カテゴリ:ふと、思う…( 46 )

国際シンポジウムに行ってきた

寒い寒い雨の日

「グローバル社会を生きる知性とは」
ー日本とフィンランドにおける教育と文化の視座からー

そんな講義、シンポジウムに行って参りました。


雨に打たれる 大隈さん〜〜
c0243807_22172527.jpg
入試説明会もあったり、他にも講演会あるようで、雨降りの学内は人人人がいっぱい…

学祭を思い出します〜〜
c0243807_22244996.jpg
こども環境学会でのご縁のあった
高橋教授の 講義を拝聴したくて〜〜

子どもという自然、
生(命)としての子ども
その気の  気 としての空間、環境

興味深い話があふれていました。

c0243807_22172736.jpg
そして、フィンランドのネウボラ
妊娠、出産、育児を支えるシステム
幼児教育の話。

街に開かれたミュージアムの話!

どれも、もっと詳しく聴きたいことばかり…
c0243807_22172968.jpg
この遊具の色彩の美しいこと‼︎


c0243807_22173160.jpg
時間が少ないので、
見出し、目次だけを解説してもらった…という感じでしょうか。

海外の教育環境の素晴らしさは
その美しさや格好良さにうっとりさせられます。
行き渡る配慮されたシステムも
素晴らしい素晴らしい…と、
なってしまいがちですが、

いえ、
もちろん 素晴らしいのですが、

ここ日本でも、日本なりに
一生懸命 子どもたちに寄り添って行動を起こしているところがあるんだよね…
と、
黙って   思っていました。

そう、
越前市の取り組みなんて
びっくりするほど素晴らしいじゃないか⁈ と、
私は 改めて確信致しましたよ。

同じように並べて事例を紹介できるではないか?!と。

あの
遊び〜からの  学びの宝庫
かこさとし監修の武生中央公園を観たら
きっと
おったまげー!(◎_◎;) だと思うよ
外人さんたち‼︎

なんて思ったりしていた私でした。

c0243807_22173395.jpg
秋寒の雨降り夜半
帰路を急ぐ腹ペコなり



by erich50 | 2017-10-19 22:13 | ふと、思う… | Comments(0)

記念写真

先日、息子の
結婚記念写真の前撮りがありました。
c0243807_13151176.jpg

ずっと寒い日が続いていましたが、
とっても暖かく風もなくのいいお天気で
まさに撮影日和でした。

幕張にある日本庭園 見浜園

「和装の写真を前撮りするんだけど、見に来る?」
と誘ってくれたので
なんだか、久しぶりに
幼稚園の発表会や小学校の運動会にでも行くような気持ち
になりました。


この日は、あちこちに同じような撮影隊がいて、
我が子はどこだ? こっちか?あっちか?
と、見慣れぬ様相の和装カップルの顔を覗き込んでしまいました。

ちょっと久しぶりに見る 紋付袴姿の息子
あれ?七五三だったけ?今日は…
いやいや失礼。。。

仕事が多忙な二人、
結婚披露宴を1年かけてじっくり準備したい…
というわけで、
着々と一つづつ丁寧に作り上げている様子に
感心します。

昔、
そう自分たちの時代は、
いっくら こんな結婚式を挙げたい…とイメージしていても、
両家の何たらかんたらで、
結婚する当人の意見は、ほぼ無で
全てを親どうしが決め
親の仕事上の知り合い優先、、、が当たり前の世の中だった。

そうはしたくない!と若い時代
夢と希望に溢れていたが、何のことない
よくある流れに任されるしかなかったな。

そう思うと、
今の時代の若者は、自分たちのやりたいようにプログラムできる
楽しい結婚パーティーが実現できて
うらやましい。
準備段階も大いに楽しそう!


和装写真そのものも、
写真室でかしこまって、
きっつい着物に、重〜い文金高島田カツラに、
という記念写真ではなくって、

青空のもと、日本庭園で〜のびのび
仲良く〜❤️な演出に
見ている方も、充分楽しい撮影会でした。

c0243807_15405779.jpg

そして、
驚いたのは、
撮影小物を二人で手作りして望んでいたこと!
c0243807_15410373.jpg
大きな風車〜!

お嫁ちゃんが、こだわりの紙を調達、
「僕、東急ハンズで棒を買った ww」
「○くんが折ってくれたんです」
なんと仲睦まじい会話。。。

桜が咲いてなかったら、、と、
造花の桜の枝まで用意していました。

二人の扇子にも工夫された飾りがあって、
お嫁ちゃんの持つ手の飾りも 手作り〜!!
c0243807_13152105.jpg
ステキ!素敵!!

