カテゴリ:クラフト( 27 )

虫取りと入道雲

コラージュ作品「季節の中で遊ぶ子どもたち」
 夏編2

c0243807_10402696.jpg
夏の風景です。

もくもく むくむく ニョキニョキ…
って感じの 入道雲

これって、夏にしか見られないってことを
無意識に感じ知る そういう子ども時代が大切

暑いけど、どうしても虫を捕まえたいんだ…!!
夢中になって虫を探す追いかける真夏の生活 
暑いことなんて忘れて汗を拭って
真っ黒に日焼けしていく子ども 

でも、お母さんに言われたことは
ちゃんと 頭の片隅にあるんだ。

麦わら帽子をかぶっていくこと
お昼には帰ってくること
夕方は鐘が鳴ったら家に戻ること
行ってはイケナイ場所には行かないこと
などなど

親子の約束
コミュニケーション
こういう時代にしっかり紡いでおくことも
夏休みの大きな役目でもあります。



さて、この作品
入道雲は何で作ったかわかるかな?
木々の葉は? 麦わら帽子は?
虫取りあみは? ゴムぞうりは?
虫かごは??

よ〜く よく 見てね!

それから、
あちこちに虫がいるのもわかるかな?

全部、身近にある材料ですよ。

なんだか 同じ質感?!
そういう発見をしていくことがおもしろい。
そういう気付きこそが、
大人になってからの応用力につながっていくんですよ。


雲は、ママのお化粧用のコットン

木や葉、背景は、
雑誌のグラビアページをちぎって貼り絵

麦わら帽子は、
高級ブランドの籐バッグの広告写真を切って使いました。

虫取りあみは、
ニンニクの入っていた網、持ち手はツマようじ

ビーチサンダルは、カラー輪ゴム

虫かごは、プラスチックのクリップです。


あれって コレになる…
これって、アレに似てる

そんな身近なモノからのヒラメキ、発想
子どもの時代に、いっぱい遊びの中から習得しておこう!


工作キットで簡単に済ませよう とかじゃなく、
もっと、自由に子どもを放って遊ばせてあげて欲しいなぁ

最近、親が率先して雇う 宿題代行する業者まで出てきた…
なんの為にもならない、馬鹿げた話
子ども受難な時代だ。。。

しかし、
暑い…

こんな猛暑酷暑の中、子どもたちは外で遊び回れないよなぁ
一体、今の子どもたち 何をして遊んでいるのだろう??

クーラーの効いた部屋で、電子玩具で目を酷使して
延々遊ばれ続けているのだろうか?

水遊びだって、、
汚染が心配な海やプールで大丈夫なんだろうか?

虫も鳥も 激減してるって…
植物や野菜も変異してるって…
そんな中で遊んでて 大丈夫なんだろうか?

人さらい、交通事故
歩道を歩いていても、暴走自動車が突っ込んでくる
家にいても、空から飛行機も落ちてくる…
心配したらきりがないけれど
お先真っ暗になるようなニュースばかりが飛び込んで…
さらに
安保問題、70年前の悲しい戦争の事実

あぁ、このところ 目にする耳にする情報に
本当に憂鬱になってしまいます。


ワンコの介護疲れ かな、、
もうすぐ16歳と11ヶ月
頑張ってます うちのワンコ
c0243807_11255052.jpg







by erich50 | 2015-08-03 11:32 | クラフト | Comments(0)

ぷかぷか 海水浴

c0243807_16595256.jpg

「季節の中で遊ぶ子どもたち」夏編です。
フェルトで作ったこどもたち

海の水は、スズランテープで表現しました。
手芸部品の波形ブレードもいい味出してます。
ビーチボールは何でできているかわかりますか?
これは、お菓子のパッケージの
抹茶味の茶葉のプリント部分なんですよ。
カモメも太陽も 手芸糸です。
お姉ちゃんの水着はリボンです。


こんな風に、我が家の三人きょうだいは遊んでいましたっけ。

浮き輪で ゆらゆら〜
のんびり昼寝のおねえちゃん

ただひたすら バシャバシャ
さわぐ あばれる はしゃぐ おにいちゃん

マイペースで ほわほわ〜
水と親しむ 三番目!


