カテゴリ:お仕事( 64 )

春の訪れ

c0243807_15024717.jpeg
春の訪れはすぐそこ
草木の芽吹きを探してみよう


ベネッセのこどもちゃれんじ「ほっぷ通信」での
連載『自然であそぼ!』の
最終回3月号のイラストです。


毎月、おうちの方と子どもが、
身近な自然に気づいて、
楽しく遊べるようなヒントを…
外へ出て遊ぶ きっかけになるようなテーマで
お送りして参りました。



昨今、

保育園に入れないとか
待機児童がどうとか…
やんややんや
世間を賑わせていますが、


大人の事情がどうであれ、
子どもは立ち止まること無く
日々成長をしています。

おかまいなしに毎日毎日、日々進歩しています。
大人の都合なんか待っちゃぁいません。

そういう小さな大事な成長の過程を
見過ごしてすごしてしまうのは

実にもったいない…。


そういう一番大切にすべき親子の暮しを
誰かに押し付けて
放り投げて正当化させてしまうのは、

なんだか悲しい。



形はどうであれ、
幼い子どもと過ごせる日々があること
とっても素晴らしいことです。

ありがたいことなのです。

「有り難い」ことです。

有り難いとは、
感謝にたえない。うれしい。拝みたくなるようなさま。
ありそうにない。めったにない。珍しい。
と、辞書にも載ってます。

そうなんですよ!
とっても貴重な、時間なのです。


今一度、5年前の震災… 
そして、ひっきりなしにTVで次々流される 
悲しい事故や痛ましい災害の報道…
自分たちの生きている場所は 同じ場所なのです。
同じ人間なのです。

日常の暮しが、おくれることは
ありがたい 幸せなのです。


あれもこれも、これもあれもそれも、
いくつもいくつも欲しがってたら…
一番大切なもの 味わえないじゃない。

今、あなたのもとにいる
かわいい いとしい 子ども
しっかり じっくり 味わってください。

あなたにしか 味わえない
最高級に 素晴らしい味があるはずです。


子育ての醍醐味ってやつ、
気づいて、感じて いきましょう。



仕事する人
の代わりはいくらだっています。

でも、
子どもの「お母さん」は 
たった一人しかいません。


今、家庭で頑張っている お母さん
これから、家庭育児を!という決心をされたお母さん

そんな お母さんを
全力で 応援致します!

春の訪れは すぐそこにあります。


by erich50 | 2016-03-01 15:55 | お仕事 | Comments(0)

ふぅ〜 ひと仕事

c0243807_00542868.jpg
やっと 終わった
企画書とイラスト説明図…

なんでこんなに机の上が満杯になっちゃうんだろうなぁ、、、
文字を書かねばならないのに、
つい段ボールを切り出して試作を始める…

パソコンで書くとか描くとかすればいいのに、
つい、色鉛筆の柔らかい感触に酔いしれる…

やるからには、間違ったことをしたらあかん
きちんと調べる、、、ふむ、調べる…
なるほどなるほど

世の中、初めて知ることに出逢うと
色々とつながって面白い…。
(今までが、無知すぎか…? 恥っ、、)


さぁて、
4月末のイベントまで
またまた 忙しくなるぞ〜


by erich50 | 2016-02-19 01:06 | お仕事 | Comments(0)

新しいイベント企画…

c0243807_19315274.jpg
また、新しいことが始まります。。。

春のイベントの準備…
試作、試作、試作、、、
の段階です。



絵本の世界を再現、体現…

そんな企画が、やっぱり 

喜ばれる… 
求められる 

やってて
とっても
 楽しいね…。

by erich50 | 2016-02-11 19:39 | お仕事 | Comments(0)

冬の楽しみ

c0243807_15543147.jpg

一番寒い季節… 
寒くって嫌だなぁ〜

でもね、
だからこそ、楽しめることがあるんだよね。


本当は、
子どもたちが、生活の中で 普通にみつけて
自分たちなりに 遊びが始まるんだけれど…

そんなことが難しい世の中になってしまっているのかも。


もうちょっと 大人が、
心を ニュートラルにして、
自分の子ども時代を 思い出して
一緒に遊べるといいんだけどね。

子ども時代に子どもらしく遊んで来なかった大人が増殖してるので、
そういう場合は、素直に
子どもに遊んでもらってください。

そうすれば、

人間、 再生 できますんで!