さすがデザインを仕事にしている二人で、
なんでも自分流に手作りでチャレンジして楽しんでいる様子に、

こんな夫婦 うらやましいなぁ〜
と、嬉しく思いました。


仕事が夜遅くまであっても
夜な夜な準備の製作作業をしていて〜

肝心の当日に
うっかり、カメラの充電失敗してたぁ〜
なんてオチもあって、
そんなところも、なんだか共感するとこいっぱいあって

ほのぼの 幸せ感じるひと時でした。



by erich50 | 2017-04-07 16:02 | ふと、思う… | Comments(0)

娘の娘

c0243807_10454328.jpg


あっというまに
満1歳

成長の過程を
写真や動画で瞬時に見られる…
というすごい時代です。

でも、
その柔らかな感触…
赤ちゃんの匂い…
は、機械がいくら進歩しても
届かない。

ところがだ
自分にしっかりたっぷりどっぷり
濃密な実体験
同じ体験があると

見ただけ聞いただけでも、
その伝えきれない感触を香りを
感じられる。

人間ってすごいよ。

だから、
今を しっかりたっぷりどっぷり
楽しんで満喫して!
と、つくづく思う。


写真を見ながらニンマリしながら、
似顔絵を描いている時が、
リラックスタイムになっています。
ありがたい存在です。

by erich50 | 2017-04-05 10:31 | ふと、思う… | Comments(0)

祖母の時代…

c0243807_15171168.jpg


そんなに昔の話ではない、
祖母が子育てをしていた時代の話だ。
ちょうど72年前か…

東京大空襲があったのは、
まさに 今日なんだ…

東京向島に住んでいた祖母は、
赤ちゃんをおんぶして、
熱風吹き荒れる中を逃げまわった。

乳母車に、服や布団を詰め込んで
ありったけのお米で炊いたごはんを
お鉢ごと持って出たが、
ものすごい風で、飛ばされてしまい、
ころころ ころころ
転がっていってしまった…

見つけた人たちが、むさぼるように
食べてしまったのを
うらめしく見るしかなかった…
と、
聞かされたことがあった。

今はその頃の影をたやすく
見つけることもできないが、、
隅田川、隅田公園、言問橋、吾妻橋、
壮絶な風景だったそうだ…


長女が小学生の頃、宿題で戦争体験の聴き取りをしたことがありました。
その時に祖母の書いてくれた資料があり、あらためて読み返すと
胸に迫るものがある。

c0243807_15171195.jpg



今日の新聞朝刊…
ほんの片隅にしか、
72年前の今日のことは載っていなかった。

なんでもが、
遠い歴史になって
色を失った化石のように、
息吹を感じられなく
なっていくのだろうか。

伝えられる人が、
どんどんいなくなっている…

by erich50 | 2017-03-10 15:10 | ふと、思う… | Comments(0)

年賀状に思う 2. 幼稚園児からの続く便り

私の幼稚園時代の教え子110人…
かわいい報告がずっとずっと続いていました。

小学校で今、こんなことして遊んでます〜
中学校で、高校で、部活で頑張ってます〜

サッカーで県大会に出たよ!
野球やってます!甲子園目指してます!
剣道で優勝しました!
おとなしかった女の子が、「演劇部でハゲおやじの役をやりました!」とか!!

目に浮かぶのは6歳児のままなのですが、
たった1行2行の文章に、 
その様子が想像できるのです。


次第に、
いろんな悩みもぽそっと吐露してくれました。
何をしたいかわからない、、悩んでいます、
病気になって入院してます、、、
交通事故に遭ってしまった子も、、、

誰もが皆、何事もなく前進できているわけではありません。

でも、年賀状はそんな時、
常に前向き上向き!
に 決意表明にもなるのです。

今できることに全力投球します!
目標に向かって頑張ります!

そして、
今、資格試験頑張ってます〜
こんな仕事してます〜

運命の人には出会えてません〜
結婚しました!
赤ちゃん生まれました!
子どもが大きくなりました!
c0243807_18460545.jpg
(一人の子から届く葉書が、すでに家族の歴史化!)


小さかった5〜6歳の子どもだった顔は、
そっくりそのまま 
生まれた子どもたちにコピーされているよう!!

