6月の風景

c0243807_11402070.jpg
かたつむり です。

なかなか おしゃれな
ハイカラデザインでんでんむし です。

世の中には、
「子ども」を甘くみていて、
適当に… いや、 失礼な
いい加減な お子さま扱いしますが、

ただ、それっぽい それ風の モノ
じゃ いかんのです!


子どもの目に映るものには…
大人が与えるものであるなら…

誠心誠意 真剣に向き合って
提供しないと!

c0243807_11410290.jpg
というわけで、
かたつむりの生態から構造から
考えて〜の、デザイン を考えました。

目は、長い触角の先についています。
光を感じる場所だそうです。
体の中にひっこんだりもします。

前足のような、小さく短い これまた目玉のようなものは、
触角です。
食べ物をさがすときにこれで触って探します。


さて、こういう特徴を
いかに大切にしながら
それを 工作として簡単に扱える
デザインにするには… と、

いっぱい試作をして
悩みます。

選ばれし 1つのアイディアを

決めるのです。




材料にする紙の性質も大事です。
これは、しっかりした マーメイド紙を使っています。

くるくると渦巻きをさせて その巻きが、戻りにくく
形状を保っていられるからです。
色も、鮮やかな組み合わせを楽しめます。


でんでんむしむし かたつむり〜 ♪

近年、バイ菌の仲介役だなんだと
悪者の嫌われ者の かたつむりくんですが、


こいつは、陸にすむ巻貝で世界中に約2万種類
日本には600種類がいるんだそうだ。
オスとメスの区別が無く、みな卵を産むことができる。

体の構造もおもしろい。
からの先っぽには、食べたものを出す肛門があって
そのとなりには、空気を出し入れする穴がある。

口の中には、沢山の歯が並んでいて、食べ物をこすりとる

体の腹側全体が足で、筋肉を伸び縮みさせて歩く。
裏からねばねばを出してすべるように歩く…

わぁ…このヌルヌルが、お肌にいいとかで
韓国の化粧品で色々あるよね、、、
(顔にぬるなんて、ゾッとするが…)


詳しく知るとまたまた 奇妙なヤツです。

なんだか、あんまり気持ちのいい見かけではないのだが、
ずっと昔から地球上に生息していて〜
我々とも一緒に暮らしている仲間なんだし、

ヤダーッ 
という ママさんも多いかと思いますが、

子どもには人気の生き物です。

身近に出会える すごいヤツなんで、
これからの雨の季節
道ばたで見かけたら、
ちょっと 観察してみてください。






by erich50 | 2015-06-02 12:28 | 季節の工作 | Comments(0)