こどもの工作 mama

夏休みのラストスパートで、自由研究の「工作」をしている子どもたちは多いのかな?
今まで、数多くの「夏休み工作」の仕事をして参りました。

c0243807_11100233.jpg
雑誌のようなムックの本で、何人かの造形作家さんとの共著です。

いろんな作品を 本当にいっぱい作りました。

c0243807_11181662.jpg
空箱を組み合わせて…ゴジラ とか、


c0243807_11171353.jpg
ゴム動力の仕掛けで、動く車


c0243807_11185922.jpg
ペットボトルで、万華鏡


c0243807_11185017.jpg
空箱や空き缶、紙皿に紙コップで楽器


c0243807_11165178.jpg
牛乳パックで、観覧車


c0243807_11172362.jpg
的あてゲームに、パチンコ的スマートボール



c0243807_11174304.jpg
木片で、リビングの飾り… 

などなど、、、


夏休み始めに、もっと詳しく丁寧にご紹介したら
喜ばれるのだろうなぁ… と、思いながら
そうしなかったことは、


やっぱり、
こどもの工作 って、
そういうもんじゃないよ。
という長年の思いがあったからです。


仕掛けや仕組みの説明のある工作本はとても大事。
でも、だからといって その通りに作らなくてもいいんです。
何か、作りたい!っていう衝動があって開いてくれればいいのですが、

夏休みになんか作らなくちゃいけないから、
「ほら、こんなのやってみなさい!」
なんて、親に言われてしぶしぶやる子どもがいるとしたら…
そんなの 全然おもしろくない。


最近では、宿題代行なんて業者があって
大活躍なんだって?!!

なんだか、悲しい世の中だな…

もっとさ、
子どもの自由な発想に任せて
のびのび 何かを創れる時間空間があって欲しいと思う今日この頃です。

家庭の中にある ごく身近な材料で、
子どものヒラメキで 何かを作ってくれたら、
見栄えが悪くっても、くだらないと笑っちゃうものでも、
それって 一番 素晴らしいことです。

自信もって 創作して下さい!

こどもたち!!






by erich50 | 2015-08-26 11:39 | お仕事 | Comments(0)