そして、
親になった園児たち…
その顔は、特に女の子は、
かつて連れらていたお母様とうりふたつ!!
そんな楽しみも毎年届けてくれます。


私にとってこの子達との年賀状交流は、
ただのありきたりな新年の挨拶 
ではないのです。

それぞれと、
新しい形で関係が復活して、仲良くしていくのです。
これから先もずっと。
私の35年越しの夢 
あちこちでそんなことができるようになっています。





by erich50 | 2017-01-11 23:32 | ふと、思う… | Comments(0)

年賀状に思う 1. 音信をつなぐもの

c0243807_15412879.jpg
すみません…
今年は、三が日が明けてから年賀状を書き始めました。。。
えぇ、
やっと 先週末、最終便を投函しました。
プライベート用と、仕事用の2種類で書いてます。

こんな時期に年賀状もらっても〜、、、
と、たじろいでしまう方 続出だと思います。
申し訳ない。 返信を気にしないでください。
私が、あなたに 書きたかっただけなので…。


年賀状
子供の頃から 欠かしたことのなかった年賀状書き、、
ところが、ここ3〜4年 お休みしていました。

年末年始をまたいで、えっらい過酷なスケジュールで
仕事をしていたことが2年ほどありました。

出版社の仕事納め28日までに納品する作品や原稿…
加えて、正月明けの1月5~6日に撮影が組まれていて、
何が何でも作品を完成させなくてはならない、、という
本当にヘロヘロな年末年始で、断念したのが始まりでした、、、

その後、
身内に大病をしている病人がいて、その通院や入退院に付き添ったり、
病院が長期お休みになる期間を怖い思いで過ごした年も、、

そして、
喪中 だったり、、


一年に一度の 思いを込めた力作を作ることから、
忙しい年末に、慌ただしく
必死な思いで書くようになってしまって、、、

年賀状を書かずに過ごすと楽! 

と知ってしまい、、このままフェードアウトしてしまおうか…
もう、時代は進化しているんだし、
子どもたち世代は、すでに
メールでのアケオメから、さらに
ラインでのスタンプに変わっている…

そんな今年でしたが、

書かなかったのに、届く…
その年賀状の便りは、 
すぐにでも返事したくなるような…
愛しい人たちから!

やっぱり、
再開!!  ちゃんと声を届けよう!


で、
ここ最近、年賀葉書のくじの結果さえも見ていなかった
束が、、、

c0243807_15344069.jpg
(写真は、去年までの溜まりに溜まった何年か分ですが…)


そうなんです。
ものすごく大量に書いていたのです。私。

半端じゃないんです。


自分の幼稚園時代の先生から大学まで
恩師という恩師(担任の先生)全てに書いていました。

友達も、幼稚園〜小学校〜中学校〜高校〜大学
昔のご近所さんも、現在のご近所さんも、
昔の職場の同僚も、

幼稚園での教え子も
ベビー雑誌に連載していた時にお便りをくれた読者さんにも
学会で知り合った人、仕事先で知り合った人、
そう、名刺交換した人全員に…

さらに、子どもが幼稚園時代にはクラス委員をしていたこともあって
全員に書いていて、小学校、中学校に上がると子供達の恩師にまで広がって〜

当然、数多い自分の親戚+旦那の親戚、
旦那の友達や職場の方々、、、

まぁ、年々 削除していくカテゴリーも増やしてはいましたが、
ピーク時は、400~500枚書いていた時代もありました。。。


バカみたい… かもしれません。
葉書代、印刷代、郵送料だって馬鹿になりません。

しかし、反対に、たった52円で
沖縄から北海道まで、ちゃんと相手の自宅まで届けてくれるって 
すごいことです。ありがたいことです。

手紙じゃ、かしこまりすぎで重いけど、
年賀状なら軽い気持ちでも出せる…っていうのもあるよね。

そして、
メールや携帯も普及していない時代、
自宅で仕事をしていた ほぼ専業主婦の自分は、
仕事を広げたり、繋いだり、、
唯一の営業活動でもあったのです。年賀状が!


