保育園 どうのこうの

c0243807_15521997.jpg
最近、テレビのニュースや新聞で 保育園の問題が色々流れています。
二人目の子どもを出産して育児休業に入ると、上の子どもが退園…
で、
保護者さんらが、行政訴訟を起こした とか。

ちょっと前にも、
保育園に入れろ〜! と、赤ちゃんを抱えたママさんらが
怖い顔、悲しい顔して 行列を作っていました。


以前にも、この件に関してブログで意見を書いたかと思いますが、

それぞれの家庭の事情
目指している生活のスタイル
子どもや教育に関しての考え方
人生の価値観
が、違うのだから、

ここで、あえて どうのこうの言いませんが

私は、
子どもと過ごす時間は、ものすごく貴重だと思っています。
二度と来ない瞬間の連続です。

子どもの秘めてる可能性は
その 幼い時代にこそ 育つもの

大人の側の 
一歩二歩の昇進とは比べ物にならない…と。
c0243807_16405035.jpg


私も、
保育園に子どもを預けて、働きに出なければ…! 
と、
生活に困窮していた時代に考えました。


でも、どう考えても 無理だったのですよ。
保育園の料金を払うだけの 稼ぐあてがない。
ましてや、二人分なんて とってもじゃないけど払えない。

唯一資格のある 「幼稚園」に戻ったとして…
早朝に自分の子どもたちを預けて、一日よその子どもたちを保育する…
それって、 本末転倒なんじゃないか??

そこに、給料が発生したとしても、
そうとうな額なら 考える余地あったのかもしれないけれど…

ということは、

そうとうな高額を稼げる方々の悩み? なのかしら?


というより

単純に
私は、
出来ることなら、自分の子どもたちと過ごしたい。
c0243807_15522702.jpg
この子達の成長を見ていたい。
と 思っていた。

c0243807_16430825.jpg

保育料を捻出するために働く
そのために、子どもとの時間がなくなる
なら、
めっちゃ 倹約生活して 
質素でも、心豊かに暮らしたい。

そう 腹をくくった訳です。
情けない貧乏臭い倹約生活じゃなくって


わぁ! いいね〜!!
へぇ〜? すごいじゃん〜、、
と、笑って楽しめるような お金のかからない生活

できるんですよ!
そういうことが!!
c0243807_16453708.jpg
おもちゃ なんて 無くっても
子どもは自分でおもしろいことをみつけてるし、
遠い所にお出かけしなくっても、
近所の公園で充分楽しく遊べる。
c0243807_16534553.jpg


目くじら立てて、かりかりイライラしないで、
笑っちゃって ギャグにしちゃえば 
面白いことって いっぱいある。

c0243807_15532069.jpg
赤ちゃんが生まれた時の あの素直な気持ちに戻ると
どんなことも はねのけていける。
この子の為なら、なんでもできる!
c0243807_15523530.jpg


小さい子どもとの暮しは、理屈が通らなくって
本当に、しんどい…
ことも、多々ある。

でも、
そうやって、暮らしたお母さんの生活は
後に、絶対いろんな力となって活かされるんです。
あわてなくっても

その気が本気なら
なんとかなります。

それを したか? 知ってるか?
大事な 経験です。
c0243807_16581369.jpg
子どもを知る

それって、とっても大切なこと。
親だからとか、大人だから、 ではない。
人間 対 人間 の 付き合い方
子どもから 学ばせてもらうのです。

そうやって 過ごした生活は、同時に
子どもの育ちにも、重要な要素になっている。

c0243807_15515966.jpg
子どもが 小さい時代は、実は本当に短い期間です。
とっても、楽しめるんです。

ものすごく大事な幸せな空間であること
気付いて頂けたら いいな。










by erich50 | 2015-07-05 17:08 | ふと、思う… | Comments(0)