カテゴリ:イラスト( 20 )

現場には、常に新しい物語が

物語を読んだ子どもたち
その場面を再現しようと手分けして動き出した。

その様子 こそが、
また 新しい物語になっている。

c0243807_19025570.jpg

『ロボットカミイ』を自分たちも作ってみよう!
と、張り切って材料を集め
どうやったら同じものができるのかを
あれこれ話し合う。

みんなビックリするほど ちゃんと覚えているんだよね!
そして、また読み直して確認するところなんかスゴイよ。

「涙のもと」になるビー玉をどれにするか?という時も、
ビー玉の模様や色、大きさなど 
細かな不明点について、みんなで考え込みます。
本のお話の中では一体どんなものを使ったのか?
白熱した論議が展開されるのです。

そして、本に記述されていることにこだわってはいるものの
なかなか思うようにいきません。
子どもたちは、それなりの妥協点をみつけては
臨機応変に楽しんで作っていきます。

そんな現場での 子どもたちのイキイキとした様子

園を退職してから
夢中で絵にしていた時期がありました。。。

こういう実際にあった話こそ
「物語」に最適やんか?!
と、思いながら。






by erich50 | 2016-01-14 18:34 | イラスト | Comments(0)

申年の年賀状 「湧かせます!」

c0243807_18270559.jpg
1992年 申年の年賀状です。

24年前… まだ四人家族の時代です。


年賀状には、毎年とても力を入れておりました。

幼稚園の教え子ちゃんたち全員に必ず出していました。
幼い時代の記憶をつなぎ止めておいて欲しくって…
そして、ずっと大人になってもつながっていられるように!と。
毎年、それぞれの子どもたちを思い出して書いていました。

結婚してからは家族勢揃いで何かを演じたものや
近況報告など色々マメに描いてました。

自分の子どもが増えると、交友関係も広がって、
仕事先での名刺交換も増えいき〜と 
年々送る枚数も増えて
400枚以上書いていた時代もありました。

が、

ここ近年 
年末年始に、もっのすごい量の仕事を抱えていることが続き
年賀状を断念せざるを得ない事態になって
さらに
身内が病気だったり、喪中だったり、、
が、続いて

年末にバタバタ年賀状書きをしない生活をしました。


今年は、どうしようかなぁ と悩みましたが、
年々 親しい方々からの喪中葉書も多くなり…

ここいらで、ちょっと風習を変えてみてもいいんじゃないか?
新年のご挨拶ではなくって、

桜咲く春あたりに、
近況報告を兼ねた葉書を書くってどうだろう?
なんて思って
年末に年賀状書きに追われない生活をとってみました。

なんてゆったり穏やかに過ごせる年末か、、、!!

なので、

年賀状を下さったみなさま この場を借りて
ごめんなさい。

00000010_1322340.jpg






by erich50 | 2016-01-03 19:05 | イラスト | Comments(0)

悲しい歴史

c0243807_18051561.jpg

暑い 夏の朝

惨い 現実がありました。

黙祷


by erich50 | 2015-08-06 18:09 | イラスト | Comments(0)

セミのぬけがら みいつけた!

c0243807_14215447.jpeg
自然の少ない都会でも、せみのぬけがらには
出会えるよね。

お母さんは、虫嫌いが多いかもしれないけれど、
最近では、かわいいタレントさんが、
昆虫大好き!なんて言ってくれてるし、
せっかくの 子どもの興味の芽を摘み取らないで、
一緒に楽しんでみて下さい〜!!

ぬけがらを いっぱい 服にくっつけて
ぬけがらバッチ をしている図です。


セミのぬけがらを見ると、
なんだか … 怪獣みたい! と思う。
何気なく 現代を生きているが、
実は古代からの生物って 
今も つながって生きてるじゃん…と。

暑い最近、ひょろひょろっと飛び出してくる
きれいなトカゲを見ると、

これ、絶対 ちっこい 恐竜や
と、思うし、

カメや大きなダチョウやキリンだって、
まさに 恐竜じゃん、、と感じる。

子どもと一緒に、動物園や水族館に行くと
いっつも そんな不思議な感覚で感動をしていた。

子どものために、、、と
疲れ果てるのではなく、
付きそう大人も一緒に
おおいに楽しんでみて下さい〜!!


あ、このイラストは
今、連載中の 幼児通信教材 某B社で掲載のものです。


う…
今、カンカン照りのこのクソ暑い中、、
クリスマスの原稿を書いている…


by erich50 | 2015-08-04 14:54 | イラスト | Comments(0)

入学おめでとう

c0243807_18252145.jpg
今日は、入学式後の親子連れの幸せなシーンにいっぱい出会いました。
とくに、川べりの桜並木で、
ランドセルを背負った我が子を撮影している家族

ひらひらと花びらの舞う中
ほんわか、幸せのおすそ分け頂きました。

一番輝いている時代だよなぁ〜
なんて、なつかしく思い出されました。


このイラストは
朝日新聞(神奈川版)2010年度に
連載していた『親子で旬遊び』です。
c0243807_18293234.jpg
c0243807_18303491.jpg




by erich50 | 2015-04-06 19:10 | イラスト | Comments(0)

ひつじ年の 年賀状その2

12年前
2003年の
ひつじ年 です。
c0243807_21010549.jpg
この時期
長女は高校生、バスケ部でディズニー大好きで、
長男は、高校受験の頃
末娘は小学4年生 10歳になる年でした。

にぎやかな時代でした。


by erich50 | 2015-01-03 21:08 | イラスト | Comments(0)

ひつじ年の 年賀状

24年前
1991年の 
ひつじ年 です。

c0243807_23325556.jpg

当時の願望… ?
いや、目標だったと思います。

その他大勢で 満足してちゃ 
いかん… 

と。

今でも変わらずの 目標であります。



by erich50 | 2015-01-02 23:37 | イラスト | Comments(0)

冬至 

今日は「冬至」です。

昔っから、
なんでも、こじつけてはお祭りごとのように
楽しい行事にしてしまう日本人…

この時期は寒いから〜風邪予防に〜!!
ゆず湯に入って、体をあたため
緑黄色野菜のカボチャを食べて、栄養つけて。。。
c0243807_21391003.jpeg
どうです? 皆さんもやってみましたか?

