カテゴリ:季節の工作( 67 )

干支飾り

【お年玉プレゼント付き】 私の年末年始&新春の一枚!

紙粘土で作る 十二支

「12ヶ月のぎょうじ工作」での作品です。
c0243807_00070859.jpg
ただの紙粘土の かたまりでも、
ちょちょ ちょいっと
その動物らしい模様を入れると、
それっぽい でしょ?

ネズミのしっぽは、革ひも にしてみました。
へびの舌は、パンのとめ口の赤いワイヤー

この本の年は、うさぎがメインでした。
c0243807_00073347.jpg

うさぎのしっぽには 
ラビットファーのかけらをつけてあります。

このお飾り用の台は、
バターの空箱を 折り紙の黒で包んだの
いいサイズだったので… 
(しかし、軽くて 柔い、、)

実は、12個 揃ってないんです、、
めちゃめちゃ ハードなスケジュールでの
製作だったので、
撮影間に合わず、、、割愛 でした。


もともとは、

息子は事あるごとに、
おばあちゃんへのプレゼントを作っていて…

ひつじ年の時、
私の使っていた端切れ(年賀状用のひつじ貼り絵)
を発泡スチロールに巻いて、
こんな作品を作ってました。

板を黒く塗ってその上に飾り
大好きな祖母に、献上していました。
c0243807_00034846.jpg
古い作品…


あれ?! 
ツノ を負傷してる、、、
確か、巻き角があったな??


私にアイディアをくれるのは、
常にこの息子でした、、、

パクリ とも
言う…

ありがと!son !!









by erich50 | 2015-01-05 00:37 | 季節の工作 | Comments(0)

ツリー まだまだ…

以前、保育雑誌で掲載したものです。

その辺にある素材を使っての
クリスマスツリー です。

c0243807_14511962.jpg

こんなの作ったのね〜
すっかり忘れてました。




by erich50 | 2014-12-21 14:55 | 季節の工作 | Comments(0)

クリスマス の ドア飾り2 mama


クリスマス シーズンは、
とにかく 忙しいのよ、、、年末なんだしぃ…

で、来客の日なんて
今更、ジタバタできないわ!

そんな、
「手作り」なんてやってる暇ないのよぉ…
家の掃除と料理で手一杯よ、
どうしても、必要なら100円ショップで買えばいいわ…!
というあなたに。。。

子どもに作ってもらえる
かんたん すてき な
ドア飾りです。
c0243807_22465730.jpg
リッチで豪華なドアリースではない
この素朴さ!

しかも、かわいい子どもの「手作り」だったら?!
ママすごい!子育て上手〜!
拍手喝采を浴びます。

材料は、いたってシンプル
つくり方も、超かんたん

今回は、ヨーグルトカップです!
(紙製のね!)
無ければ、紙コップでもOK !

はさみを一回入れるだけです。
コツがあります。
やってみて下さい。

c0243807_22462219.jpg
ヨーグルトカップのふちを
なが〜く切っていってください。



ほらね!
こんな風になるよ。

カップの印刷なんて気にならない。
逆に模様になって素敵!
c0243807_22462894.jpg

底は少し残してね!
c0243807_22464190.jpg
底の内側、ここに、拾って来た
まつぼっくりやどんぐりを
ボンドで接着(ホットボンドがあれば完璧)
ほかにも、キラキラや ビーズや…
きれいなガラクタをトッピングしよう。


クルクルしている部分を そのままリボンで束ねて 
素敵なドア飾りに仕上げて下さい。
c0243807_22452112.jpg
フックは 事務用クリップを広げて取付けました。
パンの留め金でもできますね。


子どもたちに、こういうアイディアをふると
それぞれ、目を輝かせて 自分のデザインに没頭します。

なんのへんてつもない その辺にあったモノが、
思いがけない 嬉しいモノ に生まれ変わる瞬間…!!

それが、
めっちゃ 楽しい !!
>▽< 

and
ひらめきの 脳 育成〜!

なのだ。

何気ない 日常の中で
子どもは すくすく のびのび 育っていきます〜!

楽しい クリスマスを!

c0243807_22493868.jpg

<つくり方説明図>を載せてあります。
「作ったよ〜!」の コメント頂けたら 嬉しいです。







by erich50 | 2014-12-20 16:52 | 季節の工作 | Comments(0)

クリスマス の ドアかざり


今から、クリスマスの飾りなんて…
間に合わないよ〜、、、
と、嘆いている あなた!

お助け とっておき 
オシャレな ホワイト・ループ ツリーの 
ドア飾りです!
c0243807_22212373.jpg

さぁ、何でできているでしょう?!

