おいも

包装紙…

こんな色のは、とっておいても使わないよね、、
と、思っていたものが、

案外 とってもしっくりするものがある。
c0243807_22075074.jpg
じゃがいも

お茶の包み紙だった。


越前市で、おみやげ用に買い物をしたとき、
厚手の綺麗な和紙で包んでくれて、感激。

たしか、和菓子?羊羹だったかな?

う〜ん…
これは これは !!
いい色だ、
そして裏表で質感が違うぞ!


今度は、ダンボールを土台にしてみましょう。
さつまいもの形にダンボールを切って
そのサイズに合わせて、いらない紙を丸める。
c0243807_22121564.jpg


丸めた紙をその上にのせて接着



c0243807_22134524.jpg
さつまいも色の紙の上に、のせてみて
包めるくらいの大きさに切る。


c0243807_22175581.jpg
そしたら、包む



c0243807_22184711.jpg
裏はこんな感じで、包んでいく。
 

ほうら、ひっくりかえすと


c0243807_22244363.jpg

できあがり!

表と裏と、2つ作ってみた。。
どちらも それっぽい雰囲気だ。

これは、和紙の見事な包装紙のおかげ!!


日常の何気ないモノ に、
これは、何かに似ている…と考えると、
いろんなものが、つながっていく。

形でも、色でも、感触でも…
それって、ものすごいあらゆる発展性を含む
知育遊びなんだよね。
















by erich50 | 2014-11-01 22:38 | ひらめき工作 | Comments(0)