そして、
この年賀状の効能ってものを
しみじみ つくづく 感じた 今年です。


夫の大学時代の友達の喪中葉書が届いて…
年賀状だけで繋がっていた仲間が、30年ぶりに大晦日に集結しました。
共に大学のサークルで出会った奥様の力になってあげようと
熱くて優しい仲間が一致団結
どんなに心強かったことでしょう。
何気ないような年賀状の交流でしたが、
皆が音信していたことで繋がれた…のです。 


年賀状とはいえ
音信
なんです。



年々、喪中葉書で知らされるのが、
 祖父母 から父母へ変わり、
ついに、夫が、、、という
自分達世代の終焉を告げるものに変わってきました。

ずっとながらく書いていた恩師も、
次々あの世へ旅立ってしまい…もう、ほぼいない、、

年賀状を出しあえるって…貴重な年、、
喪中じゃないって…
とても幸せなことなんだ…

一言二言でもいいから、
元気だよ!また会いたいね!と近況を伝え合うこと
年賀葉書一枚で、
その方との昔の風景が甦える瞬間を味わうこと

やっぱり いい風習なんだよ
って、あらためて思うのでありました。


005.gif
くじ付き年賀状の当選番号を調べていないことよりも、
住所が変わっていたりするのを確認していなかった、、、!!

わぁ〜〜
きっと今日は「あて所に尋ねあたりません」という
赤スタンプの葉書を大量に返送されてきそうな予感…
002.gif







by erich50 | 2017-01-10 18:09 | ふと、思う… | Comments(0)

大片付け大掃除

ここ最近、
家の中のあらゆるところの大掃除をしています。

ワンコ介護生活終了から始まり、
チマチマとのんびりやっていたのですが、

息子のフィアンセが遊びに来る!
と真剣モードに切り替わり〜〜
005.gif
焦っ! やらねば!!


散らかし放題のまま出て行き
一人暮らしを始めた息子の部屋…

帰ってきて片付けなさい!
の声も 毎回スルーされ、、
悔しいからそのままの状態で放っておいて…
つい、つい、物置部屋へとなってしまい…

てわけで、
ひたすら 毎日
息子部屋再生計画! なんです。
c0243807_16001980.jpg

高校生の時に作った
実物大のデザインチョコ が、
今はここの住民


片付いていれば、広くていい部屋だったんだよね、、



c0243807_16002096.jpg


とにかく マンガ漫画まんが大量…
どうしても残しておきたいシリーズも、
こんなだ…ヽ(´o`;
十分の一くらいに減った

c0243807_16002173.jpg

ゲームの組み合わせが、さっぱ〜りわからん…

c0243807_16002109.jpg

あぁ…壁が汚い、、

まず、脚立に乗って天井から拭き掃除
それから、
壁… 床…
まるで、職人生活な日々
c0243807_16002263.jpg

午前いっぱいかけても終わらず

c0243807_16002342.jpg

夜や…

右上は、大量のクロッキーノート…
机の引き出しに入っていて
底が抜けていた…
カビ臭い…


無造作に置かれてほこりをかぶっていた
懐中電灯…⁈ これ使えるのか?
ん⁈
さ、作品や!(◎_◎;)

c0243807_16002449.jpg


あらら、これも
c0243807_16002504.jpg


なんだろ?
と、思っていた…ず〜っと。
発泡スチロールでリアルに作られてた。


c0243807_16002561.jpg

予備校時代からの大量のデッサン、クロッキー、スケッチ、水彩画、アクリル画、、
ものすごい量…

机や壁、床についている絵の具のあと、
床板の間にこびりついた粘土…
せっせとゴシゴシ消し去り
磨いていると…

ずいぶん 頑張っていたんだなぁ…
この机で、この部屋で
青春を過ごしていたんだな、、
と、
なんだか
過ぎ去った時間が愛おしく、
また
あの頃、自分はどれだけ理解してあげていたんだろうか…
と、切ない気持ちにもなる。

c0243807_16002646.jpg

しかしだ!
全部
♩仕上げはお母〜さん〜 🎶 !
は、やっぱり無いだろう‼︎

まだまだ、続く
大片付け大掃除〜〜

来月はじめには、
今度はドイツから娘家族が帰って来る!
なので、
毎日毎日
朝から晩まで休みなく
大掃除してます。


久〜しぶりにブログ更新で、
亡きワンコ話が続き…
そうとうやばいペットロス⁈
と、心配して下さった友人が電話くれました。
いやいや、大丈夫です!f^_^;
真剣モードの大片付け
大掃除して忙しくしてるだけです!

