生活しているんだ…と
しみじみしてしまいます。
c0243807_22352420.jpg


そして、我が街 湘南上空で江の島を見つけた時 大感激でした!
c0243807_2237359.jpg


点々のような小さな小さな家々にそれぞれの生活がある…
この町並みで、この川沿いで、 必死に生きている自分たち 人間…
なんだか けなげで、切なく、愛しくなってしまいます。

そう、こうやって上から見てみると、今まで自分の抱えた悩みなんて
ちっぽけなことに思える。。。


緑の山と青い海、美しい島々〜 九州 長崎空港に着陸〜

そこから佐世保に向かう海岸線の道は…
c0243807_2252591.jpg

絵本「だいちゃんとうみ」の風景そのものなんです。 か、感激、、、
今回は絵本を持ってバスに乗り込みました。
c0243807_0515524.jpg

絵本「だいちゃんとうみ」は、太田大八さんの子ども時代が描かれた
素晴らしい作品です。裏表紙に絵本に登場した場所が地図になっているのです…
ぁ〜、どこがどこだぁ? 
c0243807_2341858.jpg

c0243807_22571461.jpg

走っているバスの窓からは、景色がなかなか一致しませんが、
雰囲気はすっかり満喫でした!


佐世保での講演・講座の様子はまた追って掲載します〜

by erich50 | 2012-08-25 23:06 | ふと、思う… | Comments(0)

夏休みの生活 ビニールプール

子どもの夏休みは、長いようでアッという間…。
お母さんになると、それはそれは疲れる毎日なのですが、
子どもにとっては嬉しい嬉しい期間です。

子どもたちがまだ子どもだった頃… 夏休みの日課といえば〜

近所のラジオ体操に行きます。
朝早くの体操は案外気持ちいい!なんてまじめな母親時代もありました。
そして、
上の二人が一緒に出かけてくれた時代は良かったのですが、(かあさんは家で寝て待つ)
一番下のチビが一緒に行きたがるようになると、しょうがない…一緒に体操、、、

夏休みになったとたん、なんでこんなに早起きな生活を強いられるんじゃい、、、
と、お母さんは朝一番に、ビニールプールに水をはります。

朝ご飯はコーンフレークを自分で作って食べるなどなど (かあさん二度寝タイム)

洗濯物を干す頃、だんだんプールの水温が上がってきます。。。
でも、まだまだ…
朝のうちに宿題1ページ! やりなさい〜っ!

それから、プールに浸かってもらいます。

c0243807_1173194.jpg

あ、これは、暑中見舞い用に描いたもの。葉書サイズです。


暑くっても元気ありあまる子どもたち…
水につけ、風に当て、お腹を満たし、また水につけて、
扇風機や木々の間を通り抜けるそよ風を受け
午後の静かな時間… それぞれ自分好みのことをします。
小さい子には、お昼寝してもらう。(かあさんは堂々とお昼寝タイム)

それから、最終ラウンドが始まります。
夕方は諦めてお散歩でもして、夕日をあがめ
夕飯を分担して手伝わせながら 食らいます。
蚊取り線香、風呂洗い、布団敷き、洗濯物たたみ…
時代が変わっても、それなりに夕刻の子どもの仕事は色々あります。

そんなこんなで、一日が終了〜 で、
またまた始まるローテーション… そんな夏休みは

 案外貴重で大切な時代

子どもが子どもでいてくれる時間なんて、案外短いのです。
幼稚園、小学校 合わせて たった8回、9回しかない…。

こういう、「子どもが子どもの時代にどんな生活を送ってきたか?!」が、
大人になって、とっても重みを増すんです。
大人になってから子ども時代をやり直すことは出来ない

子どもは、 子どもの時代に 子どもらしく生活していく 

 ことが、

  いっちばんいいこと!

by erich50 | 2012-08-10 11:44 | イラスト | Comments(0)

くまちゃんの七変化

保育の現場で活躍してくれる小道具
 「くまちゃんの七変化」を操作しているところです。
c0243807_220151.jpg


今回は、ワークショップの中で 
紙芝居の前後と工作の後の最終挨拶に登場しました。

裏でひもを引いて、くまちゃんの手を上下に動かします。
顔はいろんな表情が何枚もあって耳のリングで束ねてあります。
アドリブで顔に合わせて話します。

これは、
2月の辻堂公民館での保育ボランティア講座と、
5月の長崎県佐世保幼児教育センターの保育士講座でも制作しました。
保育士さんなら、毎日の子どもに向けてのお話があるので、
その際に活躍してくれるはずです。
「参観日に披露しました!」という報告も届いています。 
                      やったー!嬉しいな。

そうそう、
私はいつも講演講座の時に、自作の衣装を着ます。

これはユニクロのTシャツにボタンとリボンを縫いつけて装飾した
オリジナルです。
(スリッパ姿でちょっと格好悪いが悪しからず、、、)

by erich50 | 2012-08-05 22:01 | お仕事 | Comments(0)