素材が要

子どもたちへの「工作」を提案していて思うのは、

素材が 要 ということ。

子どもが身近にあるいろんな素材に触れ合っていてこそ
素材の魅力が活かされる…

「へぇ、こんなものが、あんなものに〜?!」
「これを使えば、あれができるんじゃないか…?!」

そんな風に色々思い浮かぶことが大切!
ってか、そういうことが、
面白く楽しいこと。

ただ、廃材で遊べばいいってモンじゃない。

臭いそうな牛乳パックで、そのままの広告的パッケージで…
「どうよ! 廃材利用のリサイクル手づくりおもちゃだ!!」
なんて、得意になってるのは、 ダサイ
と、
わたくしは、思うのであります。

どこかに、きちんとしたものを
惜しげも無く 使いたい。
そういうシャレたことを仕掛けていきたい。


先日、ドイツに住む娘から小包が届きました!
「工作してる お母さんが喜ぶわよ、きっと!!」
と、嫁ぎ先のお母様が買って下さったとか。

さっすが、クリスマスの国!ドイツ!!
ステキな工作用紙が届きました!!!

c0243807_15473590.jpg

うわぁ、泣きたくなるくらい おっしゃれ〜!
しかも、しっかりと厚手!
こういういい素材が市場にあふれているから、
みんながオシャレにクリスマスグッズを作るんだろうなぁ。

実は、
夏にドイツへ行った時、
普通のスーパーマーケットに売っていたものを
私も買っていたのです!!
これは、薄手のものですが、なんてったって種類が豊富でした。
c0243807_15453054.jpg
まるで生地やさんにいるかのように、こういう素材が売られている。

ミラーコートされている紙を探すのに、
えらい大変な思いをしているのでしたが、
こんなバラエティーに富んだセットも!!
c0243807_15454666.jpg


もったいなくて使えない。。。かも
いや、ここぞ!の工作で活かします!





by erich50 | 2014-10-22 15:56 | ふと、思う… | Comments(0)