このイラストは、
朝日新聞 神奈川版で連載していた 2011年2月のものです。


記事はこちら
c0243807_15553131.jpg






by erich50 | 2016-02-01 16:07 | お仕事 | Comments(0)

連載

c0243807_16210073.jpeg
さむい さむい ふゆ
いきが しろく みえるね
きしゃぽっぽ みたいにできるよ



ベネッセのこどもちゃれんじ
おうちのかた向け情報紙 3.4歳コース
ほっぷ通信の2月号 完成冊子が届きました。


季節を感じて楽しむ 
こどもの発見を活かし 促し
遊びを発展させる〜

 いろんな親子遊びを提案した
自然科学連動コーナー
『自然であそぼ!』
の連載も あとラスト2回です。


c0243807_16354608.jpg

親子で楽しむ遊び ってのは、
その辺に 常にいっぱいあって
自然に関わることは なんでもが面白い。

それって、
普通の日常の中に存在するんだよね。
気がつかずに通り過ぎていってしまいがちだけど、

忙しい忙しい〜っ、、ってイライラしないで
ゆっくりのんびり…
丁寧に生活してみると
世の中 おもしろいことだらけだ。

そういう 時間を子どもと一緒にすごすって
ものすごく貴重で重要なこと

教材なんていらないんだよ

普通のいつもの日常を
楽しんでみよう

それが、いっちばん
子どもにとっての豊かな栄養になるんだよ。




by erich50 | 2016-01-20 16:47 | お仕事 | Comments(0)

来年度の打ち合せ

今月に入ってから、来年度の打ち合せを あれこれ
ちょいちょいしています。

昨年から ず〜っと、工作本の仕事一色だったので、
講演やワークショップは かなり遠ざかっていました。
が、今回 
また、再開です。

年明けには、保育士さん新人研修に伺います。

久しぶりに 仕掛け紙芝居(フリップ劇場)や
工作作品、ワークショップ備品を 確認。。。

c0243807_00543674.jpg
子ども工作ワークショップの度に 新作が増えた…
どれを選ぼうかな?



c0243807_00551561.jpg
佐世保市での保育士研修会や、藤沢市の保育ボランティアさん向けの
実践工作教室では、こういうセットも作ったんだっけな

『くまちゃんの七変化』セット
お天気シリーズ と 食育シリーズ



c0243807_00560344.jpg
そうそう、 こんなにいっぱい…

型紙を何通りも 数セット 用意して
60人受講者さんが、全員その日のうちに
完成させられるように
準備したんだ。



c0243807_00562100.jpg
あぁ、
このネコ帽子の型紙なんかも、160人対応だった!!!


また、活かせる機会がありそうで
嬉しいことです。



需要があるのなら、
ありがたく 参上させて頂きます〜!







by erich50 | 2015-12-17 01:13 | お仕事 | Comments(0)

創作 鳥

私のオリジナル工作
トイレットペーパーの芯を使った 鳥 です。

c0243807_11514922.jpg
この工作提案は、新刊の「季節と行事で壁をかざる立体工作」の本
4.5.6月の春の刊に、掲載されています。

この基本形に和紙などを貼って色をつけ、
モールで足をつけ、
羽根の付け方にも工夫をします。


子どもたちに作らせてみると、
思い思いの素晴らしい創作鳥を作ってくれます。

それが、これ
c0243807_12284981.jpg
浮世絵の中に飛ばした
春の『愛鳥週間』の壁かざり です。




身近な鳥 スズメを作ってみる…
普段何気なく見ている色合いも、
ただの茶色っぽいつまらない鳥ではないんですよね!
とっても素晴らしい配色と模様です!!
c0243807_12255781.jpg

これは、ロール芯のカーブを活かして羽根を切り取り、
飛んでる形にしました。


上から見ると
c0243807_12383939.jpg
図鑑などで調べて、模様を知ると感激します。
c0243807_12400637.jpg
目玉は丸シールを2つ組み合わせています。

(つくり方の詳細は、是非 本でご覧頂きたい!)




「スズメに糸をつけてお散歩させたい!」

そう、
そんな 子ども心をくすぐるのが、
あの
「だるまちゃんとてんぐちゃん」の絵本の最終ページです!

