カテゴリ:提言( 2 )

おんぶのススメ

日本には、今 

『おんぶ』

という、育児文化は、なくなったのか ?!!


最近、新聞記事を賑わす「抱っこひも事故」を

なんで、みんな「おんぶ」しないんだ?!

と、素朴な疑問を抱く。

いや、危ないでしょ 抱っこは。
手が自由にならないでしょ 抱っこは。
腰が痛くなるでしょ 抱っこは。

事故にならないように…使用しましょう って、
いや、抱っこはそもそも一時的にするもので、
(まだ、首のすわらない2〜3ヶ月くらいまでの赤ちゃんの移動手段)
抱っこをし続ける っていうの 無理でしょ


おんぶひもでおんぶする…
昔は、胸元で ばってん×することが
恥ずかしいし、格好悪い…
髪振り乱して、我が姿構わずの女性が みっともない…的な
イメージがあって、抱っこの方が見た目OK
という風潮があった。。。

山口百恵さんが抱っこベルトをしたから流行っただとか、
若い世代の方は書かれていましたが、
そうではなくって、もっと前からありました。
そう、ハンモックみたいな斜めがけの抱っこベルトをした
皇室の方の姿が、とても品があったのです。
(50年以上前になるのでしょうか?)

私も、実際 結婚前の若い時代に、
おしゃれも、色気も失ったような 
子育て一本背負いの「おんぶ姿の女性」を見て
「ああなったらおしまいだ…」的に思っていました。


ところがです。

「おんぶ」ほど 素晴らしいものはない!
なんて 高尚な育児法でしょう!!!
日本に昔からある この「おんぶ」
もっと、良さに 気付こうよ。

外国の姿 あれこれは、時にとてもカッコ良く映る…
でも、日本には日本の素晴らしい文化が、昔っからあるんだよね。


情報量は半端ない社会なんだが、どこか偏りを感じる…

若い子育て世代の方々に是非、気付いて頂きたいなぁ
知って頂きたいなぁ

日本人の知恵と工夫って すごいんだよ。


ということで、
かなり昔に掲載した「おんぶのススメ」の記事を
2点 引っぱり出してきました。


S新聞で2年間連載をしていました。
そのうちの 2009年 2月のもの
c0243807_15480531.jpg

もっと、前 19年も前か…
ベビー雑誌での2年間の連載『気楽に行こう3人目』の中から
c0243807_15481053.jpeg






by erich50 | 2014-09-27 16:09 | 提言 | Comments(0)

母の日の提言 「三魂親和」

母の日 とは、
アメリカのアンナ・ジャービスという女性が、
亡くなった母親の追悼式に、白いカーネーションを捧げ、
集まった人達にも白いカーネーションを配り母への感謝を表したことから始まったそうです。


c0243807_00271563.jpg
子どもにとって、「おかあさん」という存在は特別なものです。
誰がなんと言おうと、母は偉大なかけがえのない役割なのです。大切なんです。


「三歳児神話は崩壊したんですよ」と、鼻で笑って女性の生き方の主張をする
有識者と呼ばれる方々がいる。
子どものため と言いながら、自分の大人側の勝手な言い分ばかりを正当化している。
もの言えぬ子どもに、その取り返しのつかない代償を押し付けていても…。


三歳までの幼い子どもの環境が生活が、どれだけ大切で重要なことか?!
それぞれの家庭にそれぞれの事情があるだろう…。
それでも、母親は
     命がけで人間の普通の生活を守らないと! 与えてあげないと!


どうしてだろうか?
「三歳児神話」という言葉が、脅迫めいた扱いをうけるのは…?

先人からの貴重な言葉を素直にもっと真剣に受け止めよう。

    三つ子の魂 百までも…

歳までの幼い子どもには、
     にたっぷり愛情を注ぎ、
     親子で楽しく 
       和もうよ。

 そういう生活こそが、子どもの未来への栄養になる。
それを守れるのは、与えてあげられるのは、 子どもの傍らにいる大人なのです。

私が提唱致します。
これからは 『三魂親和』で、子どもと過ごす大切な時代を 楽しく満喫しましょう。

それが、 子どもの健やかな育ちと 子育てをする大人の最良の再生の方法なんです。

c0243807_00294598.jpg



by erich50 | 2014-05-11 22:39 | 提言 | Comments(0)