今日は朝から テレビでも、ゆず湯の映像が絶え間なく流れていました〜


これってさ、
江戸時代末期に始まった習慣だそうです。
銭湯が客寄せで湯船にゆずを浮かべたことが始まり。

「冬至」と「湯治」
「ゆず」と「融通」がきく  と、掛けて
ダジャレで宣伝して人気になったとか、、、

そして、実際
ゆずの皮には、湯冷めや肌荒れを防ぐ効果があるんだって?!

すごいね。やるね、 にっぽんじん!
やられたね、一般庶民… >▽<

そうそう、 
れんこんなどの「ん」がつく食べ物を7種類食べると「運がつく」
なんていうことも言われている地方もあるそうですよ!
きっと、これも理にかなっているんでしょうね。。。

ど、ど、どんだけぇ〜っ?!


今後も更に増えていくんだろか???
日本の季節の習慣行事…!


ま、先人の教えを素直に受け止めましょう〜。









by erich50 | 2014-12-22 22:37 | イラスト | Comments(0)

すくすくのびのび

「主婦が幸せな街」第1位 藤沢市なんだって?!
おめでとう!

今朝、テレビで「子育てしやすい環境」藤沢市の一つとして、
『すくのびカード』が、紹介されていました〜!!
子育て中のお母さんがこのカードを
水戸黄門よろしく掲げると、サービスを受けられるっていうシステム。


これ、私が描きました〜! ◉▽◉/
c0243807_10341113.jpg
すくすく 育ち  のびのび 育つ

子ども本来の自ら育とうという力、伸びようとする芽
傍らにいる大人は、
それを上手にホローして、その時間を一緒に 楽しんでいこうよ!

それが、子どもにとって いっちばん 健康で幸せな育ち方
なんじゃないかな。

ほどよく緑あふれる鵠沼… 潮風かおる湘南 藤沢
季節が五感で楽しめる場所がいっぱいだ。
江の島に続く川沿いのお散歩道には、幸せを呼ぶクローバーがあるんだよ。

私が子ども時代に浴びた藤沢での恩恵を
今度は子育てしながら〜子どもと一緒にたっぷり満喫させて頂きました。

なんて、想いを込めて描いた
すくすく スッくん、 のびのび ノンちゃん です。


マークになったあかつきには、
この緑色の丸枠線をちゃんときれいに修正して下さい…
と、お願いしていたのですが、
フリーハンドのままの方がいい ってことになって、
描いたそのまんまで「すくのび カード」になりました。。。

たしか、これって…かなり前、2009年
わざわざ市の職員の方が、家に賞状を持って来て下さった…
あれ?
その時の方って今の鈴木市長さんだ!


c0243807_11161435.jpg

by erich50 | 2014-06-06 11:21 | イラスト | Comments(0)

節分

『せつぶん』とは、季節の分かれ目のことです。
立春のまえの節分は、春からはじまる一年の節目として、
とくに大切な行事とされています。


「まめまき」

病気や不作や不幸を連れてくる悪い鬼を、豆で追い払う行事です。
c0243807_00152298.jpg


豆をまき終えたら、自分の年の数に一つ足した数の豆を食べると
健康でいられるといわれています。
c0243807_00153309.jpg
小さい子は、「こんなにすこしだけぇ〜?!」と、
がっかりしてしまいますね。
逆に、おばあさんたちは「こんなに食べられないわぁ〜!」と
困ってしまいますね。

豆をまくのは、穀物に宿る力が鬼を退治するとしんじられていたからなんですよ。



豆まきのかけ声は、神社や地域によっていろいろ違います。
c0243807_00154131.jpg
「鬼は〜外!」「福は〜内!」


「福は〜うち!」「鬼も〜うち!」
追い出された鬼さん、おいで!ということですね。

「福は〜うち!」「福は〜うち!」
鬼も心をあらためて福になれ! と願って念じます。

「鬼は〜うち!」「福は〜そと!」
鬼を集めて、周囲には福を!

いろんな先人の願いがこめられているんですね。




「やいかがし」
c0243807_00154626.jpg
ギザギザの葉が鬼の目を刺すというヒイラギに、
ニオイの強いイワシの頭を焼いたものを刺し
門に飾って魔除けにしました。



鬼が出てくる「絵本」はいろいろあります。
c0243807_00144852.jpg

でも、「鬼」って…ほかでもいるんだよね!
じゃんけんで負けたら オニになるでしょ?
かくれんぼの オニ
鬼ごっこの オニ

遊びの中にも オニ っているんだよね。


え? お母さんが怒ると 鬼になるって?!
これ、子どもにとっては、いっちばん 怖いオニ かな…?!

ママ達の中にときどきひょっこり現れる 鬼 も、退治しちゃおうね〜!




by erich50 | 2014-02-03 00:53 | イラスト | Comments(0)