秋をみつける 秋を感じる

子ども時代に、無意識に感じていること
秋 って… こういうこと

そういうことに気付けるのは素晴らしいことなんだ。
c0243807_22303192.jpg


これは、2010年朝日新聞で連載していた
『親子で旬遊び』の9月号です。


子どもの時、理屈ではなく 見てきた 感じてきたこと。
微妙な感情を伴う体験の 積み重ね
そういうことが、感性を創っている…と、私は思う。


あれ〜?! なんでこんな空〜?
雲がおもしろいよ〜

そういえば、暑くてベタベタしなくなったなぁ 最近…

ねぇ、ねぇ、 
草の中から聞こえてくる虫の音が変わったよね?
なんの虫だろう?
どんな虫だろう?

トンボはさぁ、なんで棒の先っちょにとまるんだ?
目の前で指をクルクル回すと 
目を回してつかまえられる…って本当?

ススキの一番 背の高いやつをとるんだ!
これかな? あれかな?
よっしゃ、手で折ってみよっと!

あ!!
待って! 気をつけて!
ススキの葉っぱをさわると手が切れるよ!
よく見ると葉っぱのふちがギザギザになってるんだよ、
ほうちょう葉っぱって言うんだぜ!


そんな、子どもたちの会話が、
私の子ども時代も、
幼稚園に勤めていた時代にも 聞かれたのですが…

今は、どうなんだろう?
こんな風に季節とたわむれて遊んでいるのかなぁ?
子どもたち


屋内でしか遊べない、遊ぶ時間がない
遊びといえば、電子な遊び?
そんな状況だったら、あえて、大人が気付いてあげて欲しいなぁ


そう、
スーパーマーケットに行っても、秋を感じるんだよ?!
見てごらん? 店内のディスプレイを!!
とっても秋らしい装飾になってるでしょう?
どこが?どんな風に? なってるから そう思うの?
親子で色々 気がついてみよう!
いっぱい 会話してみよう
それって、楽しい遊びだよ。

子どもの記憶 を定着させよう
思い出してみよう〜! 夏休みのこと。
楽しかったこと 嬉しかったこと
一緒に体験したことを 話すだけでいいんだ。
共有する感情を持っているって素晴らしいこと!

そういう「感情の記憶の粒」をいっぱい持ってるってことは、
「おもしろい」こと につながっていくんだよ。







by erich50 | 2015-09-15 16:39 | お仕事 | Comments(0)