あなたのおウチにもありますよ。
ほら…
あるでしょ、

私が作る提案なんですから…
そう、

牛乳パック!

もう、このブログを見て下さっている方々は、
このふわふわのパルプ面の出し方は承知ですよね?!

でも、
牛乳パックの形からは、かなり連想しにくい今回の形…

どうしたら、いいのか?

めっちゃ とっておきアイディアなので、
もったいないけど、
ご紹介致しましょう。



c0243807_22315502.jpg


立たせてみようと思って、土台をつけてみた…
c0243807_22223202.jpg
おっとっと…



やっぱり、吊るして飾りましょう。
c0243807_22242768.jpg
ピンポーン

クリスマス ホームパーティーに
間に合うよ!




by erich50 | 2014-12-19 22:42 | 季節の工作 | Comments(0)

「クリスマスパーティー ごっこ」 のケーキ



ケーキはもちろん 本物がいいですが、

こんな 
「クリスマスパーティー ごっこ」
も楽しいよ!

c0243807_22430192.jpg
牛乳パックの外側のフィルムをはがして、
パルプのふわふわの面を出して、ケーキの土台を作ります。

クリームは、綿ロープ
両面テープを貼った上に、デコレーションして下さい。

ろうそくは、ストロー
炎は和紙

雪だるまは、ポンテンという手芸材料を2つ重ねて接着しました。
フェルトで帽子、ビーズで目と口をボンド付け
マフラーは、毛糸

ツリーと、チョコレートプレートは
色画用紙で、ぴったりの色を探して作りました。


そうそう、4つ 頑張って作れば、
デコレーションケーキになりますよ。

こんな感じ

c0243807_22434379.jpg
メリー クリスマス !


by erich50 | 2014-12-18 23:00 | 季節の工作 | Comments(0)

クリスマス ギフトBOX2

c0243807_22012586.jpg
その昔、ベビー雑誌で、紹介した
ギフトBOXです。

ええ、もちのろん 
牛乳パック製 です。


クリスマス柄の布地を貼ってあります。
これに、お菓子を入れたりします。


毎年毎年、クリスマスグッズを考案していたので、
本当に 色々 よく作りました〜


簡単にできて、見栄えがよくて、安上がり!!

ベビー服でも、グッズでも、
常に
そんな 提案ばかりで…

これ、メーカーさんの依頼で仕事したら
ちゃんと 「仕事」に なるんじゃね?!

と、

こういうシーズン デパートのお菓子売り場で
何度 思った事か、、、


今からでも、遅くないですよ〜
アイディア ネタ切れで 困ってるメーカーさん
ぎょうさん アイディア持ってますからね〜!
ご連絡下さい〜!!

なんちって


by erich50 | 2014-12-16 22:27 | 季節の工作 | Comments(0)

牛乳パックの クリスマスツリー

c0243807_17124409.jpg
牛乳パックを2つ 使って作る
とても扱いやすい 子どもの工作です。


裏はね、こんな感じ
c0243807_17130689.jpg

よく洗って、乾かした牛乳パック
一つは開いて もう一つはそのまま使います。



つくり方をご紹介いたしましょう。

c0243807_11492987.jpg
2年前に、綾瀬市の中央公民館で行った
クリスマスの「工作ワークショップ」

「クリスマス」ってなんだ? っていうお話から始まり、
他の国では、どんなクリスマスを過ごすの?
サンタクロースも、世界各国違うんだよ、 なんて話も。


クリスマスツリーの工作は…

素材の特徴を活かして作るのが知恵と工夫!
牛乳パックを開いた形、
これを 活かしますよ。

まずは、ツリーの形を写し取り、
マジックで、ぬっていきます。
c0243807_12014425.jpg
みんな、それぞれ こだわりのぬり方をしています。
c0243807_12021676.jpg
一段ずつ ぬったり、
c0243807_12034054.jpg
枠を描いてから、塗りこんでいったり、
色も段々ごとに変えたり、
マジックの扱い方ひとつでも、個性がでます。

色むらは、葉っぱらしさになって 
good!だね。


c0243807_19165620.jpg
ぜんぜん、すすまないの、、、
もう、ぬるの あきちゃった、、、という子には
お母さんが 一緒に ぬって応援です。
一生懸命、色むらがないように…と、
丁寧に丁寧に、ぬり続けていたんだね。
すごい集中力でしたよ!


c0243807_12065013.jpg
もう一つの牛乳パックは、立てる時の台にします。
底の部分に、茶色の折り紙を 
プレゼントを包むように貼りつけます。

白いクレヨンで線を描いて、
レンガの植木鉢の完成です。


いよいよ、ツリーの飾り付け!
これが、いちばん 楽しそうね!!
c0243807_12072032.jpg
「おうちから、きれいなかざりを持ってきてね!」
と、言ってあったので、
みんな、自分たちのとっておきの飾りをつけていきます。
c0243807_12060854.jpg
 りぼん、ポンポン、ビーズ、キラキラ…
100円ショップに売っている材料も
色々 用意しておいたので、
いろんなものを組み合わせて、、、

夢中です!

c0243807_12052890.jpg
c0243807_18520812.jpg

なんだか、座っていられないのよね。
中腰スタイルの子どもたち続出!


