牛乳パックの クリスマスツリー

c0243807_17124409.jpg
牛乳パックを2つ 使って作る
とても扱いやすい 子どもの工作です。


裏はね、こんな感じ
c0243807_17130689.jpg

よく洗って、乾かした牛乳パック
一つは開いて もう一つはそのまま使います。



つくり方をご紹介いたしましょう。

c0243807_11492987.jpg
2年前に、綾瀬市の中央公民館で行った
クリスマスの「工作ワークショップ」

「クリスマス」ってなんだ? っていうお話から始まり、
他の国では、どんなクリスマスを過ごすの?
サンタクロースも、世界各国違うんだよ、 なんて話も。


クリスマスツリーの工作は…

素材の特徴を活かして作るのが知恵と工夫!
牛乳パックを開いた形、
これを 活かしますよ。

まずは、ツリーの形を写し取り、
マジックで、ぬっていきます。
c0243807_12014425.jpg
みんな、それぞれ こだわりのぬり方をしています。
c0243807_12021676.jpg
一段ずつ ぬったり、
c0243807_12034054.jpg
枠を描いてから、塗りこんでいったり、
色も段々ごとに変えたり、
マジックの扱い方ひとつでも、個性がでます。

色むらは、葉っぱらしさになって 
good!だね。


c0243807_19165620.jpg
ぜんぜん、すすまないの、、、
もう、ぬるの あきちゃった、、、という子には
お母さんが 一緒に ぬって応援です。
一生懸命、色むらがないように…と、
丁寧に丁寧に、ぬり続けていたんだね。
すごい集中力でしたよ!


c0243807_12065013.jpg
もう一つの牛乳パックは、立てる時の台にします。
底の部分に、茶色の折り紙を 
プレゼントを包むように貼りつけます。

白いクレヨンで線を描いて、
レンガの植木鉢の完成です。


いよいよ、ツリーの飾り付け!
これが、いちばん 楽しそうね!!
c0243807_12072032.jpg
「おうちから、きれいなかざりを持ってきてね!」
と、言ってあったので、
みんな、自分たちのとっておきの飾りをつけていきます。
c0243807_12060854.jpg
 りぼん、ポンポン、ビーズ、キラキラ…
100円ショップに売っている材料も
色々 用意しておいたので、
いろんなものを組み合わせて、、、

夢中です!

c0243807_12052890.jpg
c0243807_18520812.jpg

なんだか、座っていられないのよね。
中腰スタイルの子どもたち続出!


さて、どんなツリーが完成したかと言いますと…!
c0243807_12004909.jpg
ほら、素敵でしょう?!
これは男の子の作品。
とっても、きちょうめんに ていねいに作っていましたよ。

まん中にあるのは、ひらめきの作品!
実は牛乳パックを切っていたら不思議な形になって…思いついて!
すてきなドア飾りにしてくれました!

こういう 発想が生まれるって すごいことだね!!
感激でした。


さぁ! 完成です!
c0243807_11584118.jpg
みんな、いろんな工夫をしましたね!
ステキです。

c0243807_11571471.jpg
つけたいものがいっぱいで、
どうやって バランスをとるか? に、苦心していたけれど、
それぞれの想いがあふれています。
c0243807_11553884.jpg

自分で作った クリスマスツリー!
にぎやかな すてきな作品になりました。

ニッコ ニコ の笑顔で
帰っていっていきましたよ!
どんなクリスマスになったかな?


さぁ、みなさまも、
どうぞ、おためし あれ!




* 私の <オリジナル作り方説明図>を載せてあります。
どこかでワークショップをされる方など、
ご利用される場合は、ご一報下さるか、
子どもたちの完成作品のご報告いただけると幸いです。











by erich50 | 2014-11-28 19:30 | 季節の工作 | Comments(0)