撮影 第一回目

とりあえず、なんとか 
全体の三分の一 弱 の作品を撮影、、、

背景画が並ぶ、うちの和室…
c0243807_21075783.jpg
湿気のある日には紙がたるむし、
暑い日に締め切った部屋に置いておいたら、
テープの接着面がはがれたり…
立体の作品が潰れないように…と、
毎日の管理が大変だったんだが、
ようやく、ホッとできる。。。

ん?
これ、どうやって保管しよう、、、どこにしまうんだ…??!

せっかくだから、
実物をお見せできる機会もあったらいいし、
そこで、工作講座なんかできたらいいのだけれど。。。

あと、20枚 この大きさの作品を作り続けます、、、
製作の後には、また大量のイラスト説明図も控えています。。。


お仕事の依頼、工作ワークショップ等、色々頂いたのですが、
本当ごめんなさい。
こんな状態なので。。。


さて、
一年間の季節の行事に関連する工作提案
をしているのですが、

いろんなことにヒントを得て、自分なりの新しい提案を考えます。

前出の七夕ですが、
本当は、本物の笹竹を使うのが一番でしょうが、
笹の葉が手に入らないとか、事情があって使えない
とかいう場合だってあるでしょう…。

本物の笹は、飾っておくとすぐにカラカラになって
葉っぱが丸まってしまうし…
室内で飾るのに、紙で全部作れたら…と、製作しました。


昔の時代は、子どもたち どんなことしていたっけ? と、
古い時代の工作を調べてみたりもします。

で、
紙で作った笹の葉で、笹舟を作ってみました。
c0243807_21083151.jpg

水に浮かべたら濡れて沈んでしまうだろうけれど、
こうやってつくり方をマスターしておけば、
笹の葉にであった時に、大喜びで楽しめる!

柄の付いた笹の葉で作ると、帆掛け船になるんだよね。
で、
旗をつける… ことができるから、
つけてみた。

な、なんだか…
c0243807_22123358.jpg
ゾッとしてしまうのは、なんでだろう…
なんだか とっても 恐ろしいものに見えてしまう…

そういえば、他にも
昔の子どもたちの工作には、
折り紙での「勲章」作りってのがある…
今の子どもたち、そんなもの欲しいと思って生活してないし

なんかな、こうやって 子どもの遊びに
時代背景が映し出されているんだな、、、
と、感じたのでした。

c0243807_22125287.jpg
国旗じゃなくて、「ぼく」の笑顔に。
ぁあ、よかった。
なんだか、ホッとした。


どうか、平和でありますように。






by erich50 | 2014-09-19 22:34 | お仕事 | Comments(0)