ということで、
ビニールコーティングされた太いワイヤーにとりつけた
すずめちゃんです!
c0243807_11541646.jpg
「かこさとしふるさと絵本館」では、
「だるまちゃんとてんぐちゃん」の立体仕掛け大型絵本を読んだ後に
(※仕掛け絵本の上演は、イベント時)
この「すずめちゃん工作」をスタッフの皆さんがして下さっています。
(ここでのすずめちゃんはワイヤーではなく、安全なストローにつけています)


そんな紹介が、
雑誌『コドモエ』10月号に掲載されています。
c0243807_12483389.jpg

様々な絵本館の紹介ページです。
c0243807_12485921.jpg
なんとも、小さな小さな文字の雑誌です、、、

拡大してみました
c0243807_12520538.jpeg

絵本館でも、いっぱい創作鳥が飛んでいるのかな?



かこさとしふるさと絵本館
http://www.city.echizen.lg.jp/office/090/050/kakosatosi/

季節と行事で壁をかざる立体工作





by erich50 | 2015-10-20 13:05 | お仕事 | Comments(0)

秋をみつける 秋を感じる

子ども時代に、無意識に感じていること
秋 って… こういうこと

そういうことに気付けるのは素晴らしいことなんだ。
c0243807_22303192.jpg


これは、2010年朝日新聞で連載していた
『親子で旬遊び』の9月号です。


子どもの時、理屈ではなく 見てきた 感じてきたこと。
微妙な感情を伴う体験の 積み重ね
そういうことが、感性を創っている…と、私は思う。


あれ〜?! なんでこんな空〜?
雲がおもしろいよ〜

そういえば、暑くてベタベタしなくなったなぁ 最近…

ねぇ、ねぇ、 
草の中から聞こえてくる虫の音が変わったよね?
なんの虫だろう?
どんな虫だろう?

トンボはさぁ、なんで棒の先っちょにとまるんだ?
目の前で指をクルクル回すと 
目を回してつかまえられる…って本当?

ススキの一番 背の高いやつをとるんだ!
これかな? あれかな?
よっしゃ、手で折ってみよっと!

あ!!
待って! 気をつけて!
ススキの葉っぱをさわると手が切れるよ!
よく見ると葉っぱのふちがギザギザになってるんだよ、
ほうちょう葉っぱって言うんだぜ!


そんな、子どもたちの会話が、
私の子ども時代も、
幼稚園に勤めていた時代にも 聞かれたのですが…

今は、どうなんだろう?
こんな風に季節とたわむれて遊んでいるのかなぁ?
子どもたち


屋内でしか遊べない、遊ぶ時間がない
遊びといえば、電子な遊び?
そんな状況だったら、あえて、大人が気付いてあげて欲しいなぁ


そう、
スーパーマーケットに行っても、秋を感じるんだよ?!
見てごらん? 店内のディスプレイを!!
とっても秋らしい装飾になってるでしょう?
どこが?どんな風に? なってるから そう思うの?
親子で色々 気がついてみよう!
いっぱい 会話してみよう
それって、楽しい遊びだよ。

子どもの記憶 を定着させよう
思い出してみよう〜! 夏休みのこと。
楽しかったこと 嬉しかったこと
一緒に体験したことを 話すだけでいいんだ。
共有する感情を持っているって素晴らしいこと!

そういう「感情の記憶の粒」をいっぱい持ってるってことは、
「おもしろい」こと につながっていくんだよ。







by erich50 | 2015-09-15 16:39 | お仕事 | Comments(0)

子どもの工作2

毎年、「夏休み工作」の本の中で好評だったのが、
大型工作です。


特に、ワニ です!
c0243807_17470948.jpg
新聞紙で形を作って


c0243807_17475516.jpg
両面テープを貼って


c0243807_17491450.jpg
プチプチで、包む


c0243807_17502198.jpg
そこに、スプレーペンキ(ピニール用)を吹きかけ着色

c0243807_17531385.jpg
黒いスプレーもかけてリアルに…

しばし、屋外で乾かす。。。


通行人のびっくりする顔を楽しむ (^▽^)


c0243807_17554459.jpg
こんな感じ

これが、第一号
『こどもの工作』2004夏の作品です。

で、
そしたら、
こういうので もっと巨大なの作ろうよ!
という話がありまして…

こんなラフを描きました。
c0243807_17332714.jpg
夏休みが明けた新学期に
こんな風に 巨大ワニを抱えて登校するこどもがいたら
いいじゃない?! って、
編集長に絶賛されて、採用決定!!