夏休みは一日終わるごとに
大人はぐったり、、
でも、それなりに 毎日が充実していたんだろうな、、
楽しいひとときでした。


しかし、
地球の温度がやばい、、
あっつい、暑い あぢぃ…猛暑が続いています。
こんなに暑いと日焼けはやけどになっちゃうので
くれぐれも気をつけて下さい。


そうそう、この作品は、
2年前の横浜西洋館の「絵本フェスティバル」で
展示したものです。
c0243807_17222407.jpg

春夏秋冬の8作品がありました。
c0243807_17131438.jpg
何を使って、この絵を作ったか?を
クイズ形式で当ててもらいます。

c0243807_17191506.jpg
使われた材料が、箱の中に入っているので、
それを見て考えます。

全部、身近な廃材や部品なので、
びっくり ニコニコ
驚いてくれました。





c0243807_17160684.jpg
会場は、
横浜山手の西洋館 「外交官の家」でした。
(Photo by Atsushi Goto)






by erich50 | 2015-08-01 17:34 | クラフト | Comments(0)

斬新なかぶりもの

c0243807_16542390.jpg
バランスボールで、子どもの運動能力を育てる…的な
ビデオの仕事をしたことがありました。

その際に、
なりきる動物のお面を
登場する子どもたち、トレーナーのお兄さんにかぶせるお面を…
というお題 でした。

私は、いつも 仕事で振られる要件について、
「お題」と考えて
そのクイズに臨むのです。

① 一目で見て、その動物とわかること    
② 動き回っても、はずれにくいもの     
③ 見て楽しい、かぶって楽しいもの     
④ 今までに無い、斬新なアイディアであること
⑤ 子どもの手で作ることが出来るもの    

そんなお題をクリアさせるごとく、あれこれ考えて〜
傍らにいる我が子どもたちに、ダメ出しを求めて〜
ご意見を伺い
作品は完成していくのです。


基本、幼稚園に勤めていた時の経験が活かされます。
なんとかならないかなぁ…と思っていたことや
あれ、失敗だった、、
これ、いい工夫だった!
こういうの あったらいいよなぁ〜
などと、昔 思っていたことなんかも総動員して
色々頭の中を駆け巡ります。

しかし、何より 生の子どものご意見は貴重でした。
有能なスタッフです。

c0243807_17213584.jpg
↑ そんな活動も、学会等で 発表させていただきました…
が、
だから、どうってこともなく、

やっぱり、かぶって楽しんでくれる子どもがいなくっちゃ始まりません。



簡単に作れる 「ネコ」は、
夏の 西洋館子どもワークショップでも、
佐世保の保育士研修でもご披露致しました。
c0243807_17250261.jpg
この 「ネコ」帽子をかぶるためのお話
大型紙芝居も あとから作りました。


「タヌキ」は、折り込みのし方で鼻面が出来上がってくることが、
最高にいいアイディアだなぁ〜 と、自画自賛 
c0243807_17242976.jpg




折り型っていうんでしょうか?
その昔、中学校での美術の授業で、
大きな紙で「ランプシェード」を作らされる授業があり、
山折谷折りを色々組み合わせて、めちゃくちゃ時間かけて折ったことありました…

折ることより何より、設計図を先に描かされるのが苦痛、、、
ほとほと嫌になってしまうほど、根気のいる作業でした…
しかも、出来上がっても、
そんなハイカラなでっかいランプの傘など
当時の私の家、日本家屋には取り付けようがありませんでしたし、、
完成したあとの 楽しみっていうか、
使う喜びにつながらないと
作る作業ってつまんないよね。


でも、そういう経験って…
思いもよらぬ所で、 こうやって
遠い記憶の中で 甦って
また 息を吹き返し…
自分の創作のひとかけらにつながっている、、、

何事も、無駄な体験はないのだ
と、
あらためて思い知る。

今、中学生で悶々としているみなさん、
こんなことしたって、なんにもならないよ!!
と、思っていることが、いつか役に立つ瞬間があるからね!


