春の訪れ

c0243807_15024717.jpeg
春の訪れはすぐそこ
草木の芽吹きを探してみよう


ベネッセのこどもちゃれんじ「ほっぷ通信」での
連載『自然であそぼ!』の
最終回3月号のイラストです。


毎月、おうちの方と子どもが、
身近な自然に気づいて、
楽しく遊べるようなヒントを…
外へ出て遊ぶ きっかけになるようなテーマで
お送りして参りました。



昨今、

保育園に入れないとか
待機児童がどうとか…
やんややんや
世間を賑わせていますが、


大人の事情がどうであれ、
子どもは立ち止まること無く
日々成長をしています。

おかまいなしに毎日毎日、日々進歩しています。
大人の都合なんか待っちゃぁいません。

そういう小さな大事な成長の過程を
見過ごしてすごしてしまうのは

実にもったいない…。


そういう一番大切にすべき親子の暮しを
誰かに押し付けて
放り投げて正当化させてしまうのは、

なんだか悲しい。



形はどうであれ、
幼い子どもと過ごせる日々があること
とっても素晴らしいことです。

ありがたいことなのです。

「有り難い」ことです。

有り難いとは、
感謝にたえない。うれしい。拝みたくなるようなさま。
ありそうにない。めったにない。珍しい。
と、辞書にも載ってます。

そうなんですよ!
とっても貴重な、時間なのです。


今一度、5年前の震災… 
そして、ひっきりなしにTVで次々流される 
悲しい事故や痛ましい災害の報道…
自分たちの生きている場所は 同じ場所なのです。
同じ人間なのです。

日常の暮しが、おくれることは
ありがたい 幸せなのです。


あれもこれも、これもあれもそれも、
いくつもいくつも欲しがってたら…
一番大切なもの 味わえないじゃない。

今、あなたのもとにいる
かわいい いとしい 子ども
しっかり じっくり 味わってください。

あなたにしか 味わえない
最高級に 素晴らしい味があるはずです。


子育ての醍醐味ってやつ、
気づいて、感じて いきましょう。



仕事する人
の代わりはいくらだっています。

でも、
子どもの「お母さん」は 
たった一人しかいません。


今、家庭で頑張っている お母さん
これから、家庭育児を!という決心をされたお母さん

そんな お母さんを
全力で 応援致します!

春の訪れは すぐそこにあります。


by erich50 | 2016-03-01 15:55 | お仕事 | Comments(0)