この製作ラフは…
c0243807_18274132.jpg
c0243807_18280701.jpg
c0243807_18285052.jpg
こんな風にね、
何か作ろうと思っていたわけじゃなく始まる…ってのがいいんだな。

で、
作りたい! 叶えたい!! 思いが、
次の行動になる。
c0243807_18294746.jpg

完成したのは、本当に巨大なワニ!!
c0243807_18301490.jpg
目玉はビー玉を うめこんだよ!
歯やツメは、何でできているかわかるかな?




モデルの男の子が大興奮!
c0243807_18302064.jpg
近くの海辺の広場までまで、
この巨大な大物をいくつも抱えて行進したのは、
まさに大迫力だったなぁ

c0243807_18374831.jpg

工作って、そこには 何か作りたいと思うきっかけがあって、
そういうストーリーこそが面白いんだよね!
と、いう 私の「子どもの工作」に思う信念が、いい形で発信できた
絵話と、写真いっぱいの工作本となりました。

それが、『ど☆デカ工作』です。
c0243807_18322026.jpg

これまた 絶版です。


秋の運動会や文化祭なんかでも活躍できそうですので、
図書館やどこかの中古で探して見て下さい。







実は、この話には続きがあって…

第1号ワニの工作本が出版された後の 
ある大きな創作デザインの『◯◯◯大賞』という公募で、
これと全く同じものを作った 子どもの作品が入賞していました…。

う〜む…。
こうやって作ってみましょう〜!なんていう風に本で公表しているのだから、
いいのですよ、作って!みんなに見せてほめてもらって!
でも、
それを公募展に出してしまった大人
それを審査して入選させてしまった大人
これ、結構重い問題です。

審査員は、審査員として
その年の工作本くらいはチェックした方がいいんじゃないかな?

一生懸命 作って大満足して応募したんです。
みんなにほめてもらえてきっと 工作がもっと大好きになったと思います。
きっと、いろんな工夫をしたりすることができる子に育っていると思います。
入選した少年 もう大きくなっていると思います。

彼の名誉の為、
まわりの大人は、子どもの作品を
どうやって認めて、ほめて、伸ばしてあげるか
作品をどう扱ってあげるか?!

昨今の デザイン問題のあれこれ…思うと、
本当に大きな課題であります。






by erich50 | 2015-08-29 19:07 | お仕事 | Comments(0)

こどもの工作 mama

夏休みのラストスパートで、自由研究の「工作」をしている子どもたちは多いのかな?
今まで、数多くの「夏休み工作」の仕事をして参りました。

c0243807_11100233.jpg
雑誌のようなムックの本で、何人かの造形作家さんとの共著です。

いろんな作品を 本当にいっぱい作りました。

c0243807_11181662.jpg
空箱を組み合わせて…ゴジラ とか、


c0243807_11171353.jpg
ゴム動力の仕掛けで、動く車


c0243807_11185922.jpg
ペットボトルで、万華鏡


c0243807_11185017.jpg
空箱や空き缶、紙皿に紙コップで楽器


c0243807_11165178.jpg
牛乳パックで、観覧車


c0243807_11172362.jpg
的あてゲームに、パチンコ的スマートボール



c0243807_11174304.jpg
木片で、リビングの飾り… 

などなど、、、


夏休み始めに、もっと詳しく丁寧にご紹介したら
喜ばれるのだろうなぁ… と、思いながら
そうしなかったことは、


やっぱり、
こどもの工作 って、
そういうもんじゃないよ。
という長年の思いがあったからです。


仕掛けや仕組みの説明のある工作本はとても大事。
でも、だからといって その通りに作らなくてもいいんです。
何か、作りたい!っていう衝動があって開いてくれればいいのですが、

夏休みになんか作らなくちゃいけないから、
「ほら、こんなのやってみなさい!」
なんて、親に言われてしぶしぶやる子どもがいるとしたら…
そんなの 全然おもしろくない。


最近では、宿題代行なんて業者があって
大活躍なんだって?!!

なんだか、悲しい世の中だな…

もっとさ、
子どもの自由な発想に任せて
のびのび 何かを創れる時間空間があって欲しいと思う今日この頃です。

家庭の中にある ごく身近な材料で、
子どものヒラメキで 何かを作ってくれたら、
見栄えが悪くっても、くだらないと笑っちゃうものでも、
それって 一番 素晴らしいことです。

自信もって 創作して下さい!

こどもたち!!






by erich50 | 2015-08-26 11:39 | お仕事 | Comments(0)