桜咲き 桜舞う

新刊の 『季節と行事で壁をかざる立体工作』春の号で、
一番始めのページは、
桜の季節 入学・進学おめでとう! です。


c0243807_22460761.jpg
桜の花は、
昔からよく使われる「お花紙」という薄紙で作ってあります。
このお花を作る作業は予想以上に大変でした。
何故かと言うと、かなりの小さいサイズです。
実際に、小学生の子どもたち+お母様にお手伝い頂き
そうとうな数を作ってもらいました。

そのままのサイズで大きなお花を作ることも、
かなり難しいことだと思います。
薄い紙を重ねて段々に折って、まん中を糸で縛る
薄い紙を1枚ずつはがしながら起こして立体的に整える…
幼稚園児 小学生 低学年 高学年
それぞれ 一生懸命取り組んでもらえます。

指先を使うという 繊細な細かい作業
今の時代 どんどん失われています。

「タップ」 じゃぁ、ダメなんですよ!
退化しちゃいますよ、 本当に。。。



入学して… 進級して…
初めてのお友達 と 新しいクラス!

そんな時は、
こういう自分の分身になる人形を登場させて
フキダシを使って
自己紹介をしてみるのは、いかがでしょう?
c0243807_22465873.jpg

そんな、いろんな提案のいっぱい詰まった
さらに、
季節の行事の由来や 豆知識なども盛り込んだ 
春夏秋冬オールシーズンの
壁をかざる 立体工作の 本であります。

どうぞよろしく。








by erich50 | 2015-04-09 23:10 | 季節の工作 | Comments(0)