ありがとね。





by erich50 | 2016-10-26 15:04 | ふと、思う… | Comments(0)

ノーベル賞 といえば…

夏休みの子供との過ごし方について
何か書いてください…

早未先生の世界観を自由に書いてください

っていうから、
私の言葉で自由に書いたら、
大きく修正されて戻ってきたことがありました。


『夏休みは「未知との遭遇」』
という題名で、、、
まぁ、こんな感じのものが軸になってるものを…
c0243807_11032813.jpeg
(「子どもと楽しむ遊びのヒント」P.60より)


せっかくだから、初校の全文載せちゃおう…



八月


真夏の朝、早起きをする

昼間あんなに暑いのに、

朝はひんやり、しっとりしてる

白っぽくて、もやがかかっていて

そして、静かなんだ



ラジオ体操って、昔からあったんだって

みんなが集まって

朝の公園で体操する

近所のおじいちゃんはとってもうまいんだ

お父さんも子どものとき やったんだって



帰り道、セミが鳴き出した。

時間がわかるのかな?

セミのぬけがらをみつけたよ!

セミが地面から出て来た穴も

木の根元に見つけたんだ

長い間、穴の中で何を考えていたんだろう?



それから、

雨が降っていなかったのに

原っぱや道路の草が濡れていた

自転車のサドルも濡れていた

朝露ってことを知ったんだ



夏休みって、うれしい

いちにちのんびり家にいられる

宿題しなさい!って言われても、

僕にはやりたいことが次々いっぱいあるんだ

いろんな研究が待ってるんだ


僕がノーベル賞とったら、母さんびっくりしないでよ!





まぁ、ここから調整していく

第1番目の原稿だったのですが、、、


この最後の一文、

「ちょっとこれは、唐突すぎるので、、」

と、鼻で笑われてしまって…カットになりました。


そしたらね、

この年、この本が発売になった2008年秋


6年ぶりの日本人のノーベル賞受賞で世間は大にぎわい!

ノーベル物理学賞に日本人が3人!!!

そして、ノーベル化学賞も! と、

同じ年に4人の日本人が受賞という今までにない快挙ということで、

日本中が盛り上がったのでした。



  …う〜む、、、

なぜ、削ったんだ あの一文!

という残念な思いが湧き上がったことを思い出しました。

まぁ、そんなに人目につくような本ではありませんでしたが。



でも、

誰でもが、子どもの時代には

ノーベル賞につながるような好奇心の芽を

持っていることは確かだと思うんだよね。


その芽を摘んでしまうのも、

無意識に踏みつけてダメにしてしまうのも、

身近にいる親 ってことがあまりに多いんだと思う。


だからって、

子どものお勉強にひっきりなしにくっついて

夢中になって教育して〜〜

が、いいとも思えない。


私はこうして子供を東大に入れました!

とか、超エリート優秀な大学に送り込んで

その方法を声高々に披露してご満悦な親もいるが、

ほら、

なんだか 変な事件あったでしょ?淫行大学生とか

場をわきまえない突飛な行動を集団でやってしまうとか、、

後を絶たないよね。



親の言う通りに真剣に勉強しまくって、

大事な子どもの時代に子どもらしい生活をしないで遊ばないで、

変な価値観育っちゃって、

成れの果て…そんな事件起こすことになったり、

または世間の言う出世でしょうか?

政治家になって汚職する… って流れ




ノーベル賞受賞者の方々の子ども時代の

いっぱい遊んで学んでいった様子を聞くと

ほのぼの 親子のいい関係が見えてくる。。。


子どもの興味や好奇心の芽

大事に見守って、応援するのが一番いい。


自分でのびのび育てていくんだよ、子ども自身が。



え?

それで、修正された文章は… って?


後半ですが、



なんでもないようなできごとが、

実はたくさんの知識へのいざないなのです。

おもしろいことへの出会いなのです。


自然現象以外にも、興味の矛先は

いろんな方面に向かいます。


〜〜

毎日、次々いろんな興味が湧いてきます。


子どもにとって、夏休みは嬉しいもの。

未来に伸びゆく子どもにとっては

夏休みは、大切な研究期間なのです。




こんなだ、、、

わぁ、ごめんなさい。

私の言葉じゃないよ、、、






by erich50 | 2016-10-05 12:14 | ふと、思う… | Comments(0)