さて、どんなツリーが完成したかと言いますと…!
c0243807_12004909.jpg
ほら、素敵でしょう?!
これは男の子の作品。
とっても、きちょうめんに ていねいに作っていましたよ。

まん中にあるのは、ひらめきの作品!
実は牛乳パックを切っていたら不思議な形になって…思いついて!
すてきなドア飾りにしてくれました!

こういう 発想が生まれるって すごいことだね!!
感激でした。


さぁ! 完成です!
c0243807_11584118.jpg
みんな、いろんな工夫をしましたね!
ステキです。

c0243807_11571471.jpg
つけたいものがいっぱいで、
どうやって バランスをとるか? に、苦心していたけれど、
それぞれの想いがあふれています。
c0243807_11553884.jpg

自分で作った クリスマスツリー!
にぎやかな すてきな作品になりました。

ニッコ ニコ の笑顔で
帰っていっていきましたよ!
どんなクリスマスになったかな?


さぁ、みなさまも、
どうぞ、おためし あれ!




* 私の <オリジナル作り方説明図>を載せてあります。
どこかでワークショップをされる方など、
ご利用される場合は、ご一報下さるか、
子どもたちの完成作品のご報告いただけると幸いです。











by erich50 | 2014-11-28 19:30 | 季節の工作 | Comments(0)

私のコラージュ「秋」


「季節の中で遊ぶ 子どもたち」
のシリーズです。

< しゃくしゃく 落ち葉 >
c0243807_22342528.jpg
昨年も紹介した作品ですが、
大好きな 風景です。

一つの画面に
いろんな材質のものが、集まると
面白い。

こんな風に 
子どもたちと、自然と、 
たわむれた 
時代は、

キラッキラ に、
輝いていました。

思い出して作っていると…
何故だか、笑顔になってます。



by erich50 | 2014-11-20 23:01 | 季節の工作 | Comments(2)

秋の贈り物

 きれいでしょう?
c0243807_16335325.jpeg
これ、
な〜んだ?!

何でできてるか???

今まで、こんなことした人いないんじゃないかな?
世界初の

秋のオブジェ
です!

2014.11.14 公開
早未恵理cですので、どうぞよろしく。

c0243807_16321552.jpeg
ほれ!
こういうこと。

落ち葉を利用したいところですが、
諸々の事情で、色画用紙で。。。

バックを変えると
c0243807_16315012.jpeg
なんの広告に使えるかしらん?


子どもたちに い〜っぱい落ち葉を作ってもらいました!
こんな風に
なったよ!
c0243807_16301312.jpeg
フライング 〜 good!






by erich50 | 2014-11-14 16:42 | 季節の工作 | Comments(0)

クリスマス ハウス mama

今年の新作です。
クリスマスのドールハウスです。

c0243807_21373677.jpg


c0243807_21373728.jpg


c0243807_213737100.jpg


9×10×4cm の作品です。
牛乳パックで出来ています。

c0243807_21373847.jpg

うちの子 三人きょうだい

「ブー、フー、ウー 」みたいでしょ?

そんな 懐かしい子ども番組が、あったの知ってる世代は、うふふ…だね。

小さかった子どもは、み〜んな
大きくなっていくんだよね。

それぞれが、しっかり独立していかれるように、
親は「子ども時代」を命がけでサポートしていかなくてはならない。

自分の時間が無い…とか、
私だって社会進出したい…とか、
母親になったら、自分の夢を諦めなくてはならない…とか、
色々悩ませられるけど

理屈じゃなく、
母親は命がけで子どもの生活を守り育てる時期があっていい。
そして、それは犠牲でも諦めでもなんでもない。

その時代をいかに充実させて楽しんだかが、
その後の人生を左右する。
子どもにとっても。
母親にとっても。

だから、
おおいに、楽しんで!
子どもと暮らす豊かな幸せな時間を‼︎

by erich50 | 2014-11-09 21:16 | 季節の工作 | Comments(0)