大型のかぶりものは、
子どもたちには不人気でした、、、
なぜなら… 
怖い〜、、、!!!
と、泣かれてしまいました。
ちょっと小さい子達だったからね。。。
c0243807_17480544.jpg
これ、かぶると 大迫力あるんですよ!!
c0243807_17482508.jpg

これを 応用して、
また 新たなかぶりものを作成中です。

お た の し み に 〜 !!



by erich50 | 2015-04-15 17:57 | クラフト | Comments(0)

わ〜い、お花が咲いた

c0243807_14094658.jpg
季節の中で輝く子ども 
コラージュ作品シリーズの春編です。

我が家の三人きょうだいは、いつもこんな風に
季節の恩恵にあやかって遊んでいました。

舞い降りてくる花びらを空中でキャッチする遊び
風流でございます。
いえ、かなり必死に 追いかけ〜 飛び上がり〜と、
おてんばな姿です。
ハイレベルです。


繊維入りの和紙で、つながる桜を…
桜の花は、
フルーツネットのピンク色のものを
ちぎって接着してあります。
舞い落ちる 花びらも。


↓これですよ、これ
c0243807_14193033.jpg

普通は、白いでしょ?
でも、最近 ピンクとか黄色とか あるんです。
ま、たいてい 高級なフルーツを包んでます。
そんなのに巡り会えたら もう
なんだか 嬉しくなっちゃいます。

中味じゃなくって…
それ、
その珍しい 色のが 欲しい、、


そう、人間の心理として
見慣れたものの中で、見慣れたものじゃないものに出会うと
へぇ〜…?! っていう微感動
そんなものが、
なんだか
そそられる…。


そして、ゴミが溜っていく…


by erich50 | 2015-04-08 14:27 | クラフト | Comments(0)

クラスプレート

c0243807_18154357.jpg
10月〜3月生まれの子どもたちで構成された
4歳児 二年保育の年少組さん 「はな ぐみ」の看板です。

色画用紙での ちぎり貼り絵です。


初めて幼稚園に通園する 子どもたち
初々しい… !!

なんでもが、人生初な 体験に 
わくわく ドキドキ おどおど…

やわらかでモチモチな ぷっくりほっぺ
青々しい白目に、黒々と澄んだ お目目!

なんてかわいらしい 子どもたち!
この子たち、みんな 私の大切な子!
なんて 嬉しいことでしょう。

と、担任をもった クラスの子どもたちとの
初対面の日は、私の方が大興奮なのでした。


最後に受け持った この「はなぐみ」の子どもたちは…
1979年生まれ

今年36歳なんだ… ?!
みんなすっかり おとうさんおかあさん
自分の通った園に、我が子を通わせている方もちらほら


大きくなったら、何になりたい?
そんな質問をお互いにしたね。

先生は、いまだに
大真面目に 
あの頃の夢を叶えようと
一歩一歩 前進しています。

何事もあきらめたら そこで終わり

楽し〜い 気持ちで 目標に向かって 
回り道をおおいに楽しみながら
歩いとります。








by erich50 | 2015-04-07 17:21 | クラフト | Comments(0)

試行錯誤

一つの考えから…
何度もなんども…
いろんな やりかたを 試して

本物の資料を探して
照らし合わせて…
c0243807_00351993.jpg
なかなか いい感じ…

でも、

縮小版にすると
なんとなく違う ってことが、
もみ消される ような…ことがおきる

実寸で トライ、、
c0243807_00350334.jpg
ん〜 いい感じ か…?
いやいや、なんか違う
扱いやすい紙のサイズでどうにか作図すると
どうしても妥協線も出てくる

材質を変えて 
縮小サイズも大きめにして
再トライ
c0243807_00395250.jpg
うむ…
まだ、納得がいかない。
が、
まぁ、だいたいこんな感じで
いってみよう!


やっぱ 和紙はすごいな…
c0243807_01122376.jpg
試作生活 つづく…




by erich50 | 2015-02-27 00:46 | クラフト | Comments(0)

また、新しいこと…

また、新しいことが 始まりそうです。
動き出しています…

c0243807_00092907.jpg


今までの 作品から 展開して〜
ちょっと 試作 中 〜




* なお、この工作は著作権者許可を得て制作ししています。
幼稚園や読み聞かせ なども、公演する際には
出版社を通じ許可申請をすることが必要です。

by erich50 | 2015-02-25 00:16 | クラフト | Comments(0)

ドイツの素材

娘の住むドイツの街で、
「お母さんが好きそうな店」と、連れて行ってもらったのは…
紙屋さん、文房具屋さん、手芸小物、園芸小物のあるお店でした。
何時間でも見ていられる…!! (^-^)b

以前、
「お母さんの好きそうなものがあったから〜!」と、
送ってくれたのが、これ
c0243807_20550708.jpg
なんだか とっても いい色!
凝ったブレードです。

ん… 
でも、こりゃ洗濯はできない素材だな…
よって、洋服には使えません。 残念。

裏表の配色の良い細リボンに、小さなボタンがついていて
おっしゃれ!