ブックフェアにて…

c0243807_00274255.jpg

セラピー犬 です。

この子たちは、捨て犬だったそうです。
ガス室に入れられる1日前に救出され、
2年半の訓練の後
今、セラピー犬として
賢くしっかり働いているそうです。

介助する人の歩調や速度に合わせて
一緒に歩きます。
c0243807_00274300.jpg


脳梗塞の後のリハビリだったり、
障がいのある方との歩行介助だったり、
c0243807_00274487.jpg

c0243807_00274442.jpg

その方の歩きに合わせて
歩調を合わせていくのです。

c0243807_00274583.jpg

子ども達が沢山集まってきて
賢いセラピー犬を真剣に見ていました。


先日、東京ビッグサイトで行なわれていた
東京国際ブックフェアの一コマです。
セラピー犬の本のコーナーは
このワンちゃんたちのおかげで賑わっていました。



児童書のコーナーで、
読み聞かせ なるものがあって…
様子拝見

c0243807_00275141.jpg

わぁ… なんか つまんなそー

みんな、ぐったり疲れてるやん…
c0243807_00483229.jpg


広くて混んでいる
わさわさとした会場内だから
無理もないんだけどね…

なんかなー
話 おもしろくないんだよね…


市場に出回る絵本とされるものも、
うんこ おしり…
そんな、子どもにウケたくて
バズーカ砲的なものばかり…な印象

絵本 って…
もっと違うと思うんだよね。

絵本の挿絵といえる絵や画の作品は
あんまり出会えなかったな。

アニメ風、マンガ的な…読み物
そんな作品が多いと感じる。

そして、
何年か前にびっくり画期的な
指を入れて遊べる
おもちゃ的な絵本が、
今やどこの出版社も作るようになったんだなぁ…
世界中で!
似たり寄ったりな作品が山盛り
c0243807_00483393.jpg


そして、バーゲンセールなり






by erich50 | 2016-09-27 23:26 | ふと、思う… | Comments(0)

おもしろい 企画展

c0243807_00494440.jpg

会期最終日に、滑り込み〜〜

東京ミッドタウンの
「土木展」に行って来ました。

めちゃめちゃ おもしろかった
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

こういう企画展こそ、
親子で楽しめるなぁ…
いや、知るべきことだよな
と、しみじみ!

身近にある生活、そこには
ものすごい技術があって、
携わる人々の努力から成っているのだ…と、多方面から伝わり
感動でした。


c0243807_00494590.jpg

音と映像で観せる
「土木オーケストラ」
c0243807_00494554.jpg

よく聴くと、本当
工事現場の音なのに、ちゃんとオーケストラ‼︎


マンホールを体験!
c0243807_00494628.jpg

ヘルメットをかぶって、中に入って
道路に顔を出す!



砂の高さによって等高線が変化する作品
c0243807_00494701.jpg

掘ったり、山にしたり…
めちゃ 楽しい砂遊び

マジ、大人が真剣に夢中…

こちらは、
ダイダラの砂箱 という作品
c0243807_00494897.jpg

不思議な世界…
きれい

c0243807_00494927.jpg



それから、
c0243807_00494999.jpg

いろんな種類のダムを説明する
ダム カレー‼︎

c0243807_00495000.jpg


他にも、トンネルの掘削作業映像や
圧巻の 駅 解体図
渋谷駅 構内模型 などなど
見所いっぱいでした。

夏休みに、子どもたち多勢行ったのかな?
とても素晴らしい企画展でした。


よく、
お子様方をなんとか喜ばせようとした
「子どもイベント企画」があるけれど、
そんなのより、ずっといい。

好奇心を満たしてくれる
興味をひきつけるって
身近なことが解ること。
知らなかったことを知ること。


子どもを子ども扱いせずに、
こういった本気の本物をきちんと観せることの方が、ずっと面白い。
価値のあることだよな、と
深く感じ入りました。

これは、子ども向けの企画展
という訳ではありませんが…
だからこそ、いい!

そう、
よくある子ども向けの企画展って
親御さんが喜ぶからと、
やたらと、写真ポイントばかり作って
こびこび もてなしてしまう…
そうすると、当然
ハイポーズ!ばかりに夢中…という、
内容の薄い つまらない
企画展になっちゃうんだよね。


この「土木展」は、
オール写真OKな所も、
度量が広く気持ち良い(≧∇≦)



ショップコーナーも粋でした。
c0243807_00495103.jpg

これ、
履いたら、なんでも出来そうな
気がする!
売ってた。

欲しい

by erich50 | 2016-09-25 23:29 | ふと、思う… | Comments(0)