でも、ボンドつけ になってるから、
案外 すぐとれそう…

手芸小物の飾りとして、いろんなセンスの良いものが豊富にあるんだなぁ
色とデザインが、やっぱりサスガ!なんだよね。。。
というのが実感だが、

あんまり素材そのものの 質は良くない…。

そうそう、あの紙類も

やっぱり、紙の質は… 違うんだよね。 ^_^;
包装紙も、ものすごくおしゃれなものが いっぱいあるのだけれど、
破れやすくて、すぐ跡がついてしまう…
ちょっとずらして包み直す なんてことは絶対無理な感じ。
c0243807_20565357.jpg
配色や模様は、とってもステキなんだが。

日本のリボンや手芸材料のあれこれ、やっぱり素材の質がいい。
(100円ショップ製品はダメよ)

そして、
日本のラッピング技術も製品も、質が高いとつくづく。



ドイツの文房具売り場で、かわいいテープをみつけた!
日本でも、この低粘着力の貼りはがしのできるマスキングテープって
あるよね。。。 なんて思いながら…
いそいそと ドイツでしか買えないものだぞ〜!と
喜び勇んで 購入〜!

c0243807_21203683.jpg
帰ってきてから、気がついたんだ…

これ、

Washi Tape 
 
「和紙テープ」って書いてあるじゃん!?!

しかも、日本の桜もよう じゃないですかぃ!


日本、和紙 
最高!

と、あらためて 実感。






 


by erich50 | 2014-10-23 21:28 | クラフト | Comments(0)

じぶんのにんぎょう

今、取り組んでいる
季節の行事の「壁飾り」の本で、
子どもたちの作品を使って壁面装飾の構成をしています。

知り合いのお子さんや
友人、いとこ、近所の子どもたちに声をかけて
色々な工作に挑戦して頂いています。

まず始めに 自分の人形を作ってもらいました。
この「人形の子どもたち」が季節の中で遊んでいくのであります。
c0243807_15382457.jpg
みんな とっても工夫して
「じぶん」
を 作ってくれました!


春夏号に引き続き、
今回もステキな仲間が集まってきました〜!
c0243807_15372397.jpg

このお人形の雰囲気が、
それぞれの子どもに とっても似ているのです。

ありがとうね!!

楽しい本が出来上がるよう
今、頑張っています。


by erich50 | 2014-10-20 15:50 | クラフト | Comments(5)

紙コップ

世の中には、考えなくてすむことは多いが
考えてみると面白いこともかなり多い。

子どもは、めちゃくちゃ いろんなことに興味を持ちます。
便利な生活で、なんでもが当たり前で、
考える機会を失いがちな現代であります。

さて、
これで なにができるでしょう?

c0243807_23004258.jpg
折れ線をつけたり、切り込みを入れたりします。
まあるくして、のり付けもします。


上から見るとこんな感じです。
c0243807_23014824.jpg

横から見ると…
c0243807_23023128.jpg

紙で作ったコップです。

同じ材料でも、色が違うとふんいきが変わりますね。
そして、同じ長さの持ち手も
付け方によって、違うシルエットになりますね。

c0243807_23114756.jpg

どう付けたら、持ちやすいかな?
どんなふうにしたらカッコイイかな?
おしゃれかな?
自分好みはどれかな?

こういうことが、デザインはじめ なんですよね。


工作を指導すると、子どもたちは、
その通りにしなくてはいけない…と思ってしまいがち
こうじゃなくっちゃダメとか
見本の通りに出来ない…とか、
「先生、ちがうことやってるよー!」とか、
目の前に出された
マニュアルを大事にしすぎる傾向にある。

いいんですよ、好きなようにアレンジしても。
成り行きで出来たものでも!

そんなことも提言してあげたいと思ってます。
c0243807_23192569.jpg
こんなコップ 欲しいなぁ




by erich50 | 2014-10-06 23:21 | クラフト | Comments(0)